刑事コロンボ 20話『野望の果て』慌ただしい選挙戦中の殺人

スポンサーリンク

【VS.上院議員候補者】第3シーズンに入り、ドラマ性の高いエピソードが2話続きました。今作は犯人と刑事による対決が重点が傾いております。何といってもコロンボが犯人を追い詰める手数の多さが魅力的。

脚本家が5人体制であり、各々のアイディアが寄せ集まってできたことによる豪華さも感じられるんすでね。犯人は上院議員候補者のネルソン・ヘイワード。組織犯罪撲滅を掲げて立候補していますが、自らが殺人に手を染めることになるなんてね。

スポンサーリンク

データ

データ:詳しく見る
脚本:アーヴィング・パールバーク&アルヴィン・R・フリードマン、

ローランド・キビ―&ディーン・ハーグローヴ

原案:ラリー・コーエン

監督:ボリス・セイガル

制作総指揮:ローランド・キビ―&ディーン・ハーグローヴ

音楽:ディック・デ・ベネディクティス

本編時間:98分

公開日:アメリカ/1973年11月4日 日本/1974年8月17日

あらすじ+人物相関図

野望の果て 人物相関図上院議員候補者のネルソン・ヘイワードは、『組織犯罪の撲滅』を公約に掲げ選挙を戦っていた。そんな彼のもとに脅迫状が届き、組織が暗殺を狙っていると世間の注目を集めるが、選挙参謀のハリー・ストーンが有識者の支持を集めるために仕組んだやらせだった。

ハリーは、選挙運動中は愛人リンダが邪魔になると関係を終わらせるように強要する。ネルソンはそれを受け入れ、直接リンダ説明すると伝える。その為には警察の護衛をかいくぐらなければならない。ハリーに協力を仰ぎ、自分の帽子と上着を着せて変装させた。

ハリーが警察の護衛を車で振り切り別荘に到着すると、先回りしていたネルソンから射殺された。腕時計に細工して死亡推定時刻をずらすと犯行現場を立ち去り、自宅で友人たちと妻ヴィクトリアの誕生パーティーを開いた。警察の護衛を振り切ったのは、このためだと説明がつく。そしてハリーは、犯罪組織にネルソンと間違れて殺害されたという筋書きを完成させたのだった。

人物紹介(キャスト/吹き替え声優)

ネルソン・ヘイワード

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「野望の果て」より引用】

今回の犯人:ネルソン・ヘイワードジャッキー・クーパー

吹き替え声優:中谷一郎(なかたに いちろう)

追加吹き替え:稲葉実(いなば みのる)

職業:上院議員候補者

殺害方法:射殺(サイレンサー銃)

動機:邪魔になったため

概要:詳しく見る

上院議員候補者の男性。妻ヴィクトリア・ヘイワードがいるが、若い愛人リンダ・ジョンソンと関係をもっている。選挙参謀ハリー・ストーンから、選挙戦中は愛人の存在が邪魔になると別れるように強要される。傲慢な態度にも嫌気がさしており、犯罪組織から間違って殺されたように見せかけた。

『組織犯罪の撲滅』を公約に掲げ選挙戦を戦っており、選挙ポスターには『HIS OWN MAN(信念を貫く)』と記載しているように、野望の果てまで己の信念を貫きとおした。

妻ヴィクトリアの秘書を務めるリンダ・ジョンソンとは、予備選挙の時にボランティアで知り合った様子。妻も各地で演説会に参加するようになっため、女性がいると安心できるのではないかとの謳い文句で秘書として雇い入れた。

演説に関しては、ハリーから茶化されているかもしれないが、「トーマス・ジェファーソン顔負けの演説(アメリカ独立宣言、第3代アメリカ合衆国大統領)」だと語っている。女性支持者の人気があるようで、勇気と誠実さに惹かれる模様。

上着はオーダーメイドでキャメルのカシミアを好んでいる。移動時には帽子も被っていたが、ハリーを殺害後は身に着けてはいない。ハリーの殺害のための準備として今まで身に着けていたのだろうか?

