倒叙形式

古畑任三郎

古畑任三郎 最新作『一瞬の過ち』あの刑事が文章で復活

フジテレビで1994年~2006年まで続いた刑事ドラマ『古畑任三郎』が、朝日新聞のコラム『三谷幸喜のありふれた生活』で、短編小説として特別に復活をしました。 タイトルは「一瞬の過ち」。全4回にわたり連載され、「事件編」、「対決編」が2回、...
古畑任三郎

古畑任三郎 41話『フェアな殺人者』イチローが犯人回

【VS.野球選手】「今回の犯人は、常にフェアプレイを好むスポーツマンです。人を殺したという以外は、実に公明正大な人物です。 そして、アメリカ大リーグで活躍する、ある日本人野球選手と全く同じ名前で、顔もそっくりです。しかし、別人です。お間違え...
古畑任三郎

古畑任三郎 40話『今、蘇る死』シリーズ屈指の知能犯

【VS.????】「明けましておめでとうございます。ご無沙汰をしております。さて、今夜の事件は類稀なる計画殺人です。私が出会った犯人の中でも最も巧妙に殺人を犯した男が登場です」 データ あらすじ+人物相関図 鬼切村の名家・堀部家は...
古畑任三郎

古畑任三郎 36話『雲の中の死』追いつめられて

【VS.西洋美術研究家】「こんなお便りが来てます。熊本県は阿蘇の河田さんですね。『古畑はよくプライベートで事件に遭遇するがあまりにもリアリティーが無い。いくらドラマの中の刑事とはいえ何でもありというのは如何なものか』…何でもありなんです ...
古畑任三郎

古畑任三郎 35話『完全すぎた殺人』頭でっかちの殺人

【VS.科学研究員】「ミステリの専門用語にアームチェア・ディティクティブという言葉があります。探偵が一歩も部屋の外に出ずに推理だけで事件を解決してしまう事。それでいくと今回は、アームチェア・マーダラー。一歩も犯行現場に踏み込むことなく完全犯...
古畑任三郎

古畑任三郎 34話『哀しき完全犯罪』ラストで一転する哀しさ

【VS.女流棋士】「突然ですがあなた、大雑把な性格だって言われませんか?タンスの引き出し、ちゃんと閉めていますか?ブドウの種、全部飲み込んでいませんか?ジグソーパズル、力ずくではめ込んでませんか?ただですね、人間あんまりちまちましているのは...
古畑任三郎

古畑任三郎 33話『絶対音感殺人事件』あらすじと解説

【VS.指揮者】「子供の頃、何が怖かったかと言えば、薄暗い小学校の音楽室に飾ってあった作曲家の顔。あんな怖い物ありませんでした。バッハ、シューベルト、メンデルスゾーン、そしてベートーベン。中でも一番怖かったのは、ヘンデル。未だに音楽が苦手な...
古畑任三郎

古畑任三郎 31話『アリバイの死角』古畑、歯医者へ行く

【VS.歯科医】「歯周病の原因は細菌と言われています。例えば歯周病を引き起こす細菌として考えられるのは、アクチノバシラス・アクチノミセテムコミタンスがあります。ずいぶん長い名前ですね。一応覚えておきましょう。アクチノバシラスアクチノミセテム...
古畑任三郎

古畑任三郎 30話『古畑、風邪をひく』灰色の村

【VS.村長】「今年の風邪はたちが悪いってよく言います。去年も一昨年もそんなこと言ってました。風邪は年々たちが悪くなっているようです。みなさん、お身体は大切に」 データ あらすじ+人物相関図 雛美村の村長・荒木嘉右衛門は、村一丸と...
古畑任三郎

古畑任三郎 29話『忙しすぎる殺人者』その男、多忙につき

【VS.メディアプランナー】「テレビを見ながら食事をする人、いらっしゃいますよね。お風呂の中で雑誌を読む方、いらっしゃいますよね。ただ、私からのお願いです。人を殺す時くらいはどうか、殺人に集中してください」 データ あらすじ+人物相...