場当たり的犯行

倒叙

古畑任三郎 2話『動く死体』中村屋!

【VS.歌舞伎役者】「新しい機械を買った時には必ず説明書を読んでください、少なくとも3回。箱から出す前とセットした後と、寝る前に。一晩置くのがポイントです。気を付けなければならないのは、外国製の機械で……」 データ あらすじ...
倒叙

『刑事おじゃるンボ』質の高いパロディ

【VS.子鬼トリオ】NHKのEテレで放送された、「おじゃる丸」第9シーズン28話(748話)のエピソードになります。こちらは、タイトルからご察しがついた方がおりますでしょうか?過去、同じくNHKが放送をしていた「刑事コロンボ」のパロ...
倒叙

刑事コロンボ 69話『殺意のナイトクラブ』虚栄のオープニングナイト

【VS.レイヴ・プロモーター】最終話です。これで見納めです。ラストの事件は男女共犯による『過失致死』で『死体なき殺人』です。36年前に放送された、エピソード第1作『殺人処方箋』も男女の共犯でしたね。シリーズ有終の美を飾る演出は、いつ...
倒叙

刑事コロンボ 67話『復讐を抱いて眠れ』究極の死体なき殺人

【VS.葬儀屋】派手な演出、ドロドロとした人間関係。そんな展開が多い、新刑事コロンボシリーズですが、ここにきて再び、あの『パトリック・マクグーハン』が犯人として再登場です。さらに、彼は監督も務め、旧コロンボシリーズのような『刑事VS...
倒叙

刑事コロンボ 63話『4時02分の銃声』携帯電話が登場

【VS.ラジオパーソナリティー】38話「ルーサン警部の犯罪」の犯人を演じた、ウィリアム・シャトナー氏が再び登場です!前回のエピソードでは、芝居用の化粧品が現場に残っていたことでコロンボ警部に、より犯人であると疑われることになってしま...
倒叙

刑事コロンボ 59話『大当たりの死』幸運な被害者?

【VS.宝石商】コロンボ史上、もっとも可哀そうな被害者とはだれか?理不尽な動機によって殺される被害者、脅しをかけて逆にやられる。地位を蹴落としたり、犯罪を暴露すると言われ殺害される。地獄の沙汰も金次第。今回は、宝くじを当ててしまった...
倒叙

刑事コロンボ 56話『殺人講義』最年少犯人

【VS.法学部大学生】新シリーズの中で評価できるのは「殺人講義」、なんて声も上がったエピソードです。犯人は最年少でありコロンボ警部との歳の差は実に「40歳」。 さらに、コロンボの特別講義中での殺人であり、コロンボ自身が鉄壁のア...
ミステリー形式

刑事コロンボ 55話『マリブビーチ殺人事件』混乱する難解エピソード

【VS.????】見終わった後に「なるほど。そうだったのか」となって終わりたいのがミステリーものの作品です。「犯人・動機・方法」の3点が分かれば、大体スッキリと後味良く見終わることができます。 刑事コロンボは倒叙形式と呼ばれる...
倒叙

刑事コロンボ 51話『だまされたコロンボ』完全犯罪成功!?

【VS.カメラマン】新シリーズの中でも人気の高い作品です。「死体なき殺人」が焦点となっていますが、トリッキーに変化するこの作風は、ガチガチに固まった倒叙形式を絶妙に崩しました。もう水戸黄門型の決まりきったシナリオ展開とは、あんまり言...
倒叙

刑事コロンボ 第18話「毒のある花」奇跡のシワ取りクリーム!ご利用と殺人も計画的に…

【VS.化粧品会社社長】シーズン3の開幕エピソードです。女性と男性のどろどろとした愛憎劇になっております。犯人であるビベカ・スコットは若い男性に手を出しまくっており、被害者は過去に捨てられた男性です。 刑事と犯人の直接対決感と...