刑事コロンボ 39話『黄金のバックル』かくも哀しき歴史

スポンサーリンク

【VS.美術館館長】美術館に人生を注いできた女性が、その美術館を売却されそうになってしまいます。犯人であるルース・リットンはそれを阻止するために殺害を決意します。動機としては、「別れのワイン」の犯人エイドリアン・カッシーニと同じものになります。

どちらも悲しいエピソードではありますが、このエピソードは女性犯人ということもあり、過去の男性との関係なども重要になります。美術館という独特な舞台設定が、物語にスパイスを加えられて良いアクセントにもなっています。

スポンサーリンク

データ

概要:詳しく見る
脚本:ピーター・S・フィーブルマン

原案:ローレンス・ヴァイル

監督:ロバート・ダグラス

制作:エヴァレット・チェンバース

ストーリー監修:ビル・ドリスキル

音楽:ディック・デ・べネディクティス

本編時間:76分

公開日:アメリカ/1976年11月28日 日本/1977年12月24日

あらすじ+人物相関図

黄金のバックル 人物相関図名門リットン家が運営する「リットン美術館」は赤字経営であった。そのため、美術館理事であるエドワード・リットンは美術館を売却する為の目録整理を始めていた。美術館館長であるルース・リットンにとっては、人生を捧げてきた大切な美術館であり、売却は断固阻止したかった。そのため、警備員ミルトン・シャイファーを利用して、エドワードと共に葬り去る殺害計画を実行する。

ルースは金を出し、ミルトンに美術館の展示品を盗むように指示をする。展示品には多額の保険金が掛けられており、保険金を手に入れるためだと説明し、兄に電話を掛けるように言いつける。その晩、ミルトンは兄に留守番電話を掛けて発砲音を聞かせる。これで、電話を掛けた時刻に死亡したように見せかけることができる。

その後、美術館内に侵入して展示品を鞄に詰めているとルースが現れる。ミルトンの名前を呼び振り向かせたところで射殺した。その後、目録整理をしていたエドワードが物音に気が付きやってきたところ、彼も射殺する。

2人の拳銃を持ち変えさせることで、お互いに相討ちになったように偽装したのだった。翌日、ミルトンの兄の通報で彼が事件に巻き込まれたことが発覚する。ルースは姪のジェニーと共に美術館に出勤する。ジェニーに2人の遺体を発見させたのだった。

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

ルース・リットン

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「黄金のバックル」より引用】

今回の犯人:ルース・リットンジョイス・ヴァン・パタン

吹き替え声優:加藤道子(かとう みちこ)

職業:美術館館長

殺害方法:射殺

動機:美術館を守るため

概要:詳しく見る
リットン美術館館長の女性。リットン家が美術館を管理運営していたが赤字経営が続いていた。美術館理事のエドワード・リットンは、美術館を売ろうとしていたため、役に立たない警備員ミルトン・シェイファーをそそのかし、美術館に盗みに入らせると殺害。そのうえでエドワードも殺害すると、同士討ちで死亡したように偽装した。

若い時から美術館の責任を任されていたようで、恋愛にはうつつを抜かさなかったと語る。館内の展示品は、中世(476年~1453年)ルネッサンス(1300年~1600年)の美術品が多い様子。冒頭では見物客に、11世紀ウィリアム王の斧の説明をしていた。

館内にはイヤホン付きのテープを貸し出しており、詳しい説明を聞くことができるようだ。美術館は赤字経営であり、常日頃から電気を消灯するなど倹約に努めている。

古風な礼儀作法を大切にしている。そのためなのか? 新しい薬は嫌いで、風邪をひいたさいにはカミツレ茶を飲んで対処しているとのこと。読書家でもあり、詩人「ビクトル・ユーゴー」や「オスカー・ワイルド」の名言を心境に合わせて話した。

美術館内の一室にお気に入りの部屋があり、自身の肖像画が飾られている。辛いことがあると、よく1人になりに来るそうである。肖像画はピーター・ブランドと結婚した時の絵であるが、姉が結婚相手と駆け落ちするという、コロンボ警部も思わずお茶を吹き出してしまう衝撃の過去がある。


エドワード・リットン

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「黄金のバックル」より引用】

今回の被害者:エドワード・リットン(ティム・オコーナー)

吹き替え声優:加藤和夫(かとう かずお)

職業:美術館理事

概要:詳しく見る
リットン美術館理事である男性。ルースの弟で、赤字経営の美術館を売ってしまう計画を立てていた。そのため、2日間泊りがけで目録整理と決算報告をまとめている。美術館を手放すことで、500~600万ドルは手に入るようだ。(1976年11月1ドル=295円 500万~600万ドル=14億7500万円~17億7000万円)

扉をノックせず部屋に入り、ルースから注意された際には、「古風な礼儀作法にはこだわらないんだよ」と話している。美術館の管理はしっかりとしており、展示品3点が盗まれていることをルースに注意する。美術品を買い込むことよりも盗難に注意するようにと、言葉を返した。


ミルトン・シェイファー

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「黄金のバックル」より引用】

今回の被害者:ミルトン・シェイファー(ピーター・S・フェーブルマン)

