刑事コロンボ 7話『もう一つの鍵』犯人の成長と転落のエピソード

【VS.資産家令嬢】犯人である「べス・チャドウィック」は犯行を暴かれ、コロンボを殺害しようとした最初の犯人です。名家の令嬢である彼女は、自分を押さえつける兄を殺害し、自由と権力を手に入れます。そこからの彼女の豹変ぶりは見ものなんですね。

後半の彼女の変わりようといったら、「誰だお前」状態です。コロンボ警部の言葉をお借りしましょう。「女ってわからんもんですなぁ」―死者の身代金より―

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る
脚本・ストーリー監修:スティーヴン・ボチコ

原案:バーニー・スレイタ―

監督:ノーマン・ロイド

制作:エヴァレット・チェンバース

制作総指揮:リチャード・レヴィンソン&ウィリアム・リンク

音楽:ビリー・ゴールデンバーグ

本編時間:76分

公開日:アメリカ/1971年12月15日 日本/1973年8月13日

あらすじ+人物相関図

もうひとつの鍵

大手広告代理店の社長であるブライス・チャドウィックは、妹べスの行動を抑制していた。しっかり者のブライスとは違い、べスは身勝手で考えず行動してしまう節があるからだ。そのことがべスには不満であり、兄の殺害計画を進めていた。

ある日ブライスはべスに対し、会社の法律顧問ピーターと別れるように告げる。ピーターがべスと交際するのは、財産と権力の為と決めつけたのだ。結婚を考えていたべスにとって不服の出来事である。その晩に兄の殺害を実行する。彼女の考えた殺人計画とは、正当防衛で法的に無罪を勝ち取ることであった。

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

主犯今回の犯人:べス・チャドウィックスーザン・クラーク

吹き替え声優:鈴木光枝(すずき みつえ)

職業:資産家令嬢(一族経営の広告代理店の名目上重役)

殺害方法:射殺

動機:兄が邪魔であったため

概要:詳しく見る

チャドウィック家の令嬢である女性。兄ブライス・チャドウィックからの強い束縛を受けており、母も兄に全幅の信頼を寄せているため、自身で自由に行動を選択することができないでいた。そんな折、会社の法律顧問ピーター・ハミルトンとの交際関係を兄から引き裂かれそうになったため、正当防衛を主軸に置いた殺人を実行した。

一族経営の広告代理店の名目上重役となっているが、現在に至るまでまったく会社経営には触れておらず、兄からの行動束縛も強かったため箱入り娘である。過去に何人かの男性と交際をしてきたようであるが、見る目がないのか?はたまた家族の意見が厳しいのか、「よくへんな男を連れてくる」と母親からは評価されている。

今回の正当防衛を主張した殺人では、「いつか間違いを犯すんじゃないかと心配していたけど……女のくせに乱暴だし、考えが足りないんだから」とも母親からは言われている。

いざ、束縛してきた兄がこの世から抹消されると、派手な服装や豪胆でワンマンな主張。自分勝手に会社の経営方針を変え、従わなければクビにすると脅す。交際関係にあるピーターからも、嫌っていたはずの兄の性格に似てきたことを指摘される。

今まで束縛されてきた分、その反動はとてつもなく大きなものであったのだろう。それに加え、兄の性格が加わったのだから手が付けられてない。自由から解放された結果がこれである。兄弟の血も争えないものである。


被害者被害者:ブライス・チャドウィックリチャード・アンダーソン

吹き替え声優:小林恭治(こばやし きょうじ)

職業:広告代理店社長

概要:詳しく見る
広告代理店社長の男性。一族経営の広告代理店であり、父の死後に後釜を担った。ただ単に後を継いだだけでななく、一流の広告会社に仕上げたと母親は語っており、経営手腕の優秀さが伺える。会社の経営を伸ばすことに精進しており、結婚はしていなかったようだ。

