古畑任三郎 9話『殺人公開放送』設定が素晴らしい

古畑任三郎 9話 殺人公開放送

【VS.霊能力者】「お洒落の鉄則は洋服の色を3色以内に抑える事です。シャツがブルーでパンツが黒でジャケットが紫の人、真っ赤なマフラーだけは止めてください。友達を無くします。服の色で思い出すのが…」

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る

脚本:三谷幸喜

監督:関口静夫

制作:フジテレビ

演出:星護

音楽:本間勇輔

本編時間:46分07秒

公開日:1994年6月8日

あらすじ/人物相関図

殺人公開放送 古畑任三郎霊能力者・黒田清は、まもなく生放送番組を収録する。そこで失踪者を探す透視を披露するため、河川敷のタイヤの中に、身に着けていたとされる赤いスカーフを隠し入れていた。しかし、偶然通りかかったチンピラ・中島に見つかり、揉み合いの末に石で撲殺してしまった。遺体を橋の下にあるボートに隠すと、撮影スタジオに向かった。

生放送番組が始まり、黒田は霊能力を披露していく。だが物理工学部教授・神宮音彦は、すべて科学的にインチキであることを証明していった。いよいよ透視がはじまり、黒田は仕込んでいた赤いスカーフを撮影隊に発見させる。ところが赤いスカーフは、音彦教授が仕込んだ罠であった。

実際には被害者はスカーフを身に着けてはおらず、これで黒田がインチキ霊能力者であることが証明されてしまった。黒田は一矢報いるべく、激しく体を震わせる。捜索隊に橋の下を探すように指示すると、自身が殺害した遺体を見つけさせた。これを透視能力によって発見したと主張したのだった。

人物紹介(キャスト)

主犯今回の犯人:黒田清(くろだ きよし)

役者:石黒賢(いしぐろ けん)

職業:霊能力者

殺害方法:撲殺

動機:口封じ

概要:詳しく見る
概要:インチキ霊能力者の男性。生放送番組の打ち合わせで、失踪者の透視を披露することになる。そこで、失踪者が身に着けていたとされる赤いスカーフを、河川敷にあるタイヤの中に隠し入れる。そこを偶然通りかかったチンピラに見つかり、揉み合いの末に撲殺。遺体を橋の下にあるボートに遺棄した。

生放送番組は『脅威の霊能力者 黒田清のすべて』というタイトルであり、視聴率が高かったのか?2本目の撮影であった。生放送中に披露した霊能力は以下である。流れている水道水を曲げる/霊視により他者の記憶を読み取る/透視能力であった。しかし、福岡天神大学理工学部教授・神宮音彦により全て化学の力で否定される。

水道水を曲げたのは静電気によるもので、実施前に激しい運動を行い、化学繊維の服に帯電させたから。霊視はリーディングというアメリカでは主流の方法で、相手に言葉を誘発させるといったものであった。ただ、念じる様子や、超能力を発動させる演技は大変に上手い。神宮教授からは、「進みべき道をまちがえた。役者になりなさい。名演技だ」と皮肉られた。

このようにインチキを駆使して霊能力と称していたが、犯行を認めた際、過去には本当に霊能力があったと主張する。「15のときに、初めてスプーンを曲げたのは……。それからテレビや雑誌に……。本当にできた。20のときまでは、いろんな才能があった。その人の目を見れば過去に何があったのか分かったし、調子が良ければ、手を使わずに電球を割ることだってできた。20過ぎてからだんだんできなくなった。本当のことをいうには、嘘をつきすぎていた。本当に力があったんです……」

しかし、霊能力が使えなくなった今。これを証明する手立てはない。古畑曰く「こんなもんです」。黒田はふっと微笑むと、スタジオを後にしたのだった。

移動はバイクで革のライダースーツを着用。また、いつも黄色のサングラスも装着している。ちなみに、コーヒーには砂糖を入れる派らしい。


被害者今回の被害者:中島

役者:岡部務(おかべ つとむ)

職業:????

