古畑任三郎 19話『VSクイズ王』密室トリック

スポンサーリンク

【VS.学習塾共同経営者】「いきなりですがクイズを一つ。『人を見たら泥棒と思え』の反対の意味に当たる諺は何でしょうか。『渡る世間に鬼はなし』ですね。それでは、次の諺の逆の意味に当たる諺は何でしょうか?『ドングリの背競べ』。答えは12分3 秒後に」

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る

脚本:三谷幸喜

監督:関口静夫

制作:フジテレビ

演出:河野圭太

音楽:本間勇輔

本編時間:45分53秒

公開日:1996年2月14日

あらすじ+人物相関図

VSクイズ王 人物相関図

学習塾経営・千堂謙吉は、テレビ番組『クイズ王』で、7週連続勝ち抜きを達成した。出題内容に関するテーマを、番組プロデューサーから事前にリークされており、千堂はそれに合わせ情報収集していたのだ。不正の噂を週刊誌に嗅ぎ付けられると、番組側はリークをやめると一方的に通告した。

番組アシスタントが着る衣装には、出題内容に関する番号が縫い付けられており、千堂はそれを調べるため衣装室に入った。そこで、衣装を見るのを阻止する美術スタッフ・沼田と揉み合いになってしまい、確認を終えた千堂が振り返ると、アルミケースに後頭部をぶつけた沼田が死亡していた。

千堂は衣裳室から立ち去ろうとするが、廊下ではお笑いコンビがネタの練習をしており出ることができなかった。偶然、番組に出演していた古畑任三郎たちが帰ろうとしたとき、局内に悲鳴が響いた。古畑が衣装室内で見たものは、クサヤの干物にまみれ横倒れる沼田の遺体だけであった。

人物紹介(キャスト)

千堂謙吉 古畑任三郎

【©フジテレビビジョン『警部補 古畑任三郎「VSクイズ王」より引用』】

今回の犯人:千堂謙吉(せんどう けんきち)

役者:唐沢寿明

職業:学習塾共同経営者

殺害方法:過失致死(アルミケースにぶつけてしまう)

動機:クイズに関するテーマを見ようとした

概要:詳しく見る
学習塾経営の男性。テレビ番組『クイズ王』で7週連続勝ち抜きを達成したが、番組から出題内容に関するテーマをリークされ、事前に情報収集を行っていた。週刊誌に不正を嗅ぎ付けられるとリークを止めると通告される。番組アシスタントが着る衣装には、出題内容に関する数字が縫い付けられており、それを確認するべく衣装室に入る。彼を阻止しようとした美術スタッフ・沼田をはずみで突き飛ばしてしまい殺害してしまう。

元々は青年実業家で、様々な事業に手を出すが失敗続きだった。クイズ王には遊び半分で応募して優勝。その後、番組側から「無敵のチャンピオンを作りたい」と言われ、出題内容に関するテーマを聞かされていた。ここで強調したいのが、自分から不正を依頼したことが1度もなかった点である。

番組のおかげで女性人気が高まり、CMにも出演するようになる。すると番組スタッフにダメ出しをしたり、演出や弁当に関して文句をいう傲慢な性格が現れるようになる。こういった高圧的な態度からも番組プロデューサーは嫌気がさし、不正を止めるきっかけに繋がったのではないだろうか?

不正に関しては、本番の1時間前に出題内容に関する番号を聞かされ、学習塾の仲間に電話して片っ端から調べさせるという人海戦術で情報収集を行っていた。この不正は彼の常人ならざる記憶力があってからこそなせる技である。

エピソード中でも、局内スタッフの名前を記憶していたり、徳川十五代将軍や真田十勇士、赤穂四十七士を全て記憶。新聞に関する内容までも記憶していた。古畑任三郎曰く「あなたの目はいつだって情報を探している」無意識の内に情報を集め、記憶する習慣が事件解決の決め手となった。

「クイズに答えて、刑務所へ行こう。か… 最高の賞品だな。古畑さん」そう、笑顔で退場したのであった。古畑任三郎に自分と同じ行動をするというゲームをした際には、口に含んだ水を衣装が濡れるのを気にすることなく吐き出していたり、傲慢な性格ではなく、元来は明るい性格であるのだろう。


沼田 古畑任三郎

【©フジテレビビジョン『警部補 古畑任三郎「VSクイズ王」より引用』】

今回の被害者:沼田

役者:伊集院光

職業:美術スタッフ

概要:詳しく見る
美術スタッフの男性。体重が100㎏ぐらいあり、犯行現場を見た初見では、畳で足を滑らせ箱に後頭部を強打して死亡したように思われていた。最近は太りすぎて病院に通っており、医者からは暴飲暴食を止めるように指導され昼食を抜いていた。

ズボラな性格なようで、衣装などは今まで一度も並べておいたことがなかったり、赤穂浪士の衣装もあいうえお順にしておらず、衣装を取りに来る他のスタッフはいつも並び替える必要があったと証言されている。

整理整頓こそはズボラであったかも知れないが、千堂謙吉が、クイズの出題テーマに関する衣装を見ようとした際には「止められてるんです」と、阻止するべく躍起になっていた。真面目な性格であったのかも知れない。

