刑事コロンボ 第5話「ホリスター将軍のコレクション」伝説の将軍が愛用した拳銃はどこに?

スポンサーリンク

【VS.元海兵隊准将】将軍様が若い女性を懐柔しようとするエピソードです。犯人、目撃者、コロンボの三角関係の物語と言えます。①目撃者のヘレンの証言②死体と凶器はどこにあるのか?この2点に集約されております。

目撃者のヘレンの証言によって事件発覚。ホリスターの自宅を捜査するも、死体は発見されなず。死体もなく目撃証言も曖昧なまま事件は進みます。

そのため、中心となっている人物は目撃者のヘレン。ホリスターはヘレンを懐柔していく。コロンボは捜査のためにヘレンの証言を確かめていく。一方でヘレンはホリスターに好意を抱いていく。ヘレンの証言を取り合う物語とも言えますね。

スポンサーリンク

ココが見どころ!!

〇若手警察に見せる、コロンボの指示。ベテラン刑事の風格です。

〇貴重なコロンボの疑問点が少なさ。目撃者の証言を見間違いではないかという。

〇2話で登場した飲食店の店員「バート」が登場します。店構えが変わり独立した?

〇コロンボ警部はコロンブスの子孫?

データ

データ:詳しく見る
脚本・制作:ジョン・T・デュガン

監督:ジャック・スマイト

制作:エヴァレット・チェンバース

制作総指揮:リチャード・レヴィンソン&ウィリアム・リンク

ストーリー監修:スティーヴン・ボチコ

音楽:ギル・メレ

本編時間:76分

公開日:アメリカ/1971年10月27日 日本/1973年7月14日
非表示の

あらすじ+相関図

退役軍人のホリスター将軍は、建設会社を経営し海軍と取引をしていた。しかし実態は、軍の調達部であるダットン大佐と組み、架空の経費を計上して軍の資金を横領していたのだった。ある日、ダットンはホリスターの屋敷に訪れ、軍で特別監査が行われることを報告する。

契約の再チェックが行われれば、二人の不正は明るみになってしまう。怯え切ったダットンは国外へ逃亡すると伝えるが、ホリスターは彼の口から不正の情報が洩れることに恐れ、自宅で射殺する。しかし、海辺にあるホリスターの家での犯行は、偶然にもボートに乗っていた女性に見られており……

登場人物紹介

今回の犯人:マーチン・J・ホリスターエディ・アルバート

吹き替え声優:久松保夫(ひさまつ やすお)

職業:軍用資材調達会社社長(元海兵隊准将)

殺害方法:銃殺(コルト45口径)

動機:不正を漏らすと考え口封じ

概要:詳しく見る
概要:「鋼鉄の騎士」の異名があり、朝鮮戦争では数々の武勲に輝いた。周囲からはいまだに将軍と称えられている伝説的英雄。戦闘中の地雷による負傷で退役をする。海沿いに自宅を構え、船も所有する。

船名は自らの異名にちなんで「鋼鉄の騎士」号。愛用の品々は多く、それぞれに思い出がある(ライター、特別仕立ての軍服、訓練用の拳銃、弾丸を受け止めた手帳などなど)。名誉のシンボルであり、彼の栄光を称える物として欠かせないのが、”真珠の散りばめられたコルト45口径”である。悲しいことに凶器として使用してしまった。

ダットン大佐を殺害してしまったものの、軍に特別監査が入ることは変わらず、どっちみち不正は発覚してしまうのだがどうだろうか?殺人などという犯罪に手を染める前に、まずは有能な弁護士を探すべきである。

しかし、戦争などでは部隊の隊長を務めていた。「不正」を「敵」と置き換えると、敵前逃亡という部下の行為そのものを許せなかったのかもしれない。コロンボ曰く、「薄気味悪いぐらいの勇気、普通の人間なら震えてしまうようなことでも平気にやってのける」


今回の被害者:ロジャー・ダットンジョン・カー

吹き替え声優:中曽根雅夫(なかそね まさお)

