古畑任三郎 36話『雲の中の死』追いつめられて

古畑任三郎 36話 雲の中の死 追いつめられて

【VS.西洋美術研究家】「こんなお便りが来てます。熊本県は阿蘇の河田さんですね。『古畑はよくプライベートで事件に遭遇するがあまりにもリアリティーが無い。いくらドラマの中の刑事とはいえ何でもありというのは如何なものか』…何でもありなんです

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る

脚本:三谷幸喜

監督:関口静夫

制作:フジテレビ

演出:河野圭太

音楽:本間勇輔

本編時間:46分07秒

公開日:1999年4月27日

あらすじ+人物相関図

古畑任三郎 雲の中の死 追いつめられて 人物相関図

西洋美術研究家・臺修三は、日本へ戻る飛行機のトイレ内で、愛人・市川由美子と話をしていると、乱気流で機体が大きく揺れる。彼女はバランスを崩し頭を打ち死んでしまった。その場を立ち去ろうとするが、その姿を少年に目撃されてしまう。

自席に戻ると、ネクタイピンを無くしていたことに気が付く。人目につかないよう、パイロットの服を着て現場に戻るがピンが見つからない。トイレから出ると、『グレムリンを見た』と騒ぐ今泉に、副パイロットと偽ったばかりに付き合うハメになる。

そうこうしている間に西園寺くんは、由美子の遺体を発見してしまった。西園寺くんたちの前ではパイロットのフリをして捜査に協力する羽目になり、乗務員の前では乗客になる。大空の密室、臺にとっては最悪なフライトが始まったばかりであった。

人物紹介(キャスト)

古畑任三郎 臺修三

今回の犯人:臺修三(うてな しゅうぞう)

役者:玉置浩二

職業:西洋美術研究家

殺害方法:事故死(乱気流でバランスを崩す)

動機:愛人の存在を隠すため通報はしたくない

概要:詳しく見る
西洋美術研究家である男性。南米から日本へ帰国する飛行機内で、愛人・市川由美子から妻と別れるようトイレ内で迫られる。乱気流で機体が大きく揺れると、バランスを崩した由美子が後頭部を打ち付け死亡してしまう。通報すると、恐妻家・もえ子に愛人の存在を説明することになってしまうため、彼女の持ち物に貼られている一緒に写ったプリクラを全て剥がし、自身との関係を断ち切った。

年に300回は飛行機に乗っていると豪語しており、その中でも今回の舞台となった『大スンダ航空』のファーストクラスは最高だと評価している。ファーストクラスを利用する理由を古畑にこう聞かせている。

「目的地に着くまでの間を、単に移動時間と考えるのは人生の浪費じゃないですかね。僕は飛行機に乗っている間を有効に使えるようにしてる。だからファーストクラスに乗るんです。つまり、金で時間と空間を買うんです」

西洋美術研究家としては、旅先で仕入れたローマ五賢帝の1人マルクス・アウレリウス・アントニウスカメオを古畑に見せ持論を聞かせた。

「マルクス・アウレリウス・アントニウスの命を受けた、いわゆるアントンの使者がタイとベトナムに来てたってのは記録に残っています。しかし、今度の発見によってベトナムどころかスマトラまで足を伸ばしていたっていう可能性が出てきたわけです。つまりこれによって、インドネシア文化はローマ美術の多大な影響を受けたっていう僕の持論が証明されるわけです」

このように、古畑へは饒舌に話しをしているが、妻・もえ子には委縮しており、簡潔な返事しか返すことができないでいる。久々に気兼ねかく話せる相手がいて、ついつい口数が多くなってしまったのであろう。

妻とはそのような上下関係でもあるため、由美子が死亡してしまった件を乗務員に報告できないでいた。事情聴取をされれば、妻に愛人の存在を伝えなければならない。

何故そのような恐妻と結婚をしたのか? 昔は優しかったのであろうか?何か弱みでも握られているんじゃないか? そもそもどうやって愛人関係ができたんだ? 語られることのなかったサイドストーリーは、彼の職業のように、我々が勝手に持論を展開するほかはないのである。


古畑任三郎 被害者 市川由美子

今回の被害者:市川由美子(いちかわ ゆみこ)

役者:川合千春

職業:不明

概要:詳しく見る
臺修三の愛人である女性。修三の旅先にまで押しかけ、彼の泊まるホテル先にまで電話を掛けていた。修三からは「ゆみちゃん」と呼ばれており、妻と別れてくれるのかと催促をしていた。

一緒に撮ったプリクラをちらつかせるとトイレ内に誘導。激しくキスをするなど大胆な女性であった。飛行機が乱気流で大きく揺れると、バランスを崩し後頭部を打ち付け運悪く死亡してしまった。

