刑事コロンボ 4話『指輪の爪あと』探偵社社長が引き起こした過失致死事件

【VS.私立探偵会社社長】過失致死として進む事件で、コロンボ警部は銃を持ち歩かないことが判明します。たいていの刑事ドラマだとほとんど銃を所持していますが、なまじ、銃を持ち歩いているばかりに、銃を犯人から盗られてアクションシーンが勃発したりすることはなくなります。

刑事ドラマのお約束を真っ向から否定したようなスタイルは、今なお愛される理由なのかも知れません。犯人は探偵社社長であるブリマー。メガネに事件隠滅の映像がうつる演出が凝っています。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る
脚本・制作:リチャード・レヴィンソン&ウィリアム・リンク

監督:バーナード・コワルスキー

ストーリー監修:スティーヴン・ボチコ

音楽:ギル・メレ

本編時間:76分

公開日:アメリカ/1971年10月6日 日本/1973年1月21日

あらすじ+相関図

指輪の爪あと

探偵会社を経営するブリマーは、有力新聞3社を運営する大物財界人アーサー・ケニカットからの依頼を受け、妻レノアの素行調査を実施した。調査の結果は浮気の事実はないと報告書をまとめ、これをアーサーに伝える。

別室にはレノアが居て、2人のやりとりを聞かされる。実際にはレノアは浮気をしていたのだった。ブリマーは隠ぺいの見返りとして、新聞会社に集まる情報を求めた。探偵という職業柄、情報は大きな力をもっているのだ。

その夜、ブリマー宅へレノアがやって来て、夫へ浮気の事実を白状するという。また、ブリマーの脅迫行為も話すと伝えた。脅迫の事実が明るみになれば、探偵会社としての信用は失ってしまう。ブリマーは思わず婦人を殴ってしまうと、彼女はガラスのテーブルに頭を打ち付けてしまい……

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

ブリマー

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「指輪の爪あと」より引用】

今回の犯人:ブリマーロバート・カルプ

吹き替え声優:梅野泰靖(うめの やすきよ)

職業:私立探偵会社社長

殺害方法:過失致死(裏拳で殴るとガラスのテーブルに後頭部を強打)

動機:口論となり頭に血がのぼる

概要:詳しく見る
大手探偵会社の社長である男性。有力新聞3社を経営する大物財界人アーサー・ケニカットから、妻レノアの不倫調査の依頼を受ける。調査の結果は不倫は事実であったが、嘘の報告書をまとめ不倫はなかったとアーサーに報告した。レノアに不倫をしていた真実を隠した見返りに、新聞社に集まる情報を求め脅しをかけるも、彼女は不倫をしていた事実を夫に打ち明けると腹を括る。そのうえで、脅されたことも大々的に告発すると話したため、口論の末に誤って殺害してしまった。

元・警察官であり、退職して探偵会社を設立したようだ。今でこそ大手探偵会社であるものの、夫人が不正を白状しに部屋からでようとした際には、軌道に乗るまでは大変だったという話をして制止しようとしていた。

オフィスには金属探知機、最新のデータ室、監視カメラ、射撃場、広い駐車場に多数の車など、かなり大規模で真新しい設備を完備している。部下によると給料も高いらしく、貰っている人は3万ドルの人もいるようだ。(1949~1971年=1ドル:360円=1080万円

探偵という職業柄、情報と信頼は第一と考えている。アーサー・ケニカットは有力新聞会社を3社経営するワンマン社長であり、財界にも顔は広い。そのため財界人は次の州知事選で、誰に投票をするのかという情報を狙っていたようだ。ただし、その方法を間違ってしまったのが運の尽きである。

一見冷静沈着とみられるが、短気で頭に血が上りやすい性格である。このことは、部下からも見抜かれており、機嫌が悪い時には傍に寄らないようにしているようだ。

普段は左利きであるが、右手でも文字は書ける器用な人物でもある。冒頭の射撃テストでは両手に銃を持ち、2丁拳銃でど真ん中を射抜いてみせる腕前である。

コロンボの手相占いによると、「強烈な意思と仕事に対する熱意、知能線のカーブの仕方が1万人に1人というタイプで頭が切れすぎる。好調の時はこれ以上の強みはないけれど、いったん曲がってくるとどこまで反れるかわからない。親指の大きさ=野心が大きい」と評価された。

自宅は海岸沿いにあるビーチハウスである。住み心地は良いが、車のホイールが錆びてしまうのが気がかりだと話している。


レノア・ケニカット

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「指輪の爪あと」より引用】

今回の被害者:レノア・ケニカット(パット・ローリー)

吹き替え声優:池田昌子(いけだ まさこ)

職業:新聞社社長夫人

概要:詳しく見る
アーサー・ケニカットの妻である女性。アーサーとは娘に間違えられるほどの年齢差がある。前々から男性関係が多く不倫が多かったようだ。付き合ってすぐに別れることがほとんどで、熱しやすく冷めやすいタイプらしい。

