刑事コロンボ 15話『溶ける糸』白衣の悪魔

スポンサーリンク

【VS.心臓外科医】コロンボを手こずらせた犯人として挙げられるのが、心臓外科医メイフィールドでしょう。自らの保身のために淡々と殺人を重ね、名誉のために恩師も殺す。コロンボの捜査に冷やかしを入れたり笑い飛ばしたり。このエピソードではコロンボが激怒します。

犯人に対しての苛立ちではありません。「他者の命がかかっているから」です。26話「自縛の紐」でも激怒します。溶ける糸では、早く解決をしなければ被害者が増えてしまう。自縛の紐では、夫人が精神的に追い詰められ死にそうになる。

コロンボが思わず声を荒げて怒鳴るのは、そのような結果になってしまったことへの自分の不甲斐なさからの怒りかも知れません。ところで、コロンボが激怒するエピソードには、どちらも「」がついていますね。堪忍袋の緒が切れるとは、まさにこのこと。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る
脚本:シャール・ヘンドリックス

監督:ハイ・アヴァバック

制作::ディーン・ハーグローグ

ストーリー監修:ジャクスン・ギリス

音楽:ビリー・ゴールデンバーグ

本編時間:74分

公開日:アメリカ/1973年2月11日 日本/1974年6月8日

あらすじ+人物相関図

溶ける糸 人物相関図

心臓外科医バリー・メイフィールドは、心臓外科の権威エドムンド・ハイデマン博士と共に、新薬の研究に取り組んでいた。すでに完成段階にあり、成果を公表したいメイフィールドだが、もう少し検証が必要だとハイデマンは固辞していた。ある日、ハイデマンは持病の心臓発作で病院に運ばれる。

メイフィールドは心臓手術の準備を始めると、看護師シャロン・マーチンは、研究成果を独占するため、博士を手術中に殺害するのではないかと疑いをもったが、無事に手術は成功する。だが手術台の下にある縫合糸が落ちているのを見つけ手に取ると、自分の準備した糸ではないことに気が付いた。

メイフィールドは、数日すると糸が溶け弁膜が離れるように吸収性の糸で縫合をしていたのだ。糸が溶けると心臓麻痺で死んだように見える。真相に気づかれたメイフィールドは、シャロンを待ち伏せして撲殺すると、彼女の自宅にモルヒネの瓶を隠す。麻薬の横流しをしていたように見せかけ、彼女は麻薬中毒患者によって殺害されたように偽装したのだ。

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

バリー・メイフィールド

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「溶ける糸」より引用】

今回の犯人:バリー・メイフィールドレナード・ニモイ

吹き替え声優:天田俊明(あまだ としあき)

職業:心臓外科医

殺害方法:①心臓麻痺(未遂:エドムンド・ハイデマン)
②撲殺(鉄パイプ:シャロン・マーチン)
③麻薬を注射(生死不明:ハリー・アレキザンダー)

動機:①研究結果の名誉独占
②口封じ
③シャロン殺害の罪を擦り付けるため

概要:詳しく見る
心臓外科医の男性。心臓外科の権威であるエドムンド・ハイデマン博士と共に、『移植による拒絶反応を抑える薬』の研究を行っていた。すでに完成段階にあり、その名誉を独占するため、ハイデマンの心臓手術中に縫合糸を吸収性の糸にすり替え、表向きには心臓麻痺で死ぬように仕組む。それを、看護師シャロン・マーチンに見咎められると、彼女を撲殺。親交があった麻薬中毒患者ハリー・アレギザンダーまでも手にかけ、シャロン殺しの罪を擦り付けた。

ハイデマン博士から認められた優秀な心臓外科医だが、野心家で名誉欲が強い。研究結果を独占するために臨んだ犯行であったが、博士を慕うシャロン・マーチンに目をつけられてしまってからは、その後処理に追われることになった。

常に冷静に行動し、コロンボの執拗な捜査にも動じなかった。大抵の犯人はコロンボを最初は侮っているのだが、メイフィールドは最初からやり手の刑事であると評価している。刻々と殺人を積み重ねていく、その冷酷な知性や性格は、温厚なコロンボ警部をも激怒させた。


