刑事コロンボ 49話『迷子の兵隊』コロンボのフィギュアが欲しくなる。

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「迷子の兵隊」より引用】

【VS.財団幹部】殺害方法として、初の「刺殺」が登場。刑事ドラマとかだと多用されている方法ですけど、倒叙関係だと意外と少ない殺害方法です。犯人との対決だけではなく、その他の登場人物とのストーリーがあったり、濡れ場があったりとします。新しい作風にプラスして、旧コロンボのような鮮やかな解決編、幕切れもあるエピソードになっています。

スポンサーリンク

ココが見どころ‼

〇ジャック・パジェット将軍と妻とのサイドストーリー。

〇教会でのアーティ・タンザ―とコロンボのやり取り。

〇最後にコロンボのフィギュアがほしくなる?

データ

データ:詳しく見る
脚本:シイ・サルコウィッツ

監督:サム・ワナメイナー

制作:スタンリー・カリス

制作総指揮:リチャード・アラン・シモンズ

製作総指揮スーパーバイザー:ウィリアム・リンク

共同制作総指揮:ピーター・フォーク

ストーリー監修:ジャクスン・ギリス

音楽:ジョン・カカヴァス

本編時間:94分

公開日:アメリカ/1989年5月1日 日本/1993年9月17日

あらすじ+人物相関図

アメリカ戦力研究財団の理事フランク・ブレイリーは、「特別支援基金」という名目で財団の金を不正に利用していた。その金で、武器密輸を行い私服を肥やしていたのだ。それだけではなく、名誉会長の妻ジェニー・パジェットとは愛人関係でもあった。

ジャック・パジェットは、特別支援基金には用途不明金があることを知り、レスター・キーガンに調査を依頼する。レスターは調査を行っていくと、フランクが法に触れるような悪事に財団の金を使い、ジェニーと愛人関係にあったことを突き止め、彼を恐喝して分け前も貰おうとした。

フランクは、口封じのために兵隊のフィギュアを使った鉄壁のアリバイを作ったうえで、レスターを刺殺する。遺体は爆破箇所に移動させて、時間になったら起爆する。財団で行っている訓練中の事故死に偽装したのだった。

犯人と被害者

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「迷子の兵隊」より引用】

今回の犯人:フランク・ブレイリーロバート・フォックスワース

吹き替え声優:羽佐間道夫

職業:財団幹部

殺害方法:刺殺(ナイフ)

動機:口封じのため

概要:詳しく見る
元・軍人で階級は大佐。現在はアメリカ戦略研究財団理事を務める男性。財団の名誉会長であるジャック・パジェットの右腕として従事しているが、実態は財団の金を不正に利用し、アフリカに銃の密輸を行い、スイス銀行に私腹を肥やしている。

このことを、レスター・キーガンに見咎められ脅迫を受ける。彼を、傭兵学校の訓練中にナイフで刺殺。爆破に巻き込ませ事故死に偽装した。殺害計画は脅迫を受ける前から行動に移し、アリバイ作りを行っていた。前々から準備をしていたようであり、レスターから監視を受けた時から殺害をする段取りを組んでいたようだ。

財団の金を不正に利用する計画書の名称は、「スペシャルプロジェクト基金(特別計画基金) 」である。赤色の書類が本物。緑色が偽物とご丁寧に分けている。分けて作るきっかけになったのは、ジャックから特別計画基金という、何百万もの用途不明金の説明を求められたからだ。他の仕事に関しては迅速に対応していたのだが、特別計画基金だけは提出が極めて遅かった。数週間かけて、頑張って偽物を書き上げた様子。また、書類を自分で管理すればよかったのだが、秘書に書類を任せてしまったことで、コロンボに特別計画基金を知られるという失態を犯している。

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「迷子の兵隊」より引用】

財団の仕事としては、国防についてを考えているようだ。世界情勢を知り、予期せぬことを予期する。完璧な計画を立てるために努力をしているらしい。フランクが電話で話した相手は、「ダライラマ」や「マリのカール」など、著名人とも相手をしているようだ。