警察の護衛を離れさせるために、葉巻を買ってきて欲しいと頼んでいたが、作中には一切葉巻を吸う描写はなく、本当に愛煙家なのか不明である。子供のころは、石を投げて街灯を壊していたやんちゃな過去も話している。

コロンボの追及がいよいよをもって直前まで迫ると、自分で脅迫状作る。「Hayward drop OUT u live win U die(ヘイワードお前は生きるか死ぬかだ)」と、嘘の狙撃事件をでっちあげた。


ハリー・ストーン

【NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン:刑事コロンボ「野望の果て」より引用】

今回の被害者:ハリー・ストーン(ケン・スウォフォード)

吹き替え声優:槍田順吉(やりた じゅんきち)

職業:選挙参謀

概要:詳しく見る
選挙参謀の男性。有能な人材ではあるが傲慢(人を見下し失礼)な性格であり、ネルソンの周辺の人物からは、がさつで攻撃的な人物と評価されていた。だが、ネルソンを当選させるために生活を捨ててきたようで、目的達成のためには努力を怠らないようだ。

警察の護衛が車に乗り込むのが遅かったのもあるが、運転技術が素晴らしい。大型の車で警察の護衛を振り切って見せた。秘密に計画を担当している分野もあるが、電話のやり取りを聞く限り、もう数名ほど各地に仕掛け人がいるだ。

その仕掛人たちに指示を出したり、彼らが書いた脚本を選定もしている。今回のシナリオでは、『犯罪組織撲滅』をスローガンに戦うネルソン宛に、犯罪組織からの脅迫状が届いたとでっちあげさせ、マスコミの注目を集めて有識者からの票獲得を狙っていた。

身なりに関しては、丈夫で長持ちするものを好む。服の注文した際には、「破れないもの」という条件であった。靴も頑丈であり、時計はネルソンにすり替えられてしまったものの、本来ならば鉄棒に打ち付けてもびくともしない腕時計を着用していた。

選挙戦の相手は『デイビス』という名前であり、彼への支持を下げるために嘘の情報を流す計画も立てていたが、それを実行する前にネルソンに殺害されてしまった。もしこの作戦が実行されていれば、ネルソンは当選していたのだろうか?

犯行計画/トリック

【犯罪組織の犯行に偽装】

①ネルソン・ヘイワードは、愛人リンダ・ジョンソンとの関係を終わらせるために直接会って話をしたいと言う。そのためには警察の護衛を振り切る必要がある。ハリー・ストーンに協力を仰いで、自分の上着と帽子を着てもらい、警察に追われている間に、自分はリンダに会いに行くと嘘をついた。

②ハリーは警察を振り切り別荘に到着するとガレージの明かりがついた。ネルソンは待ち伏せしており、彼をサイレンサー付の銃で射殺する。腕時計を壊れやすい物に交換し、9時20分に時間を設定すると破壊し、死亡推定時刻に見せかけた。

③ネルソンは別荘から自宅に向かう。友人たちと内緒で、妻ヴィクトリアの誕生パーティーを企画していたのだった。しばらくして、自宅から警察に通報する。「ネルソン・ヘイヤードの遺体はガレージに転がっている」。

④犯罪組織撲滅を掲げていたネルソンは、有識者の支持を集めるために脅迫状が届いたという、やらせを仕組んでいた。それを利用して、犯罪組織がネルソンに変装していたハリーを間違って殺害したように見せかけた。

推理と捜査(第2幕まで)

ネタバレ注意!
〇犯行現場の別荘にある外灯は、子供が壊していたようだ。そうなると犯人は明かりもないのにどうやって被害者を撃ったのか? 被害者の乗っていた車は大型で、犯人がヘッドライトで照らしたとしても後方しか照らせない。仮に照らせたとしても弾道が合わない不自然な位置から狙撃されている。

〇コロンボは、「はじめからストーンを狙った殺人」という仮説を述べたとき、ヘイワードは安心するどころかそれを否定した。自分自身が狙われていたのかも知れないのに。

〇ヘイワードの部屋に予定表を取りに来ていたリンダは、予定表を取らずに部屋から出て行った。2人は何をしていたのか?

