古畑任三郎 39話『すべて閣下の仕業』あらすじと感想

古畑任三郎 39話 すべて閣下の仕業

前作からおおよそ5年ぶりとなった本作品は、2時間枠のスペシャル回に相応しいストーリーである。犯人の職業も『日本特命全権大使』と、シリーズ中で最も地位のある役職であり、海外を舞台とした日本大使館で起こる殺人事件に繋げることができた。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る

脚本:三谷幸喜

監督:関口静夫

制作:フジテレビ

演出:河野圭太

音楽:本間勇輔

本編時間:121分20秒

公開日:2004年1月3日

あらすじ+人物相関図

古畑任三郎 全て閣下の仕業 人物相関図南米にある国の日本特命全権大使・黛竹千代は、地元の企業から不正な献金を受け取り、大使館で豪勢な暮らしをしていた。参事官・川北健は、その金は貧困に喘ぐ地元住民から吸い上げた金であると良心の呵責に耐えきれなくなり、この事実をマスコミに公表する決意を固める。

その晩、黛は口論の末に川北を撲殺すると遺体を隠し、過激派による誘拐殺人事件に見せかけた。しかし、パスポートを紛失したため大使館に来ていた古畑任三郎が現れる。

人物紹介(キャスト)

今回の犯人:黛竹千代(まゆずみ たけちよ)

役者:松本幸四郎(現:2代目松本 白鸚)

職業:日本特命全権大使

南米某国の日本特命全権大使である男性。地元の有力企業から不正な献金を受け取り大使館で贅の限りを尽くしていた。参事官・川北健が、日本のマスコミとの懇談会で告発すると言ったため口論の末に撲殺。過激派による誘拐殺人事件に見せかけた。


今回の被害者:川北健(かわきた けん)

役者:及川光博

職業:参事官

南米某国の大使館で参事官をしている男性。既婚者であり妻は早苗。大使、公使につぐNo.3の役職であり、黛竹千代の優秀な補佐兼通訳を担当、大使館職員の主任を担っていた。竹千代が地元企業から違法な献金を受け取り、度を越えた生活の恩恵を受けていることに自問自答の日々であった。

小ネタ・補足・元ネタ

〇46分41秒~『花田』が古畑から脅迫文を受け取ろうとした際、勢いよくデスクライトに手をぶつけている。その後、もう一度 デスクライトに手をぶつける。

◯DVD/Blu-rayの特典映像として、三谷幸喜氏の特別インタビューが収録されており、オチがなかなか明かされない『赤い洗面器の男』について語られる。

元ネタはイスラエルにあるジョークらしく、『すべて閣下のしわざ』の本編では、スペイン語でオチを喋る場面があるのだが、字幕などには表示されず、管理人もスペイン語は分からないので不明である。

刑事コロンボからのオマージュ

ネタバレ注意

◯大使館内で起きる殺人事件という舞台設定は、刑事コロンボ33話『ハッサン・サラーの反逆』から着想を得ていると思われる。

○犯人・黛竹千代はゼリービーンズをつまみ食いしているが、刑事コロンボ52話『完全犯罪の誤算』の犯人も同様にゼリービーンズをつまみ食いをシーンがある。

まとめ

南米での休暇中『猿からパスポートを盗まれてしまった古畑任三郎』が、日本国大使館にパスポートを再発行しに来たという展開から事件に首を突っ込むことになる。設定上、部下である「今泉慎太郎」や「西園寺くん」は登場しない。

第3シーズンで度々登場する「花田」は大使館職員として登場しますが、『勘だけで事件の全貌を暴く』というお約束の展開はなく、スペイン語を話せない古畑の補佐的な役割を担当することになった。

スペシャル回だけあり、ストーリー構成にひねりが加えられている。『偽装誘拐事件』を主軸におき進むのだが、犯行の一部始終を全て見せるのではなく『遺体なき殺人』が組み合わされており『遺体の隠し場所』や『最後の詰め手』に繋がる伏線も丁寧に描かれていのだ。

なんといってもラストは衝撃を受けた。古畑シリーズの中でも特殊な終わりである。若松医師役「津川雅彦」氏を登場させたのも、津川氏が犯人を演じたエピソードと対比する展開になっていることを感じさせる演出であった。

以上、『すべて閣下の仕業』でした。