刑事コロンボ 6話『二枚のドガの絵』名画とは自分のためにあるべき。美術評論家の犯罪

スポンサーリンク

【VS.美術評論家】コロンボの傑作エピソードとして度々あげられる作品で、開幕54秒で殺人が起きます。犯人が情状酌量(裁判などで憐れむところ)無しという非道な男であり、そんな犯人を「あっ」と言わせる、最後の追い込み、表情は見ものです。

さらに犯人がぐうの音を出す前に、動かぬ証拠が提示されドラマが終わるという「見事な切れ味」。映像を活かした決め手の隠し方は、2週目で鑑賞するとまた面白いです。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る
脚本:ジャクスン・ギリス

監督:ハイ・アヴァバック

制作:リチャード・レヴィンソン&ウィリアム・リンク

ストーリー監修:スティーヴン・ボチコ

音楽:ビリー・ゴールデンバーグ

本編時間:76分

公開日:アメリカ/1971年11月17日 日本/1973年7月21日

あらすじ+人物相関図

二枚のドガの絵美術評論家デイル・キングストンは、絵画収集家の叔父ランディ・マシューズを、彼の自宅で射殺した。強盗が押し入ったかのように室内を荒らすと、遺体を電気毛布で包み死亡推定時刻をずらした。そして、『二枚のドガの絵』を盗みだしたのだった。

しばらくして、デイルの恋人で共犯者のトレイシーが来る。デイルはアリバイ作りのため新人画家のパーティーへ向かい、その間、トレイシーは自宅で警備員の巡回時間まで待機した。

警備員が見回りに来る時間になると、2階の部屋から外に向けて銃を撃った。そして、遺体から電気毛布を外し、急いで外へ逃げたのだった。警備員は自宅内に入ると、裏口の扉から走り去る靴音だけが聞こえた。絵画と部屋が荒らされ、横たわるランディだけがいた。遺体はまだ暖かく、警備員はたった今殺人が起きたと判断をしたのだった。

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

デイル・キングストン

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「二枚のドガの絵」より引用】

今回の犯人:デイル・キングストンロス・マーティン

吹き替え声優:西沢利明(にしざわ としあき)

職業:美術評論家

殺害方法:①ランディー・マシューズ(射殺:38口径リボルバー)
②トレイシー・オコーナー(撲殺:石)

動機:①絵画コレクションの入手
②口封じ

概要:詳しく見る

美術評論家の男性。叔父ランディー・マシューズの自宅で彼を射殺すると、強盗に襲われたように偽装した。その後、美術学生トレイシー・オコーナーを利用して、自身のアリバイを作ると彼女も殺害して口を封じる。叔父が所有する世界的名画コレクションを入手するべく、叔父殺しの罪を前妻エドナに擦り付けることで、遺産相続権を剥奪して絵画コレクションの入手を目論んだ。

10日前に叔父ランディから、遺産相続の変更についての手紙を受け取る。内容は、当初は自身が絵画コレクションを引き継ぐ段取りであったが、彼の前妻エドナ・マシューズに絵画を引き継ぐことに変更したという。彼女には絵画に関する知識はなく、長年に集めた名画が手元から離れてしまうことに憤りを感じ犯行に及んだのだろう。

美術大学を卒業後、美術評論家として活躍している。新聞批評やテレビの美術番組での解説、美術大学での講義や、博物館の委員会など、幅広く活躍している。画廊の女性によると、絵画評論は「パリ」「ロンドン」などのニューヨークを専門にしている様子。

アリバイ工作の為、画廊のパーティーに参加すると、婦人に囲まれ「人間万歳」「彼の絵は難解で分かるのは彼のサインぐらいさ」など饒舌を披露している。その時のはしゃぐ姿とは打って変わり、テレビ番組のスタッフにはキツイ物言いをしている。コロンボには敵意むき出して終始怒っているような態度であり、あまり育ちの良い性格とは言えない。

レギュラー番組の『デイル・キングストンの美の世界』は、16チャンネルが毎日放送しており、今回は「ゴヤ」の解説であった。なお、講義テキストも販売しており、もよりの書店で購入できるようだ。

叔父の絵画コレクションは、後半からはデイルが代わりに購入してきたもので、思い出深い品ばかりだったようである。一番好きな絵は、『ドガのパステル画』だそうだ。2枚で、50万ドルはくだらないと語っている。1971年11月:1ドル=328円 50万ドル=1億6千4百万円


ランディー・マシューズ

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「二枚のドガの絵」より引用】

今回の被害者①:ランディー・マシューズ(?)

職業:美術収集家

概要:詳しく見る
グランドピアノで演奏中、開幕54秒で殺害されてしまう。皮肉にも最後に弾いていたのは、ショパン『別れの曲』である。パジャマを着ており、就寝前にピアノを弾くことが日課だったのだろうか?

