刑事コロンボ 第45話「策謀の結末」一旦ここで最終話。

スポンサーリンク

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「策謀の結末」より引用】

【VS.詩人】旧コロンボの最終話になります。壮大なスケールで描かれる今エピソードは、殺人事件にプラスして、テロリストの武器輸送も阻止するというものになっています。どうやってコロンボは犯人を逮捕し、そのうえで武器輸送のトリックを見抜くのか?

スポンサーリンク

ココが見どころ‼

〇犯人ジョー・デブリンの陽気な顔と、冷酷な顔の2面性。

〇ラジオ番組のメイン・パーソナリティー:キャロル・ヘミングウェイはご本人。

〇ジョー・デヴリンは、どうやって船の税関をすり抜けて銃を運べるのか?

データ

データ:詳しく見る
脚本:ハワード・バーク

原案:パット・ロビソン

監督:レオ・ペン

制作:リチャード・アラン・シモンズ

音楽:パトリック・ウィリアムズ

本編時間:97分

公開日:アメリカ/1978年5月13日 日本/1979年1月3日

あらすじ+人物相関図

詩人ジョー・デヴリンは、少年時代はアイルランドの過激派であった。現在はテロリストであった過去も公表し、紛争の救済活動を行う「北アイルランド愛護協会」の理事も務め、反過激派の平和路線に転身していた。

しかし、裏では現在も過激派と繋がりがあり、紛争救済のはずの募金は武器購入資金などに企てていたのだ。近々、イギリスで大規模なクーデターを起こす計画も進行しており、武器仲買人のヴィンセント・ポーリーと銃の売買を行う。

しかし、ヴィンセントは金を持ち逃げするつもりだったのだ。この事実を掴んだジョーは、裏切り者である彼を「処刑」と称し、殺害したのだった。

人物紹介

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「策謀の結末」より引用】

「ここまで。ここを過ぎず……」

今回の犯人:ジョー・デヴリンクライヴ・レヴィル

吹き替え声優:納谷悟朗(なや ごろう)

職業:詩人

殺害方法:銃殺(サイレンサー銃)

動機:報復

概要:詳しく見る
概要:アイルランドの「ベルファースト」の町出身の男性。14歳の頃にはテロリストをしており、ダイナマイトの運び屋をしていた。イギリス王室を爆発させる目的だったようだが、逮捕されてしまう。その後、監獄に入れられたが脱走。アメリカに移り住むことになる。

脱獄を考えさせてくれたのは、独房の壁に書かれていた言葉。「すべてに正義を。自由に正義を」「人にはふさわしき贈り物を。我が望みはただそれのみ」である。この言葉は、アイルランドのテロリストであるマイクル・ドーランが掘り残したもので、後に絞首刑となっている。しかし、ジョーは深く感銘を受けたようで、現在に至るまでもその言葉を崇拝している。

アメリカで暮らした当初は生活に困窮していたようで、「生きるために何でもやった。多少悪いこともね」とのこと。大切なのは機転と逃げ足。寒さに強いことと語っている。なお、前歴者でありテロリストであった過去は公表しており、現在はイギリス製のセーターを愛用しているほどである。

楽器演奏の腕があり、マンダリンを使用して歌を歌ったり。ピアノでは「ラグ・タイム」を得意としている様子。また、話術も上手い。自身の過去をスタンダップ・ジョーク風に茶化して披露して見せた。本業は詩人であるが、エンターテイナーと言える。

ラグタイム:1897年~1918年のジャズが主流になる前に流行ったジャンル。アップテンポな曲調で、ノリが良いメロディーと、固定的な左手のリズムが心地良い。

詩人として出版するきっかけになったエピソードは、キャロル・ヘミングウェイのラジオ番組でこう語っている。「barで飲んでいたら出版社の人と激論して、社長の鼻をぶん殴ってから…」とのこと。詩集だけではなく最近では「Meet the Authon」という、自伝を出版した。ニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコ、ロサンゼルスのチャンドラー書店でサイン会を開いてきた。

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「策謀の結末」より引用】

かなりの酒好きで、行く先々の店にマイボトルが存在する。店員からも顔を覚えられている一方で、自身も店員の名前を憶えている。酒の銘柄は「アイリッシュ・デュー」を、男の飲み物と称して愛飲している。ビールは水とも称した。

飲みすぎないように「ここまで。ここを過ぎず」と、ダイヤの指輪でボトルに表面に擦り傷をつけて、飲む量を決めてからグラスに注ぐことが習慣になっている。なお、上記画像がジョーが好きな銘柄であるが、残念ながら架空の酒である。

現在は「北アイルランド援護協会」の理事も務めており、紛争の救済活動にあたっている。しかし、裏ではいまだ過激派と連携をとっており、援護協会の募金をテロ活動の資金に充てた。今回はエピソードでは、武器の大量密輸を行う計画である。

