刑事コロンボ 65話『奇妙な助っ人』あらすじと感想

刑事コロンボ 奇妙な助っ人

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「奇妙な助っ人」より引用】

【VS.牧場主】2重殺人でもう一方の被害者に罪を擦り付けるエピソードです。残念な点としては、今回のエピソードのタイトルなのです。「絶対に犯人か警察側に奇妙な助っ人が入ってくるんだろうなぁ」と先が読めてしまいます。

犯人グレアム・マクヴェイ氏は、刑事コロンボの犯人の中でもかなりの巨漢な男性です。話の中で、彼は2度変装をするのですが、その巨漢も相まって、かなり印象に残ります。

スポンサーリンク

ココが見どころ‼

〇犯人の変装が『山男』。初代ポケモンの山男の格好にも似てる。

〇ブリンドル刑事……、ジョージ・クレイマー刑事からの名前変更である。

〇コロンボ警部、イタリア語を完全に話せなくなってしまっている。

データ

データ:詳しく見る
脚本:ローレンス・ヴァイル

監督・制作:ヴィンセント・マケヴィティ

制作:クリストファー・セイター

制作総指揮:ピーター・フォーク

音楽:ディック・デ・ベネディクティス

本編時間:94分

公開日:アメリカ/1995年5月8日 日本/2000年3月31日

あらすじ+人物相関図

サラブレッドを育成する牧場主グレアム・マクヴェイには、弟テディ・マクヴェイがいた。弟はギャンブルにはまっており、ついにはマフィアにまで金を借りるようになった。競馬に携わる兄グレアムに懇願し、テディは八百長レースで借金を帳消しにできないかと泣きついてきたのだった。

八百長レースの日、グレアムは勝つ予定の馬に薬物を飲ませる。レースがはじまると、徐々にその馬は失速して1着での優勝はなくなったのだった。マフィアに八百長で金を儲けさせ、借金帳消しをする予定だったテディは、さらなる窮地に追い込まれた。

グレアムは自分が話をつけると言い、テディを自宅に留まらせる。そして、金貸しブルーノ・ロマーノの経営するレストランに、変装し客として店に入る。そこで、ネズミ騒ぎを起こしたのだった。混乱に生じて事務室から自宅に電話を掛ける。これで、ブルーノが電話したように通話履歴が残せた。

その晩、テディの運転する車で待ち合わせ場所だという山奥へ移動をする。そこで、彼を射殺した。次の日には、ブルーノを自宅に呼び出して射殺した。遺体から銃を抜き取り、凶器と交換する。金を回収したいブルーノがテディを殺害。次には、自身を殺しに来たブルーノを正当防衛で射殺したという、相討ちに見せかけた2重殺人を完成させたのだった。

人物紹介

グレアム・マクヴェイ 

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「奇妙な助っ人」より引用】

今回の犯人:グレアム・マクヴェイジョージ・ウェント

吹き替え声優:樋浦勉(ひうら べん)

職業:牧場主

殺害方法:射殺(38口径)

動機:邪魔な弟を消すため

概要:詳しく見る
概要:サラブレッドを育成する『ティンバー・リッジ牧場』を経営する男。父親フォレスから牧場を引き継いだ。何度も借金を抱えてくる弟テディががおり、両親や自身にまで金を借りるようになる。競馬に関わる自分に八百長のレースを依頼してくるなど、邪魔になった弟を殺害する計画を企てた。

仕事内容はサラブレッドの育成だけではなく、種付けも行っている。『ハイランド・スコット』という優秀な血筋の種馬がおり、その馬の息子『スコット・フリー』は1着でゴールをしていた。次には『デキジー・デイジー』に種付けが決まっていた。

また、八百長レースに出馬させた馬『フィドリング・ブル』は、追い切りで1.10で絶好調らしい。追い切りとは、1周する時間のことであり、この時間が少ないほどペースにムラがなく安定した時間で走れるということらしい。

殺害計画の為、2度変装をしている。最初は『スミス』を名乗る人物で、全身黒づくめの格好に黒いサングラスをかける。ジェフリー・バクスターの紹介と偽り、2年前にボストンで盗まれた未使用の拳銃を入手した。詳しい値段は不明であるが、100ドル札で封筒が膨らむほど入っていた。次の変装は『山男』風の格好であった。

タバコを吸っており、コロンボによると人気のある銘柄らしい。ライターは金製の派手なタイプを使用している。また『スコッチ&ソーダのソーダひかえめ』が好きらしく、行く先々でこのオーダーをしていた。


テディ・マクヴェイ

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「奇妙な助っ人」より引用】

今回の被害者:テディ・マクヴェイ(ジェフ・イェーガー)

吹き替え声優:井上倫宏(いのうえ のりひろ)

