刑事コロンボ 46話『汚れた超能力』新シリーズ開幕。

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「汚れた超能力」より引用】

【VS.超能力者】ここから、新シリーズとして刑事コロンボが再開します。前作から11年後……、通称「新・コロンボ」の始まりです。開幕エピソードはインチキ超能力者が復讐のために殺人を犯します。ギロチンを使用しての殺害という、今までにない残忍な殺害方法です。

スポンサーリンク

ココが見どころ‼

〇コロンボ警部はお年を召されて、貫禄が出ている。新アイテム:老眼鏡の登場!

〇ギロチンを使用した残忍な殺害方法。2Fが犯行現場で、1Fの天井に血が滴り落ちる。

〇犯人エリオット・ブレイクの超うさんくさい超能力を披露する姿。

データ

データ:詳しく見る
脚本:ウィリアム・リード・ウッドフィールド

監督:レオ・ベン

制作:スタンリー・カリス

制作総指揮:リチャード・アラン・シモンズ

制作総指揮スーパーバイザー:ウィリアム・リンク

共同制作指揮:ピーター・フォーク

ストーリー監修:ジャクスン・ギリス

音楽:ジョン・カカヴァス

本編時間:93分

公開日:アメリカ/1989年2月6日 日本/1993年5月7日

あらすじ+人物相関図

自称・超能力者であるエリオット・ブレイクは、恋人であるアネマン心霊研究所所長ポーラ・ハルと結託し、インチキの超能力テストを実施して点数をあげていた。国防省は超能力を軍事目的に利用するため、多額の出資金を出している。いまひとつエリオットの能力を信じられないフレデリック・ハローは、国防省側で用意した人物のテストを実施してほしいと話す。

その人物とは、多数のインチキ霊能力者を暴いてきた「超能力者キラー」に異名をもつ、マックス・ダイソンであった。しかし、エリオットとマックスはかつて、ウガンダの刑務所を共に過ごした過去があり、こちらもグルであったのだ。超能力テストを手品のトリックで突破したエリオットは、国防省から本物の超能力者であると認められた。

その晩、マックスは作業部屋で自作のギロチンの製作を行っていた。そこにエリオットが現れる。2人はウガンダの刑務所で脱獄を企てていたが、マックスは脱獄を密告。その見返りに刑期が軽くなったが、エリオットは脱獄犯として刑期がさらに重くなった。このことを根に覚えていたエリオットは、彼に復讐をしに来たのだ。

銃殺する予定であったが、作業部屋に置かれているギロチンを見るとこれを使用。マックスの首をギロチンで落とし殺害したのだった。その後、手品のトリックを使い作業部屋に鍵をかけ密室にする。作業中の事故死に偽装したのだった。

人物紹介

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「汚れた超能力」より引用】

今回の犯人:エリオット・ブレイク (アンソニー・アンドリュース)

吹き替え声優:野沢那智 (のざわ なち)

職業:超能力者(自称)

殺害方法:ギロチン

動機:復讐

概要:詳しく見る
概要:国防省の支援を受ける「アネマン心霊研究所」に所属する自称・超能力者の男。研究所の所長である恋人ポーラ・ハルと結託して、国防省の超能力テストをトリックを使い、何とか合格点数をだしていた。

超能力テストは、被験者エリオットが、個室にいるポーラがめくったカードの図柄を読み上げる。その読み上げた図柄が嘘か本当かを当てるというものである。図柄は6種類(□/○/+/波型/△/☆)で、1回のテストで400枚をめくるようだ。

超能力テストのトリックについては、①波型から3枚目は嘘 ②□の次は本当。ただし○がない限り ③波型のあとの2番目の答えは嘘。など複雑に分けられておりポーラは苦戦している。このエピソードでの正解率は74%であった。エリオットとしては86%は欲しい様子。

国防省が用意するテストを突破したら、超能力者として認めるという打診がくると、それを引き受ける。相手は「超能力者キラー」の異名をもつ、マックス・ダイソンであったが、彼とは昔からの知り合いであり、すでにグルとなっていた。

マックスとの出会いは、ウガンダの刑務所である。50℃に達する灼熱地獄で日陰でも40℃はあった様子。エリオットはそこで、マックスから手品を教えてもらうなど師弟関係があったが、マックスは3年先に出所している。エリオットは出所して名前を変えており、獄中での名前とどのような罪で入ったのかは不明である。

マックスが彼に協力的だった理由として、2人でウガンダの刑務所脱獄を企てていたのだが。しかしマックスは、脱獄を試みようとしている奴がいると看守に密告し、刑期を軽くしてもらった。これの罪滅ぼしのつもりだったようである。

しかし、こんなことでは怨念は収まらない。毎晩マックスを殺すことばかりを考えていた彼は、マックスが作ったギロチンで殺害を実行した。たまたまギロチンがあったが、元々は拳銃で銃殺する予定だったようだ。

マックスの死から2日後に葬儀に参列し、そこで涙を流す。コロンボも参列していたが、マックスとはテストの日に初めて会ったと嘘を言っている。超能力者と超能力者キラー。敵対する関係であったのに、涙を流した。これは演技ではなく、嬉し泣きだったのだろうか。かつての師を敬っての涙であったのだろうか?