武器の仲買人であるヴィンセント・ポーリーは、銃の購入資金をそのまま持ち逃げしようとしたため、彼に殺害されることになる。なお殺害ではなく、本人は「処刑」のつもりで射殺した。遺体に添えるように転がしたボトル、「アイリッシュ・デュー」のラベルに書いてある言葉は、「人にはふさわしき贈り物を」である。お前には死がふさわしい……。そんな皮肉なジョークを込めたのだ。

もし武器が購入できたならば、イギリスのサザンプトンに運ばれた。「m11」という連射性能のある銃を使い、近距離から奇襲をかけて逃げる作戦だったようだ。なお、運ぶ予定は15日であった。


【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「策謀の結末」より引用】

今回の被害者:ヴィンセント・ポーリーアルバート・ポールセン

吹き替え声優:灰地順(はいち じゅん)

職業:武器仲買人

概要:詳しく見る
概要:武器仲買人の男性。酒や雑談は苦手と語っており、取引は常に本題から入っていた。ただ、酒は糖尿病で飲めなかったのであり、糖尿の規定値を超えると鳴る、アラーム付のブレスレットを装着していた。今回ジョー・デヴリンは、過激派の仲間から彼を紹介してもらったようだ。

ジョーの作戦である近距離から奇襲をかけると聞いて選んできた銃は、「m11」「m10」「拳銃」などである。m10の方が強力であるが、持ち運びなどの面からm11をおススメしていた。合計500丁で1丁=300ドルで販売を予定している。

しかし、15日までの納期に、販売相手を急がせることができないと嘘を言い、30日納期になるとした。15日までに納期したいのならと、さらに5万ドルを上乗せすれば口利きをするという。合計20万ドルの金銭を要求した。1978年5月1ドル=226円 20万ドル=4千520万円

ホテルでの取引時、20万ドルを手に入れたならば高跳びして逃亡する予定であった。しかしジョーに見抜かれてしまい、裏切者は「処刑」されてしまった。ただ、前の実績はあったとジョーは語っており、今回ばかりは魔がさしてしまった様子。

ちなみに、殺害される前までの行動は、金ボタン付きの洒落たブレザーを着て、昼食は素晴らしいインドカレーを食べて、その後航空会社に訪れリスボン行のチケットを予約。取引から2時間30分後には逃亡する計画であったようだ。

犯行計画

○ジョー・デヴリンによるヴィンセント・ポーリー殺し。

①ホテルでヴィンセント・ポーリーを射殺する。

②彼が所有する書類を全て回収した。

○武器をどうやって見つからずに船へ積み込み、密輸するのか?

以上、2項目が今回の計画になります。非常にシンプルであります。

コロンボの疑問点

ネタバレ注意!
○被害者のコートのポケットに、ジョー・デヴリンが書いた本が入っていた。その本の見返しに被害者の自筆で、「我らのみ(Ourselves Alone)」と書かれており、被せる形でデヴリンはサインを書き込んでいた。

○ジョーは少年時代、アイルランド過激派のテロリストであったことを公表している。アイルランド過激派の合言葉は、「我らのみ」である。それなのに、サインを書いた相手のことを知らないと話した。

○被害者の遺体のそばに、「アイリッシュ・デュー」のボトルがあった。机の下のには染みができていて、元々は机の上にボトルはあったようだ。

○被害者の持ち物に書類がなかった。また、金やクレジットカードは盗られていなかったことから、犯人は物盗りではない。銃器が入った専用鞄を持っており、銃の取引を行っていたようだ。

○被害者は糖尿病のため酒は飲まなかった。しかし、ホテルには置いてなかった「アイリッシュ・デュー」をわざわざ酒屋に買わせに行かせた。ジョーの行きつけのbarでは、彼のマイボトルである「アイリッシュ・デュー」が出てきた。

○被害者が残したメモは「LAP213」は、埠頭(ふとう:船が出入りする場所)の住所(Los Angeles Pier 213)であり、ジョーはそこで船長と会話していた。そこからでる船の積荷はイギリスのベルファストへ運ばれる。

○ジョーの自由解放のルーツは、マイクル・ドーランという死刑囚がのこした「正義の詩」であった。彼はアイルランドのテロリストであり、ジョーは少年の頃はアイルランドでダイナマイトの運び屋であった。

三幕構成

まとめ

ピンボールやダーツ、ベッドでの連想や、即興ジョーク。コロンボとの酒の酌み交わしなどなど……。仲良くやっているように見えますが、お互い内心は食ってかかってやる。みたいな感じです。

コロンボは何とか証拠を見つけるべく奔走し、ジョー・デヴリンもクーデターを起こすために必要な銃を売る仲買人を殺害したから、何とかして銃を確保するべく奔走する。お互いの信念と信念のぶつかり合いのようなやり取りも感じます。

以上、45話「策謀の結末」でした。