刑事コロンボ 第26話「自縛の紐」理詰めの決め手。犯人のアリバイ工作は逃れられない証拠に

スポンサーリンク

【VS.健康クラブオーナー】コロンボ警部を怒らせた犯人の登場です。コロンボ警部を怒らせたエピソードは「溶ける糸」がありますが、そちらは犯人に証拠を出させるために”狙った”怒り表現であります。しかし、今回はコロンボが感情をあらわにし怒りをぶちまけます。

犯人と刑事の1対1の対決が感じられるエピソードでもあります。

スポンサーリンク

ココが見どころ‼

〇犯人は元レスリング選手?被害者との間を詰める時に魅せる鮮やかなタックル。

〇PCの検索時間が待てずにソワソワするコロンボ

〇コロンボ激怒!

〇犯人から見つからないように、背中越しに靴に入った砂を庭に撒くコロンボ。

データ

データ:詳しく見る
脚本:ピーター・S・フィッシャー

原案:ラリー・コーエン

監督:バーナード・コワルスキー

制作:エドワード・K・ドッズ

制作総指揮:ローランド・キビ―&ディーン・ハーグローヴ

音楽:ディック・デ・ベネディクティス

本編時間:98分

公開日:アメリカ/1974年9月15日 日本/1975年12月27日

あらすじ+人物相関図

ロサンゼルスを拠点している健康クラブのオーナーであるマイロ・ジェナスは、各地に健康クラブのチェーン店を展開していた。しかし、実態は元詐欺師であるバディ・キャッスルを部下にして、詐欺まがいの方法で多額の利益を上げていたのだった。

マイロは健康クラブの他に、ひそかにスポーツ用具やサプリメントを製造する会社も経営しており、それを傘下の健康クラブへ不当な高値で買い取らせていたのだ。それを、クラブの支店長であり元国防相監査役であったジーン・スタッフォードに見抜かれてしまう。

ジーンは不正の証拠を掴むと、詐欺にあった人々を集めて大々的にマイロを告訴するという。発覚を恐れたマイロは、ジーンを鉄パイプで絞殺する。遺体をトレーニングウェアに着替えさせて首にバーベルを落とした。

自宅での映画鑑賞会では、電話の録音機を使いジーンが生きているように偽装したうえで、自身の鉄壁のアリバイを作った。後日、ジーンはトレーニング中に誤ってバーベルが首に落下して事故死したという筋書きが完成したのだった。

人物紹介

今回の犯人:マイロ・ジャナスロバート・コンラッド

吹き替え声優:日下武史(くさか たかし)

職業:健康クラブオーナー

殺害方法:窒息死(鉄の棒で首を絞める)

動機:不正を知られたため

概要:詳しく見る
概要:ロサンゼルスを拠点に、各地へチェーン店を展開している「マイロ・ジャナス健康クラブ」創業者。スポーツ用品店やサプリメント会社も経営しており、実態はチェーン店に自社の製品を不当な高値(通常の6倍など)で買い取らせて莫大な利益を得ていた。

「MJ:サプリメント製造」「グリーン・イーグル:運動具製造」「センチュリー事務用品」「ポーリン・ブルック旅行者:収益金を海外へ運び出すトンネル会社」と分かる範囲で4つの会社を経営している。

あと8ヶ月したらイタリアへ国外逃亡するつもりだったようで、アドリア海の別荘で200万のスイスフランを抱いて寝る構想をたてていた。53歳という年齢であるが、日々の鍛練は怠らず。煙草とコーヒー寿命を縮めると豪語しているが、ワインは少しは飲む様子。

日々のトレーニングは朝から始まる。海での水泳20分間→腕立て伏せ10回→浜辺から自宅まで走り込み→自宅プールで汗を飛ばし→パンチングマシン→なわとび30回→シャドーボクシング→朝食が一連の流れである。朝食はサプリメント3粒。無添加ニンジンジュースである。ニンジンジュースに関してはオフィスの冷蔵庫にも入っておりいつでも飲めるようにしている。

著書として「若さと健康を保つ方法」などを出版しており、単なる詐欺師とは違いしっかりとした理論をもっている。また、CMでの宣伝も行っており、「30日若返り法」というクラブのコースが存在しコロンボ警部もマイロとの会話作りのために参加していた。

元レスリング選手だったのか?オフィスにはレスリングのトロフィーが飾られている。ジーン・スタッフォードを殺害しようとするときに、間を詰めるために繰り出す鮮やかなタックルは必見です。

※1スイスフラン=99円 200万スイスフラン=1億9千800万円
※バーベル上げの限界は240ポンド=108㎏


今回の被害者:ジーン・スタッフォード(フィリップ・ブランズ)

吹き替え声優:雨森雅司(あめのもり まさし)

