刑事コロンボ 10話『黒のエチュード』指揮者による殺人

【VS.指揮者】第2シーズンの開幕エピソードであり、96分と通常よりも20分多く設定されています。コロンボの愛犬”ドッグ”の初登場回でもあります。犯人アレックス・ベネディクトは、コロンボと対峙中も常に笑みを絶やさない男であり、難き殺人犯として登場します。

完全犯罪を目指して念入りな計画を立ててきたようですが、”とんでもないミス”を犯しています。犯行現場に胸へつけていた花を落としてしまうんですね。後に犯人がその花を見つけた時に、合成で編集された映像がサングラスへ映り込む演出はユニークです。「指輪の爪あと」のブリマーの証拠隠滅シーンを思い出しました。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る
脚本:スティーヴン・ボチコ

原案:リチャード・レヴィンソン&ウィリアム・リンク

監督:ニコラス・コラサント

制作::ディーン・ハーグローグ

ストーリー監修:ジャクスン・ギリス

音楽:ディック・デ・ベネディクティス

本編時間:96分

公開日:アメリカ/1972年9月17日 日本/1974年4月6日

あらすじ+人物相関図

黒のエチュード

南カリフォルニア交響楽団の指揮者アレックス・ベネディクトには妻ジェニスがいたが、楽団のピアニストのジェニファー・ウエルズと愛人関係にあった。彼女は愛人関係を暴露するか離婚を迫る。ジェニスの母親リジ-・フェイルディングは楽団理事長であり、この件がバレれば楽団からの追放を意味していた。

ロスでのコンサートの当日、本番前に楽屋から抜け出したアレックスは、自動車修理工場に忍び込み、預けていた愛車でジェニファーの自宅まで移動する。ジェニファーを灰皿で殴り気絶させると、キッチンへ運び出す。ガス栓を開くと、用意していた遺書をタイプライターへセットした。彼女はガスで自殺したように偽装をしたのだった。

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

アレックス・ベネディクト

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「黒のエチュード」より引用】

今回の犯人:アレックス・ベネディクトジョン・カサヴェテス

吹き替え声優:長谷川哲夫(はさがわ てつお)

追加吹き替え:坂脩(さか おさむ)

職業:南カリフォルニア交響楽団指揮者

殺害方法:ガス中毒死

動機:口封じ

概要:詳しく見る
南カリフォルニア交響楽団の指揮者である男性。楽団ピアニストのジェニファー・ウルズとは愛人関係にあり、彼女から関係の暴露or妻との離婚を迫られる。妻ジェニスの母親は楽団理事をしており、発覚すれば楽団から追放されてしまう。そのため、自殺に見せかけた殺人を行った。

指揮者としてコンサートや、映画音楽に使用する楽曲の指揮も行っている。コンサートでは、いつも妻が摘んだカーネーションをタキシードにつけステージに上がっていた。指揮者の傍ら、ジュリアード音楽隊の講師もやっていたようで、トランぺッターのポールとはそこで出会った様子。

俳優仲間も多いようで、ロサンゼルスのコンサートでは画面に華を添えるために、俳優たちに招待状を送っていたようだ。自宅は72万ドルの豪邸であり、愛車は『ジャガー Eタイプ シリーズ2 2+2クーペ』である。(1973年9月1ドル=301円:2億1千6百72万円)


ジェニファー・ウエルズ

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「黒のエチュード」より引用】

今回の被害者:ジェニファー・ウエルズ(アンジャネット・カマー)

吹き替え声優:芝田清子

職業:ピアニスト

概要:詳しく見る
ピアニストの女性。パンフレットによると、ロンドンの天才ピアニストであり美人でスタイルも良い。ペットとしてインコの『ショパン』を飼っている。なお、インコも部屋に充満したガスにより死亡しており、最初で最後の動物の死者となった

近所に住む幼女オードリーとは仲が良く、旅行中はインコの世話をお願いしていたようだ。見返りとして、オードリーは男の扱い方を教わっていた様子。男の扱い方をレクチャーしていたものの、愛人関係にあったアレックスを上手く扱うことはできなかったようである。

