刑事コロンボ 第18話「毒のある花」奇跡のシワ取りクリーム!ご利用と殺人も計画的に…

【VS.化粧品会社社長】シーズン3の開幕エピソードです。女性と男性のどろどろとした愛憎劇になっております。犯人であるビベカ・スコットは若い男性に手を出しまくっており、被害者は過去に捨てられた男性です。

刑事と犯人の直接対決感というよりは、ドラマ性が高い作品になります。女性犯人だとそういったエピソードが多いですね。

 

スポンサーリンク

ココが見どころ‼

〇視聴者のミスリードを誘う演出。

〇犯人が被害者の自宅にある雑誌に素手で触ってるけど、指紋は検出されない……(演出ミス)

〇49:00~マーチソン博士と女性マッサージ師の会話のやりとりが良い。「助けてくれーそこの人ー~女が世界征服を目指したらー」「今さら何言うの!もう征服済みよ」

データ

データ:詳しく見る
脚本:ストーリー監修:ジャクスン・ギリス

原案:ミルナ・ベルコヴィッチ

監督:ヤノット・シュワルツ

制作:ダクラス・ベントン

音楽:ディック・デ・ベネディクティス

本編時間:74分

公開日:アメリカ/1973年9月23日 日本/1974年9月14日

あらすじ+人物相関図

化粧品会社「ビューティー・マーク」の社長であるビベカ・スコットの会社の経営は右肩下がりであった。そこで新商品の開発に力を注ぎ、「ミラクル」という、何の副作用も無しにシワが取れるというクリームの開発に成功した。

しかし、マーチソン博士の最終テストの結果。それは検証結果のミスであり、開発したシワ取りクリームには何の効能もないことが明らかとなった。その後、産業スパイとしてライバル会社に送り込んでいた、シャーリー・ブレインから、ある報告を受ける。その報告とは、スミスという男がクリームの分子式を売り込みにきたということだった。

そのクリームを老婆に塗って見せると、瞬く間にシワが消え去った。ビベカは心当たりのある人物をすぐに思いつく。それは、元恋人のカール・レッシングだった。ビベカは彼の自宅に赴き、そのクリームの分子式を買い戻す交渉を行う。

カールは1度は了承したように見せて、それを拒絶。ビベカに対して、女性としての魅力などはすでに感じていないと嘲笑った。これは彼の、別れを告げられた復讐だったのだ。ビベカは逆上し、近くにあった顕微鏡を掴むと彼を撲殺。クリームのサンプルを持ち出し、その場を後にした。

人物紹介

今回の犯人:ビベカ・スコットヴェラ・マイルズ

吹き替え声優:伊藤幸子(いとう さちこ)

職業:化粧品会社社長

殺害方法:撲殺(顕微鏡)

動機:逆上したため。クリームのサンプルを入手するため。

概要:詳しく見る
概要:化粧品会社「ビューティー・マーク」の社長。会社の経営は右肩下がりなようで、新製品が当たったのは2年前が最後の様子。コロンボ警部のカミさんは、この会社の化粧品を愛用している。その為コロンボも常にこの会社の製品を見ているようで、製品に印刷された彼女の顔と名前を記憶していた。

若い男性好きであり、会社内の男性社員に手を出しまくっていた。今回の被害者カール・レッシングもその1人である。すぐに自分から振ってしまうようで、恋をすることが1番の美容とはよく聞くものである。

カールから取り戻したシワ取りクリームのサンプルを、彼女は満足そうに自分に使用している。美容保持のため、この「ミラクル」と名付けたクリームの完成を望んでいたのはお客だけではなく、自分自身だったのかも知れない。

化粧品会社の他に、1日200ドル(1ドル=265円 5万3千円)の健康管理のフィットネスクラブを別地で行っている。ホクロは黒い眉墨のハイブローペンで書いている。好みの酒は、テキーラ・カクテル。個人としての話になるのだが、タレントの上沼恵美子(かみぬま えりこ)氏に似ていないだろうか?どうでしょう。


今回の被害者:カール・レッシングマーティン・シーン

吹き替え声優:伊武雅刀(いぶ まさとう)

職業:化粧品会社開発員

概要:詳しく見る
概要:化粧品会社「ビューティー・マーク」の開発員。安月給であり本業のかたわらに、化学式を解析する仕事もしていた。ビベカ・スコットとは以前恋人関係にあり、捨てられたことに対して恨みを抱き、彼女の顔写真をダーツの的にするほどである。