ブリマーから不倫の事実を突き止められ、これをアーサーに報告しない見返りに、新聞社に集まる情報を提供するように脅される。1晩悩んだ末に彼女が出した結論が、全てを犠牲してでも夫に全てを打ち明けることであった。この点から、アーサーに迷惑を掛けまいとする思いが感じ取られ、歳を超えた心からの愛があったのだと思われる。

結婚時はメガネを装着していたが、最近ではもっぱら、女性の身だしなみの理由からコンタクトレンズを装着するようになった。趣味はスポーツ。特にテニスとスキンダイビングを好んでいた。ゴルフは最近初めて、ここでゴルフインストラクターの男性と不倫関係に発展する。ここを、ブリマーの探偵会社社員に目撃されてしまったようだ。

別荘が海辺の近くにあり、ブリマーの自宅とは3キロほど離れているそうだ。


ケン・アーチャー

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「指輪の爪あと」より引用】

ノベル版では被害者:ケン・アーチャー(ブレッド・ハルゼイ)

吹き替え声優:坂修(さか おさむ)

職業:ゴルフインストラクター

概要:詳しく見る
ゴルフインストラクターの男性。カントリークラブで勤務しており、「プロにもなれずアマチュアでもそこそこ」と自ら語っている。コロンボに話を聞くついでにレッスンを頼まれるも、「思ったよりも簡単だな。これなら教えてもらわなくてもできる」と、言われてしまう。

レノアとはレッスンコーチとして知り合い不倫の関係となったが、レノア側から一方的に別れを告げられる。また、レノアの死体発見日はアーチャーは休日で、1人でテレビを見ていた。まっさきに疑われる動機もあり、ビクビクしながら生活していたという可哀そうな男である。

さらにノベライズ版では、不倫関係の口止めとしてブリマーに殺害されてしまうなど運のなさに拍車がかかる。

犯行計画/トリック

【物取りの犯行に偽装】

①ブリマーは自宅で、レノアと口論となる。頭に血がのぼってしまい、裏拳で彼女を殴打すると、ガラスのテーブルに後頭部をぶつけさせてしまい殺害してしまった。自宅にある彼女の指紋を拭き取ると、割れたガラスの回収する。

②遺体を車のトランクへ入れて、町はずれの廃車置き場へ運ぶ。指輪なども外しており、物盗りの犯行へと偽装した。

推理と捜査(第2幕まで)

表示する(ネタバレ注意!)
〇被害者の左頬には、固い物ぶつかって擦れたような傷跡があった。指輪を装着している人物に殴られたのではないか。女性を殴るときは、拳や平手ではなく裏拳で殴るケースが多い。左頬に傷があるということは、右手ではなく、左手の裏拳で殴ったことになる。

〇ブリマーは左手に指輪を装着している。彼に書類にサインを頼むと、左手で記入をした。
A.左でも右手でも書ける。器用な立ちなんだ。

〇被害者は、事件のあった晩は海辺の別荘で過ごしていた。使用人によると、何か思いつめたような顔をしており悩んでいるようだった。夜は海辺を散歩しに行くと話し、遺体はまったく別の場所の廃車置き場で発見されている。ブリマーの自宅は、被害者の別荘から3キロ離れたところにある。

〇ブリマーは、コロンボを探偵会社へスカウトした。就職したら今回の事件は捜査させず、他に大きな仕事を頼みたいと話した。

三幕構成

小ネタ・補足

〇コロンボ警部がゴルフをして、見事なショットを決める場面がある。ピーター・フォークの自伝によると、売れない俳優時代はもっぱらゴルフばかりをしていたから。しかし、給料はしっかりと貰えていたと綴っている。

〇犯人『ブリマー』のファーストネームはエピソード中に明かされていない。ノベライズ版によると、『マイケル』と明記されている。

〇被害者の夫アーサー・ケニカットを演じる『レイ・ミランド』は、11話『悪の温室』の犯人「ジャービス・グッドウィン」として登場する。

〇52分15秒~コロンボ警部とブリマーがオフィスで食事をする場面がある。そこで、コロンボ警部のネクタイが料理に垂れ下がってしまい、ブリマーが指でネクタイを拭いてあげるシーンがある。『刑事コロンボの秘密』P.74によると、これは偶然によるアドリブだそうだ。

まとめ

職業設定が見事なエピソードなんですね。探偵会社の所長が犯人で、なんと自分が起こした殺人事件に自らが警察に協力するなんて、ふてぶてしくも大胆不敵な奴なんですね。

コロンボ警部と最初に出会った場面では、部下に下調べさせていたようで、「優秀な刑事だと聞いています」なんて言っており、抜かりのない人物でもあります。

やはり印象的なのが、殺人後の隠ぺい工作のシーンです。ブリマーのメガネに映しだされる、演出は面白いですね。左右で違う場面が映しだされるので、自分も左右を目で追ってしまいます。

ラストの犯人の台詞も印象深いです。「殺すつもりはなかったんだ。良い奥さんだったのに、バカだった……」。犯人は、被害者の誠実さを感じ取っていたんですね。しっかりと悔いを改めてほしいと思わせる場面でもあります。

以上、第4話「指輪の爪あと」でした。