また、財団の研究員は未来の予測という観点から「筮竹(ぜいちく) 」という、中国の占いを財団内の一室で行っている。筮竹で出た運勢は、易経で読み解いている。中国人の物の考え方を学んでいるようだ。ちなみに、フランクは「ミンギーの印:井戸に座っている女性」で、罠に対する警告だった。コロンボの捜査は罠が多く、あながちオカルト研究とはいえない。

自身のオフィスには、「敵の面前では、たったひとつのミスでも命とりになる」という教訓として、エクアドルの先住人「ハバロインディアン」の戦士の干し首を飾っている。私生活としては、独身である。シャーマン・オークスに立派な家を構えている。愛人との密会用には「L・ダンスタン ウインドショア・アパート2A」を借りている。財団教練部隊の仕事として、入隊・終業式の2回参加。大佐としてスピーチしているようだ。


【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「迷子の兵隊」より引用】

今回の被害者:レスター・キーガン(アンディー・ロマーノ)

吹き替え声優:麦人

職業:訓練所教官

概要:詳しく見る
元・軍人で階級は特務曹長の男性。フランク・ブレイリーとは戦友であり、彼から財団教練部隊の教官として軍から引き抜いてもらった。ジャック・パジェットからは、フランクが行っている特別支援基金の調査を任命されていた。

ペンタゴンに友人の陸軍情報部で特務曹長「マーティ・タンザ―」がおり、フランクが武器密輸をしていることを知った。また、独自の捜査でフランクがジャックの妻ジェニーと愛人関係にあったことを突き止めた。だが、このことを将軍には内密にし、脅迫することで分け前をくすねようとした。

ジャックは、コロンボのように頼れる男と評価していたが、教官・軍人という仕事に嫌気がさしていた。新聞の求人広告を毎日閲覧し、印を付けては切り抜いていた。リムジンの運転手、サウジアラビアの会社員、銃器店の店員、警備員などを検討していた。しかし、新しい仕事として脅迫を選択したようだ。

財団教練部隊は「市民の為の陸軍学校」が、モットーである。参加者によれば、「2週間で傭兵になれると雑誌に書いてあった」など、なかなか怪しい記事である。しかし、8箇所以上軍の訓練に参加したマニアからは「最高のキャンプでした。サー!」と、好評価を得ている。

訓練所には自身の小屋があり、2週間のキャンプの間はそこで寝泊りをしているようだ。軍服は、クリーニングに依頼して洗濯してもらっている。ポケットの中に、フランクが愛人と会うために用意したマンションのメモ書きや、2ドルのお金を入れているなど、ずぼらな様子。

犯行計画

犯行時刻は兵隊のフィギュアを並べていたというアリバイを作ったうえで、レスター・キーガンをナイフで刺殺。遺体を爆破箇所に移動させ事故死に偽装した。

①本屋のダンボールに、兵隊フィギュアが詰められ配送される。フランクは、プールサイドの離れ小屋にあるジオラマの上に、2時間かけ兵隊のフィギュアを並べた。従卒のサイプスには、先に本が届いたと嘘をつく。誰にも小屋には入れないように促した。

②ジャック・パジェット将軍の誕生パーティーの合間の時間に、おもちゃ屋のダンボールが配送される。フランクはジェニーに、兵隊のフィギュアを並べると嘘をつく。おもちゃ屋のダンボールの中は本であり、南北戦争に関する本を、数分ほどで本棚に収納した。

③空いた時間を使い、財団教練部隊のキャンプ地に向かう。レスター・キーガンは、電源をONにするためにスイッチがある場所に向かう。フランクは、そこに待ち伏せしており、ナイフで心臓を刺し刺殺。遺体を引きづり移動、石灰で丸く囲んだ爆破箇所に仰向けにした。

