古畑任三郎 35話『完全すぎた殺人』頭でっかちの殺人

古畑任三郎 35話 完全すぎた殺人 頭でっかちの殺人

ゲストに「福山雅治」氏を迎え科学者の犯人を演じている。(41分25秒)古畑任三郎「実に面白いことが起きるんです」とのセリフがある。事実上の「ガリレオVS古畑任三郎」である。

ガリレオ」は、福山雅治氏が演じる物理学准教授・湯川学がトリックを物理学による計算で解決して2007年の推理モノのドラマだ。その湯川の決め台詞的が「実に面白い」なのである。今作品から8年の時を越えた繋がりがあるんだと勝手に感動した。

ガリレオも犯人視点から進む倒叙形式に近く、冒頭は犯人の犯行から描かれる。同じフジテレビなのも何かのご縁なのだろう。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る

脚本:三谷幸喜

監督:関口静夫

制作:フジテレビ

演出:河野圭太

音楽:本間勇輔

本編時間:46分11秒

公開日:1999年6月1日

あらすじ+人物相関図

古畑任三郎 完全すぎた殺人 頭でっかちの殺人 人物相関図

化学研究員・堀井岳は、事故により車椅子での生活を余儀なくされていた。事故をきっかけに、恋人・片桐恵が自分を離れて、同僚の等々力と婚約したことを知ると双方に復讐を計画する。それは、犯行現場に一歩も立ち入ることなく犯す遠隔殺人であった。

人物紹介(キャスト)

今回の犯人:堀井岳(ほりい がく)
役者:福山雅治

『バロネス科学工業株式会社』研究員の男性。片桐恵、等々力とは大学の同期でトリオで会社に引っこ抜かれていた。事故をきっかけに車椅子での生活を余儀なくされ、恋人であった片桐が自身を離れ等々力との結婚を決めると双方に復讐を決意する。


今回の被害者:等々力(とどろき)
役者:板尾創路

『バロネス科学工業株式会社』研究員の男性。堀井岳、片桐恵とは大学の同期でトリオで会社に引っこ抜かれていた。学生時代には実験のミスで、研究室を吹っ飛ばした過去もある。

小ネタ・補足

◯罪を擦り付けられる片桐恵を演じたのは、『戸田菜穂』氏である。彼女をジャイアンツ戦に誘う研究員・島津を演じたのは、『竹沢一馬』氏である。

◯被害者・等々力の名前がスタッフロールでも明記されていない。28分33秒~西園寺くんが見せた宅配物の送り主を見ると、擦れていて断言はできないが『等々力雅史』という名前で表記されている。

◯『バロネス科学工業株式会社』の住所についても記載されている。東京都武蔵野市 八幡◯? 8-29-16であった。等々力の住所は『東京都世田谷区 ◯?5-15-19 ガーデン前林213号室』にある。

〇事件があった日、等々力は「論文コンクールの審査会から入選を知らせる電話を待っていた」とあった。その後の西園寺くんの調べでは「予選すら通過していなかった」との流れがあるが、作中ではそれ以外に論文コンクールについての描写や説明がない。犯人が変声機で審査会になりすましていたのだろう。

刑事コロンボからのオマージュ

ネタバレ注意

◯舞台設定としては、刑事コロンボ23話『愛情の計算』を意識していると思われる。大規模な研究施設が舞台で登場人物は白衣を着ている。心情に関してが物語のポイントとなる。

〇刑事コロンボ11話『悪の温室』も一部参考にしていると思われる。西園寺くんが事件捜査を任せられ、今泉から「張り切っちゃって」と言われる。悪の温室では、若手のウィルソン刑事がコロンボから捜査を任せられ、「張り切りボーイ」と茶化される。

共に勇み足で、罪を擦り付けられた女性を誤認逮捕してしまう。ラストシーンでは、その女性の横を犯人が通り抜け退場する。

まとめ

実に犯行計画が複雑である。冒頭で犯人が行っていた謎の行動の数々は、視聴者は何をしているのかが皆目見当がつきません。それが後半になるにつれてすべてが繋がっていく流れは秀逸である。

この複雑な計画を前に、西園寺くんが主導で捜査をすすめているのも、トリックに関して一度視聴者側の情報を整理するために説明役が必要だったわけである。 罪を擦り付けられた片桐の犯行だと、道筋を立てながら聞かせてくれるのだ。

内容的には復讐劇ではあるが、被害者を殺害して終わりではなくもう一つの目標『罪を擦り付ける女性』がいることや『一歩も犯行現場に立ち入ることなく犯す殺人』という特殊な設定のおかげで、ストーリーの幅を広がっている。

犯人は車椅子生活になった事故をきっかけに性格が歪んでしまう。頭の中で作り上げた完璧な殺人計画であったが、計算外であった事柄でもろくも崩れ去る。その事柄に前向きに寄り添えれば起きなかった事件でもあるが、そのきっかけを閉ざしたのも自分自身であるのは皮肉な話である。

以上、「完全すぎた殺人」でした。

  1. 等々力は板尾創路さんです。
    顔でわかるし、
    最後のキャストのところにでてました。

  2. もちろん、等々力=板尾創路さんということは分かります。
    『等々力〇〇』と、キャラクターの下の名前がスタッフロールに明記されていないのです。
    宅配物の名前欄に見えにくいですが、「雅史」という文字が見えるので、それが本名なのではないかと思っております。