反面、シスコン気味というべきか疑い深く心配性な人物。会社の法律顧問ピーター・ハミルトンが、妹ベスと交際関係にあると分かるとその仲を引き裂こうとし、交際を辞めねば会社をクビにする旨の手紙までも送りつけていた。

ピーターについては、有能で頭が切れるし、仕事は速いし、法律に詳しい。性格も宣伝業界にピッタリとその優秀さを認めてはいる。だが、野心家だと思っている節があるようだ。そうでなけらば、何の取り得もないベスと付き合うはずがないと考えたのだろう。

犯行計画/トリック

【夜間に侵入した強盗と間違えて射殺したという正当防衛を主張】

①夜間、ブライスの部屋に侵入してキーホルダーから玄関の鍵を抜き取る。玄関の電球も使用できない物に付け替えておく。盗んだ鍵は、玄関傍の茂みに投げ捨てておく。これで、鍵を落としてしまったが、玄関の電気が点灯せず、暗くて鍵を見つけることができないという状況が完成した。

②次の日の晩、ブライスは帰宅する。玄関の電気は点灯しておらず、鍵も見つからない。そのため、べスの寝室から入れてもらおうと、彼女に声を掛ける。窓を開けた所で、故意に防犯装置をONにしてベルを鳴らした。

③夜も遅く寝ぼけており、強盗と間違ったという理由にしてブライスを銃で射殺。射殺後にべスは窓のガラスを割る。ブライスはべスを呼んだが返事がなく、仕方なくガラスを割ったということにした。

※しかし、べスの計画は破綻してしまいます。タイトルになっている『もう一つの鍵』の存在を、彼女は知らなかったのです。玄関の植木鉢の下に隠していたスペアキーを使ってブライスは玄関から堂々と帰宅します。仕方なく、射殺後に防犯ブザーを作動させることになってしまいました。

推理と捜査(第二幕まで)

ネタバレ注意!

〇事故があった日から、偶然にも家政婦や執事は休暇中であった。

〇玄関にあった新聞はその日の最終版である。チャドウィック邸にやってきたピーターはもってきないないというし、ベスは1日中家の中にいたと言う。被害者が玄関から入り持ってきたのではないか?

〇べスは事件の1週間以上も前に新車を予約していた。

〇玄関からベスの寝室に向かうには、芝生の上を通る必要がある。毎週水曜日には芝生の刈りこみを行っており、芝生の上を歩いたならば靴の裏に刈り取った芝生がくっつくはずである。それなのに、被害者の靴には芝がまったくついていなかった。

〇玄関の植木鉢の下に鍵の跡が残っていた。玄関のスペアキーがあるようだ。

三幕構成

小ネタ・補足

〇法律顧問ピーター・ハミルトンの役者は『レスリー・ニールセン』である。34話『仮面の男』では、CIAエージェントの被害者「ジェロニモ」役を演じている。

まとめ

べスは認められたかったのだ。母は兄を溺愛し、べスには不当な評価をしていた。(実際母の思った通りの人物であったが……)兄は兄でシスコン気味で行動を抑制する、他者に対して不信感をあらわにし、ピーターとの婚約を破棄させようとする。

唯一の救いはピーターのまっとうさだけではないだろうか?しかしそんなべスも、犯行後は打って変わってキャラ変更してしまう。毛嫌いしていた兄の性格に似てきてしまうのだ。そして信頼していたピーターを自ら切り離し、結果的に誰からも認められなくなってしまうのです

ベスは、兄からの強い束縛を受けていた為、自分を押し殺して生きてきたのだと思います。とうとう堪忍袋の緒が切れてしまい、殺人を実行したことで自由を手に入れました。

だけども、自分の思い描いた理想と現実の違いは大きいもので、『不自由を味わっていた者が自由を味わう』となると加減が難しいんですね。幸せに慣れた人は不幸には慣れないし、不幸に慣れた人は幸せには慣れないのです。

以上、7話「もうひとつの鍵」でした。