刑事コロンボ Twitter民の選ぶ【ベスト10】

ツイッター民の選ぶ 刑事コロンボ ベスト

2020年10月24日から26日の2日間でしたが、『刑事コロンボの帰還』発売を記念して、小説家『山口雅也』先生と『風狂奇談倶楽部』様による、「#ツイッター民の選ぶのコロンボ・ベスト10」と題したランキング投票が行われました。

↓現在はツイートが削除されております

2018年にはNHKで、『視聴者が選ぶベスト20』を集計し放映しましたが、そこはTwitter。選ばれた作品や順位などは若干の違いがありました。旧シリーズ(45作品)から選ばれた作品。あなたの好きなエピソードもランキングに載っているでしょうか? 投票者のコメントなども抜粋しております

スポンサーリンク

12位~6位(※同率票のため)

12位 第16作『断たれた音』(10票)

コメント:コロンボとの対決色が強い。天才でありながら、同時に脆さも持つ犯人が印象的。夭折直前のL・ハーヴェイの鬼気迫る演技と強烈に皮肉な幕切れ。クレイトンさんの、傲慢さと劣等感の間で揺れ動く人間臭いキャラクターと最後の一刀両断の詰め手の妙が、忘れられない後味を残します。


9位 第3作『構想の死角
第9作『パイルD-3の壁
第21作『意識の下の映像』(各11票)

コメント:スピルバーグがさすが!ラストに明かされる〝ある事実〟が身に染みる(構想の死角)

サブリミナル効果って初めて知った。なんといってもサブリミナル。心理学を専攻したきっかけに。(意識の下の映像)


8位 第29作『歌声の消えた海』(12票)

コメント:最初からコロンボが出てくるところとか、全体的に明るくてお祭りみたいな感じが好き!コロンボが旅行!という別の楽しみが。


7位 第40作『殺しの序曲』(14票)

コメント:コロンボの昔語りが良い。コロンボが刑事になった気持ちを語るシーン。ラストで犯人が出すクイズのシーンが好き。


6位 第25作『権力の墓穴』(17票)

コメント:コロンボの上司という、最強の犯人。相手が上司ならではの陥れ方が見事。上司の策略に従うふりをして、とぼけつつも倍返しを決めるコロンボ。すべてを引っくり返すあの衝撃の一言。犯人を陥れる仕掛けを終えておいてから素知らぬ振りでヌケヌケと現場に現れるコロンボの非道ぶり。

ベスト5

ベスト5

5位 第15作『溶ける糸』(17票)

コメント:ラストのどんでん返し。ラスト寸前まで犯人優位な展開と、滅多にないコロンボが怒りを見せる場面。最後の最後まで息が抜けない攻防が印象的。


4位 第28作『祝砲の挽歌』(26票)

コメント:犯人のキャラクターが素晴らしい。私にとってのコロンボとは ピーター・フォークであり パトリック・マクグーハンなのだ。


3位 第32作『忘れられたスター』(29票)

コメント:犯人の少女のような魅力が悲しさを際立たせる。感動作。コロンボでこんなに おしゃれで泣ける話が 出てくるとは。


2位 第19作『別れのワイン』(38票)

コメント:ドラマ性が高い。何度見ても切ない。余韻の残る、叙情的なラストシーン。金銭的な利益を超えた何かを守ろうとした犯人像に惹かれる。ここまでコロンボが犯人に同情したのも珍しい。


1位 第6作『二枚のドガの絵』(40票)

コメント:ラストのワンカットの切れ味は空前絶後ですね。伏線の張り方の見事さ。一度見たら忘れられないインパクト。決定的な証拠の意外性とそれを活かしたラストが秀逸。衝撃のラスト!私をミステリ沼に引きずり込んだ罪深い作品(笑)

