古畑任三郎 34話『哀しき完全犯罪』ラストで一転する哀しさ

古畑任三郎 34話 哀しき完全犯罪

【VS.女流棋士】「突然ですがあなた、大雑把な性格だって言われませんか?タンスの引き出し、ちゃんと閉めていますか?ブドウの種、全部飲み込んでいませんか?ジグソーパズル、力ずくではめ込んでませんか?ただですね、人間あんまりちまちましているのは考え物です。しかし一つだけいえるのは、大雑把な人間は完全犯罪には向いていないということ」

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る

脚本:三谷幸喜

監督:関口静夫

制作:フジテレビ

演出:河野圭太

音楽:本間勇輔

本編時間:46分58秒

公開日:1999年5月25日

あらすじ+人物相関図

古畑任三郎 哀しき完全犯罪 人物相関図女流棋士・小田嶋さくらは、ケーブルテレビの囲碁教室に、正式にレギュラーとして出てみないかと持ちかけられる。同じく棋士で夫・小田嶋佐吉に報告するのだが、笑い者になっているだけと、仕事を辞めて専業主婦として家にいるように促した。

仕事に生きがいを感じ、番組でも1人前と認められた矢先に降板するように言われた……。夫に縛り付けられたままの生活に困窮したさくらは、マグライトで佐吉を撲殺する。アリバイ工作を行うと、熱狂的ファンによる強盗に襲われたように偽装したのだった。

人物紹介(キャスト)

古畑任三郎 哀しき完全犯罪 犯人 小田嶋さくら

今回の犯人:小田嶋さくら

役者:田中美佐子

職業:囲碁棋士

殺害方法:撲殺(マグライト)

動機:束縛が強い

概要:詳しく見る
囲碁棋士の女性。夫の仕事の伝で知り合ったプロデューサーから、テレビでの囲碁教室の解説の仕事を行っていた。正式にレギュラーが決まるが、夫・佐吉から仕事を辞めて専業主婦として家にいるように言われてしまう。唯一外部の人との接点にもなり、仕事に生きがいを感じていたために、束縛の強い夫をマグライトで撲殺。熱狂的ファンによる強盗殺人に偽装した。

誕生日は10月4日で、棋士としての段位は5段。ケーブルテレビでは、『小田嶋さくらの囲碁教室』という番組で、囲碁の解説を行っている。1年間続けてきており、今後は正式にレギュラー出演が決まっていた。

夫・佐吉とは2年前に結婚。几帳面な夫に対し、かなり大雑把な性格をしており度々注意を受けていた。例:リビングの窓を開けっぱなし。換気扇や部屋の電気をONにしたまま。部屋で飲み終わったマグカップをそのままにして溜め込んでしまう。調味料の蓋をちゃんと閉めないetc.

整理整頓も苦手であり、冷蔵庫にはメモがいっぱい貼ってあり、名刺やカード類も束になっている。引き出しの中もゴチャゴチャとしており、これもまた綺麗好きな夫とは正反対である。

結婚してからは人と関わる機会が少なくなってしまったようだが、事件の犯人でありながらも、古畑任三郎たちと会話をするなかで徐々に明るくなっていく。今泉慎太郎のおでこを躊躇なくでこパッチンまでして笑顔を見せていた。


古畑任三郎 哀しき完全犯罪 被害者 小田嶋佐吉

今回の被害者:小田嶋佐吉

役者:小日向文世

職業:囲碁棋士

概要:詳しく見る
囲碁棋士の男性。段位は8段で有名な棋士だったようだ。自宅には多数の優勝トロフィーが飾られており、今事件では『天竜戦』『白竜戦』というタイトルのトロフィーを狙った熱狂的ファンによる強盗殺人に見せかけるのに利用された。

棋士としての対局は、すべて8㎜ビデオに撮り、後でVHSにダビングしている。対局の他には、企業の社長への出稽古もしているようだ。本棚の蔵書も、すべて囲碁に関する内容の本で固めており、非常に研究熱心である。

かなり几帳面な性格でもあり整理整頓を欠かせない。妻・さくらによると、埃が溜まるのが嫌だと自分で掃除もしており、暇さえあれば料理も行っていたようだ。自宅にお客を呼ぶのは、家が散らかるからとあまり好きじゃなかった様子。

『ポンヌキ』という猫を飼っており、日ごとに決まった缶詰をあげている。妻・さくらと結婚する前から飼っているようで、姑のような存在とあると評価されていた。

大雑把な妻に対して、事細かに行動を改めるように口うるさく指示を出す。挙句、妻の生きがいとなったテレビの囲碁教室までも辞めさせようとする。横柄な人物のように思えたが、彼なりの思いやりでもあった。

犯行計画/トリック

『強盗殺人に偽装』

①小田嶋さくらは、小田嶋佐吉をマグライトで撲殺する。佐吉の鞄から携帯電話、自室の引き出しからはアラームを持ち出した。麻婆豆腐を料理すると、その後、18時の番組打ち合わせに参加できるようになったとプロデューサーに連絡を入れる。

