刑事コロンボ 61話『死者のギャンブル』翻弄される犯人

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「死者のギャンブル」より引用】

【VS.ギャンブラー】犯人が狙っていた人物が先に死んでしまう。これには犯人も視聴者もびっくりなストーリー展開です。さらに、殺人をする相手が先に死んでしまったばかりか、殺すつもりのなかった人物を殺してしまうのです。

ここだけでも、ストーリー展開が捻られているのに、後半からは犯人が別の犯人に……。という、捻りを通り越して、ねじ切れんばかりのトリッキー!

脚本家はジャクスン・ギリス氏で、没原稿をピーター・フォーク氏が引っ張り出してきたようです。「さらば提督」「マリブビーチ殺人事件」もジャクスン氏の脚本で、倒叙形式に挑戦的なスタイルで挑んでいますね。

スポンサーリンク

ココが見どころ‼

〇殺すつもりはなかった人物を殺害してしまった!

〇ロールスロイスが大爆発!慌てふためくコロンボ警部と、爆弾を仕掛けたハロルド。

〇犯人が途中で殺される。新たに犯人が登場。

データ

データ:詳しく見る
脚本:ジャクスン・ギリス

監督:ヴィンセント・マケヴィティ

制作:クリストファー・セイター

制作総指揮:ピーター・フォーク

音楽:ディック・デ・ベネディクテス

本編時間:93分

公開日:アメリカ/1992年11月22日 日本/199年10月3日

あらすじ+人物相関図

ギャンブラーであるハロルド・マッケインは、負け越しによる多額の借金を背負うようになり、ついにはマフィアの借金とりに目をつけられる。期日までに借金を返さなければ殺されてしまう。彼は、フットボールチーム・オーナーである、叔父ビッグ・フレッドを頼った。

しかしビッグは、ハロルドの度重なる悪癖に対して支援を拒否したのだった。ハロルドは伯父の遺産を狙うべく殺害計画を企てる。その計画とは、夜間に庭に駐車していた叔父の車に、パイプ爆弾を仕掛け、エンジンをかけた瞬間に爆殺するというものだ。

しかし、翌朝。ビッグはなんと、ひき逃げ事故にあっていたのだ。早朝からジョギングをし、音楽を聴きながら道路を走るのが日課になっていた。前々から危険だと伝えてはいたが、聞かなかったようだ。そうなると、車に仕掛けられた爆弾は……?

ハロルドが急いで叔父の車に向かうと、ヨレヨレのレインコートを着た、警察を名乗る男が車を触っていた。現場検証や捜査で警官が屋敷に出入りするため、ハロルドは車から爆弾を回収できない。また、車は庭の通路上に駐車しており、他の車両も出入りもできない状況にあった。

そのため、鍵を預かっていた庭師フェルナンドが、車を車庫に移動させるためにエンジンをかけると、ハロルドや捜査に赴いていたコロンボたちの前で爆発した。爆弾はビック・フレッドを狙ったものとして、捜査が開始されたのだった。

人物紹介

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「死者のギャンブル」より引用】

今回の犯人で被害者:ハロルド・マッケイングレッグ・エヴィガン

吹き替え声優:大塚明夫(おおつか あきお)

職業:ギャンブラー

殺害方法:爆殺(パイプ爆弾)

動機:叔父の遺産を手に入れる為

概要:詳しく見る
概要:負け越しているほうが多いギャンブラーの男性。借金取りの『ハッカー』という男に狙われており、負債額は3万ドルである。期日を先延ばしにしていたようで、最後通達を守らなければ殺害される。今までで7回の電話で催促をされ、逃亡したこともあった。

叔父であるビッグ・フレッドは、フットボールチームのオーナーであり、チームの極秘情報などを提供する見返りに、ラスベガスのカジノ店などからは金を借りていた様子。そんな叔父に金銭援助をお願いするも、度重なる悪癖に対して拒否されてしまう。そのため、遺産を狙い殺害を計画した。

殺害に使用したのは「パイプ爆弾」である。コロンボによると、雑誌に製造方法が記載されているものがあるようで、ハロルドも冊子のようなものを開きながら爆弾を製造していた。どこかの場所で廃車を使い、パイプ爆弾が正しく作動するかの実験も行っていた。

しかし、そのパイプ爆弾を作動させる前に、ビッグ・フレッドは早朝に轢き逃げ事故にあい死亡してしまう。爆弾解除を試みるも、捜査に赴く警察やコロンボの目がある。そのまま庭師フェルナンドを爆殺してしまう。爆発前は目をしっかりと閉じ、顔をうつむかせる。己を悔やんだのであろう。決して知能犯とは言えない犯人であり、早々にコロンボ警部から目をつけられてしまった。


