刑事コロンボ 16話『断たれた音』チェックメイト!

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「刑事コロンボ」より引用】

【VS.チェスの世界チャンピョン】「犯人はあなた以外には考えれない」という状況証拠が完璧なエピソード。冒頭からチェスの駒につぶされそうになる悪夢はインパクトがあります。チェスの世界チャンピョンを決める大会前夜に起こるという殺人というのも、脚本的に面白いです。

今回の犯人はチェスの世界チャンピョンであるエメット・クレイトン。耳が不自由な男性であり、それが事件解決の鍵となります。被害者や犯人側に何かしら不自由な部分があると、それを計画に利用したり、最後の決定的な決め手となり逮捕される場合が多いですね。

スポンサーリンク

ココが見どころ‼

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「刑事コロンボ」より引用】

〇被害者のトムリン・デューディックがスラムダンクの安西先生、ケンタッキーのカーネル・サンダースに似ている。

〇料理や調味料が入った瓶を使ってチェスをする。

〇犯人エメット・クレイトン演じるローレンス・ハーヴェイの遺作。

→胃ガンに犯されており、冒頭で少し酒を飲む以外は食事のシーンは一切なし。

データ

データ:詳しく見る
脚本:ジャクスン・ギリス

原案:ジャクスン・ギリス、リチャード・レヴィンソン&ウィリアム・リンク

監督:エドワード・M・エイブロムズ

制作::ディーン・ハーグローグ

ストーリー監修:ジャクスン・ギリス

音楽:ディック・デ・ベネディクティス

本編時間:74分

公開日:アメリカ/1973年3月4日 日本/1974年4月13日

あらすじ+人物相関図

チェスの世界チャンピョンであるエメット・クレイトンは、病気で引退した元・世界チャンピョンのトムリン・デューディックとの直接対決がロサンゼルスで行われることになった。これは、事実上の世界一決定戦であり、世界中の注目を浴びていた。

この対決はクレイトンの元・婚約者であるリンダ・ロビンソンの計らいであり、彼を敗北させ地位と名誉を失墜させるために、親しいデューディックに頼み実現した対決だった。これは、別れを告げられた彼女の復讐である。

対決の前夜、クレイトンとデューディックはホテルを抜け出してレストランで同席する。そこで、チェスの手合わせをすると、デューディックは圧勝してしまう。観衆の前で惨敗するのを恐れたクレイトンは彼の殺害を決意したのだった。

その晩、クレイトンはデューディックに電話を掛ける。ひどく取り乱した様子であり、話を伺うと、リンダと別れた原因は彼の不倫によるものだったと語る。彼女に謝りたいと、デューディックに自分の言葉を代筆させた。これで、この文章は偽装工作に使える。クレイトンはデューディックをホテルの裏口まで誘導を行うと、彼をゴミ粉砕機に突き落としたのだった。

人物紹介

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「刑事コロンボ」より引用】

今回の犯人:エメット・クレイトンローレンス・ハーヴェイ

吹き替え声優:小笠原良知(おがさわら りょうち)

追加吹き替え声優:田原アルノ(たはら あるの)

職業:チェス世界チャンピョン

殺害方法:ゴミ粉砕機に突き落とすが一命を取り留める。その後、処方薬をすり替えて殺害。

動機:チェス対決で勝てないと悟ったから。(名誉の保持)

概要:詳しく見る
概要:現・チェス世界チャンピョン。翌日対戦相手だったトムリン・デューディックと、非公式でチェスの手合わせを行い敗北する。勝てないと悟ったことから、ゴミ粉砕機に突き落とし事故死に偽装しようとした人物。

耳が不自由であり左耳に補聴器を装着している。読唇術ができるようで、補聴器なしでも相手の口の動きから言葉を理解することができる。また驚異的な記憶力の持ち主でもあり、過去のチェス世界戦の駒の配置や勝敗、その後の駒の動かし方などを記憶している。

この記憶力を活かして、トムリン・デューディックの常備薬リストを数秒見ただけで暗記。薬をすり替えることで殺害に成功した。補聴器は集中したい時には電源を切り、無音のままチェスの対決に臨んでいる。

リンダ・ロビンソンとかつて婚約寸前まで関係はあったが、彼から別れを告げて破局に終わった様子。デューディックを殺害するために呼び出した時に、取り乱したような演技で放った言葉が本当ならば、原因は彼の浮気である。

世界チャンピョンの防衛線というプレッシャーからか、対決前日にはデューディックの顔をしたチェスの駒につぶされる悪夢を見る。文字通り重圧に押しつぶされた結果と言えよう。

※チェスで勝てないだけで殺人?
→東西冷戦状態の時代です。対戦相手はソ連(ロシア)のトムリン・デューディック。西のエメット・クレイトン。チェスは知性の代名詞とも言われており影響力が大きい競技です。アメリカ側にとってみれば東西冷戦の代理戦争であり、クレイトンの敗北は社会的な死にも繋がったのではないでしょうか?