エドムンド・ハイデマン

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「溶ける糸」より引用】

今回の被害者①:エドムンド・ハイデマンウィル・ギア

吹き替え声優:巌金四郎(いわお きんしろう)

職業:心臓外科の権威

概要:詳しく見る
心臓外科医である男性。世界でも1、2位を争うほどの心臓外科の権威である。だが、本人の持病もまた心臓病によるもの。今回のエピソードでは、一時的な心臓の発作を起こしたが、すぐに回復。自分で血圧を測り診察を行っていた。手術を先延ばしにしていたようで、バリー・メイフィールドに手術するように促された。

メイフィールドと共同で、『移植による拒絶反応を抑える薬』の研究を行っていた。完成段階にあるが、もう1年は検査が必要であると判断する。研究を加速するため、ドイツの『ブレックマン』医師にも協力を仰ぎ、共同研究を行う約束をしていた。

メイフィールドが野心家であることも知っていたが、優秀な点では変わりがない。あくまでも世界中の医者と協力していき、1日も早くこの薬の完成を望んでいたのである。

病室嫌いなようで、入院生活を退屈にしていた。コロンボが病室に葉巻を吹かしながら現れた際には、「せっかく人間臭い人が来てくれたんだ」と笑顔で出迎えた。


シャロン・マーチン

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「溶ける糸」より引用】

今回の被害者②:シャロン・マーチンアン・フランシス

吹き替え声優:翠準子(みどり じゅんこ)

職業:看護師

概要:詳しく見る
看護師の女性。ハイデマン博士を尊敬しているが、メイフィールドのことは嫌悪している。野心家の彼が研究成果を独占するため、ハイデマンを手術中に殺害するかも知れないという疑いのまなざしをもって手術に臨む。その結果、術後にメイフィールドが縫合糸を交換したことを気づいて見せた。(吸収性の糸は手触りと色が違うらしい)

友人曰く、「シャロンは外部思考型。他人の願望によって人間性に献身していた。天使みたいな人だった」とのこと。ちなみに、友人は結婚相手を探すべく整形外科の看護師になったが、彼女は病院に留まったようである。

ボランティア活動にも積極的に参加している。ベトナム帰還兵で麻薬中毒患者のハリー・アレギザンダーとは、麻薬患者更生の奉仕センターで出会ったようである。


ハリー・アレギザンダー

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「溶ける糸」より引用】

今回の被害者③:ハリー・アレキザンダージャレット・マーティン

吹き替え声優:津嘉山正種(つかやま まさね)

職業:ベトナム帰還兵

概要:詳しく見る
左利きのベトナム帰還兵の男性。麻薬中毒だった過去があり、戦争から帰還した兵士の多くは、『PTSD:心的外傷後ストレス障害』に悩まされている。そのため、麻薬による心の安定を図っていたのだろう。彼の場合も、モルヒネやマリファナを使用し施設に入所していた。

だが、ボランティアで来ていたシャロン・マーチンと会話を重ねていくうちに麻薬を断ち、遊園地にある動物エリアの飼育/餌やりを担当するまでに回復した。彼女にこれ以上頼るのは、医者に通うみたいでいつまでも独立できないという彼なりの信条があり、シャロンとの付き合いはここまでである。

元麻薬患者でシャロンと親交があった。このことをバリー・メイフィールドに利用され、シャロン殺しの罪を擦り付けようと、帰宅したところで麻薬を注射される。意識朦朧となり階段から転落したようだが、その後の生死は不明である。

犯行計画/トリック

【心臓麻痺に見せかけ殺害】ハイデマンを狙った計画殺人でしたが、シャロンに見咎められ後処理に追われるハメになります。

①エドムンド・ハイデマンが持病の心臓発作により病院へ搬送される。執刀するバリー・メイフィールドは、心臓の弁膜を縫合する糸を、吸収性の糸にすり替える。数日後に糸が溶け表向きには心臓麻痺で死亡したことになる。これでハイデマンが死ねば、新薬の研究成果を独占できる。