【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「死者のギャンブル」より引用】

今回の被害者:ビッグ・フレッドスティーブ・フォレスト

吹き替え声優:藤本譲(ふじもと ゆずる)

職業:フットボールチーム・オーナー

概要:詳しく見る
概要:フットボールチーム『スタリオンズ』のオーナーである男性。毎朝、庭師のフェルナンドと同等の時刻に起床しており、ジョギングをすることが日課になっている。ヘッドフォンをつけて道路を走るため、車に轢かれないようにと注意を受けていたが聞く耳はもたなかった。裏から走り、表に回るのがお決まりのコースだったようだ。

最近ロールスロイスを購入しており、車の№は『STALLIONS NO.1』である。なお、現在6位だ。試合展開は序盤にぼろ負けするが、ドラフト1位選手のクライド・ウェンダースキーという1人の活躍で逆転勝利している。故障が多い選手であり、痛み止めの薬をこっそりと飲んで出場したようだ。

どのように財を築いたかについては、「ビッグ・フレッドはラスベガスで財をつくり、敵もつくった」に留められている。また、宣伝が好きなで、スタリオンズが所有している自前のテレビ局を持っている。踊りが下手なようで、妻ドロレスと踊った際は、足をふんづけながら踊ったとのこと。またスタリオンズは、コロンボの所属するロサンゼルス市警の所長が熱狂的なファンらしい


【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「死者のギャンブル」より引用】

今回の被害者:フェルナンド(レオン・シンガー)

吹き替え声優:清川元夢(きよかわ もとむ)

職業:庭師

概要:詳しく見る
概要:ビッグ・フレッドの庭を管理する庭師の男性。ビッグ・フレッドが、車の洗浄を依頼しており、ロールスロイスの鍵を預けていた。そのため、庭の路上に駐車された車を移動しようとエンジンをかける。ハロルドが仕掛けたパイプ爆弾が作動し、爆発に巻き込まれ死亡した

事件の日は裏の垣根を手入れしていた。移動はトラックを使用しており、大切な商売道具、芝刈り機/集塵機などを積んでいた。№45J647である。


ネタバレ注意!

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「死者のギャンブル」より引用】

今回の犯人:ドロレスタイン・デイリー

吹き替え声優:弥永和子(やなが かずこ)

職業:ビッグ・フレッドの妻

動機:邪魔になったため(ビッグ)/口封じのため(ハロルド)

概要:ビッグ・フレッドの妻である女性。以前は彼の秘書室長でもあり、フットボールチームの経営に関しては確かであると自負している。ハロルド・マッケインとは5年の愛人関係がある。ハロルドによると、朝は毎日10:30まで眠っているらしい。

今回の事件の真犯人である。ビッグ・フレッドは自分に対して優しさなどはなく、邪魔になった彼を早朝のランニング中に轢き逃げにあったように偽装し殺害した。この1件に関しては、コロンボ警部は立証が困難であると逮捕を諦めている。

ハロルドに関しては、ビッグとドロレスの行動から、叔父であるビッグを殺したのはドロレスであると見抜く。金銭を要求してきたため、口封じのために殺害するに至った。コロンボ警部は、ハロルド殺しの1件で逮捕に至った。

犯行計画

【ビッグ・フレッドの車にパイプ爆弾を仕掛け、エンジンを起動させると爆発するように細工】

①夜間、ビッグ・フレッドのロールスロイスにパイプ爆弾を仕掛ける。翌朝、叔父がフットボールの会議に出かける。その際、エンジンをつけると爆発するように細工した。

②翌朝、ゼネラルマネージャーから電話がかかる。ビッグがまだ来ていないようだ。自宅に電話を掛けるが誰も出ない。自分も叔父の家に向かうと、ひき逃げ事件が起きていたようだ。なんと、被害者は自分が殺害しようとしていた、ビッグ・フレッドだった。

③爆弾を仕掛けていたロールスロイスは庭の路上にあったままであった。鍵は庭師が預かっていたようで、車を車庫にいれようと庭師がエンジンをかけると、爆発が起こり庭師は死亡した。

コロンボの疑問点

推理と捜査
○爆発した車(ロールスロイス)の下の地面には、真新しい傷が残っていた。被害者の自宅には監視カメラが3つ、ゲートは2重ロック、外は警備会社がパトロールをしている。顔見知りや内部の犯行の可能性がある。

○カーショップで、ロールスロイスに爆弾を設置する再現を行ってみた。車高が低いため、潜り込んで細工できる箇所は1つだけだった。左利きならば届きやすく、ハロルドも左利きだ。