【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「刑事コロンボ」より引用】

今回の被害者:トムリン・デューディック(ジャック・クリューシュン)

吹き替え声優:松村彦次郎(まつむら ひこじろう)

職業:元・チェスの世界チャンピオン

概要:詳しく見る
概要:病気で引退した、ロシア人の元・チェス世界チャンピョン。エメット・クレイトンとの対決前夜、密かにおこなった手合わせで圧勝してしまい、殺害されることになってしまった人物。リンダ・ロビンソンの母とは昔から親しい友人である。そんな古い友人の娘からの頼みでもあり、今回の復帰戦へと臨んだ。

入れ歯を装着している。また出歩く際には必ず、年代物の象牙でできたミニチェスセットを持ち歩いているとのこと。引退こそしているものの、その腕前はまだまだ健在であり、クレイトンとの手合わせの際には7手先を読み41手をもって勝利した。(チェスの平均:40手~で決着)

また、グルメ以外の趣味としてはボーリングがある。コロンボが休日の楽しみにしていたボーリングをしようとした際に、デューディックが失踪したと連絡が入る。そんな彼がいた場所とは、こともあろうにボーリング場であった。

病気は糖尿病。かなりのグルメであり塩分の高い食事やワインを飲んでいる。低カロリーで砂糖抜きの料理を、健康管理の医者から提供されているが不味くて食べたくないと、抜け出してはレストランで食事を楽しんでいる様子。

そのため、クレイトンがすり替えた薬は、血糖値を下げる・上げるタイプの物であると考えられる。ゴミ粉砕機からの転落であり低血糖状態にあるはず。おそらくは上げる薬を、下げる薬にすり替えた?

犯行計画

大会前夜の練習試合でトムリン・デューディックは負けたと嘘を言う。その結果、敗北を恐れた彼は荷物を持ち出し裏口から夜逃げしようとした。その時、足を滑らせてゴミ粉砕機に落下した事故死に偽装した。

①トムリン・デューディックの名を語りアステカ空港→メキシコ行のタクシーを予約。

②電話でデューディックをホテルの裏口へ呼び出す。彼が部屋から出た際に、ドアにセロテープを貼りカギが自動ロックできないようにした。で清掃員が部屋からであると、デューデュックの鞄に荷物を詰める。

③デューディックと地下で会う。クレイトンは自身の不倫の経緯について語る。リンダに謝罪したいが何を書けばと混乱した様子。デューディックに謝罪文を書いて欲しいと頼む。

④書き終えると、ゴミ粉砕機にデューディックを突き落とす。

⑤デューディックは一命を取り留めた。彼の常備薬をすり替えて殺害する。

コロンボの疑問点

ネタバレ注意!
〇デューディックの旅行鞄に入っていた歯ブラシが彼の物ではなかった。彼は義歯であり、歯ブラシは健康管理係の歯ブラシであった。

〇クレイトンの補聴器は昨夜壊れてしまった。

〇デューディックが残した手紙はメモ紙に書かれていた。しかし、封筒は彼の公式の紋章入り。便箋も彼の部屋にあったのに、なぜただのメモ紙に書いたのか?

〇旅行鞄には、いつも持ち歩いているミニチェスセットが入れられていなかった。

〇レストランでデューディックとクレイトンが手合わせした際、デューディックから先に駒を動かしたとシェフは証言する。クレイントンその手合わせは自分が勝ったという。しかし、デューディックが残したチェスの記録には、白(先手)が勝利したと記録してあった。

〇クレイトンが使ったペンのインクと、デューディックが書いた手紙のインクが一致した。

〇デューディックがなぜゴミ粉砕機に落ちたのに助かったのか?

三幕構成

まとめ

小さなコロンボの気づきが良いですね。積み重なって積み重なって、最後にクレイトンの犯行にしか考えられない状況が作り出されるのは見事な展開です。

普通ならば、ゴミ粉砕機に突き落とされたら死亡しています。それなのに、なぜかデューディックが生きていた。その”なぜ”が、クレイトンの犯行以外にしか考えれないに繋がります。犯人と刑事の直接対決は。まさに盤上でのチェス対決さながら!

以上、16話「断たれた音」でした。