刑事コロンボ 第12話『アリバイのダイヤル』一度は考える?氷と電話の完全犯罪

【VS.ゼネラルマネージャー】あなたはミステリー小説を創作したことがありますか?思いついたりするトリックが、”完璧なアリバイ”があり””を使った殺人ではないでしょうか。このエピソードはまさにそれを駆使した計画殺人なのです!

また、今作は”アリバイ崩し”がコンセプトです。

「自縛の紐」「ビデオテープの証言」「5時30分の目撃者」の解決もアリバイ崩しではありますが、現場不在の証明をするのではなく、現場存在の証明をする解決方法

「愛情の計算」「ルーサン警部の犯罪」はアリバイ工作したのに、違うところから詰めていく……ー刑事コロンボ完全捜査ブックーより

そのため、純粋なアリバイ崩しは69作品のうち「アリバイのダイヤル」「仮面の男」の2作品に限られます。

スポンサーリンク

ココが見どころ‼

〇犯人役にロバート・カルブ再び登場!(第2話「指輪の爪あと」)

〇犯人が変装時に鏡を見て微笑む姿。犯行後に車でアイスを食べる姿

〇コロンボ、プールで革靴をダメにする。「その靴いくらですか?」と聞いたのは、ピーター・フォークのアドリブだそうです

〇コロンボ警部が大好物のチリに手を付けない。そのまま食器を下げられてしまう

データ

データ:詳しく見る
脚本:ジョン・T・デュガン

監督:ジュレ三―・ケイガン

制作::ディーン・ハーグローグ

ストーリー監修:ジャクスン・ギリス

音楽:ディック・デ・ベネディクティス

本編時間:74分

公開日:アメリカ/1972年11月5日 日本/1974年5月18日

あらすじ+人物相関図

フットボールチーム《ロケット》のゼネラル・マネージャーであるポール・ハンロンは、ワグナー・スポーツの2代目社長エリック・ワグナーの殺害を計画していた。

「世界最大のスポーツ大国の実現」という亡くなった初代社長の夢を達成したい。そのためには無能なうえ、やる気のないエリックを殺害し会社を乗っ取ることで、さらなる事業拡大という野心があったからだ。

フットボールの試合中にボックス席から抜け出したポールは、電話を使ったトリックを用いて自身のアリバイを作った。そのうえで、自宅のプールで泳いでいたエリックを氷塊で殴り気絶、溺死させる。プールでの事故死に偽装したのだった。

人物紹介

今回の犯人:ポール・ハンロン(ロバート・カルプ)

吹き替え声優:梅野泰靖(うめの やすきよ)

職業:ゼネラル・マネージャー

殺害方法:氷塊で殴り気絶、プールで溺死させる。

動機:初代社長の夢の実現のため自身が会社を引き継ぎ、更なる事業の拡大を図りたい。

概要:詳しく見る
概要:最初は広報担当としてワグナー・スポーツに入社した。初代社長の死後は、2代目社長のエリックの補佐役として会社の実権を握る。また、ゼネラル・マネージャーとしてスポーツチームへの監修も務めるようになる。

手腕は確かなもので、バスケットチームを買収したり、スタジアムを2つ増築。エリックのために200万円を稼ぐなどしている。物語の冒頭では、嘘かは不明ではあるが、カナダのホッケーチームの買収のため、エリックに署名をさせる名目で電話をしている。

ロケットのコーチやワグナー家の弁護士からは、あまり快く思われていない。弁護士のウォルター・キャネルが盗聴器を仕掛けていることに気が付き、それをアリバイ工作に利用している。

誰かと話している最中にもラジオでスポーツ中継を聞いている。しかし、自身の痛いところを突かれるとラジオの電源を切る癖がある。


今回の被害者:エリック・ワグナーディーン・ストックウェル

吹き替え声優:森功至(もり かつじ)

職業:ワグナー・スポーツ社長

概要:詳しく見る
概要:酒に女性とプレイボーイとのこと。会社の運営などは全てポール・ハンロンに一任しており、自身は遊び惚けている。書類に署名する際などには、社長として記名はしている様子。

ホッケーチームの買収するとポールから話を聞いた際には「寒いのは嫌だぜ」と、面倒な臭そうに言っている。

ロケットのコーチがエリックが亡くなったと聞いた際には心底驚き、コロンボが去った後にはベンチに腰を下ろして落胆した姿を見せ、妻も取り乱すなどした。事業拡大の野心はないものの、人望的には長けていたのではないだろうか。

犯行計画

①試合中にアイスクリーム屋に変装し会場の外へ移動する。途中で公衆電話からエリックに電話をする

②電話の最中にラジオをつけており、会場のボックス席にいるように偽装。エリックにプールで眠気を覚ますように促す

③プールで泳いでいるエリックを氷塊で殴り気絶させる。その後、溺死。

④プールサイドに水を撒く。ジャンプ台から足を滑らせ、打ちどころが悪くそのまま溺死したと事故死に偽装


電話のトリックによりアリバイが完璧だとわかるまで、52分と時間がかかります。そのため、物語冒頭でなぜラジオをつけて電話などしているのなど、構成上で不親切な面も見られます。この点が、やや作品の評価が下がっているポイントでもあります。

コロンボの疑問点

ネタバレ注意!
〇プールの水は塩素系。しかしプールサイドに巻かれていたのは水道水。誰かが水撒いていった。

〇ポールへ殺人の可能性があると伝えると、無意識の内にラジオの電源を落とした。

〇ポールは試合が始まる前は不機嫌であった。しかし、フットボールチームのミスが多かった前半戦にはポールの機嫌はなおっていた。

〇エリックの自宅近くでアイスクリーム屋を目撃した子供がいる。しかし、その時間帯にはアイスの会社は販売を行っていない。スタジアムで販売を行っている。


20:55~コロンボとポールの初対面時、エリックの死は殺人の疑いがあることをポールに話したとき、「急にラジオを切ったのを見てピンときた」とコロンボは最後に述べています。この時点からコロンボはポールが犯人であるとロックオンしていたのでしょう。

三幕構成

まとめ

本当に狙いは会社の事業拡大?実質的な会社の運営はポールに一任しています。社長であるエリックも誰からも嫌われてはいないし、ポールを信頼しています。署名だって断らなかったし、協力的な姿勢です。

ポールの本当の狙いは、エリックの妻であるシャーリーだと考えると面白い。作中での言及はなないものの、精神的に参っているシャーリーをポールは献身的に支えています。さらに、シャーリーは盗聴の一件後、信用していた弁護士に距離を置きポール側へ寄っています。

頼れる存在は会社の腹心として支えたポール・ハンロンだけ……こんな構図が出来上がってしまう殺人計画に思えますね。

以上、12話「アリバイのダイヤル」でした。