刑事コロンボ 59話『大当たりの死』幸運な被害者?

新・刑事コロンボ 59話 大当たりの死

【VS.宝石商】コロンボ史上、もっとも可哀そうな被害者とはだれか?理不尽な動機によって殺される被害者、脅しをかけて逆にやられる。地位を蹴落としたり、犯罪を暴露すると言われ殺害される。地獄の沙汰も金次第。今回は、宝くじを当ててしまったことにより殺されてしまいます

さらに、離婚しようとしている妻は、実は自分の叔父と不倫関係にあったりと、踏んだり蹴ったりです。そんな、可愛そうな被害者が登場するエピソードです。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく表示する
脚本:ジェフリー・ブルーム

監督:ヴィンセント・マケヴィティ

制作:クリストファー・セイター

制作総指揮:ピーター・フォーク

音楽:スティーヴ・ドーフ

本編時間:96分

公開日:アメリカ/1991年12月15日 日本/1995年12月1日

あらすじ+人物相関図

離婚協議中である貧乏カメラマンのフレディ・ブラウアーは、宝くじで3000万ドルの大当たりをした。だが離婚する前に名乗りでると、賞金の半分を妻に持っていかれてしまう。叔父で宝石商レオン・ラマ―に相談すると、自分が当選者として賞金を受け取り、その後受け渡すことを提案する。

しかし、レオンは株で多額の損失を出したばかりだった。大金を当てたレオンは時の人となり、ハロウィーンの日に合わせ自宅で大規模な仮装パーティを行った。

レオンは会場を抜け出して、フレディのいるアパートに向かう。彼をシャンパンボトルで殴って気絶させ、入浴中に頭を打って溺死したように偽装してみせた。その時、部屋に入ってきた女性がいた。フレディと離婚協議中の妻マーシーである。レオンと彼女は不倫関係にあり、共謀してアリバイを作り上げたのだった。

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

主犯今回の犯人:レオン・ラマ―リップ・トーン

吹き替え声優:坂脩(さか おさむ)

職業:宝石商

殺害方法:溺死

動機:宝くじの当選金を自身のものにするため

概要:詳しく表示する

宝石商を営む男性。大人数の従業員を抱え、会社内では宝石加工も行っていた。被害者となった甥フレディ・ブラウアーの友人によると金持ちであったらしいが、株の投資に失敗し破産状態となる。そんな時に来たのが、宝くじを当てた甥フレディだった。当選金を我が物にするべく甥を殺害する。

当選金の3000万ドルに目がくらんだが、フレディはお気に入りの甥であった。(フレディ・ブラウアーの概要を参照)葬儀の別れの言葉では、一緒に野球観戦をしたこと、ジョークに笑い転げてくれたこと話した。また、35歳の誕生日には「RS2600(ルシュール:実在しない?)」という、3000ドルする腕時計をプレゼントしていた。(1991年12月:1ドル=128円 3000ドル=38万4000千円)

宝石商としては、1674年のロシア皇帝が16歳の皇女へ贈られた宝石で、エメラルドは18カラット。プラチナ製の台は極めて精巧につくられた、神の手の持つ職人の作品があったり、シルバーアクセサリー、高級腕時計などが並べられていた。

宝くじ当選者(本当はフレディだが)として、テレビ紹介番組に出演すると、一躍時の人となり、店の前には募金を募る集団が押し寄せた。また、電話では「ペット保護協会の名誉職」「ピース(平和)を守る会」などの団体から寄付を迫られる。

さらに娘からは、スポーツカーを買いたいと電話があり「赤色なら買ってもよい」と、秘書に返事を返させた。また、ハロウィーンの日に大富豪の衣装限定の仮装パーティーを開催した。

3000万ドルという大金を入手したものの、オークション会場のシーンでは、予算は80万ドルと設定をしていた。落札額を合計すると、予算は15万ドル超過しているものの、全てを落札しようとする気はなく金銭管理はしっかりとしているようだ。

①今世紀初頭のルビー(1万ドルでパス)
②某名家の遺産:極上ダイヤ40カラットのネックレス(30万ドルで落札)
③珍しいイヤリング(65万ドルで落札:コロンボから追及され興奮。65万まで一気に上げた)
④~不明(聞き取れず:レオンもコロンボの話しに付き合うため会場を後にした)
①128万円で辞退 ②384万円で落札 ③832万円で落札

釣り好きなようだが、大金を手に入れてからはゴルフの練習もしているようだ。


共犯今回の共犯:ナンシー・エレン・ブラウアー(ジェイミー・ローズ)

吹き替え声優:勝生真沙子(かつき まさこ)

職業:?