職業:健康クラブ支店長

概要:詳しく見る
概要:18年間国防省の監査役を勤め、現在はチャットワース健康クラブの支店長をしている男性。元監査役の目は節穴ではなく、マイロ・ジャナスが行っている不正について見抜く。詐欺まがいの行為に引っかかった人々を集め、大々的にマイロを告発する準備を進めていた。

自身で調査を進め、トライコン工業の監査役時代の知り合い、会社法専門のルイス・レイシ―にも調査依頼をしていた。ルイスには良く面倒を掛けていたようで、会社をクビになった彼に仕事を回してあげるなど面倒見が良い性格であった様子。

会社法専門であるルイスは不審な金銭の動きは突き詰めるも、マイロの会社は合法スレスレの経営であり詐欺としては立証できず。不透明な金の動きをしているトンネル会社を探し出すことで詐欺として立証できると嘆く。しかし、ジーンはイギリスにある「ポーリンブルック旅行社」がトンネル会社であることを突きとめたのだった。彼に言わせると、「見つけたのはほんの偶然だが臭いでわかる」と語っている。

健康クラブの店長ではあるものの、自身はそれほど健康には気を遣っていないのか、コーヒーをがぶ飲みして中華料理を爆食いした。しかし、クラブのロッカーには自身のスポーツウェアと靴も持っており、クラブの指導員によると床が汚れないようにと靴は必ず専用の物に履き替えているらしい。このことから、マイロの不正を発見したことで、健康よりも不正を暴くエネルギー確保に移ったのかも知れない。

妻であるルース・スタッフォードとは9月から別居している。息子”ロビー”を無事に大学まで出してら別居した様子。マイロ・ジャナスとは2~3ヶ月前に知り合った。

出前で頼んだ中華料理は、「かに玉、春巻き、豚の唐揚げ、五目チャーハン」と召し上がっている。バーベル上げの限界は160ポンド= 約72㎏

犯行計画

①秘書ジェシカ・コンロイや部下バディ・キャッスルを自宅での映画鑑賞会に誘う。

②ジーン・スタッフォードと秘書ジェシカ・コンロイの電話のやり取りを録音したテープを切り取る。自宅の再生機に繋ぎあわせ、ジーンの声を再生できるようにする。

③健康クラブにマスターキーで侵入。仕事をするジーンを鉄の棒を使い窒息死させる。

④遺体をスポーツウェアに着替えさせて、首の上にバーベルを乗せる。

⑤マイロ・ジャナスは自宅に戻り、秘書や部下と映画鑑賞会を始める。マイロは書斎の電話から、リビングにある電話に連絡をかける。

⑥リビングの電話には秘書が応答する。再生機でジーンの声を呼び出す。秘書はマイロへ電話を代わる。

⑦マイロは電話で嘘のやり取りをして、ジーンは仕事のあとにトレーニングするようだとでっちあげる。

⑧次の日の朝、クラブの職員が遺体を発見する。トレーニング中にバーベルを首の上に落としてしまった事故死という筋書きを完成させた。

コロンボの疑問点

ネタバレ注意!
○トレーニング室の床にこげ茶色の靴の跡があり、ジーン・スタッフォードだけがこげ茶色の靴を履いていた。その靴の跡は、走っている最中に急に立ちどまるか、もみあうとか取っ組みあうかしないとつかない跡である。

○ジーンは出前の中華料理を食べていた。トレーニング直前に腹一杯食べるのは変である。

○マイロの自宅に初めて秘書であるジェシカ・コンロイは行った。そこにジーンからの電話がかかってきたが、いつもと変わらない調子であった。シーンはなぜ、初めているはずのジェシカが電話で出たのに驚かなかったのか。

○ジーンが持ち上げたとされるバーベルは240ポンド。しかし彼は160ポンドしかあげたことはなかった。マイロは250ポンドまであげられる。

○ロッカーにあったスタッフォードの靴の紐は結んだままだった。なぜ結んだまま脱いだのか。

○コロンボがマイロの自宅に訪れた時に電話のランプが切れていた。しかし、事件当日はランプはついていたとジェシカは証言する。

○マイロのオフィスには電話の録音機があり、電話の内容を再生することが出来る。調べてみると、不自然にテープが切った跡は見つかった。

○マイロは、事件当日にパサデナに行ったが店は閉まっていたという。しかし店は閉まっていなかった。

三幕構成

まとめ

98分間は長いと感じました。コロンボの会話や行動で尺を伸ばせねばならず、親戚やカミさんの話が多くあります。また、バディー・キャッスルと会話をするシーンがあるのですが、特に本編の捜査とは関係のなく繋がりもありません。

ただ、コロンボ警部の捜査方針は「足で稼ぐ」であり、寄り道しながら核心に迫っていくといストーリー展開になっています。一見関係のない場面でも、最後に気づきに変わったりもする。間が伸びる場面でもピーター・フォーク氏の演技によりコメディーのように見れます。

以上、26話「自縛の紐」でした。