古畑任三郎 最新作『殺意の湯煙』あらすじと感想

古畑任三郎 殺意の湯煙

あの刑事が再び小説となって帰ってきました。前作『一瞬の過ち』をご覧になったファンや私も楽しみにしていた新聞での連載第2作目です。

今年も書いてみました。小説版「古畑任三郎」。何度もネットのニュースになりましたが、田村正和さん抜きでドラマの新作が作られることはありません。でも小説なら可能。オープニングテーマはながれませんが、古畑と犯人の対決を楽しんでください。

引用元:朝日新聞夕刊 三谷幸喜のありふれた生活1055回 2021年9月30日(木)

スポンサーリンク

あらすじ

俳優・シャトー二朗はマルチに活躍する人気俳優である。彼がシナリオを執筆する際、箱根にある温泉旅館を訪れることをマネージャーから聞き出すと、三谷は同じ旅館を予約した。偶然を装いシャトーに会うと、三谷はどうしても言いたいことがあったのだ。

『脚本家が心血を注いで書いた台本を、即興の台詞でぶち壊さないで欲しいんです』。それを聞いたシャトーは憤慨し立ち去った。深夜、シャトーに再び大浴場でアドリブをしないよう詰め寄るが拒否される。カッとなった三谷は彼を突き飛ばすと、テーブルに頭をぶつけ動かなくなってしまった。

視聴者への挑戦状

「さて、私はどうして三谷さんが犯人だと見抜いたでしょうか。今回は簡単でしたね。ヒントはありません。古畑任三郎でした」

小ネタ・補足

〇シャトー二郎のモデルは『佐藤二朗』氏である。第1回が掲載された反応をTwitterで投稿している。

〇古畑任三郎シリーズで初の監視カメラが登場するエピソードとなった。

〇『箱根』の高級温泉旅館が物語の舞台である。警視庁の古畑任三郎が旅行中に事件に遭遇したのだろうか?

刑事コロンボからのオマージュ:ネタバレ注意!
37作『さらば提督』を意識していると思われる。起用した犯人から視聴者の先入観を逆手にとる演出、犯行現場からの脱出方法、時刻のズレ、残されたメッセージの意味など。

古畑任三郎が掲載された新聞の発刊日

三谷幸喜のありふれた生活 殺意の湯煙『三谷幸喜のありふれた生活』1055回~1058回に掲載されました。

1回『事件編』:2021年9月30日夕刊
2回『対決編①』:2021年10月7日夕刊
3回『対決編②』:2021年5月14日夕刊
4回『解決編』:2021年5月21日夕刊

まとめ

全4回に渡り連載された『古畑任三郎』を今回もあなたは目撃したでしょうか? 住んでいる地域によって、『三谷幸喜のありふれた生活』が掲載されず夕刊の発刊もない所もあるそうですね。わたしの地域も含まれていました。

前作『一瞬の過ち』は、翌日の朝日新聞に掲載されておりました。今回も大丈夫だろうと余裕ぶっこいていたら掲載が無かったのです。だから読むために、朝日新聞の夕刊を某フリマアプリで購入しました……。 という個人的な購入に至る経緯はお終いです。

さて、今回の被害者は『シャトー二朗』ということで、俳優や司会者や監督だったり、よく喋るアドリブも多い人物となっています。モデルになった俳優さんを容易に想像できますよね。

犯人は三谷さんで、書いた脚本にアドリブを入れないように詰め寄りますが拒否され突き飛ばしてしまうんですね。頭を打った被害者が死ぬと分かった上で応急処置を行わず放置したので、『過失致死』とはいかないでしょう。いずれにせよ計画的な殺人ではありませんでした。

その場を完璧に立ち去ったのですが、何と古畑任三郎シリーズ初『監視カメラ』が登場するんですね。私の推理では、バッチリ写り込んだ『犯人だと断言できる映像』事件解決の決め手になるんじゃないかと思っていたのですが、そういう使い方でくるのかと膝を打ちました。

「今回は簡単でしたね。ヒントはありません。古畑任三郎でした」

って、古畑さんが言っていますが、難し過ぎました。満を持して読んだ解決編ですが、意外とあっさり犯人が自供したなと思ったら、もう一つ驚愕の事実が待ち受けているんですね。文字を読み、頭の中で想像していく小説ならではの大きな仕掛けが隠されていたんです。

舞台は箱根にある温泉旅館で、「なんで警視庁の古畑が!」とツッコミを入れたくなるんですが、「また旅行中に事件が起こったのかな?」と思いました。でも、もしかしたら……。 と深読みをしちゃうかも知れないエピソード内容なんですね。

前作を読んだ人ほど今回のエピソードをより楽しめたかも知れません。解決編をご覧になった方は大いに驚いてください。そして、もう一度最初から読み直してください。きっとまた楽しい発見がたくさんできます。

以上、『殺意の湯煙』でした。