舞台版 刑事コロンボ『殺人処方箋』日本で初上演!

刑事コロンボ 1話 殺人処方箋

刑事コロンボファンのあなた、舞台『殺人処方箋』の日本初上演が2021年7月9日~11日にあります!

元々は2020年4月の公演で、前夜祭には脚本家・三谷幸喜さん×コロンボ研究の第一人者・町田暁雄さんによるトークショーも予定されておりましたが、コロナウイルスにより公演は延期となりました。この度1年の充電期間を得て、ついにベールが剝がされます。

スポンサーリンク

『殺人処方箋』とは?

刑事コロンボの記念すべき第1作目の作品で、完全犯罪を目論む犯人の犯行をそのまま見せ、その後に現れる刑事がどうやって逮捕に至るのかを楽しむ「倒叙形式」の金字塔にもなったドラマです。

元々の脚本はテレビ用ではなく、舞台劇が原型になっています。『めとろん』さんが書かれた「R・レヴィンソン&W・リンクの世界(41)舞台劇 Prescription: Murder 殺人処方箋 トーマス・ミッチェル=コロンボ警部補登場!」が素晴らしい記事ですので見てみると楽しいです!

テレビドラマでおなじみのコロンボ警部が初めて舞台に登場した『殺人処方箋』。テレビ版とは大きく異なる結末、二転三転するストーリーをお楽しみに。
【2021年6月1日 劇団フーダニットのTwitterより引用】

日本初上演となる舞台版『殺人処方箋』。ドラマとは違う結末ということで一体どうなるんだ⁉

公式情報

公式HP→ 劇団フーダニット
Twitter→@whodunit_1999

公演日程

場所:タワーホール船堀 〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1
チケット購入:劇団フーダニットのHPで事前予約

2021年7月9日(金) 15時 A
  19時 B
7月10日(土) 13時 B
  17時 A
7月11日(日) 13時 A
  17時 B

3日間で計6公演です。コロナウイルス感染防止のため人数制限があり観劇できるのは460名なんですね。AとBパターンというのは、コロンボを演じるキャストが違うということで、2人が演じるコロンボの違いを楽しみたいですね。

まとめ

東京か……。コロナウィルスがなければ喜んで観劇したいのですが、まだまだ自粛は続きそうです。平和の祭典『東京オリンピック』が間もなくですが、大手を振って映画や舞台を観ることができ、マスクなしで出歩け話せる平和な日常を期待しています。

どうしようかなーと、Twitterに書き込むと、劇団の座長様よりメッセージをいただきました。『再演される可能性はほとんどない』 らしいのです。うーむ、こういう売り文句に弱いのが悲しい人間の性(さが)でございます。

東京在住で、お近くの方はぜひ観劇なさってみてはどうでしょうか?
チケットはHPから予約となっております。

以上、『舞台版・刑事コロンボ『殺人処方箋』日本で初上演』でした。