刑事コロンボ 第24話「白鳥の歌」カントリーミュージック界の大御所が犯人として登場

スポンサーリンク

【VS.ミュージシャン】犯人視点から進む作品として面白いのが、やはり大物を起用できるということです。通常の推理ミステリーだと、大物を使用するとその人が犯人である可能性が高く、それを避けるためにパッとでの人物を犯人にされたら「誰だお前」状態になります。

しかし、最初から犯人が分かっている倒叙形式だと、超大物を犯人に起用してもなんら問題もありません。今回のエピソードは古畑任三郎で言う、役者ではない野球選手の「イチロー」を犯人役として起用したということが見どころの1つです。

スポンサーリンク

ココが見どころ‼

〇カントリー・ミュージック界の大物。ジョーニー・キャッシュが犯人役

〇ダイナミックな殺人計画

〇コロンボの相方的役。航空局ローランド・パングボーンもコロンボと同じく手帳にメモするのでうれしそう。

〇最初の犯人の発言とコロンボの最後の気づきの伏線は見事。

データ

データ:詳しく見る
脚本:デヴィッド・レイフィル

原案:スタンリー・ラルフ・ロス

監督:ニコラス・コラサント

制作:エドワード・K・ドッズ

制作総指揮:ローランド・キビ―&ディーン・ハーグローヴ

音楽:ディック・デ・ベネディクティス

本編時間:98分

公開日:アメリカ/1974年3月3日 日本/1974年9月21日

あらすじ+人物相関図

人気カントリー・ミュージシャンであるトミー・ブラウンは、妻であるエドナ・ブラウンに弱みを握られていた。エドナは新興宗教に心酔しており、トミーの歌手としての収益金は全て礼拝堂の建築費につぎ込んでいた。そのため、トミーは自分で使用できる金銭も自由もなかった。

トミーの弱みとは、かつて未成年であったメアリ=アン・コップと関係をもったということであり、このことが公表されてしまえば逮捕されて現在の地位もなくなってしまう。そこで、トミーは2人を小型飛行機での移動中の事故に見せかけて殺害する計画をくわだてる。

トミーはその晩の天候が悪いと調べたうえで、小型飛行機の操縦する。機内の空調を切ることで2人に睡眠薬入りのコーヒーを飲ませた。2人が眠ったことを確認すると、コーヒーが入っていた魔法瓶を投げ出し、自身にパラシュートを装着する。

トミーは小型飛行機から脱出すると、飛行機はそのまま墜落して2人を殺害した。トミーは着地して足を骨折しながらもパラシュートを倒木の下に隠して気を失った。後日、航空局が飛行機を操縦中の事故として捜査を開始することになるのだが、そこにボロボロの車に乗ったヨレヨレのレインコートを着た男が現れて……

人物紹介

今回の犯人:トミー・ブラウンジョニー・キャッシュ

吹き替え声優:外山高士(とやま たかし)

職業:カントリー・ミュージシャン

殺害方法:小型飛行機ごと墜落死

動機:弱みを握られており、それをネタに金銭や生活が自由にできなかったから。

概要:詳しく見る
概要:人気カントリー・ミュージシャンの男性。罪状は不明だが、かつてアーカンソー州の農場刑務所に収監されていた。しかしエドナによって仮出所させられている。3年前に未成年であったメアリ=アン・コップと関係をもち、そこからエドナに脅されるようになってしまう。

歌手としての収益金はすべてエドナによって管理されているため、金銭は自由には使えない。移動手段はレンタカーであり、他の歌手が高級車を乗り回していることに嫉妬を感じている。殺人に使用した小型飛行機も型落ちであり、エドナの台詞「遠回しに新しいのを買えってさ」などから、古い物は買ったと解釈することもでき、小型飛行機は自身の購入物の可能性が高い。

エドナとメアリの殺害後は気分が晴れ晴れとしたのか、病院での入院中にも関わらず月2000ドルの自宅を借りた。退院後は女性や友人を集めてパーティーを開いていた。

使用してるギターはハンドメイドの品物であり、非常に特殊な”膠(にかわ:動物の骨や皮からとれるゼラチン状の物質)”で板を張り合わせているとのこと。機密装置のない飛行機に乗せると乾燥したり、高度の影響でヒビ割れが発生する恐れもある。旅客機で移動する際は、自分とギターと2席分の切符を買っている様子。

【ぶん殴られるトミー・ブラウン氏】

命と同じぐらい大事なギターであり、ルークにぶん殴られた際にも決してギターから手を放さなかった。もし傷がついていたのならば、首をへし折るつもりだったらしい。

飛行機操縦に関しては20年前に空軍で習得した技術であり、朝鮮兵として出兵した過去もある。しかし試験に落第してしまい、軍隊ではパラシュート整備やバス運転手、伝令、通信とたらい回しに何でもやってきた。

