古畑任三郎 10話『矛盾だらけの死体』意地悪回その1

スポンサーリンク

【VS.議員秘書】「人の心を読むときは、相手の目を見て話して下さい。逆に、心を読まれたくない時は絶対に目を合わせないことです。鼻を見て話して下さい。相手の鼻です。自分の鼻じゃありません。言葉の裏を読むのがうまい人にありがちなのが…」

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る

脚本:三谷幸喜

監督:関口静夫

制作:フジテレビ

演出:河野圭太

音楽:本間勇輔

本編時間:46分07秒

公開日:1994年6月15日

あらすじ+人物相関図

古畑任三郎 矛盾だらけの死体 人物相関図参議院議員・鵜野忠国は、コンパニオンガール・沢田マリと愛人関係にあった。ある晩、議員秘書・佐古水茂雄を交えて三人で密会を行う。沢田に金を渡し、愛人関係の解消を申しでたのであった。議員にとって、愛人との関係が公になれば失脚にも繋がるからだ。

だが沢田は、それを拒否し部屋から出ていこうとする。佐古水は彼女を止めようと揉みあいになると、とっさに手を出してしまい気絶させてしまう。鵜野は彼女を始末するように指示をすると、佐古水は睡眠薬を大量に服薬させ中毒死させたのだった。

すると鵜野は、愛人は佐古水と関係があり、別れを告げられたために自殺したという筋書きを立てた。最初から身代わりにするつもりだったのである。逆上した佐古水は、鵜野を置き物で殴りつけて殺害。沢田との無理心中に偽装した。しかし、警察の現場検証が始まると、なんと鵜野は一命を取り留め病院へ運ばれたという。

人物紹介

古畑任三郎 佐古水茂雄

【©フジテレビビジョン『警部補 古畑任三郎「矛盾だらけの死体」より引用』】

今回の犯人:佐古水茂雄(さこみず・しげお)

役者:小堺一機(こさかい・かずき)

職業:議員秘書

殺害方法:薬殺

動機:逆上

概要:詳しく見る
参議院議員・鵜野忠国の第一秘書である男性。鵜野と愛人関係にある沢田マリを睡眠薬を用い薬殺する。佐古水が彼女をいつも車で送り迎えしていたことから、鵜野が二人は愛人関係にあり、別れを告げられたことで自殺した筋書きを立てる。さらに、次の選挙の後任として自身を選ばないとのことから怒りを覚えて、鵜野を撲殺(後に一命を取り留めた)し、沢田との無理心中に偽装した。

逆上した理由は「有能な秘書が必ずしも有能な政治家になれるとは限らん。第一お前には選挙民を引き付ける魅力がない」と、土壇場になり鵜野の息子・雄三に世襲させるつもりだということを聞かされる。そして、息子のサポートをさせることが望みであるということを知ったからである。反面「お前は最高の秘書だ。それは私が認める」と、秘書としての腕前は高く評価されている。

その有能な手腕を活かし、短時間の内に無理心中に偽装した彼であったが、古畑任三郎からは、とある事柄からすでに犯人としてロックオンされていた。殺したと思っていた鵜野が実は生きており、病院へ搬送されたと聞いた時には生きた心地がしなかったであろう。搬送先には、古畑の部下・今泉慎太郎が入院しており、意地の悪い古畑にからかわれる要因にも拍車がかかった。

エピソード中はオドオドと、小心者な雰囲気な彼ではある。しかし、沢田を引き留めようと、つい手を挙げてしまったり、鵜野から魅力がないと言われたことで第二の犯行に及んだりと、以外と短気な性格なのかも知れない。

しかし、古畑にからかわれ続けた彼が最後に一矢を報いたセリフが印象に残る。ストレスは吐き出すものである。吐き出せぬ相手(友人)がいなければ溜まる一方であり、犯行時は堪忍袋の緒が切れてしまったのだろうか?

佐古水「あなた、友達少ないでしょ?」
古畑「あなたもじゃないですか?」
佐古水「……友達になりますか?」
古畑「(笑う。しばらくして首を振る)」


古畑任三郎 沢田マリ

【©フジテレビビジョン『警部補 古畑任三郎「矛盾だらけの死体」より引用』】

今回の被害者:沢田マリ

役者:泉本のり子

職業:コンパニオンガール

概要:詳しく見る
概要:衆議院議員・鵜野忠国と愛人関係にあった女性。コンパニオンガールとして働いているそうで、どこで知り合ったのかは不明である。マスコミに関係を嗅ぎ付けられてしまったのか?鵜野から海外でしばらく身を隠すように金を渡されるも拒否する。

佐古水と揉みあいの末に、頬をビンタされて床に倒れ気絶する。鵜野からは「未練はない」と評価される。常備していた睡眠薬を大量に摂取させられ、急性呼吸不全により死亡した。

殺害現場となってしまったマンションは、鵜野が金を出して購入したようだ。検死報告書の住所欄を見てみると『東京都港区南 青山 五丁目 二六(以下不明)メゾン・ド南青山』という場所にあるらしい。


古畑任三郎 鵜野忠国

【©フジテレビビジョン『警部補 古畑任三郎「矛盾だらけの死体」より引用』】

名前:鵜野忠国(うの・ただくに)

