刑事コロンボ 36話『魔術師の幻想』ウィルソン刑事、最後の事件!

スポンサーリンク

【VS.マジシャン】11話「悪の温室」に登場したフレデリック・ウィルソン刑事が挑む、最後の事件です。コロンボ警部とのやり取りは犯人であるサンティーニにも、「ホームズとワトソン」と茶化された名コンビでした。もう少し2人のエピソードを見たかった!

また、犯人役のジャック・キャシディにとっても最後の犯人役です。キザで自信満々な表情が見れるのもこれでお終いです。魔術師の幻想が収録された1976年に、自宅での寝タバコが原因で事故死しました。最後の遺作となります。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る
脚本:マイケル・スローン

監督:ハーヴェイ・ハート

制作:エヴァレット・チェンバース

ストーリー監修:ピーター・S・フィッシャー&ビル・ドリスキル

音楽:バーナード・セイガル

本編時間:89分

公開日:アメリカ/1976年2月29日 日本/1977年12月31日

あらすじ+人物相関図

魔術師の幻想 人物相関図

魔術王の異名をもつサンティー二は、少年時代にナチス親衛隊軍曹として強制収容所で指揮をとっていた過去があった。それを、ナイトクラブオーナーのジェシー・ジェロームに掴まれており、秘密を保持する見返りにクラブでの公演料金を搾取され続けていた。過去の経歴を公表されれば、サンティー二は戦犯として逮捕されてしまうからだ。

サンティー二は、舞台でのマジックショーを抜け出すと、手品を駆使したトリックでアリバイを完成させる。ジェロームの部屋の鍵を開けると、異変に気づき出てきた彼を射殺したのだった。

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

サンティーニ

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「魔術師の幻想」より引用】

今回の犯人:サンティーニジャック・キャシディ

吹き替え声優:田口計(たぐち けい)

職業:マジシャン

殺害方法:射殺(スミス&ウェッソン:38口径サイレンサー)

動機:口封じの為

概要:詳しく見る

マジシャンの男性。少年時代はナチス親衛隊員として暗躍した過去があり、その秘密をナイトクラブオーナーのジェシー・ジェロームに掴まれ、口止めする見返りに不当な利益で働かされていた。己の過去を知るただ1人の人間を葬り去るため、マジックを駆使してアリバイを作り殺害を行った。

少年時代は、ナチス親衛隊員として従軍した軍曹で、強制収容所の指示を出していた。ナチス親衛隊員時代の名前は「ステファン・ミューラー」である。この秘密をジェロームに握られ金銭を搾取され続けている。大々的に告発されてしまえば、戦犯として逮捕されてしまうのだ。

結婚歴があるが妻とはすでに別れている。サンティーニによると妻は、「情熱的で浮気がある」とのこと。デラという娘がおり、マジックショーではアシスタントを務めている。デラは、前座として舞台に出演する、歌手ダニー・グリーンと恋人関係にあるが、サンティーニは軽くあしらっている。

魔術王の異名があり、ニューヨーク公演のテレビ中継もしたことがある高名なマジシャンである。代名詞とも言える手品が『水槽の幻想』で、完成まで半生を費やしたとのこと。1.5㎥の箱の中に入り、錠前を掛ける。その箱をクレーンで吊るして水槽の中心に浮かべるというものだ。これにより9分20秒間しか息ができないことになる。

10分後に箱を開けると、中に入っていたサンティーニは助手のデラに入れ替わっており、覆面を被っていた人物がサンティーニになっているというクライマックスになっている。箱の底が抜け道になっており、クレーンで吊るされる前に地下室へ脱出することが手品のタネである。

他の手品は、①シルクハットから炎を出す /  ②客のナフキンからコインを出す
③客の背後から赤いスカーフを出し、そのスカーフから花の入った花瓶を出す
④客を2人舞台の上に呼んで協力してもらい箱の中からウサギを出した
⑤スカーフをステッキに変える / ⑥マントから鳩を出す
⑦客の背後からスカーフを出し、そこから燃えている皿を出す
⑧ゾンビボール  /  ⑨指サックを使ったサックの入れ替え
⑩コロンボの服からトランプを取り出す、であった。

毎回決まった時間にショーをするようで、予定通りのスケジュールで動いている。決まって『水槽の幻想』で地下に降りると、サッカリーというウェイターからブランデーを持ってきてもらうようだ。酒を飲むことで緊張をほぐし、手の震えを鎮めているとのこと。毎回、サッカリーと賭け事をすることも日課となっている。

綱渡りの名人マイク・ラリーとは昔からの付き合いがある。マイクによると、初めてあったのがヨーロッパ公演時で、その時のサンティーニの名前は「アーリントン」とか「ゲンジントン」という名前であった。次にあったのがブナペストで、ハンガリーとかドイツ訛り。オセロで会ったときにはイギリス風の訛り、そして今はアメリカ訛り。声色も変えれるようだ。

サンティーニとの会話はまるで雲を掴むように掴みどころがなく、「説明がつかないことの説明を探しているよう」とコロンボも混乱していた。マジックには、大きな手と滑らかな動きが大切と語っている。