吹き替え声優:樋浦勉(ひうら べん)

職業:警備員

概要:詳しく見る
リットン美術館警備員の男性。ルースの姪ジェイ二ーが人事担当をしており、交際相手の兄弟ということで、安月給ではあるが警備員の仕事を請け負った。展示品を3点盗んでいたり、館内に火のついたタバコを捨てるなどおおよそ警備員としては素質に欠けている。

子供の時から事件を起こしては、医者である兄に後始末をしてもらうなど素行が悪い。ギャンブル中毒でもあり借金もある。2人組の借金取りに追われていたりしていたとのこと。過去に軍隊にいたようで銃が扱えるようだ。

ルースの提案による美術品盗難に見せかける計画は、10万ドルで了承している。犯行日には前金の3000ドルで、美容院で散髪し、爪にマニキュアを塗ってもらう。腕時計と新しい靴と服まで買った。周囲にはカリブ海に行くと言いふらしているなど、とてもこれから泥棒しに行くとは思えない行動力である。(1976年11月:1ドル=295円 10万ドル=2億9500万円)

一応、靴の上にゴム底を履いておくなどの配慮はしていた。展示品はすべてルースに渡す計画だったのだが、宝石があしらわれたペンダントをくすねようとした。

犯行計画/トリック

【泥棒と相討ちになったように見せ殺害】

①警備員ミルトンに、報酬を見返りに美術館の展示品盗むように指示する。展示品には多額の保険金がかかっておりそれが狙いであると説明。

②21:00過ぎ、ミルトンは兄に電話を掛ける。留守電に襲われているような嘘のやりとりをして、銃の発砲音を聞かせた。これで21時が死亡時刻に仕立て上げた。ミルトンは美術館に侵入して展示品を鞄の中に詰めていく。そこへルースがやって来て、名前を呼び振り向かせたところを射殺した。

③美術館内で目録整理をしていたエドワードが、物音に気が付きやってきたところを射殺する。ミルトンとエドワードの銃を持ち変えさせることで、お互いが発砲して相討ちになったように見せた。

④その後、ミルトンが乗ってきた車をパンクさせ、トランクから旅行鞄を取り出し始末した。※ミルトンが車に戻ろうとしたが、タイヤがパンクしており恐怖心にかられた。美術館内に戻り、兄に電話を掛けている最中に、エドワードと相討ちになった筋書きを完成させた。

⑤翌日、ミルトンの兄が警察に連絡をする。ルースとジェニファーが館内で2人の遺体を発見した。

推理と捜査(第2幕まで)

ネタバレ注意!
○現場の電気は消えていた。犯行時刻は21時過ぎとされるが、その時刻になると美術館内は真っ暗で何も見えない。犯行後に誰かが館内の電気を消したようだ。

○盗みに入ったとされる警備員ミルトンは、盗んだ展示品を鞄の中に入れていた。鞄の中には十分に空きがあったのにもかからわず、ペンダント1個だけをコートのポケットに入れていた。誰かに展示品は渡す予定であったが、ペンダントだけはくすねようとしたのではないか。

○ミルトンは、新品の靴を履き、新品の服を来ていた。犯行前には腕時計を購入し、散髪や爪にはマニキュアまでしている。ポケットにはメモがあり、「0時に2度回す」と書かれていた。それは時計の日付を合わせるために書いたものであった。ミルトンの時計の日付は正確にあっており、犯行時刻は21時ではなく、0時過ぎのようだ。

○腕に虫刺されのような跡があった。それは予防注射の跡であり、ミルトンは外国へ旅行するつもりだったらしい。

○ルースの姪ジェニーの部屋に盗難にあったとされる、「黄金のバックル」が発見された。それをジェニーに見せたが、灰皿に使ったり価値が分らなかった。これは彼女が盗んだものではない。

三幕構成

黄金のバックル 三幕構成

小ネタ・補足

〇犯人演じる「ジェイス・ヴァン・パタン」は、27話「逆転の構図」の救済施設に登場したシスター役を演じていた。

〇コロンボ警部が美容院で散髪している。計25ドル=7375円である。

まとめ

舞台設定が好きなエピソードです。美術館という暗いムードが犯人の過去を引き立ててくれます。『小説家になろう』でコロンボナビと銘打ってエピソードの感想を書かれている方がおられるのですが、非常に勉強になりました。

明かりを消してしまったのはうっかりとはいえ、電話によるアリバイ作りといい、「黄金のバックル」を使って姪を犯人に仕立てる方法といい、むしろ捕まりたがっているとしか思えない。いや、捕まりたがっていると考えるのが最も妥当なのだ。つまりこうだ。過去の経緯をコロンボに漏らしたうえで、姪に罪を被せるひと芝居を打ち、最後のやり取りを演出したのだ。コロンボナビ『黄金のバックル』より引用

長年守ってきた美術館を守るための犯行だと思っておりましたが、コロンボナビでは美術館という牢獄から抜け出したかったのだと綴られております。コロンボ警部にエスコートされて犯人が退場する場面は印象に残っていますが、そうなるとラストの場面もまた違った印象に見えますね。

以上、39話「黄金のバックル」でした。