刑事コロンボ 3話『構想の死角』完璧な殺人と最低な殺人

【VS.推理作家】監督は若き日の、スティーヴン・スピルバーグが務めています。作品全体を通してみると『暗い』印象があります。物語のストーリーが暗いといったわけではなく、陰影表現が濃いです。他のコロンボ作品では見られない映像表現です。

そして、作中では2度殺人が発生するのも注目です。一度目の犯罪は計画的に殺害を行ったが、2度目の殺人は犯人にとっては不測の事態。例えば、アリバイ工作に利用されたことに気が付いたり、姿を見てしまったりなどの共犯者や目撃者が現れることがあります。

それを揺すりのネタに金銭を巻き上げようとしますが、コロンボ作品においてはそういう輩は抹殺されてしまいます。そのため、第1の計画が完璧だったばかりに、第2の殺人から犯行が露呈してしまうことも多いです。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る
脚本・ストーリー監修:スティーヴン・ボチコ

監督:スティーヴン・スピルバーグ

制作:リチャード・レヴィンソン&ウィリアム・リンク

音楽:ビリー・ゴールデンバーク

本編時間:76分

公開日:アメリカ/1971年9月15日 日本/1973年8月25日

あらすじ+人物相関図

構想の死角ジェームス・フェリスとケン・フランクリンは、コンビのミステリー小説家である。彼らの推理小説は『ミセス・メルヴィル』という老女の探偵が主役だ。通称、婦人シリーズは全15作品にのぼり全てがベストセラーだった。

表向きには共同執筆となっているが、実際に執筆しているのはフェリスであり、ケンは一行も執筆を行っていない。その代わり講演やサイン会、宣伝などのスポークスマンとして活躍していたのだった。だが、フェリスは新しい分野の作品に挑戦をしたいとコンビ解消を伝える。

金遣いの荒いケンにとってそれは由々しき事態であった。フェリスを別荘のあるサンディエゴへ誘導し射殺。それを殺人に偽装。お互いにかけていた生命保険を獲得したのだった。計画は完璧であったが、別荘近くにある雑貨店の女店主リリーに事件を目撃したと迫られて第2の殺人を行う。

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

ケン・フランクリン

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「構想の死角」より引用】

今回の犯人:ケン・フランクリンジャック・キャシディ

吹き替え声優:田口 計(たぐち けい)

職業:ミステリー作家(スポークスマン)

殺害方法:①射殺(ジェームス・フェリス)/ ②撲殺(リリー・ラ=サンカ)

動機:①保険金狙い ②口封じ

概要:詳しく見る
表向きにはミステリー作家の男性。ジェームス・フェリスとは長年コンビを組み執筆活動を行っていると思われているが、一行も文章を書いたことがない。ジェームスは、ミステリーの執筆を辞め、社会派の小説を書きたいとコンビ解消を告げられる。スポークスマンとしての収入がなくなってしまうことから、彼の保険金を狙い謀殺を企てた。その後、雑貨店店主リリー・ラ=サンカから事件を目撃されており、第2の殺人に手を染めることになった。

キザったらしく貴族的な立ち振る舞い。口が上手いことから出版社との交渉、テレビ出演、インタビューに応じたり、映画会社に売り込みを行うなど、宣伝に関しての手腕を発揮している。その代わり、小説は全てジェームスが執筆を行う。

この点に関しては、彼の妻・ジョアンナも周知の事実であった。大変な人気を誇るメルヴィル婦人シリーズであるが、ここまでの反響を呼んだのは、もしかしたら文章としての面白さだけではなく、彼の宣伝手腕も兼ねていたのかも知れない。

金遣いが荒いようで、自宅には何点もの有名画家の絵を飾っている。サンディエゴに別荘を購入しており、警察の給料では買えないと豪語してみせた。一方で女性関係も多くあり、この点でも浪費が激しいようだ。


ジェームス・フェリス

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「構想の死角」より引用】

今回の被害者:ジェームス・フェリスマーティン・ミルキー

吹き替え声優:堀 勝之祐(ほり かつのすけ)

