刑事コロンボ 21話『意識の下の映像』サブリミナル効果を駆使した斬新なトリック

スポンサーリンク

【VS.心理学者】なぜ犯人は狙って被害者を部屋から出すことができたのかこのトリックが斬新です。犯人は心理学の権威でもあり、人間の意識調査を研究するプロフェッショナルだけあります。

犯人役としては、3回目のロバート・カルプさんの登場です。高圧的であり自信満々。スタイリッシュな役柄にピッタリです。残念ながら犯人役としてはこれにて終了となります。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る
脚本:スティーヴン・J・キャネル

監督:リチャード・クワイン

制作総指揮:ローランド・キビ―&ディーン・ハーグローヴ

音楽:ディック・デ・ベネディクティス

本編時間:74分

公開日:アメリカ/1973年12月16日 日本/1974年8月10日

あらすじ+人物相関図

意識の下の映像 人物相関図 刑事コロンボ心理学の権威で意識調査の専門家バート・ケプルは、販売を促進するためのCMがどのような効果をもたらすのか、人の動きや意識を調査して宣伝材料を作る会社を経営していた。一方でキャンペーンガールのタニア・ベーカーに、男性顧客の弱みを握らせる脅迫を行い事業拡大の資金を集めていた。

会社の営業マンの意欲向上のための動画制作を依頼してきた、産業会社社長ビック・ノリスも、ハニートラップに掛かってしまった。だがビックは脅しに屈せず、脅迫の事実を暴露すると話しため殺害を計画する。それは、試写会中にビックの潜在意識に働きかけることだった。

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

バート・ケプル

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「意識の下の映像」より引用】

今回の犯人:バート・ケプルロバート・カルプ

吹き替え声優:梅野泰靖(うめの やすきよ)

追加吹き替え:小島敏彦(こじま としひこ)

職業:意識調査研究所所長

殺害方法:①射殺(22口径変換装置を装着した拳銃)②射殺

動機:①②口封じのため

概要:詳しく見る
意識調査研究所所長の男性。事業拡大の野心があり、多くの資金を集めるため会社のキャンペーンガール「タニア・ベーカー」に、既婚している男性顧客と不倫させ、それをネタに脅迫を行っていた。依頼人の産業会社社長ビック・ノリスは脅しには屈せず、この事実をマスコミにリークすると話したため、潜在意識に働きかける『サブリミナル効果』を利用した殺人で永遠に口を封じた。

心理学の権威でもあり多数の著書を出版する。著書のタイトルは、『宣伝と動機づけされた販売』『刺激による意識調査と宣伝における価値』「『人間の価値VS人間の動機』『心の糸のとその引き方』などである。最初に出版したのが、「人間の価値VS人間の動機」らしい。

人の行動や意識を研究しており宣伝業界に利用している。モチベーションを挙げるためのプロモーションビデオの製作など、映像事業も取り扱っているようだ。エピソード中タニア・ベーカーは出てこない。試写会時に映像として流れた、「なだらかな曲線美」として映ったのが彼女なのだろうか。

武器収集家でもあり、自室の壁一面には銃器が飾られている。どれも手入れは怠っていないようで、すぐに発砲できる状態である。銃器だけではなく、『ククリ』という刃物も飾られていた。これはナイフや鉈、刀のように使えるネパールの武器である。

単なる収集家ではなく、射撃の腕はプロ級である。被害者となるビック・ノリス、ロジャー・ホワイトを一発で心臓を撃ち抜き射殺する。また、ビック殺しの際には、相手が倒れる前に颯爽と横をすり抜けるなど、視聴者にスタイリッシュな足運びを魅せてくれるのは必見である。

ゴルフのプレー最中にコロンボがやって来て犯人だと言われる。しかし物的証拠がないコロンボに掛けた言葉は、「勝つには最後までゲームを捨てないことだ」である。なお、コロンボの登場に動揺していたのか、ゴルフのショットはボロボロであった。


