古畑任三郎 30話『古畑、風邪をひく』灰色の村

古畑任三郎 30話 古畑、風邪をひく 灰色の村

【VS.村長】「今年の風邪はたちが悪いってよく言います。去年も一昨年もそんなこと言ってました。風邪は年々たちが悪くなっているようです。みなさん、お身体は大切に」

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る

脚本:三谷幸喜

監督:関口静夫

制作:フジテレビ

演出:河野圭太

音楽:本間勇輔

本編時間:46分39秒

公開日:1999年4月27日

あらすじ+人物相関図

古畑任三郎、風邪をひく 灰色の村雛美村の村長・荒木嘉右衛門は、村一丸となり地酒『雛の誉』を酒造していた。それを大手デパートで取り扱ってもらえるように村人たちは、デパートの営業部長だという日下部薫子に金銭を渡すが、買い付け詐欺だと分かった。すると、日下部は悪びれることなく居直った。

荒木は憤慨し日本刀で彼女を斬殺する。その場に居合わせた村役場助役・鵜飼たちは、荒木を庇うため遺体を隠すと、村ぐるみで殺人を隠蔽。日下部薫子という女性はいないと口裏を合わせる。だが、ただ一人、今泉慎太郎だけは彼女と接触をしていたのだった。

人物紹介(キャスト)

主犯今回の犯人:荒木嘉右衛門(あらき かえもん)

役者:松村達雄

職業:村長

殺害方法:斬殺(日本刀)

動機:詐欺だとわかったため

概要:詳しく見る
雛美村の村長である男性。村の名産品を作ろうと、村民たちと協力して作り上げた『雛乃誉(ひなのほまれ)』を、大手デパートでも取り扱ってくれるように、日下部薫子に金銭を渡していた。それが詐欺であるとわかり日本刀で斬殺した。

村人からは、『お館様』の愛称で呼ばれている。過去に堤防を作って川の決壊を防いでいたり、村を潰しダムを造る計画にも1人で抗議を行っている。それがなければ、村はダムの底に沈んでいた。他にも村に尽力を注ぎ、村民から神様のような存在であると評価されている。

今回の殺人に関しては、村の特産品『雛乃誉』をめぐってのものであった。日下部薫子に頼む金を作るべく田んぼを売った村民もいた。それが詐欺であり、かつ自身が人生を捧げてきた村を馬鹿にする発言。思わず斬りかかったのだろう。


被害者今回の被害者:日下部薫子(くさかべ かおるこ)

役者:あめくみちこ

職業:デパートの経理部

概要:詳しく見る
村越デパートの経理部に勤務する女性。万年ヒラ社員であり、長年の使い込みがバレて来月クビになる予定であった。そんな折、雛美村から自酒を取り扱ってほしいと相談が入る。自らを営業部長と偽り1400万円をだまし取った

村人からデパートに確認をされ、経理部に所属していることがバレると、「騙されたほうが悪い」と居直る。そのうえで、特別背任罪で、自分らの利益を見越して金を貢ぐのは立派な犯罪であるとも豪語した。ただこれは嘘であり、一般人が民間企業に金を渡しても収賄罪は成立しない。

旅館は『鶴の間』に泊まる。郷土資料館では、はく製のイタチを愛でていた。コンタクトレンズを装着しており、レンズの煮沸器を使用している。

犯行計画/トリック

『村ぐるみで殺人の隠蔽』

①雛美村の村民たちは、地酒『雛の誉』をデパートで扱ってくれるよう、日下部薫子に金銭を渡していた。荒木嘉右衛門の屋敷で日下部と宴会をしている最中、それは詐欺であることが分かった。日下部が居直ったため、荒木は日本刀で彼女を斬殺する。

②村民たちは、村長を守るべく団結する。日下部薫子がこの村に訪れていたという痕跡を消してしまった。唯一の目撃者・今泉慎太郎にも口裏を合わせ、そのような女性はいなかったと証言していく。

推理と捜査(第2幕まで)

ネタバレ注意!表示する

○今泉慎太郎は、日下部薫子とピンポンをしていた。その際、彼女の爪が割れてしまったため爪切りで、爪を切ってあげた。爪切りの中には、マニキュアが塗ってある爪が入っていた。また、彼女が宿泊したとされる『鶴の間』には、洗面台の下に、コンタクトレンズの煮沸器がコンセントに刺さっていた。

○巡査・清水は昨夜21時頃までは村長の屋敷にいたようだ。また、古畑任三郎が止まっている旅館の窓からは村長の屋敷が見えた。随分と遅くまで明かりがついており、昨晩は何かあったのではないか?