ジェシー・ジェローム

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「魔術師の幻想」より引用】

今回の被害者:ジェシー・ジェロームネヘミア・パーソフ

吹き替え声優:立川雄三

職業:ナイトクラブオーナー

概要:詳しく見る

ナイトクラブオーナーの男性。従業員「魔術でジェロームさん消してください」、マジックショップ店員「敵の多い男でしたね」、サンティーニ「銭の亡者」と酷評されている。彼のモットーは「商売人は銭のことを考えていればいい」である。

サンティーニの正体に気が付いたのは去年である。彼の過去を知る老人を金で口止めしたのがジェロームで、その老人が死んでからは、ナチス親衛隊員という秘密を握るのは彼だけになった。これをネタに公演料の取り分、50%を支払うようにサンティーニを脅迫した。月に10万ドルは稼ぎだしている様子。(1976年2月:1ドル=301円 10万ドル=3100万円)

オフィスにはピカソやルーベンスの絵画が飾られている。グルメなようで、ユカタン海岸から飛行機で直送したエビを食べていた。汗っかきであり、ハンカチで額の汗を拭うことが多い。オフィスの給仕係はハリー・ブランドフォードという男であり、毎回コーヒーを頼んでいる様子。

オフィスの扉の鍵は先週付け替えたばかりで、ハンドメイドの特性防止装置が2箇所設置されている。告発文書を作製するために使ったタイプライターも最新式であり、1分に220文字は打てる。プラスチック製のタイプリボンを使っていた。

犯行計画/トリック

【マジックでアリバイ作り】

①サンティーニは舞台でマジックショーを行っている。『水槽の幻想』のマジックがはじまると、サンティーニは箱の中に入り、その箱が水中に吊るされる。実際は水中に沈める前に抜け道から地下倉庫へ脱出している。

②サンティーニは地下でウェイターの服に着替える。『水槽の幻想』がある時は、酒を届けにくるウェイターと賭け事をすることが日課である。サンティーニは通信機を使い、離れた場所から声でのみやり取りをして、部屋にいたというアリバイをつくった。

③サンティーニは厨房を抜けて、ジェロームの部屋に向かう。カギを開けると異変に気付いたジェロームが様子を見に来た。そこを射殺した。再び「水槽の幻想」の手品をするために舞台に戻った。

推理と捜査(第2幕まで)

ネタバレ注意!
〇被害者は前から銃で撃たれて、頭を部屋の奥に向けてうつ伏せで倒れていた。遺体は扉から3m離れた場所にあり、被害者が扉を開けたならばもう少し手前で倒れているはずである。扉を開けて見知らぬ人物だったら振り返り奥へ逃げるので後ろから撃たれる。そうすると犯人が扉を開けて、前から撃たれたということは顔見知り相手だった。

〇オフィスから金は盗られていなかった。物盗りの犯行ではないようだ。

〇オフィスの扉の鍵は特注品であり普通ならば開けることができない。鑑識によると薄い鉄板を使いこじ開けられた形跡がある。コロンボはオフィスの鍵を用いた手錠を作らせた、それをマジックショーの舞台でサンティーニに掛ける。それを開錠することができたので、彼が犯人に違いない。

〇サンティーニは「水槽の幻想」で箱の底から抜け出し、地下室に降りた。地下室から、調理場を通って被害者の部屋を往復することは可能である。ショーの最中は調理場は込み合っている。また毎回違うウェイターが働きに来るため、見知らぬ人が通っても誰も気がつかない。

〇地下室にいるサンティーニにいつも決まった時間、サッカリーというウェイターがブランデーを持っていく。彼はサンティーニの声を聞いて陰を見ただけであり、本人を直接目撃してはいない。無線のマイクとスピーカを使えば、音声だけで、そこにいるように見せかけることができる。

〇被害者の背中は湿っていた。汗は背中の半分まで湿っていたため、そこまで腰掛けの高さがある椅子に座っていたと考えられる。その椅子はデスクにあるもので、老眼鏡が置いてあった。被害者は最後にタイプライターを打っていたようだ。

三幕構成

魔術師の幻想 三幕構成

小ネタ・補足

〇綱渡りの名人として『マイケル・ラリー』という人物が登場する。役者は「マイケル・ラリー」氏で、1話「殺人処方箋」から43話「秒読みの殺人」まで登場している。

〇犯人役の『ジャック・キャシディ』氏は、魔術師の幻想が収録された1976年に、自宅での寝タバコが原因で事故死している。今エピソードが最後の遺作である。

〇歌手『ダニー・グリーン』が前座として歌っている曲は『Charade』である。エピソード中、この曲しか歌っていない。オードリー・ヘップバーン主演映画のメインテーマである。

まとめ

フレデリック・ウィルソン刑事の最後の事件となりました。軽妙なフットワークと、40点ほどの推理。コロンボ警部を慕うその雄姿は忘れられません。

犯人も言っていましたね。「ホームズとワトソン」と。最新のハイテク捜査が得意なウィルソン刑事の働きもあり、タイプライターにもコロンボ警部は気づくことができました。

最後にウィルソン刑事がタイプに打った言葉で締めくくりましょう。

「今こそ志ある者は来たり力を貸せよかし」

以上、36話「魔術師の幻想」でした。