刑事コロンボ 47話『狂ったシナリオ』そんな脚本は闇の彼方へ。

スポンサーリンク

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「狂ったシナリオ」より引用】

【VS.映画監督】若い犯人と老年の刑事。その対比は新シリーズの特徴といえます。若手映画監督であるアレックス・ブレイディのモデルは、「スティーヴン・スピルバーグ」とされています。新シリーズの監督をしてみたいと語っていたようです。しかし残念ながら、スケジュールの都合でそれは叶わなかったようです。

スポンサーリンク

ココが見どころ‼

〇犯人アレックス・ブレイディは映画監督。演じる役者フィッシャー・スティーヴンスも映画監督。

〇ド派手な演出とBGMの多用。新シリーズの特徴が垣間見える。

〇オルバニー警察が超協力的で、超有能。

データ

データ:詳しく見る
脚本・製作総指揮:リチャード・アラン・シモンズ

監督:ジェームズ・フローリー

制作:スタンリー・カリス

製作総指揮スーパーバイザー:ウィリアム・リンク

共同製作総指揮:ピーター・フォーク

ストーリー監修:ジャクスン・ギリス

音楽:パトリック・ウィリアムズ

本編時間:95分

公開日:アメリカ/1989年2月27日 日本/1993年6月4日

あらすじ+人物相関図

若手映画監督アレックス・ブレイディは、大ヒット映画を次々に生み出すヒットメーカーであった。そんな彼のもとに、かつて学生時代、アマチュア映画を製作していた時の友人レニー・フィッシャーが会いにやってきた。そして、見てもらいたいという動画が撮影されたフィルムを差し出した。その動画とは、女性がバイクでの事故を起こし、駆け付けるアレックスが映っていた。

その女性とは、レニーの妹ジェニーであった。新聞の報道では、バイクでの単独事故で死亡していたことになっていたが、それはアレックスが映画のワンシーンを撮ろうとした際に起きた、スタント中の事故だったのだ。

その頃、アレックスは映画プロデューサーのダニエル・マロスコに、映画監督としてデビューする話を持ち掛けられていた。もし、スタント中に起きた事故がダニエルに知られてしまうと、監督としてデビューの機会が失われると考えた彼は、ジェニーを見殺しにその場を立ち去ったのだった。

レニーは、この事実を大々的に告発し、アレックスの現在の地位を失墜させるという。アレックスは動画はねつ造されたものだといい、夜にはねつ造を証明して見せるという。その晩、アレックスは言葉巧みにレニーをスタジオセットの大通りに誘導する。

散水車により地面は水で濡れ、レニーが鉄の門に手を触れた瞬間、高圧電流が流れ感電死した。アレックスは、門に電気を流すために繋いでいた機器を外すと、遺体を海岸まで運び出した。顔面を鈍器で潰し、身元不明の遺体にすると、自分への繋がりを断ち切ったのだった。

人物紹介

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「狂ったシナリオ」より引用】

今回の犯人:アレックス・ブレディ (フィッシャー・スティーヴンス)

吹き替え声優:池田秀一

職業:映画監督

殺害方法:感電死

動機:口封じのため

概要:詳しく見る
概要:特撮映画を得意とし、多数のヒット作を送り出す若手映画監督。ハルステット大学時代、友人のバディ、レニーと共にアマチュア映画撮っていた。その作品が映画会社プロデューサーであるダニエル・マロスコに見いだされ、映画監督としてデビューを果たすことが決まる。

しかしその矢先、アマチュア映画の撮影中バイクでのスタントをしていた、レニーの妹が事故を起こし瀕死の重傷を負う。このことがダニエルに知られたら、映画監督として起用してもらえるチャンスを失うと考えた彼は、彼女を見殺しにしてその場を去った。後にバイクでの単独事故と報じられる。

その事故の映像フィルムを、一緒に撮影していたバディが所有していた。それをレニーに託していたのだ。事件の真相を告発するというレニーを、彼は言葉巧みに翻弄。スタジオセットの大通り(ブランストーン)にある、鉄の門の前まで誘導。散水車で地面を濡らしており、電流を流している門に手を触れさせると感電死させたのだった。

雇われの映画監督であるが、スタジオ内にボーイズ・クラブという名を付けた専用の住居をもっている。鉄道のおもちゃ、人をダメにするクッション、ウォーターベッド、コカコーラの自販機、クリームソーダを作れる蛇口などを完備している。

女優ルース・ジェニーと恋人関係にあったが、「ブライアント」という俳優とルースが現在は付き合っている。ルースとブライアントとの出会いは、ニューヨークから飛行機に乗ってきたとき、タクシーがなかった。そこへ偶然1台のタクシーがやってくる。しかし、そのタクシーは途中で故障してしまう。運転手が電話を借りに近くの自宅に入ると、そこはアレックスの映画に出演する予定のブライアントの家だったのだ。

そこで、自身もアレックスの映画に出演することを知り意気投合。恋へと発展したのだが、あまりにも出来過ぎており、ルースは後にアレックスが仕組んだ芝居だと気付く。アレックスにとっては、ルースと早く穏便に別れたかったのである。

光と影、現実と幻想、本当と嘘……など、相反する言葉を並べて相手を翻弄させることが多い。「アレックス・ブレイディのフィルムの世界」を出版している。3Dホログラムを駆使した作品を作ろうと画策もしていた様子。本を読み際は、端を折り曲げ、しおりにする方法をとっているとのこと。


【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「狂ったシナリオ」より引用】

今回の被害者:レニー・フィッシャージェフ・ペリー

吹き替え声優:星野充昭

職業:洋品店店員

概要:詳しく見る
概要:かつてアレックス、バディと共にアマチュア映画の撮影を行っていた友人。現在はオルバニーにあるメンズウェアの洋品店に務めている。

先週バディが肝炎で死去し、最後に渡したいものがあると16㎜フィルムを受け取る。それを主流となっている35㎜フィルムにしてもらい中身を見てみると、1つ年下の妹ジェニーのバイクでの事故死の映像だった。

