刑事コロンボ 48話『幻の娼婦』拒絶する人もいるエピソード。

スポンサーリンク

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「幻の娼婦」より引用】

【VS.セックスカウンセラー】女性犯人による、男性への復讐劇になっております。今回のエピソードは、性交渉についてワードが多くなっております。脚本家は、ピーター・S・フィッシャー氏です。担当した、第22話「第三の終章」でも、性交渉について発言する犯人が登場しましたね。犯人の職業も職業なだけに、拒絶してしまう人も多いようです。

スポンサーリンク

ココが見どころ‼

〇コロンボのチューバの演奏。噴水に合わせて音楽が流れる。

〇44:57~「でもマッチがマッチしない」カクテルラウンジのバーテンダー渾身のギャグ。

〇変装に使用した衣装を入れたバッグ。それをコロンボが手に取るやり取りはサスペンス!

データ

データ:詳しく見る
脚本:ジェロルド・L・ルドウィッグ

監督:ジェームズ・フローリー

制作:スタンリー・カリス

製作総指揮:リチャード・A・シモンズ

製作総指揮スーパーバイザー:ウィリアム・リンク

共同製作総指揮:ピーター・フォーク

ストーリー監修:ジャクスン・ギリス

音楽:パトリック・ウィリアムズ

本編時間:94分

公開日:アメリカ/1989年4月3日 日本/1993年7月2日

あらすじ+人物相関図

「アレンビー・クリニック」の所長で、心理学者でもあるジョーン・アレンビーは、「愛と性」に関する悩みを心理学者の視点から解決し、ラジオ番組や本も出版する著名な人物であった。豊かな性交渉を語るためには、自身も豊かな性交渉を行う必要があり、愛人にデヴィッド・キンケードがいた。

ある日、シカゴへの講演に向かうために、ジョーンは空港へと向かう。しかし、シカゴ行は濃霧のため欠航となる。空いた時間で、自身が運営するクリニックへ書類を取りに戻ると、診察室となっているベッドルームに明かりが灯っていることに気が付いた。

そこでは、愛人のデヴィッドと、秘書シンディ・ゴールドが愛を交わっていたのだった。それだけではなく、2人はジョーンのことをバカにするような発言をしたのだった。女性としてのプライドを傷つけられた彼女は、涙を滲ませながら殺害を決意する。

シカゴから戻ると、デヴィッドに21時から開催されるミュージックセンターのコンサートを欠席して、カクテルラウンジ「バケット」に来るように促す。コンサートの時間に、ジョーンは化粧室で「娼婦リサ」に変装すると、バケットに向かった。

娼婦と客というプレイの一環で、デヴィッドを誘いだすと、クリニックの診察室へ向かう。そこで、彼を射殺すると、現場に多数の手がかりを残す。再びミュージックセンターの化粧室に戻り着替えしなおした。後日、警察は殺人事件として「娼婦リサ」を追うのであった。

犯人と被害者

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「幻の娼婦」より引用】

今回の犯人:ジョーン・アレンビーリンゼイ・クローズ

吹き替え声優:鈴木弘子

職業:セックスカウンセラー

殺害方法:銃殺

動機:復讐

概要:詳しく見る
セックスカウンセリング専門の診療所を経営している、心理学者の女性。ラジオや本を通し、豊かな性交渉を行うことの大切さ、愛の自由を語っている。ラジオ番組は朝10時から放送している、「ベスト・カップルズ」という名前で、「愛と性に関する」ことを、心理学者の視点で悩み解決するという人気番組である。

シカゴへ飛行機に乗り、講演の仕事に行く予定だったのだが、濃霧のため出発は見合わせとなる。クリニックに戻ってみると、秘書シンディ・ゴールドとデヴィッドが性交渉中であり、さらに自分のことをバカにしていることを知る。これにより、自分を裏切ったデヴィッドの殺害を計画する。

デヴィッドへはプレイの一環として、「娼婦リサ」に変装して会った。普段の自分とは違った一面を全面に出すことができており、「自信たっぷりですごく目立っていた」と、待ち合わせ場所のカクテルラウンジのバーテンダーは語る。

普段のジョーンを酷評していたデヴィッドも、魅力的な女性と語っていた。普段からリサとして立ち振る舞う事ができたのならば、彼がシンディに愛想を尽かすこともなかったのかもしれない。

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「幻の娼婦」より引用】

殺害に使用した凶器は、「リサ・プレスコット」の名目で購入していた。著書に「娼婦コンプレックス(女性はだれでも娼婦になりたがっている)」がある。愛用しているハンドバッグは400ドルらしい。変装に購入した衣装は計1500ドルはしたそうだ。
1989年4月:1ドル=132円 「400ドル=5万2千8百円」「1500ドル=19万8千円」


【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「幻の娼婦」より引用】

今回の被害者:デヴィッド・キンケード(スティーヴン・マクト

吹き替え声優:堀之紀

職業:弁護士

概要:詳しく見る
ジョーン・アレンビーの愛人の男性。彼女との付き合いは3年になり、テレビ番組やラジオの契約をとったりもするビジネスパートナーでもある。しかし、ジョーンの秘書であるシンディ・ゴールドとも愛人関係にある。ジョーンのいない所では、「腐りかけのプティング」と酷評している。

