刑事コロンボ 28話『祝砲の挽歌』犯人の信念とラストの余韻が美しい

【VS.陸軍幼年学校校長】古畑任三郎の脚本家:三谷幸喜さんの1番好きなエピソードです。学校という閉鎖的な舞台のなかで進み、98分間と長編エピソードに属してますが、無駄がありません。

犯人役にはパトリック・マクグーハンで、コロンボ史上最多の4回犯人役として登場する名犯人役です。冒頭は6分30秒以上無言のままエピソードが進行するという緊張感のあるはじまり方は、物語に期待感が沸き起こります。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る
脚本:ハワード・バーグ

監督:ハーヴェイ・ハート

制作:エヴァレット・チェンバース

制作総指揮:ローランド・キビ―&ディーン・ハーグローヴ

ストーリー監修:ピーター・S・フィッシャー

音楽:バーナード・セイガル

本編時間:98分

公開日:アメリカ/1974年10月27日 日本/1976年1月10日

あらすじ+人物相関図

祝砲の挽歌 人物相関図ヘインズ陸軍幼年学校校長ライル・C・ラムフォード大佐は、陸軍学校の理事ウイリアム・ヘインズの殺害を計画していた。学校経営が赤字続きであり、陸軍学校を閉鎖して男女共学の短期大学に作り替えようとしているからだ。

ラムフォードは早朝に、砲弾の火薬を爆発力が強い物に詰め替える。グラウンドに設置されている大砲の砲口に布を詰め込んだ。今日は開校記念日であり大砲で祝砲を放つのだ。ウイリアムが校長室に来ると、ラムフォードは少し扉を開けて秘書に会話のやり取りが聞こえるようにした。

わざとウイリアムを怒らせると、「自分が式典を仕切る」と誘導させる。開校記念の式典が始まり、ウイリアムが祝砲を放つと、ラムフォードの細工で大砲と共にウイリアムは爆死した。古い大砲で事故が起きる可能性も高く、事件は事故として捜査が開始されることになるのだった。

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

ライル・C・ラムフォード大佐

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「祝砲の挽歌」より引用】

今回の犯人:ライル・C・ラムフォードパトリック・マクグーハン

吹き替え声優:佐野浅夫(さの あさお)

追加吹き替え声優:中庸助(なか ようすけ)

職業:陸軍幼年学校校長

殺害方法:砲弾の火薬を火力の高い物に入れ替える。砲口に布を詰め爆発するようにした。

動機:陸軍幼年学校の廃止を阻止するため。

概要:詳しく見る
ヘインズ陸軍学校の校長である男性。赤字経営の陸軍学校を廃止して、男女共学の短大に作り替えようとする学校理事ウイリアム・ヘインズを、開校記念日の式典を取り仕切るよう言葉巧みに誘導する。祝砲を放つ大砲に細工を行うことで、発射と同時に爆死した事故に偽装した。

兵士としての階級は大佐。開校記念日に使用する大砲の砲弾の火薬を、硝酸ナトリウムからゼグリナイト(C4)という火薬に詰め替えることで火力を上げ、大砲の砲口に布を詰めることで発射時に爆発するように仕組んだ。

陸軍学校を廃止されることに対して殺人であり、本人なりの信念、国の防衛のためには陸軍学校を守る必要性を感じていた。

「戦争は終わることはない。多くの人間が我が国の破滅を画策している。だからこそ本校のような教育施設を廃止することはできんのだよ」

「国家間の争いが収まれば、わたしも喜んで軍服を脱ごう。人間が互いに殺し合うことを辞める世の中がくれば、(コロンボ)君も制服を脱ぐだろう?」

争いごとがない世界が実現したのならば、「心静かに庭の手入れでもするさ。バラがあってね。白いバラだ」と語った。規律は厳しく、エピソード中には計3人の生徒が怒られている。

1人目:ミラー候補生(靴の汚れ)2人目:ジャクソン候補生(食べ物で遊んでいた)不特定多数:(リンゴ酒の密造)。これも彼らの将来を考えての行動であり、コロンボ警部と会話した際には、生徒に対する優しさを感じられる一面も見られた。

その信念と厳しさから、ラムフォードを嫌っている生徒も多いようであるが、本人もそれは理解しており、「嫌われ者は必要だと」話す。校長室内では、1日1本だけ葉巻を吸っているようで、コロンボを理解者として認めたのか、彼にも葉巻を手渡した。

殺人の準備をしていたのが日曜日のAM6時頃。土曜日は22時~教官のミューティングに参加していたため、大体5時間ほどの睡眠をとったのではないだろうか。


ウィリアム・ヘインズ

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「祝砲の挽歌」より引用】

今回の被害者:ウイリアム・ヘインズ(トム・シムコックス)

吹き替え声優:堀勝之祐(ほり かつのすけ)

職業:陸軍幼年学校理事

概要:詳しく見る
陸軍学校理事である男性。陸軍幼年学校の創立者の孫で、理事は肩書のようなものである。ほとんど学校関係には携わっておらず、ラムフォードの言葉から、広告関係の仕事をメインにしているようだ。

