男性犯人

倒叙

古畑任三郎 4話『殺しのファックス』狂言誘拐偽装殺人

【VS.推理小説家】「ファックスで手紙を送るときはワープロを使わない方がいいです。ファックスは原稿が手元に残ります。消しゴムで消せば、一枚の原稿用紙が何回も使えます。ワープロを使わない方がいい理由は他にもあって……」 データ ...
倒叙

古畑任三郎 2話『動く死体』中村屋!

【VS.歌舞伎役者】「新しい機械を買った時には必ず説明書を読んでください、少なくとも3回。箱から出す前とセットした後と、寝る前に。一晩置くのがポイントです。気を付けなければならないのは、外国製の機械で……」 データ あらすじ...
倒叙

ドラマ【探偵が早すぎる】最終話「5兆円をかけた戦いが完結!」

【VS.大蛇羅一族】最終回になります。満を持して登場した大蛇羅グループの会長・朱鳥の殺害計画は、伏線の回収が気持良く決まった見事なトリックでした。探偵も見抜けなかった程ですから、さすがラスボスにふさわしいです。 データ あら...
倒叙

ドラマ【探偵が早すぎる】9話「最終決戦」

【VS.大蛇羅一族】いよいよ物語も大詰めになります。主人公である『十川一華』は、今まで受身で大蛇羅一族から刺客を送り込まれていました。しかし、自身が殺害される状況になったのは、元はと言えば大蛇羅のせいです。 その悪の根源をぶっ...
倒叙

ドラマ【探偵が早すぎる】7話「制御不能の暴君が狙う密室殺人」

【VS.大蛇羅一族】今回の刺客は、大蛇羅一族の1人である『大蛇羅舞輝斗(だいだら まきと)』です。彼が狙うのは密室殺人だと銘打っていますが、どう見ても密室じゃありません!この点に関しては、探偵から突っ込みを入れられたりもしますが……...
女性犯人

ドラマ【探偵が早すぎる】6話「最速の探偵が最大のピンチ」

【VS.殺し屋】今回のエピソードはズバリ『三つ巴』です! 三つのものが互いに対立して入り乱れるストーリー展開であり、大蛇羅一族は「探偵」と「十川一華」を同時に抹消しようと企てます。さらに『視聴者への隠し事』もあるので、さぁもう複雑&...
倒叙

【探偵が早すぎる】5話「夏祭りの惨劇・刺客は子ども!?」

【VS.子供】夏だ!祭りだ!ということで、今回舞台となるのが『夏祭り会場』になります。様々な出店や、不特定多数の客やひしめき合う夏の風物詩ともいえますね。さて、犯人はなんと『子供』になります。子供は無邪気ゆえにたちが悪いとは良く言っ...
倒叙

【探偵が早すぎる】4話「最速の探偵VS天才サイコパス」

【VS.ニート】主人公である十川一華のアルバイト先が登場します。今回の事件は、そのバイト先である「遊園地」で起こるのです。様々な人が楽しみに集まる、夢のある場所が舞台ですが、残念ながらこの遊園地は集客数の減少で閉園を考えているのです...
倒叙

【探偵が早すぎる】3話 最速の探偵がまさかの不在!?

【VS.宇宙物理学教授】かなり大がかりなトリックになっております。そんなのありかよ!みたいな感じです。さすがに被害者も、殺されそうになる前に気が付きそうですが、気付いた時には既に遅しみたいな感じなんでしょうかね?そんな、ツッコミが多...
倒叙

【探偵が早すぎる】1話「史上最速の探偵、登場」

【VS.元製薬会社社員】犯人とトリックが分かった状態で事件が進む『倒叙』形式のミステリーに分類されます。この作品の面白い所は『殺人事件が起こる前に事件を解決する点』にあります。倒叙形式の作品の代表作では「刑事コロンボ」「古畑任三郎」...