刑事コロンボ 11話『悪の温室』ウィルソン刑事の登場

【vs.蘭の収集家】好きなエピソードです。殺人事件が発生する前にコロンボ警部と犯人が接触したり、丘の下へコロンボ警部が転げ落ちる数少ないアクションシーン。超絶カッコいいBGM…… なんといってもフレデリック・ウィルソン刑事が素敵!

他のエピソードでも名前のある刑事は出ておりますが、ウィルソン刑事ほど優遇されている人物はおりません。ウィルソン刑事も最初はコロンボのことを侮っていますが今事件を解決後、とあるエピソードで再登場するのですが神格化しています。シャーロック・ホームズとワトソン博士のような良き子弟コンビみたいです。

有能な刑事で50点ぐらいの推理を披露して良い線行ってるんだけど、最後に主人公刑事が100点満点の推理を披露して良いところをぶんどっていく流れは、決して主役にはなれないけれども、縁の下で支える感じがして好きなんです。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る
脚本:ジョナサン・ラティーマ

監督:ボリス・セイガル

制作::ディーン・ハーグローグ

ストーリー監修:ジャクスン・ギリス

音楽:オリヴァー・ネルソン

本編時間:74分

公開日:アメリカ/1972年10月15日 日本/1974年5月4日

あらすじ+人物相関図

悪の温室蘭の収集家のジャービス・グッドウィンは、甥のトニー・グッドウィンから、資産家であった亡き父の財産を引き出せないかと相談を受ける。遺産は信託財産として銀行が管理しており、自由に金を使うことができない状況にあったからだ。そこで、ジャービスは狂言誘拐を考案する。

トニーが誘拐されたように見せかければ、緊急事態として信託財産を金を引き出せる。2人は共犯となり架空の誘拐事件をでっちあげると、身代金として金を引き出すことに成功した。トニーは計画通りに進んだと喜んだが、ジャービスは計画の第3段階と称し彼を射殺。その金をまんまと独占したのだった。

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

ジャービス・グッドウィン

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「悪の温室」より引用】

今回の犯人:ジャービス・グッドウィンレイ・ミランド

吹き替え声優:臼井正明(うすい まさあき)

追加吹き替え:小林修(こばやし おさむ)

職業:蘭収集家

殺害方法:射殺(32口径の拳銃)

動機:財産の独占

概要:詳しく見る
蘭収集家の男性。甥のトニー・グッドウィンから、信託財産を引き出す方法がないかと相談を受け、狂言誘拐を考案した。トニーが誘拐されたように装い、緊急事態として信託財産の金を引き出すことに成功する。だが、彼の計画の結末とは、トニーを殺害して財産を独占することにあった。

職業は不明であり蘭収集家として描かれている。アメリカでは最高のコレクションと自称しており、屋敷内に備えられた日光室にはモスオーキッドという種類の蘭が栽培されていた。相場は1200ドルとのこと。(1973年10月ドル=301円 1200ドル=36万1千2百円

手入れに関しても行き届いており、コロンボが持ち込んだ枯れかけのアフリカバイオレッドを見事に復活させてみせた。「こんなのは君。手をかけてやるにも価しないな。ゴミ箱に捨ててしまうのが一番簡単だろう」と酷評したのだが、ちゃんと面倒を見るあたりツンデレである。

皮肉屋であり、エピソード中は終始不機嫌な態度と口調で小言を並べていた。


トニー・グッドウィン

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「悪の温室」より引用】

今回の被害者&共犯:トニー・グッドウィンブラッドフォード・デイルマン

吹き替え声優:山田康雄(やまだ やすお)

職業:資産家の弟

概要:詳しく見る

資産家一族の男性。妻キャシーがいるが、愛想を尽かされており愛人を作られていた。その愛人(ケン・ニコルズ)から5万ドルを支払えばキャシーとの愛人関係を断つと言われるが金がない。愛している妻のため、亡き資産家の父が残した信託財産を引き出す方法がないかと、叔父ジャービス・グッドウィンに相談を持ちかけた。(1973年10月ドル=301円 5万ドル=1505万円)

会社を経営しているのか? 以前の受付嬢グロリア・ウエストと親密な関係にある。肉体関係は無かったようで、妻へ言えない愚痴を告げているあたり、心から言い合える親友的なポジションであったようだ。

ジャービス曰く「水の毛ほども価値もないのだ。悪妻の尻に敷かれたダメな奴で人間の屑だ。もし私のただ1人の身内でなかったなら犯人に好きなように始末しろと言うところだ」の言葉通り、狂言誘拐の結末としてジャービスから始末されてしまった。

犯行計画/トリック

【狂言誘拐による信託財産を引き出す。その後、トニーを殺害し身代金を独占】

①トニー・グッドウィンは、叔父ジャービス・グッドウィンに信託財産を引き出す方法がないかと相談する。ジャービスは狂言誘拐を考案する。トニーが誘拐されたフリをすることで、緊急事態として信託財産を引き出すことができる。

②ジャービスは声色を隠し、トニーを誘拐した旨の電話を彼の妻キャシーにする。ジャービスとトニーはそれぞれ車を出して丘の上へ向かう。トニーの車の運転席へ発砲して、誘拐犯から車を停められたように見せる。そして、車を丘下へ落として連れ去られたように見せかけた。