役者:森山周一郎

職業:参議院議員

概要:詳しく見る
概要:参議院議員の男性。政治家らしく女性関係に緩い。コンパニオンガール・沢田マリとは愛人関係にあり、邪魔になった彼女を「未練はない」「苦しまないようにしてやれ」と、佐古水に殺害するように促した黒幕だ。佐古水が殺人に手を染めている間、「腹減ったな。ピザ取っていいか?」「コーヒー飲みたいな」など自由奔放である。

また、政治家らしく逃げ口上が達者である。沢田と佐古水は愛人関係にあり、彼女は別れを告げられて自殺した筋書きを作りあげ、「殺したのはお前だ。私は殺せなどとは一言も言っとらん」と、佐古水に事件を丸投げ。政治家らしく秘書を身代わりにしたのである。

次の選挙では、佐古水が後任として立候補することになっていたのだが、公約を守らないのも政治家である。「有能な秘書が必ずしも有能な政治家になれるとは限らん。第一、お前には選挙民を引き付ける魅力がない」と酷評する一方で、「お前は最高の秘書だ。それは私が認める」とサポート手腕は評価している。治家らしく世襲させるつもりであり、後任は現在アメリカ留学中の息子・雄三に継がせるようだ。

佐古水から置き物で2度殴られたが、一命を取り留めて病院へ搬送される。殴られたショックにより『シマ健忘症』という一時的な記憶喪失状態になった。病院の部屋番号は511号室である。

糖尿病/心臓病の薬を服用している。しかし、佐古水が殺人に手を染めている間で宅配ピザを注文するなど、健康管理には気を使っていないようである。また、政治家として握手を何度もするため、右手が酷い腱鞘炎で悩まされており、塗り薬を処方されてる。水の入ったヤカンを持てないほどに痛みがでるようだ。

犯行内容/トリック

【参議院議員・鵜野忠国と愛人・沢田マリの無理心中に偽装】

①佐古水茂雄は、部屋から出ていこうとする沢田マリと揉みあいになる。とっさに手をあげてしまうと、床に倒れて気絶した。寝室に運び出すとベッドに寝かせる。引き出しの中にあった睡眠薬を、大量に服用させて中毒死させた。

②鵜野忠国は、佐古水と沢田は愛人関係あり、彼女が別れを告げられて自殺したという筋書きを立てた。自身を身代わりにしたことに逆上し、置き物で鵜野を撲殺。その後、置き物を沢田に持たせ指紋を付着させる。コードレス電話機をベッド近くに置いた。

③佐古水は自身の指紋を消すと、車で行きつけのバーに向かう。そこでママさんと相席すると、トイレに行くと席を離れる。店内にある公衆電話から、自分の携帯電話に通話し席に戻る。携帯電話では、これから自殺をするような内容の話をでっちあげる。これで、ママさんがアリバイの証人になる。

④急いで車に戻り、マンションに戻る。しかし、警察がすでに現場に到着していた。室内の火災警報器が作動して、管理人が通報。遺体が発見されていたのだった。また、殺したと思っていた鵜野が、一命を取り留めており病院へ搬送されたのだという。

視聴者への挑戦状

「えー、鵜野先生を殴ったのは十中八九、佐古水です。肝心の鵜野先生の記憶がなくなっていたのは痛かったです。でも、考えがあります。今日はひとつ、仕掛けをしてみようと思います。佐古水を自白に追い込むための仕掛けを。ただし、鵜野先生は記憶喪失状態。仲間に引き入れることは不可能です。あなたならどうするか。考えてみてください。古畑任三郎でした」

三幕構成

古畑任三郎 矛盾だらけの死体 三幕構成

小ネタ・補足・元ネタ

〇佐古水茂雄が、今度こそ鵜野忠国を殺害しようと使用した凶器を、古畑任三郎が回収した際のセリフ「こういうのを証拠っていうんです」は、刑事コロンボ第42話『美食の報酬』のコロンボのセリフからの引用である。

まとめ

コメディ回になります。第二シリーズでは、「間違えられた男」。第三シリーズでは、「追い詰められて」と、各シリーズに必ずコメディ回が入っております。古畑任三郎のドSぶりを、遺憾なく発揮されるのを垣間見ることができるんですね。

まずこのエピソードで魅力的な点としましては、『共犯になるのかと思いきや』になります。主犯は森山周一郎さんと大御所が「どーん!」と登場するわけなのですが、その主犯も殺害したうえで愛人との無理心中に偽装するんですね。1~9話まで共犯が登場しなかったわけですから、これにはまず騙されちゃいます。

さらに『殺したと思っていた主犯が生きていた』これには犯人もヒヤヒヤするわけです。運が悪いことに、古畑の部下・今泉慎太郎が痔の手術のため、主犯が搬送された病院にいたんですね。これを犯人の目星がついている古畑は満面なく利用して、どんどん追い詰めていきます。

チャップリンの映画で『当人にとっての悲劇は、他人から見れば喜劇』という言葉があるのですが、まさにそんな感じでストーリーは展開していきます。犯人である議員秘書・佐古水茂雄のストレスやらドキドキが見ていて笑っちゃいます。さすが喜劇作家・三谷幸喜氏ですね。

ミステリーとしても、第一の犯行での立証はせずに、第二の犯行での立証で逮捕するという、トリッキーな作風になっています。どうやって自白に追い込んでいくのか?また、犯人・佐古水を疑うきっかけもスマートでいいですね。電話機を使ったトリックならではの着眼点です。

以上、『矛盾だらけの死体』でした。