最終順位はこうなった

全順位を表示する
順位 タイトル 票数
1位 二枚のドガの絵 40
2位 別れのワイン 38
3位 忘れられたスター 29
4位 祝砲の挽歌 26
5位 溶ける糸 21
6位 権力の墓穴 17
7位 殺しの序曲 14
8位 歌声の消えた海 12
9位 構想の死角 11
9位 パイルD-3の壁 11
9位 意識の下の映像 11
12位 断たれた音 10
13位 白鳥の歌 9
13位 逆転の構図 9
15位 二つの顔 8
15位 野望の果て 8
15位 策謀の結末 8
18位 殺人処方箋 7
18位 死の方程式 7
20位 ロンドンの傘 6
21位 黒のエチュード 5
21位 魔術師の幻想 5
21位 死者のメッセージ 5
24位 5時30分の目撃者 4
24位 秒読みの殺人 4
26位 指輪の爪あと 3
26位 アリバイのダイヤル 3
26位 毒のある花 3
26位 ハッサン・サラーの反逆 3
26位 美食の報酬 3
31位 もう一つの鍵 2
31位 仮面の男 2
31位 闘牛士の栄光 2
31位 さらば提督 2
35位 死者の身代金 1
35位 悪の温室 1
35位 第三の終章 1
35位 自縛の紐 1

補足

『刑事コロンボの帰還』の発売を記念して行われたTwitterでの投票であった。期間は2020年10月24日21:00~26日21:00の2日間であり、『#ツイッター民の選ぶコロンボ・ベスト』とハッシュタグを付け投票する形式になっていた。

今回は旧シリーズ45作品に限っての投票で、総勢116名、348票を38作品に投じられた。ちなみに投票がなかった作品は以下である。

#5『ホリスター将軍のコレクション』
#14『偶像のレクイエム』
#23『愛情の計算』
#30『ビデオテープの証言』
#38『ルーサン警部の犯罪』
#39『黄金のバックル』
#44『攻撃命令』

〇投票では、第8作『死の方程式』や第24作『白鳥の歌』の人気も根強かった。「死の方程式」では、犯人の声優を務めた『野沢那智』氏の吹き替えの素晴らしさ、「白鳥の歌」では、犯人と刑事の対決感がありながらもドラマ性の高さが評価された。

〇今回ベスト10に入っていた『断たれた音』は、NHKが行った『みんなが選ぶベスト20』にはノミネートされていなかった。

まとめ

管理人も投票しておりました。#11『悪の温室』は迷わなかったのですが、興奮のあまり「秀逸」ではなく「秀悦」と盛大に誤字をしております。1人3作品までと縛りがあり、残り2作品が悩みました。旧シリーズはどれも面白く、それぞれのエピソードが印象深いです。

『忘れられたスター』や『黄金のバックル』なども浮かんだのですが、頭にパッとでたエピソードにしてみました。

改めてコロンボ・ベスト10を振り返ると、「犯人の人間ドラマ」「あっと驚く結末」が人気ですね。旧シリーズ45作品はそれぞれ面白さがあり、そうなるとどうやって選評するのか? 初めて見た時の衝撃が大きい作品が選ばれる傾向があると思います。

リアルタイムで視聴していたか、観た順番は? 世代や性別、好きなBGMや声優さんなど、選ぶ基準は様々あると思います。わたしは刑事コロンボと出会い楽しみと元気をもらいました。最後に、声優「林原めぐみ」さんの言葉で締めさせていただきます。

「1位でも100位でも関係なく自分にとって好きなキャラ、好きな人を自信を持って大切にしてください。歌やラジオやキャラから元気をもらってくれたら、それはとてもうれしいけれど、人からもらった元気はいつか尽きてしまう。そしてまた欲しくなる・・・。

ゆっくりでいいので、自分自身の中から元気を生み出せる人になって欲しいと願っています。時には、私のことをすっかり忘れてしまうくらいの日々があなたにあったら、それも私はうれしいのです。」

アニメグランプリで7度目の連続1位を獲得した際のコメントより引用