刑事コロンボ

刑事コロンボ 26話『自縛の紐』理詰めの決め手

【VS.健康クラブオーナー】コロンボ警部を怒らせた犯人の登場です。コロンボ警部を怒らせたエピソードと言えば、早く解決をしなければ被害者が増えてしまう『溶ける糸』がありました。この犯人もまた、夫人が精神的に追い詰められ死にそうになる。 ...
刑事コロンボ

刑事コロンボ 25話『権力の墓穴』コロンボの上司が犯人として登場

【VS.市警察本部次長】コロンボの直属の上司にあたる人物が犯人として登場します。脚本家はピーター・S・フィッシャーであり、制作総指揮をするローランド・キビ―&ディーン・ハーグローヴが「コロンボの上司が犯人だったら?」という、お題の提示によっ...
刑事コロンボ

刑事コロンボ 24話『白鳥の歌』カントリーミュージック界の大御所が犯人として登場

【VS.ミュージシャン】犯人視点から進む『倒叙形式』で面白いのが、大物を起用できるということです。通常の推理ミステリーだと、有名人が登場すると、その人が犯人である可能性が高いです。それを避けるためパッとでの人物を犯人にされたら「誰だお前」状...
刑事コロンボ

刑事コロンボ 23話『愛情の計算』近未来を思わせるSF的舞台! 殺害方法はアナログです

【VS.シンクタンク所長】コロンボのエピソードでもひときわ異彩を放っている作品なんですね。なんとロボットが登場して、犯人はそれを殺人に利用をするのです! この放送年代あたりだと、他作品でも何かとロボットが登場することがあるようで、コロンボに...
刑事コロンボ

刑事コロンボ 22話『第三の終章』複雑に入り組んだ殺人計画を演出でカバー

【VS.出版社社長】メインとしている人物を共犯者が殺害。その間に自身の鉄壁のアリバイを作り上げる。そのうえで邪魔になった共犯者を葬り罪を擦り付ける。おおよそ抜かりのない殺人計画になっています。 後のコロンボを支える「ピーター・S・フィ...
刑事コロンボ

刑事コロンボ 21話『意識の下の映像』サブリミナル効果を駆使した斬新なトリック

【VS.心理学者】なぜ犯人は狙って被害者を部屋から出すことができたのか? このトリックが斬新です。犯人は心理学の権威でもあり、人間の意識調査を研究するプロフェッショナルだけあります。 犯人役としては、3回目のロバート・カルプさんの登場...
刑事コロンボ

刑事コロンボ 20話『野望の果て』慌ただしい選挙戦中の殺人

【VS.上院議員候補者】第3シーズンに入り、ドラマ性の高いエピソードが2話続きました。今作は犯人と刑事による対決が重点が傾いております。何といってもコロンボ警部が犯人を追い詰める手数の多さが魅力的! 脚本家が5人体制であり、各々のアイ...
刑事コロンボ

刑事コロンボ 19話『別れのワイン』全生涯をワインに捧げた男の犯罪

【VS.ワイン製造会社の経営者】ドラマ性の高い作品で、ファンによる投票でも1位を獲得したエピソードです。殺人を犯すに至った「人生」を理解し、共感し得る犯人像があります。 いかに被害者に同情をさせないストーリー展開にするかが上手い脚本な...
刑事コロンボ

刑事コロンボ 18話『毒のある花』奇跡のシワ取りクリーム! ご利用と殺人も計画的に

【VS.化粧品会社社長】シーズン3の開幕エピソードです。女性と男性のどろどろとした愛憎劇になっているんですね。犯人ビベカ・スコットは若い男性に手を出しまくっており、被害者は過去に捨てられた男性です。 刑事と犯人の直接対決感というよりは...
刑事コロンボ

刑事コロンボ 17話『二つの顔』どっちが犯人?

【VS.双子の兄弟】犯人が最初から分かっている状態で進むのが「倒叙形式」です。しかし、このエピソードは途中で倒叙からミステリーに変貌を遂げます。双子の兄弟のどちらが殺人を犯したのかに焦点が当たるんですね。シーズン2の最終作品、倒叙で犯人当て...