職業:海兵隊資材調達部大佐

概要:詳しく見る
概要:ホリスター将軍へ落札価格を事前に伝えていた(入札に係る事業者及び事業者団体の活動に関する独占禁止法の規定の概要:独占禁止法違反)。しかし、軍に特別監査が入ること。スイスに国外逃亡をすることをホリスター将軍へ伝え射殺されてしまう。

狼狽していたものの、終始ホリスター将軍へ敬意を払っており、軍の伝説的英雄である将軍から頼まれて仕方なく手を組んだのではないだろうか。


今回の中心:ヘレン・スチュワートスザンヌ・プレシェット

吹き替え声優:鈴木弘子(すずき ひろこ)

職業:動物園職員

概要:詳しく見る
概要:母とボートで海辺を遊覧していたら犯行現場を発見してしまった目撃者。最初は頑なに殺人があったと証言を繰り返していたが、ホリスター将軍と関わっていくうちに、目撃証言を覆し、彼への好意を見せる。

しかし、ホリスターが犯人と断定した際には、「世界には何十億って男がいるのに、カスを掴む天才なのかしら」と言ってのける。

手の平がクルクルと良く回転する人物であり、「女ってわからんもんですな」と、コロンボも若干呆れ気味であった。トムという男性との結婚歴があり、夫の浮気が原因で離婚した様子。心の病気もあるらしく、陶芸療法を行っている。

犯行計画

※計画的な殺人ではありません。殺人隠ぺいが犯行内容になります。

①自宅で射殺。隠し扉に遺体を隠し、捜査を逃れる。

②捜査後、海へ出て遺体を遺棄した

死体なき事件として物語は進んでいきます。ダットン大佐は自宅にいたようだ……という可能性はありますが立証はできません。重りをつけ、海に遺棄した遺体が浮かび上がり発見されなければ、事件は確定的なものとはならなかったでしょう。

コロンボの疑問点

他のエピソードでは犯人と初めて会ったり、事件現場に入った瞬間に超人的な観察眼で、殺人と見抜いたり犯人を特定します。この事件に関しては最初に感じた疑問点はありません。コロンボも目撃者の証言を見間違いではないかと、疑っていたぐらいでした。

疑問点を挙げるとすれば、海軍学校に寄贈するコレクションケース内に、ホリスター将軍のシンボルとも言える、”真珠の散りばめられたコルト45口径”が入っていなかった点です。愛用していたことはテレビの特番で知ります。

ホリスターは、拳銃は野戦病院へ入院中に盗まれたと釈明します。そして、博物館には本物ではなくレプリカが展示されているという点。名誉欲が強く、過去の自分の栄光を語る品々を大切にする将軍にとっては、愛用の拳銃は命の次に大切な物。そう簡単に盗られないようにするはずとコロンボは考えに至ります。

※第2話「死者の身代金」で、犯人が口径の大きな拳銃を使わなかったのは、現場に証拠を残さないためとコロンボは言っています。しかし、この事件。仕様凶器は45口径の拳銃。さらに、至近距離で発砲しています。銃弾は体を貫通し部屋に傷をつけ、カーペットや壁には血痕が飛び散ります。後処理は相当困難だったのではないでしょうか。

三幕構成

まとめ

若い女性に近づく将軍様のストーリーです。

コロンボは将軍と接触を重ねていくうちに、彼の性格を知り推察していきます。その結果が証拠品の場所に繋がります。派手さはないストーリーですが、彼の捜査スタイルを垣間見えるような気がします。

タイトル落ちな点もあり、やはり決め手はホリスター将軍のコレクションです。「なぜ凶器を捨てられなかったのか?」古畑任三郎の「動機の鑑定」からセリフを借ります。

「宝物なんてものは、本人にとっては大事でも他の人から見れば何の価値もなかったりするんです。こんながらくたでも私には大変大事な思い出が詰まってるんです」ー動機の鑑定 古畑任三郎ー

わたしの部屋にも思い出深い品ばかりあります。あなたにも大切なものはあるでしょうか?

みんなからはゴミしかないと言われます。そんなもんです。

以上、第4話「ホリスター将軍のコレクション」でした。