刑事コロンボ 第3話「構想の死角」完璧な殺人と最低な殺人

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「構想の死角」より引用】

【VS.推理作家】監督は若き日の、スティーヴン・スピルバーグが務めています。作品全体を通してみると”暗い”印象があります。物語のストーリーが暗いといったわけではなく、陰影表現が濃いです。他のコロンボ作品では見られない映像表現です。

そして、作中では2度殺人が発生するのも注目です。一度目の犯罪は計画的に殺害を行ったが、2度目の殺人は犯人にとっては不測の事態。例えば、アリバイ工作に利用されたことに気が付いたり、姿を見てしまったりなど。それを揺すりのネタに金銭を巻き上げようとしますが、コロンボ作品においてはそういう輩は抹殺されてしまいます。そのため、第1の計画が完璧だったばかりに、第2の殺人から犯行が露呈してしまうことも多いです。

また犯人を演じたジャックキャシディ―は、今後のコロンボ作品で2度登場します。お洒落で知的かつ嫌味たらっしい演技は、名犯人として名高いものとなっています。

スポンサーリンク

ココが見どころ‼

〇監督は若き日のスティーヴン・スピルバーグ。

〇印象的な演出・カット。第2の殺人が起きる。

〇コロンボも見抜けなかった事件の真相!

データ

データ:詳しく見る
脚本・ストーリー監修:スティーヴン・ボチコ

監督:スティーヴン・スピルバーグ

制作:リチャード・レヴィンソン&ウィリアム・リンク

音楽:ビリー・ゴールデンバーク

本編時間:76分

公開日:アメリカ/1971年9月15日 日本/1973年8月25日

あらすじ+相関図

ジェームス・フェリスとケン・フランクリンは、コンビのミステリー小説家であった。彼らの推理小説「ミセス・メルヴィル」通称、婦人シリーズは全15作品にのぼり全てがベストセラーだった。

表向きには共同執筆となっているが、実際に執筆しているのはフェリスであり、ケンは一行も執筆を行っていない。講演会やサイン会、宣伝などの広告マンとして活動していたのだった。フェリスは新しい分野の作品に挑戦をしたいと思いはじめ、コンビ解消を伝える。

金遣いの荒いケンにとってそれは由々しき事態であった。フェリスを別荘のあるサンディエゴへ誘導し射殺。それを殺人に偽装。お互いにかけていた生命保険を獲得したのだった。計画は完璧であったが、その後、別荘近くにある雑貨店の女店主リリーに事件を目撃したと迫られて第2の殺人を行う。

人物紹介

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「構想の死角」より引用】

今回の犯人:ケン・フランクリンジャック・キャシディ

吹き替え声優:田口 計(たぐち けい)

職業:ミステリー作家

殺害方法:①射殺 ②シャンパングラスで撲殺

動機:①コンビ解消により地位の消失。収入源が大きく減るため保険金狙いで殺人

②アリバイ工作時にジェームスを目撃されていた。口封じのため殺害

概要:詳しく見る
表向きにはコンビの作家として執筆活動を行っているが、実態は一行も文章は書いたことがない。口が上手いので、スポークスマンとしてジェームスの代わりにサイン会や講演会に出向いている。

コロンボの推理や捜査に対し、「メルヴィル婦人なら~」と、作中のミステリー小説の主人公のことを度々、対比として挙げてくる。金遣いが荒いようで、自宅には何点もの有名画家の絵を飾っていたり、サンディエゴに別荘を購入しており、警察の給料では買えないと豪語している。一方で女性関係も多くあり、この点でも浪費が激しい様子。


【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「構想の死角」より引用】

今回の被害者①:ジェームス・フェリスマーティン・ミルキー

吹き替え声優:堀 勝之祐(ほり かつのすけ)

職業:ミステリー作家

概要:詳しく見る
ビルの一室に仕事場を構える作家。仕事場には様々な怪しい雑貨類が飾られており、そこからインスピレーションを得ている様子。彼一人が手掛けた全15作品ある「メルヴィル婦人シリーズ」は全てベストセラーという華々しい経歴。

婦人シリーズのタイトルの中には、”殺人処方箋”という名前があり、製作スタッフの遊び心が光る。15作品とミステリー小説を書いてきたが、社会派の作品も挑戦してみたくなり、コンビ解消したいと申し出たことが殺害の動機となってしまった。

かなりの愛妻家であり、ケンに連れられて別荘に向かうまでの間でも、妻に黙ってきたことを後悔していた。殺害される直前に、ケンから心配されないようにと妻に電話をかけるように促され、アリバイ工作に利用されてしまった。


【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「構想の死角」より引用】

今回の被害者②:リリー・ラ=サンカ(バーバラ・コルビー)