〇ヘイワードは被害者に着せていた上着と同じ物を、6日前にオーダーで注文していた。

〇被害者の腕時計は壊れて9時20分で止まっていた。コロンボが到着したのが10時過ぎ。ホテルから別荘まで60kmありエンジンが冷えるまで1時間50分かかった。ところが、コロンボが現場にあった車のエンジンはすっかり冷えていた。もっと前に殺害された可能性がある。

〇事件当日のヴィクトリアの誕生パーティは、ヘイワードが1人が準備と企画を立てていた。

〇警察にかかってきた市内電話は9時23分にかかってきた。しかし、犯行現場の近くに電話はない。最も近くにあるガソリンスタンドの電話だが、その日は20時に店は閉まっている。別荘の電話は市外局番になるため、いったい犯人はどこから掛けたのか?

〇被害者は丈夫な物を身に着けるようにしていた。それなのに腕時計だけは壊れやすい物を使用しているのは妙である。

三幕構成

野望の果て 三幕構成

小ネタ・補足

〇いつも遅れて登場するコロンボ警部だが、今回は冒頭のテレビ映像で彼の姿が映り込んでいる。

〇上院議員は計100名が当選することになる。ネルソンが当選したのならば、公約に掲げた『犯罪組織の撲滅』のスローガンの元に、「環境・公共事業委員会」「司法委員会」のいずれかに属したのではないだろうか?

〇91分10秒~選挙戦の開封結果が聞くことができる台詞の後ろでラジオの音声でもありため聞き取り難いのだが、「デイビス202票……ヘイワード111票」「デイビス4420票……ヘイワード3152票」と、まだ全て開封されているわけではないが、2州の選挙結果は敗色濃厚であった。

まとめ

登場人物が多いエピソードなんですね。画面いっぱいに映り込み、慌ただしく動き回るエキストラの方々のおかげで、選挙戦中の忙しさ感じ取れます。コロンボ警部の上司である1人も登場しているのは初めましてでございます。

5人がかりで完成させたシナリオであり、各々アイディアを持ち出して創り上げたのでしょうか。コロンボ警部が犯人を伺う手数がとっても多いんですね。ここで面白いのは、コロンボ警部がホワイトボードを取り出して説明をするシーン。とっても丁寧に解説してくれるので分かりやすいです。

それにしても、犯罪撲滅を掲げている候補者が、自ら殺人に手を染めるなんて酷い話でございます。この話の教訓としては、マスコミに踊らされないということでしょう。選挙戦を勝ち抜くために、『犯罪組織撲滅』のスローガンを掲げて、脅迫状を自作自演してマスコミの注目を浴びさせました。

政治家の使用するスローガンもしかりではありますが、注目を集めるために体の良い言葉を書き綴らせた幻想に過ぎません。人を見かけで判断するなとは言われるほど、見かけは重要なんですね。腹の中身はどうなっているのか分かりません。それを見抜いて、清き1票を投じる必要性があります。

以上、20話「野望の果て」でした。

  1.  このラスト5分間、何度見返しても実にいいですね。Yes, Sir.と5回繰り返したのち No, Sir.で犯人も周りの人もキョトンと静止するところ、思わず「クーパー屋!」などと掛け声をかけたくなります。じっさい犯人が、わざわざ墓穴を掘る質問を畳み掛けて、観客の爽快感を盛り上げていくあたり、なんか歌舞伎とか昔の正統派の舞台を見てるみたいです。それにしても奥さんと秘書、これからどうするんでしょう。

  2. ≫犯人も周りの人もキョトンと静止するところ、思わず「クーパー屋!」などと掛け声をかけたくなります
     ※初めて見た時には、思わず膝を打ったラストでした!警部の台詞の後の静寂感、犯人のやっちまった……というような表情が合わさって見事です。