しかし、「娼婦リサ」に変装したジョーンに対しては、「こんなに美味しそうに見えたのは初めてだ」と好評。また、事前にどんなプレイをしてみたいかとジョーンが提案したのは、「悪魔と奴隷」、「女校長と聖歌隊の少年」など、嬉しそうに聞き入っていた。M体質なのかもしれない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

持ち物は上記の画像の通りである。ボールペンは形状から、「モンブランP164」だと確認できる。また、クリニックのガードマンの男性に、隙間時間に司法試験の勉強をする大切さを語っていたことから、弁護士資格を獲得しているようだ。

犯行計画

実在しない娼婦に変装しデヴィッド・キンケードを殺害。捜査をかく乱するため偽装工作をする。
①(描写なし)シカゴで、現金化した小切手を使用し変装用の衣装を購入した。

②デヴィッドにミュージックセンターでのコンサートには出席しないように促し、21時に「バケット」というカクテルラウンジに来るように約束した。

③コンサート前に、ミュージックセンターの化粧室へ入る。洗面台の下に、ガムテープで貼り付けていた衣装を回収「娼婦リサ」に変装。カクテルラウンジに向かう。

④21時「バケット」で、バーテンダーからマッチを貰う。その後、デヴィッドとやってくる。娼婦と客というプレイの一環で、クリニックに戻る。そして、ベッドルームで彼を射殺した。

⑤「バケット」で貰ったマッチを、デヴィッドの上着に入れる。吸ったタバコとマッチの吸い殻を、灰皿に落とす。部屋をめちゃくちゃにすると、他人の血液、髪の毛を床に撒いた。

⑥再びミュージックセンターに戻る。化粧室で着替えをして、洗面台の下に衣装を張り付けた。後日、衣装は回収した。

推理と捜査

ネタバレ注意!
○エレベーターでジョーン・アレンビーと会った。彼女のコートに、タグがついていたままになっているのを発見した。

○カクテルラウンジ「バケット」のバーテンダーの話によると、娼婦リサは、デイヴィッドの前に来た男性は軽くあしらっていた。デイヴィットがやって来ると親しげに会話をしていた。彼を待っていたかもしれない。

○クリニックの扉を開ける鍵は、従業員用の駐車場に停めてあったデイヴィッドの車の中に入っていた。そのため、犯人は犯行現場から鍵は持っていっていなかったことになる。そうなると、どうやってクリニックの鍵を開けたのか?クリニック内部の人間の犯行のようだ。

○ジョーンは、濃霧のため出発までの時間は暇だった。そのため、論文に目を通す為に、クリニックに論文を取りにタクシーで戻ったという。すぐに引き返すつもりだったというが、なぜ、そのタクシーを待たせず、別のタクシーで空港に戻ったのか?

○現場に残されていたタバコから、犯人の唾液が検出された。唾液から血液型を調べると、床に落ちていた血とは違う血液型だった。また、床に落ちていた2本の毛髪はアジア系で、こちらも血液型は合わなかった。犯行現場には女性が3人いたことになる。

○警備員の話では、デイヴィッドと共に入ったのは、全身黒い衣装女性(リサ)だけである。出て行ったのも黒い衣装の女性だけであった。

○Dr.ウォードは犯行現場となったベッドルームから、秘書シンディが身につけていそうな、赤いリボンを見つけていた。

○ミュージックセンターで、チャーリー・レンツは全身黒い衣装の女性(リサ)に一目惚れして、化粧室の前で出てくるのを待っていた。しかし、最後まで彼女は現れなかった。係員に中を確認してもらったのだが、誰も入っていなかった。

○ミュージックセンターの洗面台の下を確認してみると、ガムテープの残りを見つけた。

○犯行現場に残されていた灰皿の灰は、合計48mgだった。1本分のタバコの灰は500mgであり、ほとんど吸っていなかった。

○コートのタグがゴミ箱に捨てられていた。タグからシカゴの呉服店で購入していた。コートはカードで購入したが、黒い衣装は現金化した小切手を使い購入していた。その黒い衣装を買ったのは2人だけ。カツラと一緒にかったのは、ジョーンだけだった。

三幕構成

まとめ

刑事コロンボは、濡れ場などがほとんどなかったのですが、今作品から徐々にそういったシーンが増えていきます。こういった点から、新コロンボを敬遠してしまった。なにか違うと感じたファンも多くなっていったのではないでしょうか?

また、秘書シンディは、飛行機内での睡眠薬代わりにと「アガサ・クリスティー」の小説をジョーンに渡しました。13話「ロンドンの傘」でも、犯人の舞台俳優ニコラス・フレイムは、「(アガサクリスティー)あんな田舎芝居になんて出られるか!」と、怒るシーンがあります。コロンボのスタッフは、アガサ・クリスティーのことは、どうにも嫌いなようです。

以上、「幻の娼婦」でした。