概要:詳しく表示する
フレディ・ブラウアーと離婚協議中の女性。少なくとも、3年間は夫婦として暮らしていたが、お互いに乗り気ではなかった。離婚を言い出したのは彼女の方であるが、フレディが結婚6週間前に作った借金についての折り合いがつかず、離婚が難航中であった。

ナンシーは、フレディの叔父であるレオンと愛人関係にあった。離婚協議中のさなか、フレディが宝くじを大当たりしたことを聞き、喜んで共犯となったのであろう。そのため、離婚の最大の問題であった、債務をフレディが全額支払うという離婚書類になったのにもかかわらず、署名はせずに夫婦関係を保ったままだった。

もし、夫婦のまま当選金をフレディが受け取れば、離婚後に3000万ドルの半額を引き渡させばならないからである。おじさん好きなようで、コロンボのこともキュートな男性と語っていた。

共犯の内容としては、フレディの自宅からレオンの自宅に電話を掛けることである。電話に最初に出たのは使用人である。女性である彼女が、男性の声を出せたのかが疑問だ。パーティー会場はごった返しており、聞き取りにくかったのかもしれない。


被害者今回の被害者:フレディ・ブラウアー(ゲイリー・クロ―ガー)

吹き替え声優:池田秀一(いけだ しゅういち)

職業:カメラマン

概要:詳しく表示する
貧乏カメラマンの男性。結婚6週間前に、借金をして借りたアパートの一室をスタジオを始める。その写真ビジネスで、3年間夫婦生活を送ることができていた。しかし、マーシーからの言い出しで離婚することになる。

借金をしてスタジオを借りたからこそ夫婦で生活できた」。残りの借金を半々で債務するのが筋である。マーシーは「結婚前に作った借金は自身には関係はない」。お互いの考えのもと、離婚は難航中であった。

そんな時に、ロト6で大当たりをする。当選番号は『04/05/06/08/11/16』である。この数値は、叔父レオンから貰ったカメラのレンズ調節のピントを合わせる数値である。当たった人物は1人だけだったようで、3043万5885ドル全額当選した。(1991年12月:1ドル=128円 38億9579万3280円)

ただ、現在夫婦の状態で名乗り出ると、離婚した際に半額を引き渡さなければならない。そのため、頼れる(破産中の)叔父レオンに相談をする。レオンが当選者として名乗り出て、後から当選金を渡すというアイディアに乗っかってしまった。一応、念書書きはしていた。

レオンには非常にお世話になっており、先ほどの計画が成功すれば、10%の300万ドルを渡す約束をしていた。フレディはレオンの姉の息子であり、13歳の頃に両親を飛行機事故で亡くしていた。色々ふさぎ込んでいた、彼に援助して立ち直らせたのは、レオン叔父さんだったのだ

そんな、叔父さんに殺されるとは夢にも思わなかったであろう。レオン自身、破産の状況を包み隠さず話せば、きっとフレディは金銭援助をしてくれたに違いない。一緒に野球観戦や、叔父のジョークに大爆笑したり、高級腕時計をプレゼントしてもらったのだ……。

宝くじを当選してからは、限定スポーツカー17万5000ドルを予約購入し、ヨーロッパで引き渡すつもりだったり、シャンパン1ダース520ドルを購入している。ただ、レオンは当選金を渡さずにいたため、金銭面が危うく、叔父から貰った「RS2600」という高級腕時計を売り、レオンを悲しませないようにと、外見そっくりな偽物を身に付けていた。17万5000ドル=2千240万円

アパートでは、友人に恵まれる。詩人トリッシュ、チンパンジーを飼っているマイヤー、イタリア系の男性が好きな妻をもつ夫、ギター弾きの男性、若い女性など、フレディが亡くなった日には、彼の部屋でお別れ会を行った。彼らによるとビール好きで、1日で半ダース飲むらしい。

またレオンによると、ロールスロイスを借りて高級住宅街を見て回る。マドンナの付き添いカメラマンになったと話すなど、夢見がちな性格だったと話す。しかしコロンボに、どこの住宅を見て回ったのか?と聞かれると、即答できなかったあたり、レオンの嘘であろう

犯行計画

【宝くじを当てたフレディ・ブラウアーから、代わりに当選者として自身が当選金を受け取る。ジャンパンボトルで殴り気絶。風呂場で足を滑らせ溺死した事故死に偽装】

①フレディ・ブラウアーが宝くじを3000万ドル当選したと報告を受ける。しかし、彼は妻との離婚協議中であり、このまま当選金を受け取ると、妻に半額取られてしまう。そのため、自身が宝くじが当選したことにし、後程当選金を受け渡すと促す。2人の間で誓約書も記入した。

