女性犯人

古畑任三郎

古畑任三郎 11話『さよなら、DJ』あらすじと解説

【VS.ラジオDJ】「走ったすぐ後は息が乱れるものです。三十過ぎるとなおさらです。そういう時は、大きく深呼吸をしてゆっくりとお茶を飲むと落ち着きます。しかし、一番いいのは…三十過ぎたら走らない事です」 データ あらすじ/人物相関図 ...
古畑任三郎

古畑任三郎 6話『ピアノ・レッスン』はるばる来たぜ殺人犯

【VS.ピアニスト】「自分が人に嫌われてんじゃないかって心配している皆さん、安心してください。そういう場合は大抵本当に嫌われています。問題なのは自分が人に嫌われているのが分かってない人の方で…」 データ あらすじ+人物相関図...
古畑任三郎

古畑任三郎 3話『笑える死体』正当防衛を主張します

【VS.精神科医】「古くなったストッキングの意外な使い道をお教えします。切り取った先っぽをスリッパの上にかぶせて家の中を歩いてみてください。細かいゴミが面白いように取れます。ストッキングっていうのは便利な物で……」 データ ...
古畑任三郎

古畑任三郎 1話『死者からの伝言』招かれざる客

【VS.少女コミック作家】「犬を飼っている人に一言。名前を呼ぶ時は“ちゃん”を付けるのは止めてください。“ちゃん”を付けると、犬は“ちゃん”までが自分の名前だと思い込んで“ちゃん”を付けないと振り向かない場合があります。犬には……」...
探偵が早すぎる

探偵が早すぎる 最終話『5兆円をかけた戦いが完結!』

【VS.大蛇羅一族】最終回になります。満を持して登場した大蛇羅グループの会長・朱鳥の殺害計画は、伏線の回収が気持良く決まった見事なトリックでした。探偵も見抜けなかった程ですから、さすがラスボスにふさわしいです。 データ あら...
探偵が早すぎる

探偵が早すぎる 9話『最終決戦』

【VS.大蛇羅一族】いよいよ物語も大詰めになります。主人公である『十川一華』は、今まで受身で大蛇羅一族から刺客を送り込まれていました。しかし、自身が殺害される状況になったのは、元はと言えば大蛇羅のせいです。 その悪の根源をぶっ...
探偵が早すぎる

探偵が早すぎる 6話『最速の探偵が最大のピンチ』

【VS.殺し屋】今回のエピソードはズバリ『三つ巴』です! 三つのものが互いに対立して入り乱れるストーリー展開であり、大蛇羅一族は「探偵」と「十川一華」を同時に抹消しようと企てます。さらに『視聴者への隠し事』もあるので、さぁもう複雑&...
刑事コロンボ

刑事コロンボ 53話『かみさんよ、安らかに』コロンボのかみさんが主役?

【VS.不動産業者】コロンボのカミさんの葬儀シーンから開始される、衝撃のエピソードです。ストーリー展開の方法も特殊であり、葬儀に参列している登場人物の回想シーンから、徐々に事件の真相が明らかになっていく変わった形式になっています。 ...
刑事コロンボ

刑事コロンボ 48話『幻の娼婦』拒絶する人もいるエピソード

【VS.セックスカウンセラー】女性犯人による、男性への復讐劇になっております。今回のエピソードは、性交渉についてワードが多くなっております。脚本家は、ピーター・S・フィッシャー氏です。担当した、第22話「第三の終章」でも、性交渉につ...
刑事コロンボ

刑事コロンボ 43話『秒読みの殺人』殺人へのカウントダウン

【VS.テレビプロデューサー】原題「 MAKE ME A PERFECT MURDER(私にだって完全犯罪はできる)」というタイトルで、日本語ver.だと秒読みの殺人と訳されています。被害者の男性が憎たらしい奴でして、「心臓に一発、...