【探偵が早すぎる】3話 最速の探偵がまさかの不在!?

スポンサーリンク
探偵が早すぎる

©井上真偽・講談社/読売テレビ【ドラマ:探偵が早すぎる】より引用

【VS.宇宙物理学教授】かなり大がかりなトリックになっております。そんなのありかよ!みたいな感じです。さすがに被害者も、殺されそうになる前に気が付きそうですが、気付いた時には既に遅しみたいな感じなんでしょうかね?そんな、ツッコミが多くなりそうなトリックで殺害を目論む犯人の登場です。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る
原作:井上真偽

脚本:学田学

監督:瑠東東一郎

チーフプロデューサー :前西和成

制作:読売テレビ

音楽:イケガミキヨシ

本編時間:42分

初回放送日:2018年7月26日

あらすじ+人物相関図

探偵が早すぎる 人物相関図宇宙物理学教授の西岡京一は、大学のゼミ生徒である十川一華の殺害するように、大蛇羅亜謄蛇から脅される。西岡は、かつて科学雑誌に掲載した論文のデータを改ざんし、それで大きな賞を獲得していたのだった。これが公表されれば、賞は取り消しとなり地位の損失は免れず、殺害を決意したのだった。

彼の考えた計画とは、『ヘリウムガス』での酸素欠乏による殺害である。大学教授という地位を活かし、ゼミ生徒である十川一華の論文の手助けを行うという。そして彼女を、密閉された研究個室へと誘い出す。その個室に大量のヘリウムガスを放出していく。

ヘリウムは無味・無臭・無色であり、大量のガスが肺に入ると、酸欠し意識混濁を引き起こす。そのまま呼吸停止を引き起こせば、13分で死亡するのだ。

人物紹介

西岡京一

©井上真偽・講談社/読売テレビ【ドラマ:探偵が早すぎる】より引用

今回の犯人:西岡京一(にしおか きょういち)

役者:相島一乃(あいじま かずゆき)

職業:宇宙物理学教授

殺害方法:酸素欠乏による窒息死

動機:不正告発を防ぐため

概要:詳しく見る
概要:櫻田大学に勤務する宇宙物理学教授の50歳の男性。かつて、科学ジャーナル「Cosmology」で『量子学的宇宙論の創始』という論文を掲載し、文部科学大臣賞を受賞している。しかし、論文のデータは改ざんしていたものであった。不正していたことを、大蛇羅亜謄蛇により脅され、研究費の出資も打ち切ると言われる。現在の地位の保持のために、十川一華の殺害を計画した。

非常に大胆な計画であり、手始めに大学の敷地内にある図書館2Fの実験室を水素爆発で吹き飛ばした。実験室の真下には研究個室があり、工事中の道具を使用して1Fの天上に穴を開ける。そこから、ヘリウムガスを放出することで、空気濃度を低下させ酸素欠乏症を引き起こし殺害するというものである。部屋にガスが溜まれば、13分で死亡するようだ。

一華はゼミの生徒でもあり、論文製作の助言なども行っていた。2話では「連絡アプリ:talking」を見ると参加人数は(18)と表記されていた。そのため、ゼミ生徒は18名いるようだ。事前に一華の論文製作に役に立つ本を選んでおくなど気が利いている。選んだ本のタイトルは下記である

「一般相対論の世界-重力波と中性子連星-」
「R.A.Sビックバン元素合成からブラックホール誕生まで」
「新説・超新星爆発-星が死ぬときどうなるか」
「完全学習 現代的宇宙論」
「素粒子論から宇宙を観る」である。

最後は、トリック返しを決められ自身がヘリウムガスで酸素欠乏に陥る。声が高くなりながらも、外へ這い出て気を失った。翌日には文部科学大臣賞剥奪の記事が新聞に記載されることになる。事件解決後には、一華から「良い先生だったんだけどなぁ……」と評価されている。服装に関しては、ループタイを身につけていた。


十川一華

©井上真偽・講談社/読売テレビ【ドラマ:探偵が早すぎる】より引用

今回の被害者:十川一華(そがわ いちか)

役者:広瀬アリス(ひろせ ありす)

職業:大学生

概要:詳しく見る
概要:論文製作のために、図書室で勉強をしていた。しかし、千曲川光に邪魔をされまくり、研究個室に向かう。そこで、好意を持っている城之内翼が現れる。彼がピーター・パンが好きだと分かると、千曲川から押し付けられたピーター・パンの本をわざとらしく咳払いをして見せつける行動をとった。直後、図書室2Fの実験室で爆発が起こり、彼の腕の中に守られ若干良い表情をしていた。

大学では、宇宙物理学教授である西岡京一のゼミに所属していた。文系というよりは理系よりなのかもしれない。図書館では「バリオン」に関する書物を読んでいた。また、西岡から見るようにと勧められた書物にも目を通すなど、非常に勉強熱心である。論文は完成したものの、西岡によると「素粒子論」の爪が甘い様だ。本人もそれを自覚していた。