職業:ミステリー作家

概要:詳しく見る
ミステリー作家の男性。ケン・フランクリンとは長年コンビを組んでいるが、実際には彼1人で執筆を行ってる。彼が手掛けたミステリー小説『メルヴィル婦人』は15作品にのぼり、500万部のベストセラーという華々しい経歴を誇る。ミステリー小説家として地位を確立したが、社会派(シリアス)な作風の小説を書きたいという兼ねてからの目標があり、ケンにコンビ解消を告げた。

オフィスは高層ビルの一室であり、様々な怪しい雑貨類が飾られている。妻・ジョアンナによると、「小説のアイディアは身の回りにあらゆるもの」だそうで、人の会話や雑誌からも着想を得ているようだ。何か思いつくと、紙切れやマッチ箱にメモをする癖があるそうだ。

かなりの愛妻家であり、事件当日には妻と食事会に行く約束をしていた。ケンに連れられ別荘に向かうまでの間でも、妻に黙ってきたことを後悔している。殺害される直前に、心配されないようにと妻に電話をかけるように促され、アリバイ工作に利用されてしまった。

メルヴィル婦人シリーズの内容は、メルヴィル婦人が、小さな手がかりからどんな難事件も解決してしまうという話である。最高傑作と呼ばれる1本は『Prescription:Murdaer(殺人処方箋)』というタイトルである。


リリー・ラ=サンカ

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「構想の死角」より引用】

今回の被害者②:リリー・ラ=サンカバーバラ・コルビー

吹き替え声優:林洋子

職業:雑貨店店主

概要:詳しく見る
雑貨店店主の女性。サンディエゴにある別荘地の近くで小さな雑貨店を経営する。夫は小船の乗組員でコックをしていたが、10年前に亡くなっており未亡人である。ケンが別荘地にジェームスを連れたのを目撃しており、これによりジェームスがオフィスで殺害された偽のアリバイが崩れる

これを脅しのネタにして、ケンに1万5千ドルの金銭を要求した。
(1949~1971年=1ドル:360円=540万円

ケンとの取引後に湖へ遊覧を誘われるが、何かあるか信用はできないと、これを拒否(実際行ったら、湖のボートの上で撲殺されることになっていた)。察しは良かったものの、結局は自宅で殺害されることになった。イチゴには目がないらしい。

犯行計画/トリック

【犯罪組織に殺害されたように偽装】

①ケンはオフィスにいるジェームスをサンディエゴの別荘へ連れ出す。駐車している車まで誘導し終えると、ケンは忘れものをしたとオフィスに戻る。室内を荒らし、机の中にマフィアの名簿リストを紛れ込ませる。その後、別荘地の雑貨店からジェームスの妻・ジョアンナに遠距離電話を掛ける。自分は別荘地に来ており、ジェームスとはオフィスで会って来たと告げた。

②ケンは別荘地で、ジェームスに妻へ電話を掛けさせる。「今日中に書き終えたいものがある」と、オフィスにいるように装った。(妻とは食事の約束をしており、ケンの別荘にいることは言えなかった)電話の最中に射殺することで、妻はジェームスがオフィスで殺害されたと思いこませた。

③妻はケンに電話で連絡をする。別荘(サンディエゴ)からロサンゼルスへ車で戻った。オフィスでは警察が現場検証を行うが、死体は見つからない。ケンがコロンボと会うと、机の中に忍ばせていた犯罪組織のリストを見せる。

④その晩、ケンは自らの自宅にジェームスの遺体を遺棄。コンビで共同執筆を行っていた、犯罪組織からの警告である。ジェームスはミステリー作家を辞め、社会派物の作品を書きたがっていた。だから、組織から消されてしまったという筋書きを完成させた。

【ボートでの遊泳中の事故死に偽装】

①別荘地の近くにある雑貨店店主リリー・ラ=サンカに、ケンがジェームスを連れていたことを目撃されていた。その時間、ジェームスはオフィスにいたという偽のアリバイが崩れてしまう。口止め料金1万5千ドルを要求され、ケンは彼女の自宅で会話をする。

②彼女が現金を見ている間、飲み干したシャンパンボトルを用いて撲殺。湖の中心までボートで移動すると、死体を遺棄した。ボートを転覆させると泳いで戻った。死因は溺死で、頭部の傷はボートが転覆した時に頭をぶつけてしまったように思わせた。

推理と捜査(第2幕まで)

