古畑任三郎 43話『中学生古畑』子供時代の番外編

古畑任三郎 43話 古畑中学生~生涯最初の事件~

【VS.????】「ご無沙汰しております。皆さん、お元気でしたか。私は元気です。さて、誰にでも少年時代がありました。もちろん、私にもありました。そして、誰にでも多感な時期、影響を受けた人物がいるものです。もちろん、私にも。今のこの私があるのも、その人との出会いがあったればこそです。今でも目を瞑ると、瞼の裏にその人の顔が浮かんできます。瞑ってみましょう…」

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る

脚本:三谷幸喜

監督:関口静夫

制作:フジテレビ

演出:河野圭太

音楽:本間勇輔

本編時間:95分46秒

公開日:2008年6月14日

あらすじ+人物相関図

田舎にある『杉の森中学校』に、東京から古畑任三郎が転入してきた。推理小説ばかりを読む古畑はクラスから浮いた存在であったが、教頭・森脇から花壇を荒らしたとして、向島音吉があらぬ疑いを掛けられてしまう。そこを、犯人は別にいることを推理して救ったのだった。

一躍有名となった古畑の元には、学校の生徒から様々な依頼を謎を解決していき自信が付いていく。音吉はその推理力をもっと活かしてみればと、村はずれの小屋に『古畑探偵事務所』を作ったのだった。

小ネタ・補足・元ネタ

〇キャスト一覧
・古畑任三郎(中学時代):山田涼介

・向島音吉(中学時代):タモト清嵐

・戸部明日香(同級生):福田麻由子

・真鍋(同級生):柴田将士

・森脇(教頭先生):浅野和之

・野々山(科学教師):原田泰造

・蒲郡(村役場助役):甲本雅裕

・和尚:石田太郎

・古畑の母:石田ゆり子

〇ロケ地は、山梨県にある『北杜市フィルムコミッション』である。

〇作中で登場した『シャーロック・ホームズ』のタイトル

バスカヴィル家の犬

赤毛連盟

美しき自転車乗り(孤独な自転車乗り)

マスグレーヴ家の儀式

まとめ

中学生時代の古畑を描いた回想編になるんですね。犯人側の犯行から描かれる倒叙形式ではなく、物語が進行して謎が生まれるミステリー形式です。古畑の母親が登場したり、向島音吉が同級生だったりと、やりたい放題な設定はまさに番外編的な立ち位置だからこそ許された展開です。

誰にでも多感な時期、影響を受けた人物がいるものです。もちろん、私にも。今のこの私があるのも、その人との出会いがあったればこそです。

冒頭でのセリフがあるように、子供時代の出会いや経験というものを主軸においてストーリーが進んで行くんですね。初恋人生の教訓となる教え。田舎という舞台でしたので、「灰色の村」や「今、蘇る死」での田舎に対する偏見は幼少期の影響でしょう。

古畑が勝気のある美人や辛い目にあっている女性に寄り添いたくなるというのは、初恋の女性の存在があったからこそだと思います。

犯人視点から進むというシリーズの掟がありましたが、これを破った本作。三谷幸喜氏の執筆の幅も大いに広がったのでしょう。ドラマ面も魅せつつ、ミステリー面も巧みに織り交ぜているんですね。次々と舞い込む村での事件が一本の線に繋がったのは素敵でした。

ドラマなどを見ていると、よくそんなに色んなことが起きるとは一度は思ったことがあることを、上手くメタ演出で事件に組み込む三谷さんの脚本はすごい。

古畑任三郎=田村正和という構図がありましたので、最初はどうなるかと思いましたが、山田涼介氏が見事に演じきっているんですね。小生意気で理屈っぽくて群れなて、それなのに自分の興味があることには貪欲で悪戯心がある。そんな学ラン姿の山田くんがとっても可愛いのです。

以上、『古畑中学生』でした。