友人の未夏、律音とお揃いのコーデをすることとなり、橋田からお金を借りようとしたが、300円しかもらえず。翌日には、千曲川に5000円を要求する。最終的には、給料を2倍にするという契約を書類にサインをしてお揃いの衣装を買い揃えた。

大学の敷地内を歩いている際、城之内翼と会話をする。ふと、水素ボンベを運ぶ作業員の姿が目に入り、自身を爆殺するのではないかと考え、彼に「近寄らないで」「私から離れて」と言い放つ。そうしなければ、爆発に巻き込まれてしまうからだ。結果として爆発はしなかったものの、城之内からは一歩距離感を置かれてしまったのだった。

犯行計画

【密閉された空間にヘリウムガスを充満させ窒息死】

①図書館2Fにある実験室を、水素爆発で吹き飛ばす。これにより、改修工事が行われることになる。工事関係者が入るようになり、また工具なども置かれる。

②ゼミ生徒である十川一華の論文の手直しするために、図書館にある研究個室で待っているように促す。研究個室の上は実験室である。

③一華が研究個室に入ったのを確認すると、実験室に向かう。床のアンカーボトルを外し、そこをドリルで穴を開ける。研究個室の天上に穴を通すと、そこからチューブを垂らしヘリウムガスを流し込む。13分すれば、酸素欠乏による意識混濁。呼吸停止で死亡する。

推理と対決(※ネタバレ注意)

犯人のミスと推理
○図書館にはクラシック音楽が流れている。スピーカーは、どの位置に立っても心地よく聞こえるようになっていた。しかし、図書館2Fにある実験室で爆発が起きた後、図書館に来てみると、音の響きが違い、スピーカーの向きが違うことに気が付いた。

○なぜ、スピーカーの向きを変える必要があったのか?マスキング効果(音のカーテン)を起こすためである。人が不快に感じる高い周波数(工事現場の音)は、比較的高音のクラシック音楽を流すことで、工事中の騒音を軽減できる。スピーカーの向きを変えたということは、よほど聞かれたくない音があったようだ。

○聞かれたくない音とは、研究個室に穴を開けるドリルの音である。改修工事の現場に忍び込んだ際、道具やヘリウムガスがそのままにしてあるのを見つけた。ヘリウムガスは、配管から漏れがないかを確認するために使用される。穴を開ける道具も、わざわざ持ち込む必要がない。

○必然的に、犯行日は工事が休みの日。そして、研究個室に呼び出せる人物。それは、教授である西岡京一だけである。

どのように決着をつけたのか
○西岡京一は、研究個室に十川一華が入ったのを確認すると、ヘリウムガスを流し込んだ。これで、彼女は酸素欠乏により死亡する。高笑いをする西岡であったが、手足に違和感があることに気が付く。そして、なんだが声も変である。

すると、突然声が聞こえた。振り返ると、そこには千曲川がおり、「ヘリウムを使って殺人とは良く考えたなー」と嬉しそうに話す。なんと、ヘリウムガスは自分のいる改修工事の部屋に流し込まれていたのだ。既に、千曲川からトリックを見抜かれ、研究個室に流していたガスは酸素に変えられていたのだ。西岡は自身のミスを指摘される。徐々に部屋の酸素濃度が下がり気を失っていったのだった。

余分な情報

【図書館にレコードがある理由】

櫻田大学の学長が、世界レコード協会の副会長で、3万点のレコードを常時聞けるようにとの思いから。また、図書館内に設置されているスピーカーは、どの位置に立っても心地よく聞こえるように考えられて配置されている。

三幕構成

探偵が早すぎる 三幕構成

まとめ

【消去法で犯人を見つける】

最初に水素爆発の事故により図書館2Fの実験室が吹き飛ばされました。次に図書館内に入ると、音楽を流すスピーカーの向きが違っていることに気が付きました。そうすると、マスキング効果を狙っているのではないかという考えに至ります。

次に、工事現場を確認した際には、現場に残された道具から殺害方法を発見しました。ヘリウムガスでの殺人です。では、なぜ実験室を吹き飛ばす必要があったのか、それは下の階にある研究個室を殺害現場にする必要があったからである。

先ほどの、マスキング効果はなぜ必要になるのか?床に穴を開ける為に音を消すためだ。穴を開けるとどうなるか?研修室の天上に穴が開き、そこからヘリウムガスを充満させる。そうなると、犯行日は改修工事中の実験室を使うことになる。

つまり、工事が休みの日に限定される。どうやって研究個室に誘導できるのか?それは、被害者と関わりの近い人物の西岡教授だけだ。徐々に選択肢を消去していく事で、犯人を見つけることに成功したのである。

しかし、天井に穴を開けるという行動なのですが、さすがに埃みたいな飛散物で気が付きはしませんかね?あと、マスキング効果で消音の役割をするそうなのですが、2Fで鳴り響くドリルの音までは消せないんじゃないかな、と思ったりもしました。実際に見たわけではないので想像ですが……

以上、「探偵が早すぎる 3話」でした。