古畑任三郎 第2シリーズ5話(#18)『偽善の報酬』凶器を探せ

古畑任三郎 18話 偽善の報酬

凶器探しがメインプロット作品です。「絵沢萠子」氏と「加藤治子」氏の口喧嘩から始まるのですが、犯人のチャーミングで意地悪な演技が見事でした。なんといってもタイトルがカッコいいではありませんか。『偽善の報酬』なんて洒落ています。

スポンサーリンク

データ

脚本:三谷幸喜
監督:関口静夫
制作:フジテレビ
演出:河野圭太
音楽:本間勇輔

本編時間:46分13秒
公開日:1996年2月7日

あらすじ+人物相関図

古畑任三郎 偽善の報酬 人物相関図脚本家・佐々木高代(加藤治子)は、妹でマネージャー・佐々木和子(絵沢萠子)との折り合いが悪かった。和子は高代の稼いだ金銭を管理して慈善事業に寄付しており、自分の金を無駄なことに使っていることや、自由に金を使うことができない不満から強盗殺人を装い殺害する。

自分で警察に通報をすると、古畑任三郎たちは証言の矛盾などからすぐに彼女の犯行だと睨んだ。「この事件、凶器を見つければ解決だ」と宣言し、現場となった館内を探っていくのだった。

人物紹介(キャスト)

今回の犯人:佐々木高代(ささき たかしろ)
役者:加藤治子(かとう はるこ)

概要:脚本家の女性。マネージャー・和子は妹で、昔から折り合いが悪かった。金銭の全てを和子が取り仕切り、多額の金を慈善事業に寄付している。自分で稼いだ金を自由に使えないことも日頃からの不満であり、強盗殺人に偽装して妹を殺害した。

高代はペンネームであり、本名は『久子(ひさこ)』である。代表作は、桃井かおり主演『冬の蚊取り線香』で、ラストの葬式シーンで主人公は「人生は蚊取り線香。ぐるぐる回ってあとは灰になるだけ。でも蚊はよく落ちる」と語る場面があるそうだ。


今回の被害者:佐々木和子
役者:絵沢萠子

概要:妹でマネージャーの女性。高代が稼いだ金を全て管理しており、何百万もの金を慈善事業に寄付している。また、若い下積み脚本家を助けるための基金を作っていた。

小ネタ・補足・元ネタ

佐々木高代の執筆道具:インクはパイロット社『30ml(黒・青)』。万年筆は形状から、プラチナ万年筆『#3776センチュリー(※旧式タイプ)』だと思われる。原稿用紙は、満寿屋『NO.15(ルビ無し:グレー)』を使用していた。

〇佐々木高代の邸内には、芸能人から贈られた花が飾られており、古畑が「これだけ花が並ぶとなんですね。あの『笑っていいとも』みたいですね」と言うシーンがあるが、テレフォンショッキングというミニコーナーを意味している。番組ゲストと交流のある芸能人から贈られた花がスタジオに飾られるのである。

刑事コロンボからのオマージュ

〇佐々木高代の犯人像としては、刑事コロンボ41話『死者のメッセージ』の犯人「アビゲイル・ミッチェル」をモデルにしていると思われる。推理小説家の女性でシリーズ最高齢の犯人である。古畑任三郎との会話でのはしゃぎようや、自白した際の「私はもう年寄りだし……」と情けを求めるシーンなど似ている箇所が多い。

まとめ

『凶器当て』がテーマであり、古畑任三郎は冒頭から佐々木高代が犯人だと見抜き「凶器を見つければこの事件は解決」と断言しています。これにより事件の焦点は、凶器を探すだけになるシンプルな構成となっているのです。

残りの尺をどうやって稼ぐのか。会話&会話です。犯行現場となった邸内だけのワンシチュエーションで乗り切ることになります。小説やら創作をしたことがある人ならばお分かりでしょうが、会話を書くのは超絶難しいです。

昭和を代表する名女優『加藤治子』さんの名演が光るエピソードであり、傲慢な女流作家を演じる名女優の立ち振る舞いに感動して、酷い犯人なわけだが最後はホロリときてしまうラストでした。ラストシーンで加藤さんが台詞がうまく出てこなかったようで、ちょっとだけ間が空くシーンがあるのは面白いです。

最後の台詞は何でもかんでも説明を求めたがる視聴者に対し一石を投じモノ申す一言でもありましたね。セリフで語らずとも表情や仕草から内なる感情や思いなどは通じるのであります。ドラマとは総合芸術なのだから。

以上、『偽善の報酬』でした。

  1. はじめまして。
    『刑事コロンボ』が大好きなので、折に触れてこちらのサイトを拝見して楽しませていただいています。
    『刑事コロンボ』と『古畑任三郎』のつながりも各記事でまとめてくれていて、とてもありがたいです。

    さて、重箱の隅をつつくようで恐縮なのですが、佐々木高代に贈られたお見舞い用のお花について……
    古畑が言った台詞は「これだけ花が並ぶと『笑っていいとも!』みたいですね。ここにタモリがいないのが不思議な……」ですね。

    物語の本筋とは無関係な部分なのでどうでもいいところといえばどうでもいいところなんですが、「タモリみたいです」だとちょっとニュアンスが変わってきてしまうと思うので、一応指摘させていただきます。

    今後ともご無理のない範囲で更新頑張ってくださいませ。楽しみにしております。

  2. エウシャッセン様
    ご指摘ありがとうございます!

    >>佐々木高代に贈られたお見舞い用のお花について……
    >>古畑が言った台詞は
     私も再度本編を視聴しました。記事中では全く違う内容になっており、修正させていただきました。お手数お掛けしました申し訳ございません。

    >>更新頑張ってくださいませ。
     古畑任三郎と刑事コロンボは2020年前後に書いており、今見ると書き直したい部分が数多くあります。折を見ながら修正していきたいと思います。ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました