計画殺人

古畑任三郎

古畑任三郎 40話『今、蘇る死』シリーズ屈指の知能犯

【VS.????】「明けましておめでとうございます。ご無沙汰をしております。さて、今夜の事件は類稀なる計画殺人です。私が出会った犯人の中でも最も巧妙に殺人を犯した男が登場です」 データ あらすじ+人物相関図 鬼切村の名家・堀部家は...
古畑任三郎

古畑任三郎 35話『完全すぎた殺人』頭でっかちの殺人

【VS.科学研究員】「ミステリの専門用語にアームチェア・ディティクティブという言葉があります。探偵が一歩も部屋の外に出ずに推理だけで事件を解決してしまう事。それでいくと今回は、アームチェア・マーダラー。一歩も犯行現場に踏み込むことなく完全犯...
古畑任三郎

古畑任三郎 31話『アリバイの死角』古畑、歯医者へ行く

【VS.歯科医】「歯周病の原因は細菌と言われています。例えば歯周病を引き起こす細菌として考えられるのは、アクチノバシラス・アクチノミセテムコミタンスがあります。ずいぶん長い名前ですね。一応覚えておきましょう。アクチノバシラスアクチノミセテム...
古畑任三郎

古畑任三郎 29話『忙しすぎる殺人者』その男、多忙につき

【VS.メディアプランナー】「テレビを見ながら食事をする人、いらっしゃいますよね。お風呂の中で雑誌を読む方、いらっしゃいますよね。ただ、私からのお願いです。人を殺す時くらいはどうか、殺人に集中してください」 データ あらすじ+人物相...
古畑任三郎

古畑任三郎 28話『若旦那の犯罪』あらすじと解説

【VS.落語家】「完全犯罪とかけて、日曜日にお父さんが作る晩ご飯と解く。その心は、必ず失敗します。お後がよろしい様で」 データ あらすじ+人物相関図 落語家・気楽家雅楽は、独演会で兄弟子・気楽家苦楽の新作落語を無断で披露するつもり...
古畑任三郎

古畑任三郎 最新作『一瞬の過ち』あの刑事が文章で復活

フジテレビで1994年~2006年まで続いた刑事ドラマ『古畑任三郎』が、朝日新聞のコラム『三谷幸喜のありふれた生活』で、短編小説として特別に復活をしました。 タイトルは「一瞬の過ち」。全4回にわたり連載され、「事件編」、「対決編」が2...
古畑任三郎

古畑任三郎 26話『古畑任三郎 vs SMAP』友情、努力、敗北

【VS.アイドルグループ】「新年明けましておめでとうございます。早速ですが、『三本の矢』の話をご存じでしょうか。戦国武将毛利元就はこんな事を言いました。『矢は一本一本は非常に折れ易い。しかし、それが三本集まれば決して折れる事は無い』と。 ...
古畑任三郎

古畑任三郎 24話『しばしのお別れ』あらすじと解説

【VS.華道家】「今夜は花言葉のお勉強。まずシクラメン、花言葉は『疑惑』。ソメイヨシノ、花言葉は『美しい人』。シダレグワ、花言葉は『智恵』。そしてミヤコワスレ。花言葉は『しばしの別れ』。古畑任三郎でした」 データ あらすじ+人物相関...
古畑任三郎

古畑任三郎 22話『間違えられた男』間違われた男

【VS.雑誌編集長】「何をやってもついてない日ってありますよね。しかし物は考えようで、一生の間に経験するツキっていうのは分量が決まっているって言います。つまり、大きい所でついている人は、その分細かい所でついてない。だから決して挫けないように...
古畑任三郎

古畑任三郎 21話『魔術師の選択』マジシャンズ・セレクト 

【VS.マジシャン】「全国の手品マニアの皆さん、マジックを見せるときは観客を選ばなくてはいけません。次の人々の前では決してやらないように。動物、子供、マジシャン。まず、動物は何が不思議なのか分かってくれません。子供はタネを見せろと必ず駄々を...