職業:牧場の副社長

概要:詳しく見る
概要:『ティンバー・リッジ牧場』副社長の男。ラスベガスや賭け事にはまり、多額の借金をしている。そのため、3年前には父フォレスに泣きつき、2年前には母親に……。そして1年足らず前に両親を亡くしてからは、兄グレアムに金をせびるようになる。まったく凝りていない。一応、財産を半分にしてもらっていたようだが、それすらもないようだ。

金を借りた相手はブルーノ・ロマーノで、少なくとも20万ドルは金を借りていた様子。競馬に携わる兄グレアムに懇願し、八百長レースを仕組む。足の速い馬『フィドリング・ブル』の倍率を高くして、金貸したちに、その馬の馬券を購入してもらうことで、金を儲けさせる計画だったようだ。

※1995年5月:1ドル=85円 20万ドル=1千700万円

八百長レースのことについては、ここ数ヶ月で付き合った恋人ティファニー・キーンにも伝えるなど口が軽い。彼女も50ドルを掛け、自身も2000ドルの馬券を購入していた。また、兄グレアムによると、悪癖が多かったようだが、タバコは嫌いで吸わなかったようだ。

※50ドル=4250円 2000ドル=17万円


ブルーノ・ロマーノ

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「奇妙な助っ人」より引用】

今回の被害者:ブルーノ・ロマーノジェイ・アコヴォーン

吹き替え声優:金尾哲夫(かなお てつお)

職業:レストラン経営者

概要:詳しく見る
概要:『ブルーノのレストラン』を経営する男。マフィアの下っ端でもあり、ヴィンチェンゾ・フォテーリとは親交があった。金貸しもやっているようで、グレアムから返済をしたいと話された際には「少なくとも20万ドルは必要だぜ」との発言から、そのぐらいはテディに貸していたようだ。

11月に警察に逮捕されることがあった。罪状は不明であるが、借金を回収する際に脅すような行為もあったことから脅迫などで捕まったのだろうか?その際、愛銃『クロームメッキの38口径』の線条痕を記録されている。恋人ロレーンによると、外見に気を遣う人物であり、銃は後ろのホルスターに入れていた様子。なお、銃は飾りであり1度も使用したことはないようだ。

犯行計画

【借金がある弟テディ・マクヴェイを殺害する。そのうえで、金貸しでマフィアのブルーノ・ロマーノの犯行に偽装する。その後、正当防衛に見せかけてブルーノも殺害する】

①偽名を使い質屋から、銃登録されておらず、未使用の銃を購入する。

②八百長レースで、最も速い競走馬に薬物を飲ませる。本来1位になる予定であったが、八百長を失敗に終わらせる。金貸しにレースで儲けさせる約束だったが、失敗に終わったことでテディは借金を帳消しできなくなり、さらに窮地に追い込まれる。

③グレアムは、自分が借金取のブルーノ・ロマーノに話をつけるといい、テディに家で待つように促した。その後、ブルーノの経営するレストランに変装して向かう。そこで、ネズミを女子トイレに2匹放つ。女性客がネズミに驚き騒ぎ立てると、ブルーノや従業員たちがネズミの捕獲に向かう。

その間グレアムは、事務所の電話を使い自宅に電話を掛ける。テディは、自宅でその電話を受け取る。「解決できそうだ」といい、そのまま家で待つように促した。その後、騒ぎに乗じて店から撤退する。

④テディが運転する車で、待ち合わせ場所の山奥へ移動する。到着するとグレアムは外に出る。アタッシュケースから銃を取り出し、運転席側に回り込む。「ヘッドライトが見えた」と、テディを前に向かせ後頭部を撃ち射殺した。その後、トランクに積んでいた折り畳み自転車で帰宅。翌朝「弟が帰宅しない」と警察へ連絡する。保安官搭乗のヘリが山奥で遺体を発見した。

⑤警察がグレアムに尋ねてくる。弟は借金を返せず脅されていたことを伝える。また、その晩にブルーノへ「弟の借金を現金で返したい」という電話を掛け、20時に自宅で会う約束をした。

⑥約束の時刻、ブルーノは自宅を訪れる。アタッシュケースに入れた現金を見せるが、その金の中身は新聞紙であった。呆気にとられているブルーノを護身用の銃で射殺する。ブルーノがホルスターに入れている銃を回収し、テディを撃った銃を握らせる。その後、『911』へ通報し、「銃撃され殺されそうになった」と伝える。正当防衛で射殺をした口実を作った。

⑦数日後、ブルーノの犯行ではないと捜査が進んでくると、自宅にあるオブジェの下に穴を掘り、ブルーノの所有していた銃を隠した。

コロンボの疑問点

推理と捜査
○被害者(テディ)の恋人に話を聞くと、事件日に行ったレースは八百長だったと、本人が話していたという。

○グレアムからテディの行動を聞くと、16:30に競馬場を出てまっすぐ帰宅した。そして、20:30前にブルーノ・ロマーノから電話を受けた。その後、兄弟で2人家にいて、グレアムは早めに休んだ。23:30に弟が車で出ていくのを目撃した。そうなると、テディは一度も車に乗っていないことになる。