○また、爆弾の設置個所には、身体をねじって、かかとで地面を押し込むことで、近づくことができる。地面の傷は、かかとで地面を押し込んだ時にできた傷だ。カウボーイ・ブーツは銀の飾りがついており、地面に傷がつく。ハロルドはそのブーツを愛用している。

○また、もしプロの犯行ならば、カウボーイ・ブーツのような装飾がついた靴は履かない。音のでないランニングシューズやテニスシューズを履く。これは、プロの犯行ではない。

○被害者は、ベッドの脇の床に倒れていた。目覚まし時計の時間は8時に設定されており、15分後にドロレスに電話をかけたとのこと。ベッドはシーツがしっかりとしており、足が入らない。本当にベッドで寝ていたのか?また、カジノで行われるポーカー大会の入場券は、今夜開催されていた。

○被害者のブーツの中には5000ドルが入っていた。ソックスも詰め込まれており、汗で湿っていた。いつ、靴下を脱いだのか?朝起きたときに白いソックスを履き、昨夜ソックスを脱いだのだとする。現在は11:00で、午前2時頃に脱いだとしても9時間たっている。もう乾いてもおかしくない。

○目覚まし時計は8時に設定されていると報告された。実際に時刻を進めてみると、08:00ではなく、夜の20:00であった。ポーカー大会は21:00からであり、被害者は大会に参加して、昨夜はベッドで寝なかったことになる。

→そうなると、08:15に被害者から受けたという、ドロレスの証言が怪しくなる。「借金取りに追われ、14:30にシカゴの列車に乗り逃げる。交通費しかないから金を貸してほしい」そう言ったのに、被害者は5000ドルを持っていた為。

○車が爆発した映像を確認すると、爆発が起こる前に、ハロルドは目をしっかりと閉じ固まっていた。彼は、これから爆発が起こることを知っていたようだ。

どのように決着をつけたか?
○ドロレスはフットボールスタジオの特別席で試合を観戦している。その時にコロンボがやってきた。いくつか確認をしたいと話すが、弁護士であるバーティが間に入り、ドロレスとの会話を阻止しようとした。しかし、コロンボの問いかけに、2人はしだいに耳を傾けていく。

ドロレスは車を一体どこに停めていたのか?木曜の晩に、ハロルドと食事をしたことは裏がとれた。しかし、その後の車の行方を聞きたい。コロンボは、ハロルドの遺体を発見したときに、金を届けにきて第一発見者となったドロレスの車を撮影していた。

その写真を見てみると、ボンネットに日の当たる部分と影に違いがあった。これは露である。車は、林の中にある被害者の自宅に、日の出前からあったことになる。さらに、被害者は徹夜でポーカー大会に参加をした。ポーカー勝負に勝ったご褒美として、食べ物を食べたり、散髪をした。

ハロルドは7時に散髪をすませ、その後ドロレスの自宅に向かった。その証拠に、ドロレスの自宅にある書斎には、ハロルドが愛用していたカウボーイ・ハットが置いてあった。その帽子には、短い髪の毛がたくさんついていた。彼は書斎で殺害され、車椅子を使用して運び出された。

「ハロルドを殺す動機は何かしら?」→ビッグ・フレッドを殺したことに気づかれたからだ。そう、コロンボは答える。ロールスロイスを庭の路上に停めたのは、庭師がトラックで入ってこれないようにするためだ。庭師がしかたなく路上に置いたトラックを使用し、ジョギングしているビッグを殺害した。

「でも、どうやって証明するのかしら?」「複雑な事件2つより確実な1件で逮捕するさ。あんたをハロルド殺しで逮捕します」「あのバカ……・あんなことしなきゃ証拠なかったのに。無茶するなって言ってやったのにさ。どうしようもない大バカだね。おお助かりだったわよ、バーティ……。おかげ様でこのざまよ」

警察官が扉を開けると「ありがとう」、そう顔を見つめ退場していった。残ったコロンボとバーティは、お互いの顔を見合わせていたのだった。

三幕構成

まとめ

車を爆発させて殺害させる事件としては「死の方程式」「偶像のレクイエム」があります。今回も狙ったわけではありませんが、車に仕掛けたパイプ爆弾で爆死させてしまいます。その際の、警官が転がる演出。新シリーズの特徴であるド派手な演出が見ることができます。

ストーリーに関しては、倒叙形式を守りつつ……捻りを加えた展開。最後の詰め手に関しては、あっさりと解決してしまった感じがあり、刑事と犯人の対決感はやや薄いです。ハロルド・マッケインという男の数奇な数日間といった事件なのかも知れません。

以上、「死者のギャンブル」でした。