吹き替え声優:

職業:雑貨店店主

概要:詳しく見る
サンディエゴにある別荘近くで小さな雑貨店を営んでいる女店主。夫は10年前に亡くなっており未亡人である。夫は小船の乗組員でコックをしていた。ケンがジェームスを連れていたことを目撃しており、これによりジェームスが仕事場にいたという偽のアリバイが崩れてしまった。

これを脅しのネタにして、ケンに1万5千ドルの金銭を要求した。1949~1971年:1米ドル=360円とのことで、日本円にして540万円で手を打ったことになる。

ケンとの取引後に湖へ遊覧を誘われるが、何があるか信用はできないと、これを拒否(実際行ったら、湖のボートの上で撲殺されることになっていた)。察しは良かったものの、結局は自宅で殺害されることになった。

犯行計画

第1の犯行 ジェームス・フェリス殺し

①ケンはオフィスにいるジェームスを半ば無理やりサンディエゴの別荘へ連れ出す。車まで誘導し終えると、ケンは忘れものをしたとオフィスに戻る。室内を荒らし、机の中にマフィアの名簿リストを紛れ込ませる。

②ジェームスは妻ジョアンナへ別荘から電話させる。「今日中に書き終えたいものがある」妻とは食事の約束をしていたため、ケンの別荘にいることは言えなかった。電話の最中に射殺することで、ジョアンナにジェームスは仕事場にいると思いこませた。

③ジョアンナから別荘にいるケンへ夫が撃たれたと電話で連絡。ケンはサンディエゴからロサンゼルスへ車で戻る。

④オフィスには死体がない。コロンボにマフィアのリストを見せることで、犯行はマフィアによって行われたと推理させる。ジェームスはミステリー作家を辞め、社会派物の作品を書きたがっていた、そのために殺害されてしまった。

⑤後日、ケンは自らの自宅にジェームスの遺体を遺棄。コンビで共同執筆を行っていた自分への、これはマフィアの警告である。マフィアの犯行という筋書きを完成させた。

第2の犯行 リリー・ラ=サンカ殺し

①リリーの自宅で口止め料金1万5千ドルを支払う。シャンパンを飲ませるなどし気分を良くさせる。湖へ遊覧へ誘うも、リリーは拒否。

②リリーの自宅で、シャンパンボトルを使用して撲殺。湖の中心までボートで行き、死体を遺棄した。

③パッと見て死因は溺死。頭部の傷はボートが転覆した時に頭をぶつけてしまったようだ。

コロンボの疑問点

ネタバレ注意!
〇「それで事件の知らせを聞くと、すぐ車に飛び乗ってサンディエゴから帰ってきたとおっしゃいましたね。あたしだったら飛行機で帰るなぁ。サンディエゴからならいくらでも便はあるし、ずっと早いんじゃないですか?」

〇『メルビル夫人』はジムが1人で書いている。ケンは、インタビューや交渉などを担当しているだけで1行も書いていなかった。

〇犯罪組織のリストが記載された紙に、内ポケットに入るように折れ目がついていた。どうして紙を折ってから引き出しにいれたのか。

〇ケンは、自宅からジムの遺体が発見されたことをコロンボに電話した。コロンボが到着すると請求書などの郵便物が開封されていた。非常な事態であるのに請求書をみながら電話するのは変である。

〇ケンは、サンディエゴの別荘にシャンペンを2本もっていった。ケンは別荘で過ごしていたというが、リリー殺害の夜にコロンボは別荘に電話をかけたが誰も出なかった。

〇リリーのことを知らないとケンは言ったが、彼女の店には彼のサイン本があった。

〇ケンはリリー殺害日の前に1万5千ドルを銀行から引き出している。殺害後の日には1万5千ドルを再び入金している。

〇被害者のオフィスからは、推理小説のトリックをメモした紙が見つかった。そのトリックは、第一の殺人そのものであり、ケンはこのトリックを利用して殺人を行ったため犯人である。

三幕構成

まとめ

コロンボさえも勘違いをした最後の決着劇が見どころです!一切小説のアイディアを出してこず、文章の才能の無さを自覚しているケン・フランクリン。そんな彼がひとつだけ上手くいったのが第1の殺人だったのが皮肉ながらも面白いです。この決着劇を見て、とあるコントを思い返しました。

「いや、先生のような面白い小説なんて、僕に書ける訳無いですもんねぇ」
「いやいや、そんなこと無いですよ。誰にでも、一生にたった一本なら面白い物語を作ることは出来るんだ。いやいや、何本も書かなきゃいけないのが、プロなんだろうけどねぇ」
「そんなもんですかねぇ…」 ラーメンズー小説家らしき存在ー

以上、「構想の死角」でした。