なお、彼が睡眠薬入りのコーヒーを入れていた魔法瓶は、第22話「第三の終幕」でコロンボ警部も愛用しているモデルである。
※1973年3月:1ドル=261円 月2000ドルの借屋=月52万2千円


今回の被害者:エドナ・ブラウンアイダ・ルピノ

吹き替え声優:麻生美代子(あそう みよこ)

職業:トミーの妻(バック・ボーカル)

概要:詳しく見る
概要:トミー・ブランの妻でありバック・ボーカルも担当している女性。新興宗教「魂の十字軍」に心酔しており、トミーの歌手としての収益金は全て、魂の十字軍のアメリカ最高の礼拝堂を建築する費用に使っている。なお、完成までの建築費は500万ドルが必要とされている。現在までに103万ドルをつぎ込んでいる様子。

トミー・ブラウンとの出会いは、彼が服役していた刑務所であり、仮出所させたのは彼女のおかげである。新興宗教の奉仕活動の一環として刑務所に寄ったのではないだろうか?

自身を神の使いと自負しており、トミーを奴隷のようにこき使っている。また、自分優先であり、トミーの殺害計画の1つである小型飛行機内の暖房を消され機内が寒くなった際には、自分よりも幼く、凍えているメアリ=アン・コップを差し置いて、まずは自分から温かいコーヒーを飲んでいる。
※1973年3月:1ドル=261円 500万ドル=13億5百万円。103万ドル=2億6千8百83万円


今回の被害者:メアリ=アン・コップ(ボニー・ヴァン・ダイク)

吹き替え声優:戸部光代

職業:バックボーカル

概要:詳しく見る
概要:現在19歳のトミー・ブラウンのソプラノボーカルを務める女性。新興宗教「魂の十字軍」の信者であり、エドナ・ブラウンに付き添うように歩いている。3年前にトミー・ブラウンから娘と偽って連れられホテルで関係をもった。

トミー・ブラウンの女性への誘いかたなどから、トミーから関係を迫ったように思える。当時16歳であり未成年に手を出したことになる。また、宗教信者で暴行罪も適用になるということは、ご察しください。

犯行計画

①ロスまでの天候予報を聞く。今すぐにフライトすれば問題ないが、2時間後には天候が悪化して視界がかなり悪くなるようだ。

②トミー・ブラウンは1時間仮眠を行うと言う。ルーク・ブラウンは機材と共にバスで移動をする。ルークにギターも一緒に運ぶように促した。

③パイロットケースの中に入っている地図や航空図を抜き取り、パラシュートを詰める。魔法瓶の中に睡眠薬(バルビタール)を入れておく。

④ロスへフライト。しばらくして天候が崩れる。機内の暖房を着ると寒くなる。エドナとメアリに熱いコーヒーをすすめる。

⑤2人が眠ると、パイロットケースかたパラシュートを取りだし自身に装着する。

⑥魔法瓶を回収して窓から放り投げる。その後、自身もパラシュートで脱出する。

⑦小型機ごと墜落させて2人を殺害。

⑧トミーは地面に落下して骨折。パラシュートを倒木の下に隠す。

⑨機内から投げ出されて運良く生還できたシナリオが完成する。

コロンボの疑問点

ネタバレ注意!
○小型飛行機の後部座席のシートベルトは閉まっていた。しかし、パイロット席(トミー)のシートベルトは外れていた。

○パイロットケースの中に燃えカス(地図・航空図など)が無かった。

○トミーはギターをバスで送るようにしていた。

○ロスの天候は数時間後に悪化する予報が出ていた。しかしトミーは仮眠してから出発していた。

○トミーが飛行機に持ち込んでいた魔法瓶が見つからない。

○新興宗教の信者が着るローブ用の布が45平方ヤード無くなっていた。

○パイロットトケースに45平方ヤードのパラシュートを入れてみるとピッタリだった。

○トミーは、バックボーカルのメアリ=アン・コップを外した新しい編曲を事件の1週間前に依頼していた。

三幕構成

まとめ

犯人役のジョニー・キャッシュさんの曲は正直、存じ上げませんでした。そのため某通販サイトでCDを購入しました。レコード盤がレアであり価格が高騰していましたが、CDは新しく再販されています。

今回のエピソードで多用されているテーマ曲ですが、「I saw the light」になります。元々はハンク・ウィリアムスという歌手の曲であり、ジョニー・キャッシュが販売したCDには収録されていないようです。

以上、24話「白鳥の歌」でした。