ビック・ノリス

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「意識の下の映像」より引用】

今回の被害者①:ビック・ノリスロバート・ミドルトン

吹き替え声優:小瀬格(おせ いたる)

職業:ノリス産業社長

概要:詳しく見る
産業会社社長の男性。会社の営業マンたちの意欲向上のため、プロモーションビデオの製作をケプルに依頼していた。だが、タニア・ベーカーに色仕掛けされてしまい、それをネタに脅迫を受ける。だが脅迫には屈せず、試写会後の会議ではバート・ケプルのクビを切ることを議題としていた。

大好物はキャビアであり、ケプルが用意したものはイラン王室から送られてきた1缶80ドルの高級なものであった。(1973年12月:1ドル=280円 80ドル=22400円)


ロジャー・ホワイト

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「意識の下の映像」より引用】

今回の被害者②:ロジャー・ホワイト(チャック・マッキャン)

吹き替え声優:三宅康夫(みやけ やすお)

職業:映写技師

概要:詳しく見る
映写技師の男性。研究所の映写技師として働いているおり、いつもより早く現場入りしていたため、バート・ケプルの行動に不信を抱く。いち早くサブリミナル効果を利用したトリックを見破り、これを脅しのネタに金銭を要求したことで、口封じのために殺害されてしまった。

研究所の映写技師として働くかたわら、マグノリア劇場でもアルバイトをしている。不動産の資格をとる勉強をしており、値上がりしそうな土地はすでに見つけているがそれには資金が必要となるため、ケプルから金銭を貰おうと考えたのだ。

金額は『5万ドル』である。母が病気をしており、楽をさせてあげたいという思いもあったのだ。方法と手段は必ずしも一致しない。彼は判断を誤ってしまったのだ。(1973年12月:1ドル=280円 5万ドル=1400万円)

仕事柄、映画は見飽きているようで、フィルム交換の時間までは不動産の勉強本を読んでいる。フィルムの後ろの方にコインを仕込むことで交換の合図がわかるようにしていた。コインが床に落ちれば、次のフィルム交換のタイミングだと分かるのである。いつも仕事の時にはアイスティーと、おやつにレーズンを用意していた。

犯行計画/トリック

【婦人の犯行に偽装】

①バート・ケプルは、試写会のフィルムに『アイスティー』の画像を1枚差し込む。映写室にあるモニターを映らないように細工すると、犯行時刻に映写技師ホワイトから殺害の瞬間を見られないようにした。

②ケプルはノリス婦人に電話を掛ける。夫がタニア・ベーカーという女性と不倫関係にあり、不倫現場の写真を撮ったと話す。証拠を見せるため、40分後(犯行時刻)に、マグノリアという店に来るように伝えた。

③ビック・ノリスが試写会場に到着すると好物のキャビアを振る舞う。キャビアは塩辛い味付けにしている。試写会が始まると、ケプルはナレーションを務めるため舞台裏にいる。途中で録音機に吹き込んでおいた自分の音声に引き継ぎ、裏口から別室に移動。モニターで東側ロビーの様子を見守る。

④場内は空調の電源を落としており温度が高い。先程ノリスは塩辛いキャビアを食べたため喉が渇く。サブリミナル効果を狙った『アイスティー』の場面に差し掛かると、無性に水が飲みたくなってきて廊下に出た。

⑤ビックが水を飲みに東側ロビーに出たのをモニターで確認すると、ケプルは彼を射殺する。再び、舞台裏に戻って、録音機のナレーションから引き継ぐ。試写会後に、ノリスの遺体が発見されると録音機を作動させ、吹き込んでいたナレーションのデータが消えた。

⑥犯行時刻、ノリス婦人はマグノリアに出向いておりその時間のアリバイがない。彼女が犯人の線で捜査を進めさせた。

【映写技師ロジャー・ホワイトに事件の真相を掴まれる】

①映写技師ロジャー・ホワイトから事件の真相を掴まれてしまったため、殺害を決意する。ノリス婦人の自宅に侵入して拳銃を盗み出す。ホワイトのバイト先であるマグノリア劇場で彼を射殺した。