概要:詳しく見る
概要:河川敷にあるタイヤの中に、黒田清が赤いスカーフを隠し入れる所を発見したチンピラの男。偶然通りかかってしまったことが運の尽き、赤いスカーフを黒田の前で手に取ってしまった。さらに、黒田の顔も知っていたことが殺害される要因にもなってしまった。

中島の方から一方的に突っかかったわけではなく、「お兄さん何してんの?」と、河川敷のタイヤに手を入れている黒田に対して、興味本位であったことが大きいであろう。そこを、黒田が無言で赤いスカーフをぶんどってきた。そして黒田から押し倒されてしまうと、とうとう堪忍袋の緒が切れてしまう。落ちていたビール瓶を手に取り殴りかかる。そこを黒田に石で頭部を殴られ、倒れたところにもう一撃。計二回頭部に石で殴られて絶命した。

大阪弁であり、歳は20代後半。パンチパーマで、首に金のネックレス。シャツはブルーのアロハ、黒のパンツといった服装であった。

犯行計画/トリック

【場当たり的犯行】

黒田清は、霊能力番組の仕込みのため河川敷にいる。タイヤの中に赤いスカーフを隠していたが、そこをチンピラ・中島に見られてしまう。スカーフを取ろうとする中島と揉み合いになり、落ちていた石で撲殺する。中島の遺体は、橋の下にあるボートに隠した。

視聴者への挑戦状

「えー霊能力がこの世に本当に存在するかどうかは私には分かりません。しかし、ただひとつ言えることは。黒田清は霊能力者ではないということです。彼は前に死体をみていた。だからあれだけ詳しいことが言えたんです。おそらく殺したのも彼のはずです。その証拠に……んー、解決編はこの後にしましょう。古畑任三郎でした」

三幕構成

 

殺人公開放送 三幕構成

小ネタ・補足・元ネタ

〇事件の決定的証拠は、刑事コロンボ6話『二枚のドガの絵』を参考にしている。

〇ノベライズ版『古畑任三郎』では簡略化されている。古畑任三郎はスタジオにはおらず、番組を視聴していたという設定である。古畑はスタジオに電話を掛けて、神宮音彦教授へ殺人であることを伝える。そして決定的証拠が伝え、警察にそのことを報告するように話す。

〇福岡天神大学理工学部教授・神宮音彦の役者は『山口崇』氏である。この架空の大学は、福岡にある親不孝通りに面しており、プラズマを使用した実験が多いことから、学生からはプラズマ教授と呼ばれているそうである。

〇生放送番組中で透視を行った行方不明者について
【神宮音彦教授が用意した偽の失踪者情報】
156㎝/中肉中背/ストレートのセミロング/赤いスカーフ/ピンクのスーツ/茶色の革製ショルダーバック/浅い黄色のシャツ

【実際の失踪者情報】
164㎝/中肉中背/髪は肩より短めいつもまとめている/黄色の薄手のセーター/茶のショルダーバッグ/薄いピンクのパンプス/ブルーに白の水玉のズボン/スイス製腕時計茶のベルトに白い文字盤

〇福富アナの役者は『潮哲也』氏。撮影隊のリポーターは『樋渡真司』氏。

まとめ

このエピソードで特徴的なのは、古畑任三郎が『犯行現場』に一切立ち入ることなく事件を解決する点にあります。安楽椅子探偵のように、事件の一旦を聞いただけで犯人を逮捕するのです。

3幕構成でストーリーを解析してみると、第2幕まで黒田清と神宮教授の生放送番組だけで、物語が展開しているんですね。実質、古畑が黒田清と対決するのは、31分32秒~46分07秒と15分程度に凝縮されていることがわかります。

犯人とのやり取りが少なくした分、『生放送番組中の事件』という特殊なシュチュエーションを楽しむことができ、犯人側のドラマ時間を多くしたことで、通常ならば隠しておきたかった殺人事件。神宮教授に追い詰められた黒田は、自ら透視能力によって遺体を発見したと主張してしまうのです。

以上、『殺人公開放送』でした。