しかし、車の灰皿にはタバコの灰があった。テディはタバコが嫌いで吸わない。競馬場に行く前に洗車しており、灰皿も掃除されているはずだ。なぜ灰が残っていたのか?また、人気のあるタバコの銘柄で、グレアムが吸っているタバコの銘柄であった。

○ヴィンチェンゾ・フォテーリに話を聞くと、テディ殺しの犯人とされるブルーノ・ロマーノは、犯行時刻に恋人ロレーンと一緒だったという。コロンボもロレーンに話を聞いていたが、同様の答えであった。また、彼は11月に逮捕され、彼の所有する銃の線条痕は警察に記録されているという。そうなると、ブルーノの銃を凶器とすり替えられる人間は1人。グレアム・マクヴェイだ。

○ブルーノがテディに電話をしたとされる20:30に、ネズミ騒ぎを起きていた。そのネズミは、鼻先から尻まで114㎜、尻尾の付け根から尾まで89㎜。体の大きさの割に尾が長い『オナガ・カリフォルニア・ネズミ』という種類で、ロサンゼルスには生息していない。山にある牧場などには生息しており、グレアムの牧場にも多く出没するはずだ。レストランに誰かが持ち込んだことになる。

○20:30にブルーノがテディへ電話をしたとされる。しかし彼は、バーテン/ウェイターの3人で、婦人用トイレでネズミを捕獲していた。別人が電話をしたようだ。また、初顔の客が店に来ていた。ライターは金製で、グレアムも使っているモデルだった。その客の注文は『スコッチ&ソーダのソーダひかえめ』で、グレアムも同じような頼み方である。

どのように決着をつけたのか
○ヴィンチェンゾ・フォテーリは、同胞であるブルーノ・ロマーノを殺された。彼はグレアムがブルーノを殺したと考えており、コロンボに早く逮捕するように促していた。しかし、コロンボは証拠がないという。フォテーリは早く逮捕できなければ、自分のやり方で、グレアムを殺すといった。

その後、グレアムにフォテーリの部下が迫ってくるようになる。身の危険を感じたグレアムはコロンボに頼み自身を護衛してくれるように頼んだ。1度はフォテーリの部下を捕まえたものの、すぐに保釈される。グレアムに1本の電話が入る。コロンボからであり、フォテーリを遠ざける方法を思いついたのだという。

待ち合わせ場所のレストランに入るグレアム。しかし、待ち合わせの時間になってもコロンボは現れなかった。従業員たちも自分を監視しているようだ。厨房を見てみると、そこにはフォテーリの姿があった。グレアムは自分を嵌める罠だったことに気が付いたのだ。すぐにコロンボに電話をかけて助けを求める。

コロンボがレストランに駆けつけると、グレアムと合流する。その場から逃げ出そうとするが、フォテーリの部下に取り押さえられてしまった。別室でコロンボとグレアムは、フォテーリと会う。そして、グレアムを殺すと言った。そして、これを阻止すれば、コロンボも殺すと脅した。

「悪いが自分の命が大事なんでね」そういうと、コロンボはグレアムを見殺しにし、部屋から出て行ってしまった。すると、グレアムはコロンボを追いかけて、凶器の隠し場所などを自白したのだった。自白を聞き出すと、コロンボとフォテーリを目配せをして、互いに親指でグッドをする。

フォテーリの目的は、早く逮捕してもらう事。コロンボも凶器を見つけられず逮捕できなかったのだ。互いに利害が一致したコロンボは、マフィアの親玉という奇妙な助っ人の力を借りて、犯人逮捕に至ったのだった。

三幕構成

まとめ

壮絶なネタバレタイトルになっております。『奇妙な助っ人』ですので、コロンボ警部に何らかの形で助っ人が入るのだと予測ができてしまいます。ハッサン・サラーの反逆』と似た構成なのですが、そちらとは違いラストのオチなども想像ができてしまうのが残念なポイントでありました。

また、コロンボ警部がイタリア語を話せなくなっております。『美食の報酬』『仮面の男』『大当たりの死』などでは、堪能なイタリア語を披露していたのですが……。ただ、これはマフィアであるヴィンチェンゾ・フォテーリ氏と距離を置きたかったという説が高いようです

警察とマフィアが親密にしてしまうと、社会的にまずいと考えた警部が、あえてイタリア語ができないフリをして、一定の距離を保っていたと考えられます。そのため、最後に協力者となってくれたフォテーリ氏と酒を飲むことを断ったコロンボ警部。一線を置いているようにも感じます。

以上、『奇妙な助っ人』でした。