事故当日は、バイクのローンを払う為にスーパーでアルバイトをしていた。当初は単独での事故死だと報道されていたが、実際はアレックスとバディがバイクでのスタントを映していた。事故を起こし、瀕死になっている妹をアレックスが見捨てたことを知ると、彼の復讐が渦巻く。

アレックスを知るべく、「アレックス・ブレイディのフィルムの世界」を読む。そして、どうやってか彼への直通電話も調べ上げた。職場には歯医者に行くと1日だけ有給をもらい、オルバニーからロサンゼルスまで飛行機で移動をした。そして21ドルを支払い、スタジオ見学ツアーに心底興味なさそうな顔をしながらアレックスを探したのだ。

アレックスを見つけると、あらゆるテレビ局、報道紙に大々的にこの事実を告発することを伝える。面として宣言したかったのだろう。妹を見殺しにした男に。しかし、結果として口封じのために殺害されることになる。

コロンボによると、遺体は海岸から発見された。高圧電流により神経はズタズタになっており、顔面が身元が分からないように鈍器のようなもので潰されていたとのこと。(ひどい!)

ベルトは、裏側はジッパーになっている「マネーベルト」を使用していた。中には100ドルのトラベラーズチェックをしまい、盗難に気を付けていた。履いていた靴は、ポルトガル製の安値の靴らしい。本はしおりを挟みこむタイプらしい。1989年2月:1ドル=127円 100ドル=12.700円

犯行計画

【スタジオ内で殺害。遺体を損傷させ身元不明にし、海岸に遺棄した】
①レニー・フィッシャーに、妹が事故死した映像は捏造されたものだという。それを証明したいと、スタジオ内にある自分の住居(ボーイズ・クラブ)に留まってもらう。

②スタジオセットの大通り(ブランストーン)に、散水車を撒くよう電話をかける。

③その晩、レニーを大通りに誘導する。相手に恐怖心を与える言動をしつつ、鉄の門まで誘導。同時刻、散水車が水を撒きはじめる。

④鉄の門には、電流が流れる装置を取り付けており、レニーが門に触れると高圧電流によって死亡した。その後、装置を外した。

⑤(描写なし)遺体を車に詰め込むと、海岸に向かう。顔面を鈍器のようなもので潰すと遺棄した。

推理と捜査

ネタバレ注意!
○被害者の遺体の近くに、「アレックス・ブレイディのフィルムの世界」という本が落ちていた。犯人が遺体を運んでいる際、被害者のポケットかた落ちたようだ。また、本の表紙裏には、スタジオの電話番号と、アレックスへの直通電話の番号が鉛筆書きで書き記されていた。

○朝、アレックスの趣味の住居(ボーイズ・クラブに)で会話をすると、クリームソーダが2つあった。1つはまったく飲まれていなかったが、もう片方は半分まで減っていた。口紅がついていなかったことから両方とも男性である。また、クリームソーダはぬるく、朝からは飲まない。おそらく昨日ここで、2人が会話をして、1人はクリームソーダに手を付けない事情ややり取りがあったはずだ。

○遺留品のベルトを調べると、裏がジッパーになっている「マネーベルト」と呼ばれるものだった。中には、100ドルのトラベラーズチェックがあり、旅行券の番号から、遺体はレニー・フィッシャーであることが判明した。また、レニーはアレックスの友人であった。

○コロンボがスタジオセットの大通りを散策していると、鉄の門の前の地面に、靴のかかとが落ちていた。被害者の靴の片方は、かかとがなかった。また、かかとはべたついており、電流が流れていたのではないか?

〇アレックスは秘書ローズ・ウォーカーに黙って、大通りに散水車を頼んでいた。その晩には、雨が予報されており、散水車を頼む必要はなかった。

○被害者は歯医者に行くので、1日休みがほしいと言って出掛けていた。
実際はオルバニーで飛行機に乗り、ロサンゼルス空港で降りた。そして、タクシーに乗って撮影所のツアーセンターで降りた。

○レストランで食事をしている時に、女優の2人が話していた。そのうちの1人は被害者と過去に交際があり、被害者は麻薬の密売をしていると話していた。女優の2人は看護師とドレス姿であったが、その日の撮影でその衣裳を使用する所はどこもなかった。これは、捜査をかく乱するために仕組んだ芝居だったようだ。

○ボーイズ・クラブには、高校の卒業アルバムが置いてあった。被害者の妹ジェニーのページに、しおり代わりにツアーのチケットが挟んであった。日付はと時間は、タクシーから降りて2分後である。ここに、被害者が来たに違いない。

三幕構成

まとめ

オルバニー警察が凄く頑張っているエピソードだと感じました。

①コロンボがベルトの中から、旅行者用の小切手を発見。それをオルバニー警察は番号からレニー・フィッシャーと割り出し、免許証を送ってくれた。

②オルバニー警察が勤務先からレニーの動きを教えてくれた。また、自宅にあった物品を全てリストアップしてくれ、乾物が入っていた缶の中から16㎜フィルムを発見。

コロンボもいっていましたが、非常に協力的なオルバニー警察でした。

また、アレックスが敗北を確信。その際に、スポットライトやコロンボが衣装変更するなどかなり派手なものになっています。これは、映画監督であるアレックス・ブレイディが、「もし自分がこのシーンを担当したならば」きっとこういう演出にする……。なんて、彼の頭の中の映像がそのまま動画になったのかも知れませんね。

以上、48話「狂ったシナリオ」でした。