刑事コロンボ 11話「悪の温室」ウィルソン刑事の登場!

【vs.蘭の収集家】好きなエピソードです。殺人事件が発生する前にコロンボ警部と犯人が接触したり、丘の下へコロンボ警部が転げ落ちる数少ないアクションシーン。超絶カッコいいBGM……なんといってもフレデリック・ウィルソン刑事の魅力が良いです。

他のエピソードでも名前のある刑事は出ておりますが、ウィルソン刑事ほど優遇されている人物はおりません。ウィルソン刑事も最初はコロンボのことを侮っていますが今事件を解決後、続く36話「魔術師の幻想」では神格化しています。シャーロック・ホームズとワトソン博士のような良き子弟コンビみたいです。

有能な刑事で70点ぐらいの推理を披露して良い線行ってるんだけど、最後に主人公刑事が100点満点の推理を披露して良いところをぶんどっていく流れは、決して主役にはなれないけれども、縁の下で支える感じがして好きなんです。

スポンサーリンク

ココが見どころ‼

〇コロンボ警部は主任のリッチーから署の伝説的英雄とまで言われている。

〇丘の下へ転げ落ちる、コロンボ警部の大アクションシーン

〇殺人事件が発生する前に犯人と対峙。コロンボ警部が捜査をはじめる。

〇カッコいいジャズBGM

〇最先端の捜査が得意なフレデリック・ウィルソン刑事の初登場

データ

データ:詳しく見る
脚本:ジョナサン・ラティーマ

監督:ボリス・セイガル

制作::ディーン・ハーグローグ

ストーリー監修:ジャクスン・ギリス

音楽:オリヴァー・ネルソン

本編時間:74分

公開日:アメリカ/1972年10月15日 日本/1974年5月4日

あらすじ+人物相関図

蘭の収集家であるジャービス・グッドウィンは、甥のトニー・グッドウィンから何とかして、資産家であった亡き兄の財産を引き出すことができないかと相談を受ける。なぜなら、信託財産として銀行が管理しており、トニーも自由に金を引き出すことができない状況にあったからだ。

ジャービスは狂言誘拐を計画して、トニーが共犯となり誘拐されたように見せかける。身代金として引き出すことに成功した信託財産を2人は手に入れることができた。トニーは計画通りに進んだと喜んでいたが、ジャービスは計画の第3段階と称し彼を射殺。身代金をまんまと独占したのだった。

人物紹介

今回の犯人:ジャービス・グッドウィンレイ・ミランド

吹き替え声優:臼井正明(うすい まさあき)

追加吹き替え:小林修(こばやし おさむ)

職業:蘭収集家

殺害方法:射殺(32口径の拳銃)

動機:財産の独占。邪魔なキャシーの追放

概要:詳しく見る
概要:アメリカでは最高のコレクションと自称する蘭の収集家。モスオーキッドという種類の相場は1200ドルとのこと。(1973年10月ドル=301円 1200ドル=36万1千2百円)

手入れに関しても行き届いており、コロンボが持ち込んだ枯れかけのアフリカバイオレッドを見事に復活させてみせた。「こんなのは君。手をかけてやるにも価しないな。ゴミ箱に捨ててしまうのが1番簡単だろう」と酷評したのだが、ちゃんと面倒を見るあたりツンデレである。


今回の被害者&共犯:トニー・グッドウィンブラッドフォード・デイルマン

吹き替え声優:山田康雄(やまだ やすお)

職業:資産家の弟

動機:信託財産を引き出す

概要:詳しく見る
概要:ジャービス曰く「水の毛ほども価値もないのだ。悪妻の尻に敷かれたダメな奴で人間の屑だ。もし私のただ1人の身内でなかったなら犯人に好きなように始末しろと言うところだ」の言葉通りジャービスから始末されてしまう。

なぜ急に信託財産を引き出す必要が出てきたのかは、妻と不倫関係にある男の縁を切らせる為である。ケン・ニコルズから5万ドルを支払えばキャシーとは別れると言われ、今回の事件の動機が誕生してしまったのだ。(5万ドル=1千5百5万円)

自身もグロリア・ウエストと不倫はしているが、肉体関係は無かった。妻へ言えない愚痴を告げているあたり、心から言い合える親友的なポジションであったのだ。

犯行計画

ジャービスとトニーは共謀し偽装誘拐を計画。信託財産はトニーの身に緊急事態が起こった際には引き出せるため、身代金として財産を引き出す狙いであった。

①キャシーはトニーの誘拐を知らせる電話を受ける。

②ジャービスとトニーは両方車を出して丘の上へ移動。トニーの車の運転席へ発砲。丘下へ落とし車を落とし連れ去られたように見せかける。

③ジャービスは身代金を運び、覆面を被ったトニーが受け取る。その後、隠れ家でトニーを射殺し身代金を独占した。

コロンボの疑問点

ネタバレ注意!
〇運転席のシートに弾痕があるが、角度的に運転手のトニーに命中するが血痕はなかった。

〇丘の道路にはタイヤ痕は2台残っていた。トニーの車はスポーツカーで速度が出る。誘拐犯の車は大型でトニーの車には追い付けないはず。

〇車のライトは消灯しており、ギアはニュートラルになっていた。わざわざそんなことをする必要はない。

〇身代金の受け渡し場所が丘の上と、見晴らしが良すぎる。どうしてこんな場所を選んだのか?

〇なぜ、誘拐犯は身代金の運ぶ役目を、キャシーではなくジャービスにしたのか?キャシーが金遣いが荒く蒸発してしまうことを知っていた人物の可能性がある。


早い段階で偽装誘拐の荒を発見しております。殺人実行前にはジャービスはトニーをよく思っていない「どうしようもないクズ」とコロンボに言っていますし、殺害実行後には証拠が多く残る誘拐に「わざとらしさが目立つ」とコロンボも犯人に告げています。

そうなると殺人を未然に防げたのではないかと思っていますがどうなんでしょうか?どこら辺で犯人と確信したのだろうか……。

ただコロンボは殺人課であり、殺人が発生しなければ実質的な捜査権はありません。また偽装誘拐事件も「警察には知らせるな」と封書が届くようにしていました。そのため、表立って行動ができませんでした。

コロンボが丘下の車を発見した日に身代金の受け渡しが行われたので、まだ鑑識による検証作業が済んでおらず、確固たる確信をもてなかった可能性も考えられます。

三幕構成

まとめ

ストッキングを被るトニー

古畑任三郎にも影響を与えているエピソードです。例えばウィルソン刑事の礼節的な態度は、西園寺くんを思い浮かべます。また、トニーが覆面として被るストッキングは、古畑任三郎 第3話「笑える死体」へインスパイアされたのではないでしょうか?

他のコロンボエピソードより派手さはないものの、魅力的な構成は大好きなエピソードです。

以上、第11話「悪の温室」でした。