②シャロン・マーチンから、糸を交換したことを見咎められる。駐車場で待ち伏せすると、口封じのために撲殺。彼女の自宅を荒らし、モルヒネの瓶を隠した。シャロンは麻薬の横流しをしており、それを知っていた麻薬中毒者に殺害されたとでっちあげたのだ。

③コロンボは麻薬中毒者の犯行だと認めない。シャロンと親交があった、元麻薬中毒者ハリー・アレキザンダーにモルヒネを注射する。彼が使用した麻薬は、シャロンの自宅に隠していたモルヒネと同じ型であり、ハリーが犯行に及んだと見せかけた。

推理と捜査(第2幕まで)

ネタバレ注意!
〇メイフィールドは、助手である看護師が亡くなったと電話で聞いている最中に、時計の針を直していた。あまりにも冷静過ぎる。

〇シャロンの自宅が荒らされていたが指紋がない。モルヒネ中毒者の発作的犯行ならば手袋をつけるような考えまでには至らないはず。シャロンが麻薬を横流ししたというが、話を聞く限りとてもそんな人間には思えない。

〇シャロンを殺害し、麻薬を奪ったとされるハリー・アレギザンダーは左利きである。注射跡は左腕に見つかり、普通ならば右腕に注射跡が残るはずだ。誰かに注射された可能性がある。

〇シャロンは、ハイデマン博士の手術が成功したのにも関わらずイライラしていた。また、シャロンが残したメモ『MAC』は、医療用具会社「マーカス・アンド・カールソン」の頭文字だった。病院はこの会社から手術用の縫合糸を仕入れている。

〇病院の医師に話を聞くと、糸には「溶けない糸」と「一定期間ののち溶けてしまう糸」がある。心臓手術にその「溶ける糸」を使用して縫合したならば、数日後には患者は死亡してしまうという。メイフィールドは溶ける糸を使用してハイデマン医師を殺害しようとしている。

三幕構成

溶ける糸 三幕構成

小ネタ・補足

〇研究をしていた『移植による拒絶反応を抑える薬』は、この時代は夢のような薬である。拒絶反応を抑えるには、『ステロイド剤』の大量投与によるものが主流であり、副作用として消化器官への出血、重篤な合併症にかかる移植患者も多くはなかったようだ。そんな拒絶反応を抑える薬が誕生するのは、1990年後期からであり、このエピソードから20年後の出来事になる。

〇バリー・メイフィールドを演じた『レナード・ニモイ』氏の代表作は、『スタートレック』シリーズの『ミスター・スポック』である。冷静沈着な人物として描かれており、犯人メイフィールドも冷静なキャラという、視聴者への先入観を用いたメタ的な演出である。

まとめ

コロンボ警部が初めて激怒するエピソードなんですね。「おいおい、ちょっと待ってくれ。殺人処方箋でも怒ってたじゃないか?」と、勘違いされている方も多いと思われます。コロンボ役のピーター・フォーク自身も、殺人処方箋で怒鳴ったと勘違いしていると原作者は指摘しています。

「ピーターの俳優としてのプライドがそうさせたのかもしれない。私は、それは誤ってると思っている。ピーターは、コロンボがすでにデビュー作(『殺人処方箋』でコロンボがジョーン・ハドソンを怒鳴る場面)で短気になっていると指摘してきた。確かに、コロンボは怒ったように見えるだろう。でも違うんだ。それは彼女の反応を見るための、計算された行動だったのだ」『刑事コロンボの秘密』P.143より引用

殺人処方箋での怒鳴りは、共犯者の反応を見るための計算された行動だと、コロンボの生みの親であるリチャード・レビンソンが語っています。今エピソードの『溶ける糸』では、計算なしで嫌悪感をさらけ出した初めてのコロンボなのです。原作者としては、敵意をむき出しにして怒るのはあまり気に入らないとも書かれていました。

ただ、普段怒らない人が怒ると怖いですよね。冷酷非道な犯罪者であるバリー・メイフィールド。仮にも医者である彼に見せた、コロンボ警部が怒る場面は印象に残るエピソードです。そして、なんといってもラストの決着劇。あの大逆転は見事でございました。

以上、15話「溶ける糸」でした。