②テレビ局に向かう前、川に『天竜戦』『白竜戦』の優勝トロフィーを捨てた。打ち合わせの途中、セットしていたアラームが鳴る。夫からの電話を装い嘘のやりとりを演じた。『麻婆豆腐を作ったから何も食べずに帰宅してほしい』。この時間は夫は生きているように見せかけた。

③自宅に戻ると、夫が死んでいると警察に電話をする。2階でコーヒーを飲んで落ち着いていたところ、揉み合った時、コートのボタンをむしり取られたことを思い出し、再び1階に下りてボタンを回収した。優勝記念トロフィーが紛失していることから、熱狂的なファンによる強盗殺人として捜査が進められる。

推理と捜査(第2幕まで)

ネタバレ注意!表示する

◯床に卵の染みがあった。もし遺体を発見して驚いた拍子に落としたのなら、染みは手前にないとおかしい。一旦、遺体をまたいだことになる。

→遺体がそこにあるなんて思わずつまずいてしまった

◯”そこにあるなんて思わなかった”、こういう風にもとれる。遺体があることは分かってたけども、まさかそこにあるとは思わなかった。主人が亡くなっていたことを知っていたのではないか?

◯小田嶋さくらの部屋にあったコーヒーカップが、2つとも温かかった。1つは、遺体を見つけて警察に連絡し、気持ちを落ち着かせるために飲んだ。ではもう1つは? 何をしに下に降りた時についできたのか。普通ならばそう何度も遺体のあるところには行かない。

視聴者への挑戦状

ネタバレ注意‼表示する
「えー今日はちょっとお便り紹介します。えーとですね。えー国分寺市の森松さんからです。えー ”いつも楽しく拝見しております” どうもありがとうございます。

”ただですね、いつも気になるのが古畑さんがいつも直感でこれが犯人だと分かってしまうことです。あなたはエスパーかあまりにも勘が良すぎるのではないでしょうか”

これはですね、非常に心外です。私はこれまで1度も直感だけで犯人の目星をつけたことはありません。犯人にはですね。必ず疑う理由があるんです。例えば今回の場合。2つのコーヒーカップ。小田嶋さんの奥さんは警察がくる前に、2度キッチンに降りてんです。これは明らかに怪しい。

ま、かといって彼女が犯人であると言い切るのはちょっと強引かもしれませんけど。しかし皆さん聞いてください。なにしろ正味45分で解決しなきゃならないんです。これは大変なことです。んーですからですね。そこんところはちょっと、大目に見ようじゃありませんか。

はい、ではまた。お便りお待ちしてます。古畑任三郎でした」

小ネタ・補足・元ネタ

◯演出面では、刑事コロンボ32話『忘れられたスター』をイメージしていると思われる。鏡を見てほほ笑む犯人。裏では夫なりの思いやりがあったなど。

◯ラストの展開は、刑事コロンボ39話『黄金のバックル』からの引用である。着飾った犯人が、刑事に手引きされ退場をする。

まとめ

人間ドラマに重心があるエピソードなんですね。古畑任三郎のエピソードの中でも非常に哀しいお話で、見終わった後に胸が痛くなります。最初は束縛される妻が、冷血な夫に対しての犯行という目線で進んでいくのですが、ラストでこの価値観が一転してしまいます。

母から貰った大事なネックレスやイヤリングも、「お前には派手すぎる」「お前には似合わないんだ」と返してもらえない。妻がやりがいを感じ、レギュラーを手に入れた番組を、「向いてない」。人と会う機会がなくなってしまうと言うが、「家にいればいい」。

妻のやることなすことに事細かに指示を出す、神経質で嫌な夫。そんな『行動を縛り付けられる哀しい女性が犯人』という冒頭を視聴者は植え付けられていきます。こんなひどい夫であるならば殺されても致し方あるまいという、復讐劇にもなるんですね。

いざ警察の捜査が始まると、夫が注意するように促していたミスであっという間に追い詰められてしまう。古畑にも、「全部がいけませんでした」と言われる始末

最後の晴れ舞台に自室で着替える許可をもらう。化粧台の鏡越しで、自分が出演する番組がちょうど流れる。画面の中でとちってばかりの彼女と、それに重なるスタッフの笑い声。自分の力で番組が取れ、やっと1人前になれたと思っていたのは勘違い。

夫の仕事を辞めるようにという冷たい発言は、放送を見て心を痛めた彼なりの思いやりから。彼女は道化でしかなかったのに、それにも気が付かないで満足気な表情

自分なりに精一杯おしゃれして、古畑の待つリビングに降りていく。服装はちぐはぐで、古畑も何とも言えない表情を見せる。夫が服装を制限するのも、服を合わせるセンスが妻にはなかったから。それにも気が付かないで満足気な表情の犯人は、刑事に手引きされ退場する……。

自分を本当に愛してくれていた夫の真意に気付かずに殺しても、「後悔はしていない」と満足気な様子。最後の最後まで空回りした、不器用な犯人の哀しい事件でした。視聴者側から見れば不幸だが、登場人物側から見れば幸せな結末。『メリーバッドエンド』な作風だと感じました。

以上、『哀しき完全犯罪』でした。