かつて、楽団のトランぺッターであるポール・レフキンと交際をしていたようだが、彼女から交際を辞め、良い友達関係としては続いていたそうだ。理事長のリジー曰く、「(ピアノ演奏)ショパンの腕はたしか。コンサートになるといまいち」と、合奏が苦手な様子。

犯行計画/トリック

【自殺に偽装】

①アレックス・ベネディクトは、愛車の調子が悪いと自動車修理工場に預ける。工場内のトイレの鍵を開けておき、妻からコンサート会場に車で連れて行ってもらった。会場では、20時まで楽屋にいるとスタッフへ伝え、面会も電話もしないように告げた。

②楽屋を抜け出して、会場近くの自動車修理工場へ徒歩で移動する。終業時刻を迎えた工場内にトイレから侵入すると、預けていた愛車でピアニストであるジェニファーの自宅に向かった。

③ジェニファーを灰皿で殴打し気絶させる。キッチンへ運ぶと、ガス栓を開きガスによる中毒で殺害する。用意していた遺書をタイプライターにセットして楽屋へ戻った。コンサート開始時間になってもジェニファーは現れないため、スタッフは警察に通報する。コンサートが終わる頃には遺体で発見された。

推理と捜査(第2幕まで)

ネタバレ注意!
〇被害者は順風満帆な人生であり自殺は考えられない。自殺するのなら、なぜ大切にしていたペットのインコを逃がさなかったのか?

〇タイプライターには遺書がセットされていた。だが、セットされた遺書の文字の位置が、タイプの位置と合わない。殺害されてからセットされたと考えられる。

〇自動車修理工場に預けていたアレックスの車の走行距離が15キロ増えていた。工場から被害者の自宅まで往復して丁度15キロだった。

三幕構成

小ネタ・補足

〇犯人の妻ジャニス・ベネディクトの役者は『ブライス・ダナー』氏である。吹き替え声優は『赤沢亜沙子』氏が担当した。

コロンボ警部の年収は、『1万1千ドル』らしい。
(1973年9月1ドル=301円:331万1000円)

〇本作は96分だが、75分バージョンが存在する。視聴方法は、Blu-rayの特典映像/ディアゴスティーニの定期購読で付属した特別DVDのみである。個人的な意見としては、印象に残ったシーンががっつりとカットされているので悲しい。

〇コロンボ警部の愛犬『ドック』が初登場するエピソードで、犬種は「バセット・ハウンド」だ。

〇刑事コロンボの日本語吹き替え訳を担当した翻訳家「額田やえ子」氏は、コロンボの愛犬『ドッグ』が一番好きなキャラであると、著書『アテレコあれこれ』の「わがヒーローたち」の章節で、綴っている。

まとめ

5分~コンサート会場のカメラ位置を調整するようシーンがあるのですが、犯人がピアノ側が映るカメラをずらすように指示しています。殺害を実行するので、ピアニストがもう来ることはないこと意味しているんですね。2週目で観たりするのも面白いエピソードです。

なんといっても、ジャニス・ベネディクトを演じた「ブライス・ダナー」氏がお美しい。青い瞳が印象的で、献身的に夫を支える良妻賢母なのですが、優し過ぎたのでしょうか? 愛人関係をもった被害者ジェニスより魅力的な人物に見えましたが、音楽家同士でどこか通ずるものがあったのでしょう。

このエピソードでは、個人的に大好きな台詞が登場します。日本でも平均寿命が延びておりますが、大事なのは健康寿命です。『ピンピンコロリ(健康で、病気や寝たきりにならずに老衰)』が理想ですよね。日ごろの生活を見直すのも大切です。

コロンボ
「自殺は嫌だねぇ…殺しと違って自殺は悲しい。人間はさぁ、寿命まで生きるべきだよ」

以上、10話「黒のエチュード」でした。