刑事コロンボ 60話「初夜に消えた花嫁」マクベイン原作第1弾

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「初夜に消えた花嫁」より引用】

【VS.????】精神異常者、変態性欲者等の起こす事件。いわゆる、サイコ・サスペンスになっています。『刑事コロンボ完全捜査ブック』によると、エド・マクベインの≪87分署≫シリーズの1作『命果てるまで』が原作で、それを映像化したエピソードになるようです。

コロンボや警察組織が躍動し、捜査線上に1人の人物が浮かび上がる。正体不明(顔は映ってる)だった犯人に徐々に近づいていく。コロンボといえば、犯人視点で進む倒叙形式が魅力です。この作品に関しては、コロンボ警部が別の作品にゲスト出演したかのような感覚になりました。

スポンサーリンク

ココが見どころ‼

〇エド・マクベインの≪87分署≫シリーズの1作『命果てるまで』を刑事コロンボで映像化。

〇時折画面に時刻が表示される。捜査状況と時刻の様子が非常にわかりやすい。

〇正体不明だった犯人。コロンボや警察組織が躍動し、徐々にだが確実に迫る捜査。

データ

データ:詳しく見る
脚本:ロバート・ヴァン・スコイク

原作:エド・マクベイン

監督&共同制作指揮:アラン・J・レヴィ

制作:クリストファー・セイター

制作総指揮:ピーター・フォーク

音楽:パトリック・ウィリアムズ

本編時間:91分

公開日:アメリカ/1992年3月15日 日本/1997年4月4日

あらすじ+人物相関図

モデルであるメリッサ・アレキサンドラ・ヘイズは、コロンボの甥で警察官のアンディ・パーマと結婚をした。今日はその関係者を招ての、大々的な結婚式を行っていたのだ。華やかな音楽に、幸せな夫婦。誰もが2人の幸せを喜んでいたのだった。

式も終わりに近づき、新婚のメリッサとアンディは一足先に部屋に戻る。彼女はアンディに「シャワーを浴びてくれば?」と勧めた。アンディは、鼻歌交じりに浴室でシャワーを浴びた。すぐに部屋に戻ると、そこにはメリッサの姿はなかった。

アンディが部屋を見渡すと、片方だけ脱げた靴。麻酔薬が染み込んだ綿を見つけた。メリッサは何者かに誘拐されたと判断し、このことを叔父のコロンボへ連絡した。コロンボは現場の状況を整理していき、部屋から近くにある非常階段を調べた。そこには、もう1足の靴を見つけたのだった。

非常階段の先には、ホテルの裏口に出る通路があり、不審な車両が出入りしていたことを掴むと、コロンボから正式に誘拐事件として判断が下されたのだった。動機は身代金か?夫婦に恨みをもつ犯人の犯行か?同時刻、とある場所に監禁されていたメリッサにある男が忍び寄っていた。

人物紹介

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「初夜に消えた花嫁」より引用】

ネタバレ注意!
今回の犯人:ルディ・ストラッサ(ダニエル・マクドナルド)

吹き替え声優:谷口節(たにぐち たかし)

職業:救急隊員

犯行:誘拐

動機:一目惚れした女性を誘拐し共に自殺を図るため。

概要:30代になる救急隊員の男性。父親と母親は、彼が8歳の時に死亡している。医者であった父は、日常的に母に対してDVを行っていた。ある晩、父はメスを使用して妻のノドを切り殺害した。そして、自身のノドも切り裂き自殺をする。その現場を目撃するというショッキングな過去をもつ。

その後は勉学に励み、ラムゼイ大学を卒業。医学部へ進んだ。卒業アルバムに寄せられた、同級生のコメントを見ると「解剖しそうな奴」と評価されている。卒業記念の指輪は、現在も左手の指に装着している。

メリッサの監禁場所は、自宅の一室である。窓は2重ガラスで、遮音性の高い防音タイプを使用。また、黒い塗料で外を見えなくしていた。モデルである彼女を気遣い、ダイエットフードを手作りするなど、料理が得意な面も見られる。彼女の声と、乱れた髪が好きなようだ。

自身は紅茶を好むようで、クッキーと共に飲んでいた。また、ルディ・ストラッサという名前だが、正式には「ルドルフ・アーノルド・ストラッサ」である。


【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「初夜に消えた花嫁」より引用】

今回の被害者:メリッサ・アレキサンドラ・ヘイズジョアンナ・ゴーイング

吹き替え声優:佐々木優子(ささき ゆうこ)

職業:モデル

概要:詳しく見る
概要:コロンボの甥である、アンディ・パーマと結婚したモデル歴1年半の女性。モデルになった経緯は去年の夏である。写真家アレックス・ヴァレックが、マリブでファッション用の撮影をしていた。メリッサが友人たち海に来ているのを偶然見かけ、プロのモデルよりも輝いており思わず息を飲んだとのこと。撮った写真を事務所に見せたら1発で決まり、たちまちトップモデルになった。

アンディとの付き合いの経緯は不明であるが、結婚式の企画に関しては全て彼女自身のアイディアである。盛大なパーティを開いたようで、シアトルにショッピングモールを建てられるくらいの総額になった様子。資産家の父シェルドン・ヘイズが全額支払った。