視聴者への挑戦状

ネタバレ注意‼
「えーどうやら今回は村ぐるみの犯罪のようです。今泉君の運命的な出会いは、どうやら今回も悲劇的な結末を迎えそうです。えー今日の問題は私たちの前に現れた女を、なぜ私はニセモノと見破ったか。んー、古畑任三郎でした。風邪気味の皆さん。薬を飲んで早く良くなれ」

小ネタ・補足・元ネタ

『雛乃誉(ひなのほまれ)』は、幻の酒米と呼ばれる『とと錦』だけを使い醸造させた日本酒である。雛美村の特産品を作ろうと、村長・荒木嘉右衛門が端を発していた。酒の味を出すために10年かかったそうである。架空の銘酒である。

○『雛美村』の観光客は、郷土資料館の来訪者名簿を見ると、25日、30日、26日、2日、10日に名前が綴られており、1週間に1人ぐらいは来るようである。

○『雛美村』は長野県にあるとされるが、実際は『群馬県中乃条町』である。旅館は『四万温泉積善館』。酒造場は、『野崎酒造株式会社』がロケ地となっている。

○荒木嘉右衛門の屋敷で、日下部薫子をもてなした際、村役場助役・鵜飼(岡八郎)がアカペラで歌っていた曲は、細川たかし『浪花節だよ人生は』である。

○テーマとしては、刑事コロンボ『別れのワイン』を意識した構図になっている。コロンボではワインを愛した犯人が犯行を自供すると、自分なき後にワイン工場の行く末を心配する。今作品でも自分なきあと、村の行く末を案じる。共にお酒で乾杯をするシーンもある。

村民のキャスト一覧

村役場助役:鵜飼(岡 八郎

旅館『雛形』経営者:田治見(夏木ゆたか

バーテンダー:一柳(松澤一之

杜氏:鬼頭(金井 大

医師:久野(奥村 公延

巡査・清水(郷田 ほづみ

記念館係員:(問田 憲輔)

まとめ

ただ1人の被害者と接触した『今泉慎太郎』ですが、村人全員がそんな人物は知らないと口を揃えて証言するのです。果たして被害者である女性は存在したのか。もしかした存在しなかったのでは……。じゃあ一体誰だったのか?
自分のことを周囲の誰も覚えてくれていないという恐怖。ーそれは自分の死後も何事もなかったように世界が続いていくことへの畏怖の念でもあるだろう。自分が愛し、親しくしている人々が、実は単に自分の幻想だけの存在なのではないかという恐怖。結局これらは、人間の実在の不確かさ、生きることの意味への不安にも繋がっているのだろう。
エンターテイメント日誌:「バニー・レークは行方不明」とパリ万博・消えた貴婦人の謎より引用
そんな恐怖感を感じる『村ぐるみでの殺人隠蔽』。事件があったことさえ発覚するはずがなかったのですが、大体は巡査・清水のせいで失敗に終わってしまうんですね。清水巡査は、最初は今泉が被害者と関わっていたとは思わず、純粋にお地蔵様へのイタズラ書きの件で問いつめていました。
しかし、今泉のアリバイを証明できるのが被害者だとわかってからも彼女の目撃情報はない。でも今泉はやってないと言い続ける。巡査は強引に今泉を逮捕しようとするけど、古畑警部補も彼女の行方を調べ始める。巡査も引くに引けず結果的に墓穴を掘った形になっちゃいましたね。
それにしても、村人たちから慕われているという村長・荒木嘉右衛門ですが、詐欺だと分かり日下部を、「女ッ……」と日本刀で一刀両断します。普段は温厚だけど怒ると手が付けられない血気盛んな御方だったと思われます。
以上、『古畑、風邪をひく』でした。