126点からなる絵画は通称『マシューズ・コレクション』と呼ばれ、世界的にも知られており、展覧会にも貸し出しをしていたようだ。元々は絵画には興味がなく、結婚当時に妻エドナに無理やり博物館に連れて行かれたことで、新しい投資先として絵画を購入しはじめた様子。

10数年前にエドナと別れてからは、絵画収集に没頭する。事業を手放し絵画を購入し、借家で生活をしていた。2か月前に道でばったりエドナと会い、「世界的名画は個人で所有するべきでない」という、エドナの考え方を改めて聞き入れる。

当初はデイルに絵画を管理させるつもりであったが、エドナに絵画を相続させ、学校や博物館に寄贈させる段取りに遺書を書き変えた。昔は尖った性格で、様々な事業に手を伸ばし資産を増やしていったとのこと。

・就寝服を着てピアノを弾いていたのが22時以降
・デイルがパーティでアリバイ工作をしていた時刻が23時05分。
・警備員は1時間に一度見回りに来る。
ひどくどうでもいいが、このことから彼の就寝時刻は22時~24時の間だと考えられる。


トレイシー・オコーナー

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「二枚のドガの絵」より引用】

今回の共犯・被害者:トレイシー・オコーナー(ロザンナ・ホフマン)

吹き替え声優:杉山佳寿子(すぎやま かずこ)

職業:美術学生

概要:詳しく見る
2~3ヶ月前に美術大学の講義でデイルと知り合い交際がはじまった。容姿端麗であり過去の交際相手は多かった様子。マシューズの自宅から逃走する算段を立てているのに、走り難く音の出やすいハイヒールを履いてきた。

デイルの最終目的は、エドナ・マシューズに殺人の罪を擦りつけることである。女性の共犯がいると思わせるために、おそらくデイルの指示でハイヒールを履いたのではないだろうか?

彼女の絵はデイルの評価によると、まるで才能はないと語っている。生かしておく絵の才能がない人物をあえて共犯にして、最初から殺害する目的で選んでいたのだろうか?マリブヒルにて石で撲殺され、車ごと崖下に突き落とされてしまう。

犯行計画/トリック

【叔父を射殺。前妻に罪を擦り付けて絵画相続の権利を無効にする】

①デイルは、叔父を自宅で射殺。遺体を電気毛布に包み死亡推定時刻をずらす。室内を荒らし、『2枚のドガのパステル画』を梱包する。裏口の扉のカギを開けて、外側にマイナスドライバーで傷をつける。これで、外から強盗が入ったように見せかけた。

②共犯のトレイシーが犯行現場の自宅に来る。彼女が自宅にいる間、デイルは画廊のパーティーに行きアリバイを作る。エドナは警備員が来ると、2階から外に銃を発砲。電気毛布を外し、外へ逃亡する。警備員は銃声に気づき、叔父の自宅へ入る。遺体はまだ暖かく、裏口の扉から、走り去る靴音が聞こえる。たったいま、殺害されたと考えた。

③後日デイルは、口封じのためトレイシーも石で撲殺。車ごと崖下に落とし、自動車事故に偽装。凶器や盗んだ絵画をエドナの自宅へ隠すと、叔父殺しの容疑をエドナに被せ、相続権を無効にする。遺産となる絵画コレクションが自分の手に渡るようになる。

推理と捜査(第二幕まで)

ネタバレ注意!
〇犯人は絵を盗みに入った。最初は名画には目もくれずに、有名ではない絵に手を出していた。ところが犯行中に急に眼が肥えてきて、最も値打ちのあるドガの絵を盗みだしたようだ。

〇絵画を何枚も盗むとなると人手がいるため複数犯による犯行である。1人はハイヒールを履いていたことから女性だ。ベランダの出入り口には防犯ベルがあるが作動しなかった、中から鍵を開けた人物がいるようだ。

〇デイル・キングストンは、画廊のパーティに参加したとき、腕時計が壊れたと時刻を確認させていた。また、時間毎の行動をしっかりと記憶しすぎている。普通ならば、時間と行動を正確には覚えていない。

三幕構成

小ネタ・補足

〇コロンボ役『ピーター・フォーク』は、12歳の頃ニューヨーク州でのサマー・キャンプに参加して、そこで初めて演技というものを味わっている。その時、ピーターに演技指導を行ったのが犯人を演じた『ロス・マーティン』氏である。

〇ピーター・フォークとロス・マーティン氏は、刑事コロンボで共演する前に、映画『グレートレースーThe Great Race』で共演している。奇しくもピーター演じるキャラに、ロス氏の計画は崩れ去っていた。

まとめ

「刑事コロンボ」の場合、犯人の紹介と完璧な犯罪描写から物語が始まらなければならない。だからラスト・シーンから書き始めることはまれだった。
レインコートの中のすべて-P.91より引用

先に「結末」を決め、その結末に向かって作品を考える「帰納法」で作られた話になります。最初からオチを決めて書きはじめるため、そのオチを最大限に発揮できる演出・設定にしやすくなるんですね。

ストーリー展開もブレることはなくなりますので、本作品のような鮮やかな結末で幕を閉じました。作中のふとした刑事と犯人のやりとりの中で、動かぬ証拠ができてしまうのは見事!

恐ろしく早い証拠づくり。俺でなきゃ見逃がしちゃうね」という、推理マニアのあなた。是非挑戦してみてください。1回目で分からなかった方は、録画しておいた2週目を見ても楽しめます。

切れ味の鋭いオチというのも魅力の1つですが、犯人の動機が後半まで伏せられて進むのも実に見事な話の運び方なんですね。最初からコロンボ警部と犯人は敵対心バチバチの状態で進む、サスペンスフルな展開で、50分以上経ってから犯人の狙いというものが浮かびあがるんですね。

開幕54秒の殺人。刑事と犯人の対決感。共犯者の殺害。徐々に浮かび上がる犯人の動機。そして僅かなやりとりから生まれた証拠。テンポ良く進み、スピード感のあるシナリオ展開は名エピソードたる由縁があります。

以上、第6話「二枚のドガの絵」でした。