『お知らせ』投稿ペースが遅れます

スポンサーリンク

平素より大変お世話になっております。

刑事コロンボ69作品ということで、2019年5月31日でまとめることができました。初めてブログを書いた時は、数か月間ほぼ0人の閲覧でした。それから、徐々に見てくださる人が増えていき、これまでに5万人の方がアクセスしてくださいました。大変嬉しく思っております。

『刑事コロンボ』の進行具合は、私の頭の中の構想では『基礎のための基礎工事』が終わり、パイルDの壁を打ち込んだ段階で残り90%は未完。小説版/警部の現場到着時刻/事件解決日数/どこで犯人だと分かったのか?/食べた物リスト/カミさん+親戚+ドッグ+警部に関する台詞リストなど……。まだまだ終わりません。また、作品を見直し、新しく69作品を手直ししていきます。

スポンサーリンク

ブログの記事に関して

2018年9月頃からブログを開始しました。最初は手探りの状態で、どのような内容を書くかなども、見通しがついていませんでした。コツを掴んできたのが3ヶ月してからです。そのため、最初に投稿している記事については、情報や記事の内容が薄いと感じております。こちらも、すぐにとはいきませんが修正していきます。ご容赦ください。

※開始から3ヶ月ぐらいの記事。三幕構成、人物相関図、人物紹介、写真、声優、役者、いらない文章=必ず手直します。

投稿が遅れる理由

資格勉強をするためになります。7月20日を目途に、また3~5日のペースを維持できると思います。それまでは、1週間~3週間の投稿になってしまいます。元々更新の遅いブログですので、また気が向いたときに来ていただければ、そのうち更新されているはずです。

それまでは、コロンボ警部の教えを守り、頑張って勉強に励みたいと思います。

「あたし、どこ行っても秀才にばかり出会ってねえ。学校でも頭の良い子は大勢いたし。軍隊初めて入った時にも、あそこにも、おっそろしく頭の良いのがいましたよ。ああいうのが大勢いちゃ、刑事なるのも容易じゃないと思ったもんです。あたし考えました。連中よりせっせと働いて、もっと時間かけて、本を読んで、注意深くやりゃ、モノになるんじゃないかって。なりましたよ」刑事コロンボー殺しの序曲ー

今後の予定

次回、刑事コロンボの生みの親「リチャード・レビンソン&ウィリアム・リンク」氏が手掛けた、倒叙ミステリー 『ギルティ・コンサイエンス』を予定しています。私も初めて見るので、非常に楽しみです!

その後、『古畑任三郎』→『実験刑事トトリ』→『名探偵モンク』と繋げていきたいです。まだまだ、未完成のブログです。これからも少しずつですが、倒叙に関することをまとめていきたいと思っております。これからも何かの合間に、よろしくお願いします。

以上、『お知らせ』でした。⇒無事に試験終了しました!

  1. ギルティ・コンサイエンスは、刑事コロンボとは違った感じで見れて楽しい作品ですよ。資格勉強とのことで頑張ってください!古畑任三郎のまとめも待ってます♪

  2. ウィルソンさん≫
    ありがとうございます!フレデリック・ウィルソン刑事は大好きなキャラクターです!ギルティ・コンサイエンスも楽しみにしつつ、勉強に励みます(>_<)