②当選金獲得をし数週間後、10/31日のハロウィーンの日に合わせ、自身の自宅で仮装パーティを開催する。準備中の19:00~会場を抜け出し、フレディのアパートへ向かう。

③フレディの後頭部を、シャンパングラスで殴打させ気絶。浴槽にスキンコンディショナーを入れてお湯をためる。衣類を脱がせて風呂場で溺死させた。また、腕時計を壊して、20:04で止めた。宝くじに関する、2人の誓約書を回収した。

④犯行現場に共犯のナンシーがやって来ると、レオンは自宅に戻る。彼女はフレディのアパートから、レオンの自宅に電話を掛けた。その時間は、フレディが生きているという状況が完成した。

推理と捜査(第二幕まで)

推理と捜査
〇被害者が風呂に入れた「スキン・コンディショナー」は、入浴後に使うのが正しかった。装着していた高級腕時計はレオン・ラマーがプレゼントしたという。本物なら裏面に刻印があるが、裏面に刻印がなく偽物だった。被害者は金に困って腕時計を売ったようだ。偽物の腕時計は防水加工はされていないのになぜ装着したまま入ったのか? 偽物だと知らなかった人物が怪しい。

〇被害者が撮影した写真の中に、17万5000ドルもするスポーツカーのパンフレットが紛れており、ヨーロッパで引き渡されることになっていた。カーショップに行くと、パンプレットに載っていた車の購入手続きを済ませていた。また、アパートには1ダース650ドルもするシャンパンを購入しており、金のない人間がこのようなことをするだろうか?

〇被害者の最後に電話でやりとりでは、仮装パーティーに参加すると言ったらしいが、アパートには仮装するために衣装がなかった。

〇被害者のカメラを渡されて、アパートの住人たちの写真を撮ることになった。その時、レンズ調整の数値を見てみると、宝くじの当選番号であることに気が付いた。

○被害者とナンシーは、離婚協議中であった。彼女と前に会話した際には、被害者のことなどは、毛ほどもないと言っていた。そのなのに、なぜ半月も離婚を拒んでいたのか?連帯債務については、被害者が債務を払う形に変更していた。被害者の弁護士は、10月2日に内容を変更した書類を送り、10月4日に届いた。それなのに、1ヶ月も署名しないのはおかしい。

小ネタ・補足

〇今作からピーター・フォークが制作総指揮として正式に着任している。

〇ロト6がこのエピソードで大当たり!番号は【04/05/06/08/11/16】あなたも買ってみよう!!

〇被害者の吹き替え声優は『池田秀一』である。47話『狂ったシナリオ』では犯人。53話『かみさんよ、安らかに』ではコロンボの部下の刑事と、捜査する側される側とコンプリートした。

〇犯人レオンが仮装パーティーで着た衣装は、ジョージ3世の衣装である。

〇被害者の追悼式でアパートの仲間たちが歌った曲は、ピート・シーガー『花はどこへ行った?』である。

まとめ

冒頭でレオンおじさんが、うきうきして株がどうなったのか書面を見る。紙を破り捨て「破産だ……破産だ……」。一方で、高額当選を当てて、うきうきとしているフレディが部屋に入ってくる。『鴨が葱を背負って来る』とはまさにこのことでしょう。可愛がってきた甥フレディに対して、高額な当選金を奪うことが勝って殺人を犯してしまう。なんともブラックな展開なんですね。

フレディ君に頼めば、破産した金額ともうちょいぐらいは支援してくれそうな気がするのに手にかけちゃうなんて、なんて外道であろうか。それに比べアパートの友人たちは素敵ですよね。フレディ君は貧乏でしたが友人たちに恵まれていました。

ほとんど場当たり的な犯行だけに、かなり犯人はミスをしていました。腕時計の裏にあるはずの№、買い込んだシャンパン、高級車を買う予定、仮装パーティーの衣装が見当たらない等、レオンの嘘、フレディが当選したのだろうという疑いを掛ける流れというのが実にスムーズなエピソードです。

ラストの証拠に関しても、旧シリーズの美術評論家の事件を思い出す鮮やかなオチでしたね。その後の犯人たちの痴話げんかは醜いものですが、コロンボ警部とストローラー刑事のやりとりで中和されました。

以上、「大当たりの死」でした。