刑事コロンボ 第9話「パイルD-3の壁」監督はコロンボ。シーズン1最終作品。

スポンサーリンク

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「パイルD-3の壁」より引用】

【VS.建築家】コロンボ役のピーター・フォークさんが監督した作品になります。”死体なき殺人”が焦点となるシーズン1の最終作品であり、その魅力を監督として十分に引き出しました。

テレビ局側が「もう1本コロンボの作品を作ってくれたらフォークに監督させてもいい」という交換条件で監督をしております。とばっちりを受けたのが脚本陣営で、余計に1本追加されたエピソード、第8話「死の方程式」を短い期間で制作するハメになりました。

そのあてつけで、工事現場が舞台であるこの脚本をフォークに担当してもらったようです。ただでさえうるさい工事現場。イライラして悩みながら撮影方法を探っていくだろうという目論みをもって……。

スポンサーリンク

ココが見どころ‼

〇監督がコロンボ役のピーター・フォーク。

〇殺人の描写がない。本当に殺人を犯したのか?死体はどこにあるのか?

〇根気強く役所の窓口に並ぶコロンボ警部。

〇物語の最後に、コロンボがトレードマークの葉巻を捨てる。

データ

データ:詳しく見る
脚本・ストーリー監修:スティーヴン・ボチコ

原案:ウィリアム・ケリー

監督:ピーター・フォーク

制作::リチャード・レヴィンソン&ウィリアム・リンク

音楽:ギル・メレ

本編時間:76分

公開日:アメリカ/1972年2月29日 日本/1973年8月11日

あらすじ+人物相関図

建築家エリオット・マーカムは、近未来の住宅都市となる「ウィリアムソン・シティ」の建設プロジェクトに取り組んでいた。しかし、帰国した実業家ボー・ウィリアムソンは、マーカムを罵倒し、出資を拒否する。なぜならば、ボーの妻であるジェニファーが、マーカムの才能に惚れ込んで勝手に出資をしていたからだった。

建設を続けたいマーカムは、ボーを彼の牧場で待ち伏せし銃を突きつける。彼を牧場の道具小屋へと追いやった。工事の着工記念式典の日、警察のコロンボへ「ウィリアムソン夫人から電話が入った」と、工事現場へ現れる。だが、妻であるジェニファーは連絡はしていないという。その報告者とは、前妻ゴールディからの通報であり、夫が行方不明になったという内容であった。

人物紹介

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「パイルD-3の壁」より引用】

今回の犯人:エリオット・マーカムパトリック・オニール

吹き替え声優:川辺久造(かわべ きゅうぞう)

職業:建築家

殺害方法:不明(描写はないが銃殺?)

動機:建設プロジェクトの出資を断られたため

概要:詳しく見る
概要:「高さ32階とありきたりだが、全体がオフィスではなく住居と密着。オフィスと住居が一緒になっているため第一線で活躍する人向けの住宅です」そんなビルが立ち並ぶ、”ウィリアムソン・シティ”のプロジェクトを推進する男。

「公害も事故もないシティ」というのがうたい文句でありジェニファー曰く、「完成したら全世界の建築家があっと驚くわ!」と語っている。

クラシックの愛好家であり、彼の事務所には音楽設備が整っている。また、大学でも建築学の講義を教えており内容は、ピラミッド建築について。次回の予定はバロック王朝の建築学であった。


【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「パイルD-3の壁」より引用】

今回の被害者:ボー・ウィリアムソンフォレスト・タッカー

吹き替え声優:勝田久(かつた ひさし)

職業:実業家

概要:詳しく見る
概要:拝金主義者、金の亡者といった男。「ウィリアムソン・シティ」と、自分の名がついた都市建設を金がかかりすぎると資金提供を拒否。名誉よりも金を重視した。マーカムの事務所にあった都市模型をバラバラにして、さらに罵倒したあげく頬にビンタまでしてみせた。

仕事の内容は不明ではあるが世界中を飛び回っており、最後の仕事先はパリであった。現在の妻はジェニファーであるが、前妻のゴールディとの連絡は続いている。ジェニファーに連絡はしないが、次の仕事先に向かう際、ゴールディに必ず連絡を入れているとのこと。

ウェスタン音楽好きであり、以前クラシック音楽を妻から勧められたが、功をなさなかった様子。競走馬のオーナーでもあり、ウェスタン音楽好きの延長線上か。

かなりパワフルで活気の強い人物であるが、心臓にペースメーカーを装着している。1年に1回、モス博士のもとで電池交換を行っている。性格も性格なため、血圧の上がり下がりによる心臓への負担が心配である。

犯行計画

ボー・ウィリアムソンを行方不明にすることで、財産権は一時的に妻に移る。出資を断られなくなるため、建設を続けられる。

①ウィリアムソンの牧場で彼を待ち伏せ。拳銃で脅し小屋へ誘導する。

②遺体を隠すことで生存しているかのように見せかける。ウィリアムソンが死亡したと判明したら遺産は信託扱いとなり、妻でも引き出せなくなってしまうため。

③パスポートやスーツケースを処理し、ウィリアムソンの車で空港へ移動。海外出張へ見せかけた。

コロンボの疑問点

〇ウィリアムソンはウェスタン音楽好き。しかし車の音楽チャンネルはクラシック専門の局へ変更になっていた。

〇海外出張の可能性もあるが名簿に名前がなかった。「世界を股にかけて商売をしているため、安全面の配慮のため偽名を使って搭乗した」とマーカムは否定。

〇海外へ出張したとされる日。ペースメーカーの電池交換日であり、モス博士に予約をとっていた。なぜ連絡もなしにキャンセルしたのか?

三幕構成

まとめ

物語の途中コロンボは、モス博士に健康診断を受けさせられます。「葉巻はやめなさい」と注意勧告を受けてしまうのです。マーカムを逮捕したあと、コロンボは葉巻を取り出して一服しようとしますが、思いとどまり葉巻を地面に捨ててしまうのです。

コロンボのトレードマークである葉巻を捨てる。これはコロンボ演じるピーター・フォークによる、刑事コロンボという物語の終わりを意味しているのだと感じました。でも、シーズン2では禁煙は実らなかったようで、スパスパと葉巻を吸っています。

他作品になりますが、2018年10月17日、10月24日に放送された。「相棒17:ボディ」は、犯人視点から進む倒叙形式の作品になっていました。その作品の基礎になったのも、この「パイルD-3の壁」のアイディアにオマージュされたようでした。

以上、9話「パイルD-3の壁」でした。