国防省から霊能力者と認められると、ロンドン超能力者協会から名誉会員の招待を受ける。研究所が発行している、カリキュラムファイル(プロフィール)によると、父親の仕事の関係で、ウガンダで生まれ育ったようだ。


【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「汚れた超能力」より引用】

今回の被害者:マックス・ダイソンアンソニー・ザーブ

吹き替え声優:阪脩(さか おさむ)

職業:手品師

概要:詳しく見る
概要:「魔術王」の異名をもち、読心術にも自信がある。あらゆるトリックに精通し、今まで何百人というインチキ霊能力者を暴いてきた「超能力者キラー」としても知られる男。

今回は、国防省のフレデリック・ハローから依頼を受け、エリオット・ブレイクの超能力テストを担当することになった。しかし、彼とはグルである。手品のトリックを使ったテスト(ESP:超感応能力)を行う。テスト内容については以下の通りである。

①アルファ/ブラボー/チャーリーという名称の3人に、別々の車を操縦させる。
②車のケースの中には、市街地の地図/目隠し/ペン/ゴムバンド/コンパス/インスタントカメラが入っている。
③目隠しをして、市街地の地図をめくる。無作為に選んだページに、ペンで印をつける。そしてその場所に車で移動。
④東西南北を選ばせて、その方角にある写真を撮らせる。
⑤それをエリオットが念書(透視)する。
⑥3人に撮った写真をFAXで送ってもらう。果たしてエリオットは写真に映っている建物を書くことができるのか?というものである。

超能力者のインチキを暴くために、大学や企業。政府機関から依頼を受けているが、それだけでは生計をたてていない。彼によるとそう多くは報酬金はもらえないようだ。「マジシャンはマジックの仕掛け作りに限る」と語っており、精力的に作業部屋で道具作りを行っている。作った道具は、下の階にあるマジックショップに出品するそうだ。丹念混めて作ったギロチンのマジック道具であったが、それを利用され首をはねられるという残忍な殺害方法で殺された。

超能力者からは嫌われていたが、マジシャン仲間からは好かれており、「見事で古典的なトリック」と評価されている。著書としては、「ダイソンの読心術」を出版。トリックについても多く記載されている様子。ちなみにウガンダ刑務所への投獄理由は、ポーカーでイカサマをやり過ぎてしまったことによるものである。最後にスーパーで買った食材は、キャベツとコーンビーフ1.5㎏。ロールキャベツでも作るつもりだったのだろうか?

犯行計画

部屋を密室にして、マジック道具を作っている際の事故死に偽装。

①マックス・ダイソンの作業部屋に向かう。銃殺する予定であったが、マジック用のギロチンがあった。それを使用し殺害した。

②(映像描写なし)その後、手にドライバーを握らせる。ギロチンのヘッドロックを外し、離れた場所に置いた。そして、糸を使い外側から作業部屋に鍵をかけて脱出した。

コロンボの疑問点

ネタバレ注意!
○被害者の作業部屋には、「キャベツ」と「コーンビーフ1.5㎏」があった。スーパーのレシートの日付は死亡日である。これから自殺する人間が買い物をしてくるだろうか?

○被害者は手にマイナスドライバーを握っていた。しかし、ギロチンのネジは内側はプラスだった。床にはプラスドライバーが落ちており、別の誰かが床に落としたドライバーを、間違って握らせたのではないか。

○ギロチンのヘッドロックには血痕がついていた。しかしそれは、離れた場所に置いてあった。死んだ人間はヘッドロックを外せるわけがなく、別の人間がいた。そうするとこれは殺人である。

○被害者について、エリオットは会ったことがないと言っていた。しかし、研究所で発刊されている彼のカリキュラムファイル(データ書類)を見てみると、「ウガンダ」で生まれ育ったようだ。被害者は、ウガンダの刑務所に服役していた。

○犯行現場は密室になっていた。しかし、被害者の著書「ダイソンの読心術」には、密室に見せかけるマジックが記載されていた。手順通りにしてみると実行可能であった。

三幕構成

まとめ

新コロンボとして、はじまりました。コロンボ警部がお年を召されたことで風格がでています。これによってコロンボの魅力である、「一見すると冴えない風貌で庶民臭い凡庸な人物」が少し薄らいでしまったように思います。また、コロンボの吹き替え声優が「小池朝雄」さん→「石田太郎」さんになっています。このエピソードに限りは、なんだかコロンボが「オネエキャラ」っぽくなっています。特にその後のエピソードでは違和感はありません。

今回のエピソードは、日本のドラマ「TRICK」のように、インチキ超常現象を暴いていくみたいに、犯人は自称インチキ超能力者ということで、個人的には好きな設定のキャラクターです。

以上、46話「汚れた超能力」でした。