犯行計画/トリック

『自分との関係を隠蔽』

①愛人・市川由美子から誘導され、トイレで密会するハメになる。妻・臺もえ子と別れなければ、一緒に写っているプリクラを見せて愛人関係を公表するという。それを取り返そうと、揉み合いになると、乱気流で大きく機体が揺れ、バランスを崩した由美子は後頭部を打ち死んでしまう。

②臺は妻には頭が挙がらない。もし愛人の存在がバレればどうなるかわからないため、通報よりも隠滅の選択をとった。被害者の化粧ポーチを持ちだし、その場を立ち去ろうとしたが、機内を走り回っていた少年に目撃されてしまう。

③ビジネスクラスの席に座ると、愛人関係の証拠となるプリクラをすべて剥がし、化粧ポーチをゴミ捨て場に捨てた。その後、自席のあるファーストクラスの席に戻ると、ネクタイピンを落としたことに気が付く。

④人目を避けるためにパイロットに服を着て変装すると、トイレに戻った。ネクタイピンが見つからず、立ち去ろうとしたところ今泉に、「パイロットさん?」と尋ねられ、思わず「副パイロットです」と答えてしまう。その後、西園寺君が遺体を発見したため、パイロットとして事件捜査に協力することになってしまった。

視聴者への挑戦状

ネタバレ注意‼表示する
「えーどうやら今回は私の出る幕はなさそうです。じゃ、この辺でもう1通お便りをご紹介しましょう。えーと、秋田県の島田さんですね。どうも。えー

”最近の事件はトリックに穴がありすぎる。そろそろネタ切れではないのか”

これはですね。大きな間違いです。トリックに穴があるのは昔からです。今に始まったことじゃありません。じゃ、また お便りお待ちしています。古畑任三郎でした」

小ネタ・補足・元ネタ

◯犯人の妻・臺もえ子を演じたのは、『もたいまさこ』氏である。スチュワーデス・空閑は、『北原一咲』氏。少年は『安達心平』氏が演じた。

まとめ

10話『矛盾だらけの死体』22話『間違えられた男』に続くコメディー回なんですね。放映時のタイトルにもなった、『追いつめられて』がそのまま当てはまる内容になっています。飛行機という大空の密室で、犯人は逃げ場もないんですね。

この作品の大きな特徴は、古畑任三郎がほぼ捜査に携わっていないことです。西園寺くんが主体となって犯人を追い詰めるんですね。また、異色なシーンと言えば、被害者の大胆なキスシーンでした。そういった描写がほとんどなかった古畑任三郎シリーズにとっては意外ですよね。

飛行機内という限定的な舞台、危機的状況でパイロットに成りすました人物。まさに劇作家・三谷幸喜氏の得意分野の組み合わせで、成りすましによって、ファーストクラス/ビジネスクラス/エコノミークラス、刑事や乗務員の前で犯人が違う役割を演じなければならないという喜劇が誕生します。

ひと目で感じられる恐妻家・もえ子の存在感が素晴らしいですね。パイロットに成りすましたばかりに事件捜査に協力するハメになるが、妻からは雑誌を取りにいくように何度も命令される。それどころではない夫の心中をお察しできるやりとりが生まれます。

ギャグ回に拍車をかけるのは、冒頭のアバンタイトル/視聴者への挑戦状の場面です。完全なお便り紹介コーナーになっており、メタ演出が全開です。こういったお遊びのシーンが散りばめられた本作品は、まさに異色な古畑任三郎のエピソードだったと言えます。

以上、『雲の中の死』でした。

  1. 何度見ても厭きない所がいあんですよね☝️

  2. 屁の屁のも屁次郎さま
    ほとんどギャグ回な、逃げ場のない飛行機内で繰り広げられる成りすましもの。三谷幸喜氏のセリフ回しと、玉置浩二さんのユーモラスな立ち振る舞いが見事です!

  3. 追悼で関西で大放送しているのを観たんですがコレは「過失致死」になるんですね・・・
    なんか哀れだな
    もし、正直に「乱気流で頭を打って亡くなっちゃいました」って言ってたら事故で済んだのかな?

  4. 匿名様
    ご指摘ありがとうございます‼

    ≫コレは「過失致死」になるんですね・・・
     『事故死』で相違ありません。過失致死と書いてしまいましたが間違いでした。機体のトラブルによる不慮の事故です。

    ≫「乱気流で頭を打って亡くなっちゃいました」って言ってたら事故で済んだのかな?
     古畑さんも最後に言っていましたが、狭い空間で後頭部を殴ることはできないため、現場の状況などから事故として処理される可能性が高いかも知れません。