犯行計画/トリック

【衣装室から抜け出す】※方法に関してはネタバレのため記載しておりません。

①千堂謙吉は番組プロデューサーから、クイズの出題内容に関するテーマをリークされていた。それうを週刊誌に嗅ぎ付けられてしまい、リークを止めると通告される。千堂は7週連続勝ち抜きしたクイズ王でCMも決まっている。ここで負けてしまうと経歴に傷がつく。

②出題内容に関するテーマは、番組アシスタントが着る衣装に縫い付けられている。千堂は衣装室に行き「本番開始まで落ち着かなくて」と、美術スタッフ・沼田としばらく衣装室で過ごした。番組衣装が到着すると、千堂は中身を確認しようとする。沼田はそれを阻止しようとしたが、突き飛ばされアルミケースに後頭部をぶつけて死亡していた。

③千堂は衣装室から立ち去ろうとしたが、廊下ではお笑いコンビ『とっちゃんボーヤ』がネタの練習をしていて出ることができない。一体どうやって犯行現場から抜け出すことができたのか?

推理と捜査(第2幕まで)

ネタバレ注意!表示する

〇衣装室にある赤穂浪士の衣装が、あいうえお順に並んでいた。亡くなった美術スタッフ・沼田は、ズボラな性格でいつもバラバラにしまっていた。

〇事件についてプロデューサー・海老沢に状況報告をしたところ、事故と聞き安心しているようだ。その理由を尋ねると、出題する問題を衣装係は知っており、もし殺人だとしたら現在チャンピオン・千堂謙吉が犯行に及んだのではないかと話した。

〇千堂謙吉から聞き込みを行い、去り際にクイズを出した。徳川十五代将軍や真田十勇士、そして赤穂四十七士も覚えていると話す。

〇千堂は死亡推定時刻に楽屋で「がんもは腐ってたから食べなかった」と弁当を食べていたと話していた。調べていくと、前に文句を言われたため千堂の弁当だけは特注で、がんもは入っていなかった。なぜ、中身が違う弁当のことを知っているのか?
A.「話を合わせて、さっさと追い払いたかったから」

〇沼田はラーメンの出前を3軒の店に頼んでいた。なぜ、1軒でまとめて注文しなかったのか?
A.「食べ比べたかったのではないか」

〇沼田は太りすぎで、病院に通いダイエットをしていた。そんな人がラーメンの食べ比べをするだろうか?

視聴者への挑戦状

「えー、もうお分かりですね。えー、密室トリックの謎は解けました。今日はビデオに録画していた人はとてもラッキーです。後でゆっくり巻き戻して楽しんでください。意味の分からない人は解決編をどうぞ。古畑任三郎でした」

三幕構成

VSクイズ王 三幕構成

小ネタ・補足・元ネタ

〇冒頭で千堂謙吉に挑戦した『岸』は、松尾貴史が演じている。『岸』は松尾氏の本名「岸邦浩」から命名されたと思われる。松尾氏は、クイズ番組で何度も優勝した経験がある正真正銘のクイズ王である。余談ではあるが、名探偵コナン11巻『テレビ局殺人事件』では、犯人として本人役で登場している。実際にアニメでも声優を担当していた。この事件も犯人視点から進む倒叙形式である。

〇名前こそ伏せられているが、クイズ王の収録局は『フジテレビ』である。古畑任三郎は弁当はまずい、タクシーも出ない、最低の局で二度とここのテレビは見ないと憤慨している。壁を見ると『空忍』『るろうに剣心』『キャプテン翼』のポスターが貼られている。

〇クイズ王・千堂謙吉役の唐沢寿明氏は、後にクイズ番組の司会を担当している。
頭脳の祭典!クイズ最強王者決定戦!!〜ワールド・クイズ・クラシック〜』(2011年11月23日TBS)
THEクイズ神』(2012年6月29日TBS)

まとめ

どうやって密室から抜け出したのかが魅力的な作品なんですね。小説のように文章でこのトリックを使うとなると、たちまち魅力がなくなってしまう、映像描写があるドラマならではのユニークなアイディアであります。狙って密室を作り上げたわけではなく、結果として密室殺人になったんです。

「まず、トリックを考えて、それから、そこに何とかストーリーを当て嵌めよう」と考えたのでは”前人未聞の奇抜な本格トリック”は思いつけずに終わる。そうではなくて、真っ先に考えなければならないのは”前代未聞の奇想天外な舞台(殺人事件の現場など)”なのである。
著:若桜木虔『ミステリー小説を書くコツと裏技』P.38より引用

この著書の中で密室殺人とは『機械的』『心理的』2つに分類されております。機械的が小道具を使って作り上げるのに対し、心理的は、実は意識の盲点があるということです。

これに習って脚本を振り返ると、奇想天外な現場『クサヤの干物にまみれた遺体』+『心理的密室』がうまく組み合わされています。また、テレビ局内を舞台に限定することで、日本のドラマによくある『アレ』を、逆トリックに利用できたのも面白いですね。

以上、『VSクイズ王』でした。