同僚の開発員によると、「人付き合いが良いほうじゃない。今に見てろっていう感じで、女の子と浮かれ歩くよりもでかい目的があったんじゃないか?」と語っている。まさにその通りであり、ビベカに振られた日から着々と復讐の準備を進め、マーチソン博士の助手を務める。

そして、マーチソン博士の最終テストの結果を偽装して、奇跡のシワ取りクリーム「ミラクル」を失敗作に見せかけて、その分子式とサンプルをまんまと盗み出したのだ。ラング社長の秘密の直通電話番号も調べ上げ、いつでも売れるようにもした。一度売り込みにいったものの、シャーリー・ブレインに阻まれている。その際使用した偽名は、ハリー・スミスである。

そこまで努力を重ねた彼のビベカ・スコットへの復讐は、ビベカが「昔のような関係をより戻しましょう…」と言ったことに対して、一度は了承する。そして、「だが断る」ことであった。上げて落とす!これがやりたかったのである。

もし、このまま無事でいたならばライバル会社のデビット・ラング社長に20万ドル=5千1百20万円で「ミラクル」の分子式が売れていた様子。パリのジョージセヨ、リベエラの一流ホテルで1週間。航空機はジャンボのファーストクラスで祝杯を挙げる予定だったようだ。


今回の被害者:シャーリー・ブレイン(シアン・バーバラ・アレン)

吹き替え声優:芝田清子(しばた せいこ)

職業:社長秘書

概要:詳しく見る
概要:化粧品会社の社長であるデビット・ラングの秘書。ビベカ・スコットにより買収されており、スパイとして活動をしていた。重度のヘビースモーカーであり、灰皿のタバコの量から1日2箱以上(40本)は吸っていると思われる。この愛煙家ぶりを利用され、毒入りのタバコを吸い、車の運転中に事故死してしまった。

ビベカ・スコットへの働きぶりは実に有能であり、カール・レッシングが持ち込んだ化粧クリームのサンプルを回収。ひとまず引き返させた(社長は秘密の直通電話を教えていたようだが)。また事件の真相を掴み、ビベカが犯人としてコロンボが疑っていた際には、嘘の証言(カールは面接に来ていない)を言い捜査をかく乱させた。

しかし、もっとお金を稼ぎたいという欲も強くあり、このことをネタにビベカをゆする。口封じのために殺害されてしまうことになった。

犯行計画

※計画的な犯行ではありません。ほとんど成り行きに任せています。

①逆上し顕微鏡でカール・レッシングを撲殺。

②化粧クリームのサンプルを持ち出し、その場を離れる。

③シャーリー・ブレインに事件の真相を掴まれると、彼女のタバコを毒入りのタバコにすり替える。車の運転中に事故死を引き起こさせた。

コロンボの疑問点

ネタバレ注意!
〇カール・レッシングの自宅にある小麦粉が入っていた缶の底に、八角形の跡がついていた。→その後、ビューティー・マーク社の試作品のサンプル瓶も八角形であった。

〇犯人は女性である。カール・レッシングの自宅にあった雑誌に、黒色の眉墨のペンシルで数字が書かれていた。ビベカは黒色の眉墨を持っており自分でホクロを書く。そして彼女は最初は持っていないと否定した。

〇人事部のファイルのなかで、カール・レッシングだけが逆さまになっており誰かが見た。

〇カール・レッシングの自宅に、ビベカ・スコットの顔写真をダーツの的にしていた。

〇カール・レッシングは預金残高がほとんどない。しかし、パリへのファーストクラスの旅行を計画していた。カールには大金が入る予定があった。

〇ラング社長はカールの死を知ると、20万ドルの小切手を銀行に戻していた。

〇コロンボはドクヅタで手がかぶれていた。ビベカ・スコットもまた、手がかぶれていた。どこで2人はドクヅタを触ってしまったのか?

※一度は黒い眉墨を持っていないと言っていたのに、コロンボからホクロのことを聞かれると観念したのか、ビベカは自分から黒い眉墨を持っていると証言しています。この時点で犯人という確かな核心を掴んだと思います。

ダーツの的にされていて、眉墨は女性が持っているということでも、ビベカは早々とロックオンされていますね。

三幕構成

まとめ

計画的な殺人ではないため、犯人であるビベカ・スコットの犯行に繋がる手掛かりが多いです。コロンボの「ホクロ」に関しての質問に対して、自分から犯人ですと言っているような返しは、対決感というものが薄れてしまいますね。

刑事VS犯人というよりは、犯人側のドラマといったストーリー展開です。正直、分かりにくい複雑なストーリー展開です。しかし、それを補うように役者の演技力というのが光ります。

以上、18話「毒のある花」でした。