学校の経営は赤字であり、収容人数6000人に対して、1100人しか入学していない陸軍学校を閉鎖して、新学年から男女共学の短期大学にする計画を進めていた。ウイリアム自身もこの学校の卒業生であり、その時代からラムフォードは校長を勤めている様子。

ラムフォードが過去に、ウイリアムの性格分析した資料によると、「非常に強情な青年であり意思が強く独善的である。反対の立場をとるために説を曲げるようにさえ思える。雪が白いと言えば彼は黒いと言うだろう。この点から、その反応を予測することは容易である」。この性格を利用され、言葉巧みに開校記念日の式典を取り仕切るように誘導された。

犯行計画/トリック

【古い大砲で祝砲を放っていたことによる事故に偽装】

①火薬庫から持ち出した砲弾の火薬を、ゼグリナイト(C4)という強力な爆薬に詰め替える。抜き取った火薬は水道から流して証拠を隠滅した。火薬庫に中身を詰め替えた砲弾を戻すと、その後、グラウンドの大砲の砲口に布を詰め込んだ。

②校長室でウイリアム・ヘインズと会話する際、少し扉を開けて秘書に会話のやり取りが聞こえるようにしておく。わざとウイリアムの感情をあおるようにして、自らが開校記念の式典を主催すると言わせる。

③ウイリアムは式典を主催して、祝砲を放つため大砲の紐を引くと、布が詰まっているために弾丸が内部で破裂。大砲ごと爆死した。古い大砲であるために起きた事故死に見せかけた。

④捜査が迫ると、大砲の掃除当番は犯行的な学生ロイ・スプリンガーが担当しており、清掃用のボロ布を砲口に置き忘れたように見せかけた。

推理と捜査(第2幕まで)

ネタバレ注意!
○地面に焼けた布が落ちていた。それは清掃用のぼろ布であり、大砲の掃除当番が置き忘れたことによる事故ではないかとラムフォードは言う。その際、彼は掃除当番が分らないと校長室でリストを調べてからスプリンガーの名前を挙げた。だが食堂での会話では、実際は覚えているようだった。

○被害者は車の中に設計図を入れていた。体育館の設計図であったが、校舎の体育館は7年前に建て替えられたばかりである。男性トイレがないことから、女子の為の体育館を作ろうとしていた。被害者は、男女共学の学校に作り替える計画があったのではないか?

○大砲は毎日夕方に発射するが、祝典の日にあった爆発に限り、隣町から爆発音について問い合せがあった。事故があった日だけは爆発音が大きかったのか? 大砲の破片を鑑識が調べてみると、ゼグリナイト(C4)という強力な爆薬が残っていた。

○布を砲身に置き忘れたことによる事故の可能性もあったが、掃除当番のスプリンガーは、掃除をさぼって、バレー・ストリーム女子高の恋人に会いに行っていた。砲身に布が入っていたことはおかしくなり、誰かが意図的に入れたことになる。

○兵器庫の鍵を持っていたのはスプリンガーとその日の弾丸装着係。ラムフォードはマスターキーを持っている。

三幕構成

祝砲の挽歌 三幕構成

小ネタ・補足

〇コロンボの手帳の中身を見ることができる。(54:18~数秒程度)

〇犯行に利用した大砲は、第1次世界大戦の品物で『オールド・サンダー』というフランス製の75㎜砲である。

〇コロンボ警部を空き部屋に案内した生徒は、ジョージ・クレイマー刑事役ブルース・カービィの息子『ブルーノ・カービィ』である。

まとめ

最後まで信念を突き通す犯人はカッコいいですね。ラムフォード大佐は最後に、「わたしは後悔していない。わたしは何度でもするだろう」と語ります。スタッフクレジットが流れるのですが、そこで幼年学校で歌われる訓練歌が流れるという演出。

「くたばる奴はここにはいない。卑怯者もここにはいない」
犯人の信条と噛み合った歌であると感じました。

ただ、犯人演じる「パトリック・マクグーハン」の見事な演技力に思わず納得してしまいますが、犯人としてはダメですよね。赤字経営のために男女共学に作り替えようとするウイリアム・ヘインズ氏を殺害したのは置いておき、その後、訓練生ロイ・スプリンガーの不始末にするのは卑怯者です。仮にも大切な生徒を身代わりにするなんて……。

このエピソードでは、ラムフォード大佐の生きざまを感じ取っていくシナリオなんですね。訓練学校といういわば、犯人のテリトリー内で起こった殺人でした。コロンボ警部もその中で犯人に迫っていき、規則や厳格なルールを知ったうえで、訓練学校の全貌を知っていくのです。

ラムフォード大佐も、コロンボ警部のことを認めたのか? 自分自身の本音を打ち明けて、陸軍学校の必要性を語る。そこに、有無を言わさぬ共感をしてしまいます。

以上、28話「祝砲の挽歌」でした。