②映画フィルムの交換を行っ後にコロンボと会話しており、フィルム交換はホワイトが行ったことになれば、その時間帯のケプルのアリバイが立証される。凶器として使用された拳銃のシリアルナンバーはノリス婦人の物と一致しており、彼女が事件の真犯人であると改めて罪を擦り付けた。

推理と捜査(第2幕まで)

ネタバレ注意!
〇映写室にモニター画面には、犯行現場の廊下が映っていなかった。内部の人間が細工した可能性がある。

〇ケプルはノリス婦人が犯人だという。実際に夫人にはアリバイを立証する証人はいない。夫人は真実を話し彼女が犯人ではないと感じる。「もしウチのカミさんが犯人だとしても、もう少しましなアリバイを考える」

〇ケプルは、映画の上映後に顧客からの感想を録音機で収音するという。録音機に入っていた音声は、廊下で遺体を発見した時のもので、普通ならば混乱して作動できない。さらに、上映したフィルムは、殺人事件の直後に金庫にしまうように指示しており、普通ならそこまで気が回らない。

〇コロンボが盗み食いしたキャビアはとても塩辛かった。高級なのに不味い味付けである。

〇殺害された映写技師ホワイトは、フィルム交換の合図に、フィルムの最後の方にコインを挟んでいた。犯行現場にはコインが落ちておらず、そのことを知らなかった人物がフィルムを交換したのではないか? そうなるとケプルのアリバイは成立しない。

〇ケプルはタニア・ベーカーという女性を知らないと話した。コロンボが何度電話を掛けても出なかったのに、料金先払いでケプルの名前を語って電話を掛けると、着信に応答した。しかも、相手の女性は「違う声だわ」と言って切った。2人は声を良く声を聞く関係にある。

三幕構成

小ネタ・補足

〇『サブリミナル効果』とは、例えば『釣り』の動画を見ている人がいるとする。その釣りの動画の中に、人間が視認できないような速度で『コーラ』の1コマを入れるとする。すると、釣りの動画を見ているだけなのに、無性にコーラが飲みたくなってくるのである。目で視認できずとも、人間の脳はそれを一瞬だけとらえており、意識下には映像が流れているのだ。

サブリミナル効果は、今エピソードをアメリカで放映時にはすでに法律で禁止されていたようだ。また、日本でも1995年に禁止されている。実際のところ、効果自体が確かなものかは不明なようだ。

〇犯人『パート・ケプル』は銃の扱いが長けている。ノベライズ版によると、オリンピックの選手であった過去が語られており、近代五種競技(射撃・フェンシング・水泳・馬術・ランニング)で金メダルを獲得していたようだ。

また、犯人を演じた『ロバート・カルプ』氏は、かなりのガンマニアだったようで、多数のコレクションを所有していたそうだ。

〇余談ではあるが、世にも奇妙な物語で『サブリミナル』というエピソードがある。超高齢社会に陥った日本が、コマーシャル映像に65歳以上は自殺するように促すサブリミナルを仕組んでおり、その真相を突き止めようとする新聞記者の話である。

まとめ

職業とトリックに一貫性があり、『サブリミナル効果』を駆使した殺人というのは面白いシナリオなんですね。犯人に対して、トリックをそのままお返して事件を解決する。やり返しがこのエピソードの魅力の1つだと感じます。

これには犯人も強がって、「自分のおかげだ」と言っていますが、よーく見ると涙目なんですね。『証拠』はコロンボ警部も発見できそうな場所に隠されていました。ただ、これはコロンボ警部が発見しちゃダメで、犯人自身に見つけさせることに意味があります。

最後のシーンで、コロンボだけではなくカメラマンも隠れていました。あくまでも、犯人自身が見つけた瞬間の現場写真を抑える必要があったんですね。

以上、21話「意識下の映像」でした。