シェルドンに関しては、ショッピングモールを8つ。シアトルには不動産を多数もつ大富豪だ。彼は医者にしたかったようだが、途中からモデルに転身した彼女を咎めようとはしなかった。パーティ資金こそ父が支払ったものの、メリッサは父に頼らず貯金をはたいて家を購入している。

母はルイ―ズで病弱らしい。お説教が多かったようで「お酢はサビを溶かす。お酢にはあれにもこれにも効く」という言葉が役に立ち、監禁場所となったサビ付いた扉を開けるに至った。

メリッサの名付け親はシェルドンの友人である、会計士ネイザン・スマイス、その妻レベッカである。モデルとしての仕事は、表紙のモデルになったり、CMにも出演しているようだ。

犯行計画

【メリッサを誘拐し自宅で結婚式を開く。そして、母親が結婚した時刻15:45に殺害する】

★映像描写無し

①★結婚式のパンフレットを見て、開催日時を把握する。結婚式の日、勤務先の病院から救急車を勝手に運転して、式場となるホテルの裏に22:00に駐車する。そして、結婚パーティに参加をして、メリッサの動向を探る。

②★22:40~結婚式が終わり、メリッサとアンディはホテルのスイートルーム(1738号室)に戻る。扉越しに聞き耳を立て、アンディがシャワーを浴びることを知り、中に侵入する。メリッサをメスで脅し、綿に染み込ませたクロロホルムで気絶させる。

③★メリッサを抱え、非常階段から裏口へ出る。駐車していた救急車に彼女を乗せ、23:30にはホテルを出る。自宅に運びだし、ロープで縛った。

④自宅では、結婚用の部屋を準備している。挙式を開き、母親が結婚した時刻である15:45に合わせ、メリッサを殺害する。

コロンボの疑問点

推理と捜査
○部屋にはクロロホルムを染み込ませた綿があった。メリッサは、シャワーを浴びるようアンディに促している。誘拐犯は扉の外にいて、メリッサが1人の状況と知り侵入したようだ。女性を抱えて移動するには、近くの非常階段を使うはず。そこには、もう1足のメリッサの靴があった。

○ホテルの裏にある調理場で、掃除人ビル・ベリーが不審な車を見つけた。配達車は頭から入るのに、その車だけはバックで入ってきた。白い色の、窓が2つある車だった。

○かつてアンディは、ビリーとアルバートの兄弟に襲われた。拳銃を奪われそうになり、ビリーを射殺している。アルバートはアンディに復讐を誓っていた。また、誘拐犯は招待客の中に紛れ込んでいた可能性が高い。

○カメラマンであるアレックス・ヴァレックが撮った招待客の写真と、名簿リストに印をつけていく。警官/友人/モデル/編集者/メイク/部屋係/親戚/知人を照らし合わせていき、独身者と身元不明の男4人と女3人に絞り込んだ。残りは15名であり、同伴者も調べさせた。

○情報屋の話しによると、アルバートはバークレイホテルに、フラフラの女性を連れ込んでいた。ホテルに行くと、女性は麻薬中毒者であり、アルバートは誘拐事件に無関係であった。

○身元不明の15名の内、9人の身元が分かった。また6人はパートナー連れであった。残った写真の人物が犯人である。その男性はブロンドヘアーで、指紋は残っていたが前歴はなかった。

○コロンボは、車の目撃者であるビルに、もっと詳しく車を思い出してもらうために、「白いバン」の載ったカタログを、自動車店から集めさせた。また、カメラマンのアレックスが、自分自身を撮ってもらった写真を見ていないことに気が付き回収した。アレックスを撮った写真には、誘拐犯が写っており指輪が確認できた。拡大してみると、ラムゼイ大学の出身であった。

○アンディたちは、ラムゼイ大学の卒業アルバムを調べると、誘拐犯はルディ・ストラッサという名前で、医学部へ進んだことを知った。また、コロンボはビルに白いバンのカタログを見せていくと、似た特徴の車は救急車であった。

○コロンボたちは病院に、ルディ・ストラッサが勤務していないかを電話で聞いていった。ある病院で、ルディは救急車を勝手に運転したため、クビにしていたことがわかった。その病院から、彼の自宅を教えてもらった。

三幕構成

まとめ

≪倒叙=コロンボ≫という、ルールを破ったエピソード。従来のコロンボファンを幻滅させるに繋がった作品とも酷評されています。これで新シリーズの評価が下がった要因にも繋がったのではないでしょうか?昔からのファンの言葉というものは影響がありますので

ファンがコロンボに期待していたのは、犯人VS刑事という倒叙ならではのやりとりです。今回のようなスピード感やアクション要素のあるサスペンスは求めてはいなかったのでしょう。コロンボだからこその……『何か』を期待したはずです。

わたしは『別物として見る』ことにしています。アニメの実写映画化に反対する方も多くいますが『別物・別腹』の考えでみれば、そこまで気にならなくなります。今回の作品も「コロンボ警部が別のシナリオにゲスト出演しているみたい!」と初見では感じました。

徐々に正体不明だった犯人に迫る捜査、警察組織が躍動する様子はよかったです。原作は読んでいないのですが、本編とは違う箇所が多いみたいです。例えば、犯人の過去。ラストの結末。コロンボが担当していた捜査パートは、別々に刑事の出番があるなど……。

以上、「初夜に消えた花嫁」でした。