④キャンプ地内にあるレスターの小屋に入り、着ていた服とナイフを布で包む。ゴミ袋に入れて回収BOXに投げ込んだ。

⑤ジャックの自宅に戻る。キャンプ終了の時間になると、教官のウィニック軍曹が花火のスイッチを起動する。遺体は花火の破裂により胸に風穴が空く、刺し傷をわからなくした。翌日、回収BOXからゴミが回収された。

推理と捜査

ネタバレ注意!
○フランク・ブレイリーがキャンプ地内にある被害者の小屋に入り、床に落ちていた泥を拭き取っていた。その泥は、犯行現場となった場所の泥と同じタイプである。

○なぜ被害者は、花火の起爆する時間にそこにいたのか?被害者の首の襟には、土と葉。小枝が入っていた。仰向けの状態で引きずられたのではないか?

○被害者は、毎日のように新聞の求人広告を切り抜いていた。しかし、犯行日の前日である月曜日以降は探していなかった。月曜日に何か心境の変化があったようだ。

○ジャック・パジェット将軍は、被害者に特別支援基金を調べさせていた。その依頼を受けたのが月曜日であった。特別支援基金を担当しているのが、フランクだ。いつもは迅速に対応するのだが、その基金に関する報告だけは遅かった。

○小屋にある本棚の、本の裏からは北軍の兵隊フィギュアがあった。

○被害者のクリーニングが戻ってくると、ポケットの中に「L・ダンスタン ウインドショア・マンション2A」と書かれた、メモ紙が入っていた。行ってみると、フランクがいた。そこは愛人と会うための密会用のマンションであった。

○被害者が持っていた懐中電灯は、岩の下から見つかった。爆風で吹き飛んだとしても、岩が突き出た形状になっているためぶつかってしまう。

○2回目の司法解剖の結果。心臓に達するナイフの刺し傷が見つかった。これは事故ではなく殺人である。

○マンションの食器棚には、将軍の家にもあった「4つ星のグラス」があった。洗面台の棚からは、旅行用の歯ブラシがあり、指紋からジェニー・パジェットの物だとわかった。フランクとジェニーは愛人関係にあった。

○被害者の葬儀中、アーティ・タンザ―という陸軍情報部の友人が来た。被害者が死んだ朝に、被害者と電話で会話をしていた。軍の情報を知りたがっていたようで、武器密輸の件を教えた。

○コロンボは特別支援基金(緑色)を見ていた。しかし、フランクの秘書は特別支援基金(赤色)をもっていた。緑と赤では、内容が違っている。緑は偽物で、赤色は本物のようだ。

○マカダム書店から送られてきたダンボールの体積は2.0立方フィートだった。本棚にある、南北戦争関連の本を全て詰め込んでみたが、どうやっても入らない。本は合計で2.9立方フィートあるからだ。しかし、ミニチュア軍隊が入っていたおもちゃ屋の箱は、3.1立方フィートで本は余裕で入る。また、試しにマカダム書店から同じ本を送ってもらうと、2.0立方フィートのダンボールではなかった。中身をすり替えて配送をした。

三幕構成

まとめ

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「迷子の兵隊」より引用】

トリックに関しては、「箱の中身をすり替える」という物になっています。しかし、箱の中身をすり替えて配送したのならば、配送元からすぐにでもバレてしまう気がしないでもありません。小説版コロンボによると、「自分の権力をもってすればたやすいこと」とは、記載はされています。

しかし、箱の中身。南北戦争に関する本一式と、ミニチュアフィギュア一式では重さが違いますので、重量の関係からも足がついてしまいそう。しかし、最後に映るコロンボのフィギュア……、欲しくありませんか?リアルアクションヒーローズあたりから発売されませんかねぇ。

以上、「迷子の兵隊」でした。

  1. 「いつから私が怪しいと思った?」「実は最初に見たときから」というラストのやりとり、初期シリーズからのファンにはうれしいですね。

    • ≫「いつから私が怪しいと思った?」「実は最初に見たときから」
      ※大好きな締め台詞です。「私は自分の能力を見誤ったよ」と負けを認め、警部の優秀さを改めて認めるのも良いやりとりですよね。個人的にとても印象に残る犯行計画と証拠でした。