ネタバレ注意!
〇ケン・フランクリンは、被害者の妻から電話を受けて、サンディエゴの別荘からロサンゼルスまで車で戻ったと話す。しかし、サンディエゴには空港があり、車で戻るよりも飛行機に搭乗したほうが早く帰れたはずである。どうして車で戻ったのか?
A.別荘から空港までの距離が遠く、車で帰るのと変わりがないと思った。気が動転していて、そこまで気が回らないでいた。

〇被害者は、社会派の小説を書きたがっていた。オフィスの机には、犯罪組織のリストが記載された紙が入っていた。しかし、紙は内ポケットに入るように折れ目がついている。オフィスにあるタイプライターで打ったようだが、どうして紙を小さく折ってから引き出しにいれたのか?
A.被害者には紙を手当たり次第に折る癖があった。

〇ケンは、自宅からジムの遺体が発見されたことをコロンボに電話した。コロンボが到着すると請求書などの郵便物が開封されていた。非常な事態であるのに請求書をみながら電話するのは変である。
A.無意識の内に開けてしまったようだ。

三幕構成

構想の死角 三幕構成

小ネタ・補足

〇監督は当時25歳の『スティーブン・スピルバーグ』氏である。他エピソードではない、斬新なカット。役者同士の顔の距離が近い。陰影の表現が濃い演出が見られる。23話『愛情の計算』では、スティーブン・スペルバーグという天才少年が登場している。

『メルヴィル婦人』の中で、最高傑作と呼ばれる1本は『Prescription:Murdaer(殺人処方箋)』と雑貨店店主リリー・ラ=サンカが語ってる。刑事コロンボの第1作のタイトルも同じく『殺人処方箋』であり、スタッフのちょっとした遊び心である。

〇被害者のオフィスには、メルヴィル婦人の肖像画が飾られている。40話『殺しの序曲』の犯行現場となる『シグマ協会』にも、メルヴィル婦人の肖像画がさりげなく飾られている。

〇アニメ『探偵オペラ ミルキィーホームズ』の第2期5話『コソコソと支度』というエピソードがあり、今作『構想の死角』のもじったタイトルである。作中では、「コロンちゃん」というロングコートのキャラクターが登場し、「うちの神(カミ)さんがね」や額に手を当てるポーズをとるなど、コロンボを意識している演出がある。古風なタイプライターで使用するキャラの場面もあり、これは、構想の死角の冒頭で被害者がタイプライターで小説を打っていたことからである。

〇コロンボ警部の愛車『プジョー・403』が初登場するエピソードである。『ピーター・フォーク自伝』P.160によると、撮影に使用する車をガレージで好きに選ぶように言われる。これといった車がなく帰ろうと出口で振り返ったら、ボロボロになりタイヤがパンクしていたプジョーを発見したと思い出をつづっている。

まとめ

コロンボさえも勘違いをした最後の決着劇が見どころなんですね。一切小説のアイディアを出してこず、文章の才能の無さを自覚しているケン・フランクリン。そんな彼がひとつだけ考え出したミステリーのトリックが第1の殺人だったんですね。

最期があっさりとしていると評価が別れるポイントなのですが、彼のプライドの問題が大きいと思われます。あくまでも、『ミステリー小説家』という肩書にこだわっていたようにも思えます。

コロンボ警部も認める第1殺人の素晴らしいアイデアは自分のものだと主張する、そのひきかえに罪を認めました。ここで否定してしまうと、まったく小説を書かないでいたことも認めてしまうことになるんですね。(被害者の妻にはバレてましたが……)

事件直後のインタビューでは、「パートナーがいなくなったのでメルヴィル婦人は書かない」と公言していました。世間には、ベストセラー作家という体を残しておきたかった。お金も大切ですが、それ以上に地位や名声が好きだったのかと思いました。

そして、この決着劇を見て、とあるコントの台詞を思い返しました。1本だけなら優れたアイディアは出せるのです。

「いや、先生のような面白い小説なんて、僕に書ける訳無いですもんねぇ」
「いやいや、そんなこと無いですよ。誰にでも、一生にたった一本なら面白い物語を作ることは出来るんだ。いやいや、何本も書かなきゃいけないのが、プロなんだろうけどねぇ」
「そんなもんですかねぇ…」 ラーメンズー小説家らしき存在ー

以上、「構想の死角」でした。