③トニーはあらかじめ書いておいた手紙をキャシーに送る。「身代金として30万ドル用意してくれ」。ジャービスは、信託財産から身代金として30万ドルを引き出した。深夜0時にトニーはキャシーに電話を掛けて、待ち合わせ場所に身代金を持ってきてくれるように頼んだ。

④ジャービスが身代金を受け渡す役を担当する。警察は引き渡しの現場まで同行する。東ウェルシュアー5853のガソリンスタンドに向かい、トニーと電話でやり取りをする。次に、サンセットからサーフ通りへ北へ18㌔進んだ丘の上で待ち合わせる。(電話でのやり取りをする必要性は、誘拐犯がしたものと警察に思わせるため)

⑤ストッキングを被ったトニーが身代金を受け取る。その後、隠れ家でトニーを射殺し身代金を独占した。現場には、3つのコップ、違う銘柄のタバコの吸い殻を置いておいた。これで、複数の誘拐犯が事件に関与していたと思わせた。

※(1973年10月ドル=301円 30万ドル=9030万円)

推理と捜査(第2幕まで)

ネタバレ注意!

〇ジャービス・グッドウィンは、トニーから電話が掛かり身代金を30万ドル用意してほしいと頼まれた。それなのに、すぐに銀行には行かずに、蘭を栽培している温室に立ち寄っていた。

〇被害者の車が丘の下に落とされていた地面にはタイヤ跡が2種類あった。1台は被害者のスポーツカー、もう1台は大型車。スポーツカーは速度が出るので大型車は追いつけないはずだ。

〇被害者の車のライトはOFFになっており、ギアはニュートラルになっていた。車を押して落とされたことになる。一体何のために落としたのか? トニーから届いた誘拐されたという手紙の内容を妻キャシーに信じこませるためである。また、誘拐犯は身代金を運ぶ役目を、妻ではなくジャービスに頼んでいた。妻は現金を持ち逃げする可能性や、疑い深い性格を知っている人物が犯人である。

〇身代金の受け渡し場所が、丘の上で見晴らしが良すぎる。どうしてこんな場所を選んだのか? また、犯行現場には複数犯の関与を疑わせる証拠が多く残っていた。あまりにも分かりやすすぎる。

三幕構成

悪の温室 三幕構成

小ネタ・補足

〇受付嬢『グロリア・ウエスト』の役者は「アーレン・マーテル」氏である。27話『権力の墓穴』では、宝石店の店員を演じた。2014年8月12日78歳で亡くなられている。

〇フレデリック・ウィルソン刑事が初登場したエピソードである。4年後に放送された、36話『魔術師の幻想』で再登場を果たしている。役者は「ボブ・ディッシー」氏で、吹き替えは「野本礼三」氏が担当していた。

〇ウィルソン刑事は、殺人課に1年間勤務した後、バークリーの警察学校で2年間研修をして最新の捜査技術を学ぶ。再び殺人課に戻ってきた。コロンボの上司であるリッチー主任の指示で、今回はコロンボの部下として配属されていた。夜間望遠用レンズ『スターライトスコープ』を自腹で購入したり、犯行現場の足形は3次元写真で撮るなど最新の化学捜査を取り入れている。久々の現場で妙に気合が入っており、コロンボ警部からは「張り切りボーイ」と茶化された。

まとめ

見事な殺人計画なんですね。狂言誘拐と言えば、2話『死者の身代金』がありますが、今回は共犯者がおります。身代金を引き出すことに成功したあげく、その共犯者を殺害して金を独占する流れは悪者の鑑でございます。コロンボ警部が殺人が起きる前から登場しているのも面白いです。

殺人実行前からジャービスを疑っているようなそぶりを見せておりますが、コロンボ警部は殺人課であり、殺人が発生しなければ実質的な捜査権はありません。犯人側も「警察には知らせるな」と、封書が届くようにしておりましたので、表立って行動ができませんでした。

ただ、コロンボ警部は最初からジャービスが怪しいと目測を立てております。身代金をすぐに引き落とそうと銀行に行かず、温室に立ち寄っていたり。トニーのことは人間の屑と豪語していたりと。そうなると殺人を未然に防げたのではないかと思っていますがどうなんでしょうか?

コロンボが丘下の車を発見した日に身代金の受け渡しが行われたので、まだ鑑識による検証作業が済んでおらず、確固たる確信をもてなかった可能性も考えられます。倒叙形式は犯人視点から進む物語です。そのため、視聴者は犯行計画の全てを最初から知っている状態で進むのがミソです。

いかにも、コロンボ警部が犯人の行動の全てを見抜いているかのように、視聴者が感じてしまうのが面白いですよね。決してコロンボ警部は犯人が分かっているとは限りません。彼の行動や言動を見てみると、犯人に対してアクションを掛けることで、その反応を見ながら核心に迫っていくのです。

何といっても忘れられないのが、『フレデリック・ウィルソン』刑事ですね。良いキャラクターをしております。最新の科学捜査を得意とする彼のおかげで、コロンボ警部も挑戦してみます。その結果として、ラストの逃れられない証拠が出てくるのは痛快です。

以上、第11話「悪の温室」でした。